木乃伊 さん プロフィール

  •  
木乃伊さん: 続・理学療法士のお勉強日記
ハンドル名木乃伊 さん
ブログタイトル続・理学療法士のお勉強日記
ブログURLhttp://pulmonary-pt.blogspot.com/
サイト紹介文呼吸リハビリ、呼吸器疾患、呼吸器疾患の管理に関する英文をまとめています。COPD、間質性肺炎
自由文理学療法士7年目。認定理学療法士(呼吸)、呼吸療法認定士。
前回版はこちらhttp://ameblo.jp/kzk1028
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/10/28 12:00

木乃伊 さんのブログ記事

  • EQ-5D-vasの呼吸リハ前後のMCID(8points)
  • Estimation of Minimal Clinically Important Difference in EQ-5D Visual Analog Scale Score After Pulmonary Rehabilitation in Subject
    s With COPDRespir Care 2015;60(1):88 ?95.http://rc.rcjournal.com/content/60/1/88<背景>呼吸リハの効果を the EuroQol
    Group’s 5-dimension questionnaire (EQ-5D)で評価したものは少ない。加えて、EQ-5DのVASで評価した場合(EQ-VA
    S)と矛盾した結果が報告されている。目的は、呼吸リ [続きを読む]
  • 喘息患者に有酸素運動は効果あるか。
  • Aerobic training decreases bronchial hyperresponsiveness and systemic inflammation in patients with moderate or severe asthma: a r
    andomised controlled trialThorax 2015;70:732?739https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26063507<背景>喘息の有酸素運動
    による主な効果の特徴は、気管支過敏性や炎症などのようなものがあるが、あまり理解されてい
    ない。今回、気道過敏性、血清炎症サイトカイン、臨床的コントロールと [続きを読む]
  • COPD増悪入院患者に対する4日間のリハの効果
  • Efficacy of a respiratory rehabilitation exercise training package in hospitalized elderly patients with acute exacerbation of COP
    D: a randomized control trialInt J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2015; 10: 1703?1709.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4
    555970/<背景>COPD急性増悪は、COPD症状の急激な悪化の特徴がある。これまでの研究では、COPD患者
    への呼吸リハの効果が検討されてきた:しかし、高齢 [続きを読む]
  • 増悪時のCATスコアの推移
  • Evolution of the COPD Assessment Test Score during Chronic Obstructive Pulmonary Disease Exacerbations: Determinants and Prognosti
    c ValueCanadian Respiratory JournalVolume 20, Issue 5, Pages e92-e97https://www.hindawi.com/journals/crj/2013/398120/abs/<背景
    >増悪の十分な評価はCOPD患者管理の第一の目的である。<目的>CATスコアを用いて、COPD重症増
    悪中の患者の健康状態の回復の状況を明らかにし、予測値を [続きを読む]
  • ILD患者の呼吸リハの短期効果と長期効果
  • Short and long-term effects of pulmonary rehabilitation in interstitial lung diseases: a randomised controlled trialRespiratory Re
    search2018.19:182https://respiratory-research.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12931-018-0884-y<背景>間質性肺疾患(I
    LD)患者に対する長期呼吸リハプログラムがと呼吸リハの長期効果はいくつか報告されているILD患
    者への呼吸リハ後6か月、1年後の効果(運動耐容能、QOL、大腿四頭筋 [続きを読む]
  • 重症COPDに高強度運動を行うと、死亡率が増加した。
  • Increased mortality in patients with severe COPD associated with high-intensity exercise: a preliminary cohort studyInt J Chron Ob
    struct Pulmon Dis. 2016; 11: 2329?2334.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5044988/<背景>運動の強度は、COP
    D患者のリハビリの効果を決める重要なものであると信じられている。我々は理学療法士主導で行
    い、息切れのマネジメント教育なども同時に行う高強度の運動が、自己 [続きを読む]
  • フレイルリスクスコアを作成し、リスクを予測
  • Development and validation of a Hospital Frailty Risk Score focusing on older people in acute care settings using electronic hospi
    tal records: an observational studyLancet 2018; 391: 1775?82https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(18)3
    0668-8/fulltext?dgcid=etoc-edschoice_email_May<背景>高齢患者では病院を利用しているものが増加する。目
