ともたろう さん プロフィール

  •  
ともたろうさん: ともたろうのチュニジア記録
ハンドル名ともたろう さん
ブログタイトルともたろうのチュニジア記録
ブログURLhttp://tomotarou2016.blog.fc2.com/
サイト紹介文北アフリカはチュニジアでの生活です。嫁に来たからこそ見えるチュニジアを書いてます。
自由文チュニジアはイスラム圏。このご時世、イスラムっていうと変にとられるけど、この国は酒は売ってる、豚肉(加工品)あり、宗教は自由、民主主義に突っ走ってる様子。たまに、民主主義の意味取り違えてる?ってこともあるけど。。。まあ、宗教の厳しい国じゃなくて良かったわ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2016/10/29 05:36

ともたろう さんのブログ記事

  • 乾燥と大気汚染と
  • 毎年この時期、喉がダメになる。冬ではなく暖かくなるこの時期だ。扁桃腺肥大持ちにとってはツライ。少しでも異変を感じると、悪化しないようにできることすべての対策を講じる。最近では鼻うがいもその中に加わった。就寝時のマスクはもちろん、首回りの保温も夜は欠かせない。チュニジアではポピュラーなオリーブオイル・はちみつ・レモンを混ぜたものを飲んだりもする。これは結構いい。でも、外出して帰ってくるとせっかく良く [続きを読む]
  • 血圧を測りながら思い出すこと
  • 夕方以降は義母に呼ばれることはない。しかし、今日は夕飯の最中に呼ばれた。実際は義母のそばにいた義弟が夫に電話をし、私に来るよう言ってきたのだ。「胸がドキドキして仕方ないので、血圧を測ってほしい」ということだった。そう、血圧計測は爪切り同様私の係。日本から買ってきた血圧計を使っているので、私が測るのが1番だとみんな思っているらしい。っていうか、測り方覚えろよ! 数字は一緒なんだから!私がいない時はどう [続きを読む]
  • 家族バラバラで過ごした日曜日
  • 先日の記事に書いた「近々ある日本人会のイベント」というのが今日あった。延び延びになっていた「餅つき大会」である。雨の予報はハズレて、曇り空・暖かい日であった。息子たちは学校の遠足に行ってしまい、夫は仕事。1人での参加は初めてだったが、役員だから行ったようなものだ。今回も新しい方に出会うことができて、気分的にもリフレッシュしたような感じ。でも、、、、、餅、ほとんど食べずに終わった!準備や片付け、合間 [続きを読む]
  • ボランティアで得るもの
  • 昨日の折り紙ボランティアで作ったもの。さんぽう・扇子・イカ。ちなみに、写真にあるイカは次男が作ったものだ。私が作ったものは、遅れて来て作れなかった子にあげてしまった。さて、この3つの中で子供たちが「最初に作りたい」と言ったものはどれでしょうか?答えは扇子。(しかも「日本の扇子!」とキチンと答えてくれた子もいる。)大概、動物系に食いつく子が多いので、私はイカを想定していたのだが。。。相変わらず、角と角 [続きを読む]
  • チュニジア菓子
  • チュニジア菓子の一つ、「マクルーズ」。中部都市ケルアンのお菓子だが、今はどこでも食べられる。見た目同様、甘い。中にはナツメヤシ「デイツ」のペーストが巻き込んである。ただでさえ甘いデイツなのに、最後にさらにベトベトにして甘くさせるところがチュニジア。チュニジアにも日本の和菓子のように綺麗なものがある。手に入れる機会があればいつか写真をアップしよう。今回のこのマクルーズ、何故だか、普段から行き来のない [続きを読む]
  • 義母の愚痴を聞きながら考えること
  • 今朝、外階段を掃除したついでに義母のところを覗いてみた。そして、待ってましたととばかりに手招きされた。定例の「爪切り」である。でも、頭が痛いと開口一番言っていたので、「今は横になって。あとでまた来るから」と伝えた。その後。。。頭が痛いと言っていた割には、杖をついてあちこち歩く音が二階まで響く。なので、階下に降りて爪切りをした。相変わらず、愚痴が多い。義兄や義弟の嫁の愚痴。毎度同じことを言うので、最 [続きを読む]
  • 人の心の温かさ
  • 久しぶりに週末を使い別宅へ行ってきた。近所の人が二人亡くなったという情報が入った。よく知っていた人だけに寂しい。。。でも日常生活は続く。ジャガイモ堀りシーズンだったらしく、うちの前の人も隣にある畑でジャガイモを掘っていた。この畑、本当はこの人の土地ではなく、どこか遠くに住んでいる人が数十年前に買ったらしい。でも、全く来ないし使いもしないので、近所の人が勝手に使ってしまっている。近所の人も手伝って芋 [続きを読む]
  • そら豆
