maumung さん プロフィール

  •  
maumungさん: 障害児は迷走中
ハンドル名maumung さん
ブログタイトル障害児は迷走中
ブログURLhttps://ameblo.jp/maumung/
サイト紹介文成人した発達障害・自閉症・肢体不自由などの子どもを持つ親の集まりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 330日(平均0.7回/週) - 参加 2016/10/28 17:04

maumung さんのブログ記事

  • 過敏
  • 子供が聴覚過敏と感覚過敏だと分かった時理由が分かり心が楽になりました。 しかし過敏というカードを手に入れた私は先の事を考えず「聴覚過敏を 感覚過敏を分かって欲しい!理解して欲しい!」と そこに執着してしまいました( ̄_ ̄ i) 子供が学校に馴染むためには自分は何をしたらいいのかを考える事が必要でしたσ(^_^;) 親だと見えない事、気づかない事があります。周りと協力して少しずつ経験を増やしていきましょ [続きを読む]
  • ”親の協力”
  • 子どもを大切に思うことが強く学校生活の意味や社会に出た後の事などを考えず 「特性だから理解して欲しい」「子供の気持ちを分かって欲しい」と 時間を無駄にしてしまいましたσ(^_^;) もっと早く協力をすればよかった・・・(T_T) 指導している先生方へ 親に学校生活はどういうもので何のために学校に通うのかなどを考えさせてください。考えれば目的ができます(o^-')b にほんブログ村 [続きを読む]
  • 失敗
  • 最近「小さい頃にもっと失敗や注意される経験をさせておけばよかった」と反省しています(T_T) 特性だからと同じ事をしていたら同じ結果しかなく時間はドンドン過ぎていきます(o^-')b にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今さら気づく
  • 最近、もう少し将来の事を考えて学校に通っている時に素直に先生のアドバイスや他の人の意見を受け入れていれば・・・と思う事があり 自分の子どもを大切に思う事がかえって問題を作っていたのかな〜と反省しています(-。−;) 大切に育てるのは良いのですが社会や学校を基準にせず障害があるから特性だからと正当性を主張し過ぎると 特別なルールができ子供の可能性をドンドン狭めてしまいますσ(^_^;) 就労しても施設に通 [続きを読む]
  • 就学先紹介(小学校編)
  • 1小学校の通常級 入学当初からどの子もいろんな力が求められる。 ・集団行動がとれる力・学習に向かう力・人の話を聞く力 など(幼児期に求められていたものよりもレベルがUPしたもの)  (o^-')b 2小学校の特別支援学級 教育上特別な支援を必要とする児童のために置かれた学級です。 学級により(先生の力量や児童レベル) 教育内容、教育レベルに差ができる。 3特別支援学校(小学部) さまざまなタイプの児童が集ま [続きを読む]
  • 進学先
  • 「小学校に入学する」ということはお子さまはもちろん御家族にとっても人生の大きな節目の一つではないでしょうか(^_^) 発達障害児の進学先選びはとても悩ましいものです。 周囲のアドバイスを受け入れ専門家からたくさんの情報を得ながら最終的には保護者自身の判断で決めることです。 どの学校を選んでも学校生活を送るためには身辺自立やルールを守るなど基本的な準備は必要です(o^-')b 何年も続く学校生活を充実し [続きを読む]
  • 社会人4
  • 私のように自分を基準に療育を考えると 周りからのアドバイスや意見などを都合が良いところだけ受け入れるので他が理解ができず拒絶し批判してしまいます゛(`ヘ´#) それを繰り返していると周りの環境が自分にとって都合がいい状況になっていき(言っても理解できないので先生方が諦めるなど)認識が社会とどんどんズレていきます(-。−;) そして子供の可能性を狭めてしまいます(T_T) 励まし合っていたお母さん達と毎日、 [続きを読む]
  • 社会人3
  • よ〜く話を聞くとみなさん障害の種類や程度に関係なく社会に出すとか社会人に育てるとか社会に対する目的意識がはっきりしていました。 社会を基準に目的や考えを持っていると療育や園などでの意見やアドバイスも受け入れられるようで出来ない事を指摘されても「少し凹むけど課題を出されるとワクワクする??目標があると楽だし何より楽しい??」そうです。 目的があると手段や方法がいろいろと考えられるようで 偏食を治し [続きを読む]
  • 社会人2
  • 何かしなければと思いながら何をしていいか分からない。 小さい事の積み重ねが大切なのは分かるけど嫌がるのを無理矢理は・・・方法が分からないσ(^_^;) 療育が進んでいるお母さん数人に相談したところ 「どうしたらいいか分からない時は健常児の年齢ごとの発達や様子を比べると方法が分かるよ」(o^-')b「え!」( ̄□ ̄;) 比較したら何が出来ないかは分かるけどそれをどうしたらいいのか分からないし何より辛い(>_<) 意味が [続きを読む]
  • 社会人1