    的は、フレイルの特徴をもった高齢患者を [続きを読む]
  • COPD急性増悪時のリハはQOLを改善する
  • Effects of different physical therapy programs on perceived health status in acute exacerbation of chronic obstructive pulmonary d
    isease patients: a randomized clinical trial.Disabil Rehabil. 2018 Aug;40(17):2025-2031.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/284786
    93<目的>COPD急性増悪中の患者に対して、異なる理学療法を行うことによる健康状態への影響を
    評価すること<方法>RCT。患者はコントロールグループ( [続きを読む]
  • CATスコアでCOPD患者の疲労感をスクリーニング
  • The COPD Assessment Test (CAT) can screen for fatigue among patients with COPDTher Adv Respir Dis. 2018 Jan-Dec; 12:https://www.nc
    bi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6056783/<背景>COPD患者において疲労感は共通した症状の1つである。この
    研究の目的は、疲労感と健康関連QOLの関係をCOPDと非COPDで評価し、臨床的に有効かを検討すること
    。さらに、疲労感とCAT(COPD Assessment Test)の活気(energy)の点数との関係について [続きを読む]
  • ILD患者に対するリハを半年した効果
  • Short and long-term effects of pulmonary rehabilitation in interstitial lung diseases: a randomised controlled trialRespiratory Research 2018 19:182https://respiratory-research.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12931-018-0884-y<背景>いくつかの研究で、間質性肺疾患患者(ILD)患者に対する長期間の呼吸リハの効果が示されている。本研究の目的は、ILD患者で呼吸リハ後6か月と1年後の運動耐容能、QOL、大腿四 [続きを読む]
  • COPD患者における疼痛とその予測因子
  • Differences in subjective and objective respiratory parameters in patients with chronic obstructive pulmonary disease with and wit
    hout painInt J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2012; 7: 137?143.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22419861<背景>いくつか
    の研究で、COPDにおいて、呼吸のパラメーターと疼痛の関係が評価されている。この研究の目的は
    、COPD患者で疼痛の有無による呼吸パラメーターの違いを明らかにす [続きを読む]
  • 肺炎患者への早期介入は入院期間を短縮させる
  • Early mobilisation of patients with community-acquired pneumonia reduce length of hospitalisation―a pilot studyJ Phys Ther Sci. 2018 Jul; 30(7): 926?932.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6047957/<目的>市中肺炎で入院している患者に対して、早期モビライゼーションが入院日数を減少させるかと、短期間での再入院や死亡率に影響するかを検討すること。<方法>97人の患者(51%男性、平均年齢71.9歳)が [続きを読む]
  • 身体活動量と運動耐容能の低下は一致しない
  • Physical activity declines in COPD while exercise capacity remains stable: A longitudinal study over 5 yearsRespiratory Medicine 141 (2018) 1?6https://www.resmedjournal.com/article/S0954-6111(18)30204-X/abstract<背景>身体活動と運動耐容能はCOPD患者において減少している。自然経過において両方が同じような経過をたどるのか、片方が先に減少するのか現在のところ不明である。この研究の目的は、COPD患者におけ [続きを読む]
  • 呼吸リハ実施後の大腿四頭筋力のMID=7.5Nm
  • Determining the minimally important difference in quadriceps strength in individuals with COPD using a fixed dynamometerInternatio
    nal Journal of COPD 2018:13 2685?2693https://www.dovepress.com/articles.php?article_id=40193<背景>大腿四頭筋力の測
    定は呼吸リハを行っているCOPD患者に対して推奨されている。しかし、最高大腿四頭筋力(quadriceps
    maximal voluntary contraction:QMVC)の評価ツールや患者へ影響を [続きを読む]
  • 6分間歩行にてSpO2<80%となった時に中止すべきか。
  • Should the 6-minute walk test be stopped if oxyhemoglobin saturation falls below 80%?Arch Phys Med Rehabil. 2018 Aug 18.https://ww
    w.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30130517<目的>呼吸リハの評価として6MWTを行ったときにSpO2が80%を下回ってい
    る患者で、悪いイベントの発生を調査する<方法>後方視的研究。2005-2016年に呼吸リハで評価を