  • そら豆シーズン真っ只中。1キロ40円ほど。安い安い。シーズンが終わりの頃になると、3キロでこの値段になる。ただ、安いのはいいが、これだけの量を買ってきて、豆をさやから出すのが手間だなぁ。。。と思う事が最近多い。以前は子供とやっていたこの作業を、1人でやるようになったからつまらない。あと、「さやから豆を出す」という作業に面白みを感じなくなったからだ。でもやっぱり食べたいので、鞘出し作業からは逃げられない [続きを読む]
  • 授業中のオナラ
  • 昨日、長男が帰宅するなり話を始めた。相当笑える話なようで、思い出して再現しながらもゲラゲラ笑っている。どうやら授業中に「オナラ」をする子がいるらしい。どこの学校にも問題児と呼ばれる子がいると思うが、長男のクラスにもそんな子が1人いる。もちろん男の子で、いつも教室から出されたり、下手すると「学校へ来るな」とも言われるという。その子は、「発射します。5・4・3・2・1、ブーッ」と授業中にやる事があるという。 [続きを読む]
  • 主婦生活に活!を
  • フランス国鉄が長期のストに入り、嫌な予感がしていた。チュニジアにもそれを真似て何かやる団体がいるんだろうなぁ。。。と。さて、ここにも「日本人会」なるものがある。日本人同士の交流を深めるのを目的としている。今日は、近々行われるイベントの役員会があった。そこへは車で15分ほど。夫が車を使ってしまったので、流しタクシーをつかまえようと大通りに立ったのだが。。。。タクシーが少ない?タイミング悪かったかな? [続きを読む]
  • 主婦生活に活!を
  • フランス国鉄が長期のストに入り、嫌な予感がしていた。チュニジアにもそれを真似て何かやる団体がいるんだろうなぁ。。。と。さて、ここにも「日本人会」なるものがある。日本人同士の交流を深めるのを目的としている。今日は、近々行われるイベントの役員会があった。そこへは車で15分ほど。夫が車を使ってしまったので、流しタクシーをつかまえようと大通りに立ったのだが。。。。タクシーが少ない?タイミング悪かったかな? [続きを読む]
  • お客様は神様です。。。みたいな
  • 昨日の国内ニュース。どうやら、外国人観光客がだいぶ戻ってきたようだ。戻ってきた。。。。。と言うのは、4年前(だったか?)に起きたバルドー美術館襲撃事件以来、観光客が激減したからだ。あの事件以来、観光客はどんどん減り、閉鎖に追い込まれるホテルが増えた。かろうじて経営していたホテルは国内客向け・または隣国アルジェリア向けの宣伝をしていた。先日行ったクルーズもチュニジアから離れたもののうちの一つだ。あの襲 [続きを読む]
  • 物事は考えよう次第
  • 今月15日(日曜日)に学校主催で遠足があるらしい。「らしい」という言い方なのは、子供達からの口頭での連絡だからだ。紙媒体で連絡はない。遠足にかかる費用も、申込みについても全て子供を通して口頭。そして申込み・支払いしたにも関わらず、後から追加費用がかかる。しかも、何に関しての費用なのか曖昧。6年生ならまだしも、1・2年生などに口頭で言っても絶対に親にはきちんと伝わらない。PCで文書作成できる人が学校にはいな [続きを読む]
  • トマト生活
  • チュニジア生活を始めてから、一つ、薬が必要なくなった。胃薬だ。日本にいた時は、胃薬と頭痛薬はしょっちゅう飲んでいて、持ち歩くこともよくあった。しかし、ここに来て数ヶ月経った頃、「胃薬、そういえば飲んでないな。」と気づいた。胃痛が明らかに減っていた。何故だろう。。。と考えた末、食事の変化に気づいた。トマトソースだった。日本が醤油なら、ここはトマトソースだ。パスタもクスクスもトマトベース。火を通したト [続きを読む]
  • 物価上昇に歯止めなし
  • 収入は据え置きで、物価は高騰。そりゃ、納得いかないでしょう!これが今のチュニジアの現状。クーデターが起きるのではないか。。。との噂もチラホラ。昨日、大型スーパーへまとめ買いに行った時も、「物価上がってるなぁ」と思った。チュニジアンディナールの価値もドンドン下がってる。。。物価上昇よ、この経済状況よ、どこへ行くのか?チュニジア政府、打開策を。。。にほんブログ村 [続きを読む]
  • チュニジアへ戻る
  • 約10日の旅行を終えてチュニスへ戻ってきた。バルセロナで2泊、クルーズ船で7泊、戻ったバルセロナで1泊というスケジュール。FCバルセロナの聖地、カンプ・ノウはやはり凄かった!メッシのゴールも見れてむすこたちは大満足。私は生イニエスタを見れて満足。シャビがいるときに来たかったなぁ。。。とちょっと思ったのだが。。。試合1時間半前 ビルバオ戦クルーズでの寄港地は、パルマ・デ・マヨルカ、パレルモ、チヴィタベッキア( [続きを読む]
  • ヨーロッパへ