  • 親や親戚の介護にバタバタしている毎日偶然、療育で一緒だったお母さんと再会して療育を始めた頃を思い出しました。 療育の進みは遅かったし問題もなかなか解決しなかったのですが障害があるから仕方ない、大丈夫と励まし合う仲間もでき先生も優しく楽しかったです(≡^∇^≡) ある時、給食参観がありました。食べ物にこだわりがあり3つくらいの物しか食べられなかったお子さんがほぼ全部食べたので驚いてお母さんに質問しました。 [続きを読む]
  • 幼児期
  • 幼児期というのは長い人生の土台作りの時期です。(o^-')b 障害の種類や程度にかかわらず障害を受容できた時点から 親が将来を考えて子ども自身や子育てにどのように向き合っていくか それが子どものその後(人生)・・・を大きく左右するように思います。 後悔しないようかけがえのないお子さまに愛情をそそいであげてください。(*^o^*) にほんブログ村 [続きを読む]
  • こんなこと ありませんか?
  • 昨日と今日の対応が  気分で変わる。 園や学校と家庭での支援の方法が  違っている。 家庭の中(父親と母親)で  意見が合っていない。 発達障害児へのかかわり方で まずは ”共通している”ことが お子さまの混乱を防ぎ より良い支援へとつながっていくような気がします(*^▽^*) にほんブログ村 [続きを読む]
  • ちょっとした工夫
  • 私たちの子供が生活習慣や社会のルールなど何かを身につけるためにはちょっとした工夫が必要です(o^-')b 発達障害は自分だけ通じるルールを持つと訂正がきかなくなり基本的生活習慣や社会性などが定着しずらくなります。 先生方と協力してお子さんにあったちょっとした工夫を探しましょう(*^o^*) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 専門家との協力
  • 発達障害児の生活を安定させるため 社会への適応力を養うためにも 専門家(医療・福祉・教育)との 協力態勢はとりましょう。 と、いうよりも とれるように努力しましょう。(*^o^*) 人的ネットワークは 先々のためにも大切です。(o^-')b にほんブログ村 [続きを読む]
  • 親の協力
  • 障害児の教育は親の協力なしには成り立たないと感じている先生は多いようです。 私たちは親ゆえに見えない事・気づかない事があります。(o^-')b 先生方とは友好的に協力しましょう。(*^▽^*) にほんブログ村 [続きを読む]
  • お手伝いのススメ
  • 発達障害児は不得意なことが目立ってしまいがちですが家族の一員として家庭に貢献する活動(お手伝い)を見つけてあげて下さい。(*^o^*) その都度の思いつきでお手伝いをさせるのではなく 毎日のようにほぼ決まった時間に 本人が「責任をもって」こなせる活動を決めましょう。(o^-')b 継続は力なり きっと、将来のためになるはずです。(*^▽^*) にほんブログ村 [続きを読む]
  • やる気をなくすフレーズ
  • (おどしのフレーズ)もう知らないから・・・何回言ったらわかるの・・・など (たくさんのフレーズ)あれとこれをやって・・・それをこっちに・・・ など (質問責めのフレーズ)どうしてやらないの・・・何をする時間だと思っているの・・・など やる気をなくさないように言葉がけをしてあげましょうね(*^▽^*)                                                      [続きを読む]
  • 障害者雇用の種類
  • 障害者雇用の種類は一般企業(手帳なし)一般企業(障害者雇用枠)特例子会社就労継続支援事業所 A型(雇用型) B型(非雇用型)など多様な働き方があります。 ハローワーク、障害者就業生活支援センターなどで相談できます。(o^-')b どんな働き方がしたいですか?(*^▽^*) にほんブログ村 [続きを読む]
  • ことば
  • 発達障害児は言葉によるコミュニケーションが得意ではありません。 「ことば」として口に出せない子もいます。 ですが具体的な動作を通じて物事を理解することはできます。 言葉だけで指示するのではなく具体的な物や動作を言葉と組み合わせて目と耳と体を使いコミュニケーションをとることが大切ではないでしょうか(o^-')b ぜひお子さまと向き合ってみて下さい(*^▽^*) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 特別支援教育
  • 特別支援教育の概念「障害のある子供達 一人ひとりの教育的ニーズを把握して、適切な指導や必要な支援を行い子供達の自立と社会参加を目指す教育」とされています。 究極的目標は社会的自立です。 実社会の中で働き収入を得て自分の力で生きていけるようにすること (o^-')b 成人するまでに何をどのようにして指導するかは子供によって異なりますが 異常行動の克服、軽減はもちろん働く人づくりを目指した取 [続きを読む]
  • 発達障害児の微細運動
  • 発達障害児は鉛筆で書くはさみで切るお箸でつまむ など微細運動が奇妙です。 例えば 鉛筆を持つには親指と人差し指が対向すること(お互いに向き合うこと)中指を加えた三指が協力することが必要です(o^-')b 〇触覚機能は問題ないか〇模倣する力が弱くないか〇特有のこだわりはないか など注意してみましょうね(*^▽^*) 指先の動きはスムーズですか?   [続きを読む]