    行った全患者のデータが対象。経験のある呼吸循環理学療法士によって標準化されたテス [続きを読む]
  • 握力は全身筋力の代わりとはならない
  • Handgrip Strength Cannot Be Assumed a Proxy for Overall Muscle Strength.J Am Med Dir Assoc. 2018 Aug;19(8):703-709.https://www.jam
    da.com/article/S1525-8610(18)30236-6/fulltext<目的>ダイナぺニア、筋力低下は、健康状態のネガティブな
    アウトカムを予測し、握力でよく表される。握力が全身の筋力の代わりとなり得るか、年齢や健
    康状態に依存するかについては、議論が分かれる。この研究では、握力と膝伸展筋力の関連 [続きを読む]
  • レジスタンストレーニングの抗炎症効果
  • Effect of resistance training on inflammatory markers of older adults: A meta-analysis.Exp Gerontol. 2018 Jul 30;111:188-196.https
    ://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30071283/<背景>低度の炎症はいくつかの有害な健康アウトカムと関連して
    おり、加齢によるサルコペニアやダイナペニアを悪化させるかもしれない。これらの状態を軽減
    するための戦略は、レジスタンストレーニングである。目的は、高齢者の炎症マーカーに通常 [続きを読む]
  • 敗血症ショック後の早期理学療法介入の効果
  • Impact of Very Early Physical Therapy During Septic Shock on Skeletal Muscle: A Randomized Controlled TrialCritical Care Medicine:
    June 27, 2018https://journals.lww.com/ccmjournal/pages/articleviewer.aspx?year=9000&issue=00000&article=96229&type=Abstract<目
    的>敗血症ショックによって異化状態が引き起こされることによって、同時に患者は身体不活動
    となり、急速に筋肉量が減少し機能障害となる。目的は、敗血 [続きを読む]
  • 肺炎患者の運動慮法 VS 呼吸練習
  • Inpatient rehabilitation improves functional capacity, peripheral muscle strength and quality of life in patients with community-a
    cquired pneumonia: a randomised trial.J Physiother. 2016 Apr;62(2):96-102.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26996093<目的>
    市中肺炎で入院した患者は、呼吸理学療法よりも、運動ベースのリハビリテーションプログラム
    を行った方が、機能的アウトカムや症状、QOL、在院日数が改善 [続きを読む]
  • 6MWT後SpO2が81%以下となるCOPDは肺高血圧の可能性
  • Exercise hypoxaemia as a predictor of pulmonary hypertension in COPD patients without severe resting hypoxaemia.Respirology. 2017
    Jan;22(1):120-125.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27471142<背景>COPDの肺高血圧は、罹患率と死亡率と関連
    している。これまでの研究では、安静時低酸素と肺高血圧の関係について示されているが、安静
    時低酸素血症の無いCOPD患者における、運動時低酸素血症と肺高血圧の関係について [続きを読む]
  • COPD急性増悪中の理学療法(特に抵抗運動)はQOLを改善する
  • Effects of different physical therapy programs on perceived health status in acute exacerbation of chronic obstructive pulmonary d
    isease patients: a randomized clinical trialDisabil Rehabil. 2018 Aug;40(17):2025-2031.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2847869
    3<目的>COPD急性増悪患者の健康状態に対して、理学療法介入が影響するかについて評価するこ
    と。<方法>無作為比較試験。患者は、コントロールグル [続きを読む]
  • なぜCOPD患者は外来呼吸リハを継続できないか
  • Why are COPD patients unable to complete the outpatient pulmonary rehabilitation program?Chron Respir Dis. 2018 Jan 1http://journa
    ls.sagepub.com/doi/full/10.1177/1479972318767206<背景>この研究の目的は、外来呼吸リハプログラムを完了
    できなかった患者の背景と臨床特性を比較すること。<方法>COPD患者は、2グループに分けられた
    :プログラムを完了したグループ1と、完了できなかったグループ2。プログラムを完了 [続きを読む]
  • 頭部外傷患者の体位交換とバイタル(SpO2)の変化
  • The effect of positional changes on oxygenation in patients with head injury in the intensive care unitJ Family Med Prim Care. 2017 Oct-Dec; 6(4): 853?858.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5848412/<背景>頭部損傷でフォローしている患者の心肺機能は障害されており、酸素運搬を邪魔している。心肺理学療法は、治療アウトカムの改善と同様に、酸素運搬システムを拡大する。したがって、今回の目的は、I [続きを読む]