  • 今日で次男は学校が休みに入った。長男は明日までだが、都合で1日早く切り上げた。1週間の(日本でいう)春休みといったところか。そして、明日からヨーロッパへ家族旅行。本来はアメリカへ行くはずだったが、学校休暇の日数が足らず、近場のヨーロッパにした。普段は文句ばかりだけど、こういう時は「地理上ヨーロッパ旅行に便利な国で良かったなぁ」と思う。浅はかさ、丸出し。まずはバルセロナへ。サッカー観戦や市内観光を2日し [続きを読む]
  • 誰が作った記事なんだか。。。
  • 先週のことで書き忘れていたことがあるので、思い出した今、書いてみる。先週土曜日の事。日本語補習校を終え、息子2人と帰宅すると、夫が「なんか、地震があったみたい」と言った。私: どこで?夫: ここで。ほら、見て。ネットでニュースを見ていたら出てきた、という記事を見せられた。はて、2度読んだが、確かに「チュニジア北部で震度4」とあった。首都チュニスでも揺れを感じたという。チュニジア中部に断層があるのは知って [続きを読む]
  • 遅刻者多すぎ
  • 家から眺めることのできる小学校。今では当たり前のような風景になったが、「遅刻してくる生徒多いよなぁ」と今朝つくづく思った。きっと、子供を送りにくる親も朝起きられないのだろう。隣の家の子供(次男のクラスメイト)は毎日遅刻だ。見送りに出てくる母親も寝巻きで出てくる。子供のうちからこうだから、大人になっても「遅刻」に対する罪悪感などない。そもそも「遅刻」ではなく「ちょっと遅れた、問題無し」程度の観念なのだ [続きを読む]
  • 心優しき交通指導
  • うちの近くに、あるのかないのかわからない横断歩道がある。もちろんその為の信号もある。そこには路面電車の駅があり、その線路に沿って並行に走る道路がある。この横断歩道はその道路を渡る人の為にあるらしいが、ほぼ渡る人はいない。というか、みんな違うところを渡っているので、横断歩道の意味が全くない。だから、信号無視もよくある風景。取り締まりの警官もいない。今日、そこを車で通った時のこと。私は、多くのチュニジ [続きを読む]
  • ここでは通用しないであろう日本の貼り紙が与えてくれたもの
  • 「Pinterest」(ピンタレスト)というサイトを私はたまに利用する。アメリカの知人に教えてもらい、それ以来、何か行き詰まったり困ったりしたときに利用している。いろいろなジャンルにわたり、世界中のたくさんのアイデアが詰まっている。見ているだけでも刺激を受ける。ここ数日、人生の名言をよく見るのだが、今日はその中に面白い言葉があった。日本の貼り紙だ。「トイレでタバコ吸うな!喫煙所でウ○コするぞ!」久しぶりに笑 [続きを読む]
  • みっともない人たち
  • ここ数日暖かい日が続いている。庭の桃・アプリコットは花を咲かせて新緑が出てきた。春かぁ。。。というか、夏がやってくるなぁ、あ〜嫌だなぁ。昨日、耳にした話。普段から健康に留意せず、心臓発作に見舞われた50代男性がいる。以前から、(日本で言う)国保に入れといわれていたのに加入せず、いざ病気となると「保険に入っていないから検査代・治療費は払えない」と言って、母親に出してもらっているという。妻・子供がいる [続きを読む]
  • 義姉の勝手すぎる振る舞い
  • 義母話の続き。義姉(義母にとっては次女)が来た翌日のことだ。私は外部から頼まれごとがあり義母のところへ顔を出すことが出来なかった。しかし前日に何が起こったのかは夫経由でキチンと話が伝わってきた。やってきた義姉は、ここの家の庭にあるジュース用のオレンジを獲るだけ獲って帰って行ったという。オレンジを1人で獲ることが出来ない義母は(話すのも嫌なので)それを見ていただけらしい。義姉は「うちに持って帰ってみんな [続きを読む]
  • もう少し親を労わることできないかなぁ
  • 今日、買い物へ出るついでに義母の様子を見に行った。彼女はいつものソファベッドに腰掛け、目の前にテーブルを持ってきて何やら広げていた。メモされているノート、硬貨だった。「今日はどう?元気?」と聞くと、「さっき頼んだのに誰も来てくれない。いくらなのかよくわからないの、目が悪いから」と言う。確かに高齢者には分かりにくい硬貨がある。私たちでも急いでいると見間違えることもあるほどだ。私は彼女が必要としている [続きを読む]
  • 自分で髪の毛を切る
  • 16年もここにいるのに、未だに良い美容院が見つからない。ヨーロッパもそうらしいが、カットの技術が高くない。細かいことができないチュニジアなら尚更かも。毛量の多い私は必ず「すく」ということを要求するのだが、ここではやってくれない。私が行く美容院では「スキバサミ」さえ見たことがない。探せばやってくれるところはあるのかもしれない。でもそこまであちこち行って「こうじゃないんだよなぁ」と帰ってくるには勇気が必 [続きを読む]