masabe19 さん プロフィール

  •  
masabe19さん: ヴァイオリンが心に届くまで
ハンドル名masabe19 さん
ブログタイトルヴァイオリンが心に届くまで
ブログURLhttp://masayo21.hatenablog.com/
サイト紹介文ど素人の母親&ワーキングマザーと2人。。。大変だったころ綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/10/30 22:07

masabe19 さんのブログ記事

  • さて、9月に入りました!
  • 9月に入り、娘の学校も始まりました。夏休みの宿題は、ほぼ親がしました。(先生ごめんなさい)夏休みは、ヴァイオリンも弾く時間がありましたが、学校が始まるとありませんね。学校の行事、運動会→音楽会と続きます。そしてあっという間に受験でしょうね。私の仕事の都合で、夏休み期間であるにも関わらず、今年度は非常に忙しかったです。そして、何故か10月が時間があるような・・・・・。関西地方には台風、北海道は地震 [続きを読む]
  • すごいのか、そんなもんなのか?
  • 先日、とある工房にヴァイオリンを購入に行った際の事3本準備して頂いて娘も私も同じヴァイオリンの音が気に入りました。私にさえそのヴァイオリンの音は違うと思いました。その後、一緒に来てくださった先生が、3本とも弾いてくださいました。1本目を弾いた時娘が、「変な音がする」と言いました。先生「本当に、肩当てズレてたわ」っと。私には全くわかりませんでした。新しいヴァイオリンでの最初のレッスン。レッ [続きを読む]
  • 天王山終了
  • さて塾の夏期講習が終了しました。受験の天王山らしい。そして、第2プレテストがあり、無事A判定合格でした。夏休み中は、学校がお休みだからヴァイオリンも結構弾きました。私の仕事が、夏休み期間でも忙しく、お弁当を2個作るのが大変だったので、お弁当の天王山と言いたいです。残り4ヶ月あっという間に過ぎていくのでしょうね。もう少し [続きを読む]
  • とうとう我が家にきました
  • 新しいヴァイオリンが、我が家にやってきました。ひっそりとした工房で購入。3本用意してもらって、私も娘も同じヴァイオリンが良いと言いました。優しい音を出してくれます。練習する時間がないのが今の悩み。早く受験終わらないかな〜 [続きを読む]
  • 我が家の第一志望校選択基準
  • 6年生初のプレテストが終了して、安堵していますが、娘は偏差値が一番上の学校も狙える位置にはおります。因みに昨年度(小5)の時に、その上の学校のプレテストを受験しましたが、B判定、あと一点でA判定でした。理科Ⅲ類に子どもを4人を入学させた佐藤さんは、学校は偏差値で選ぶと何かに書かれていました。私は、子どもが一番行きたい学校というのが我が家の選択基準でした。小5までは、夫、私、娘と3人とも第一志望は違う [続きを読む]
  • 新しい職場
  • 私の職場が新しい場所になり一か月が過ぎようとしてます。最初は、緊張が半端なかったです。結果から言うと、お声かけ頂き、それに応じて良かったです。前の職場より、休みは多く給料も上がって??6年生の時に職場を変えることに不安がありましたが、先の事を考えるといいお話でした。思い切って決断して良かったです。大変な事もあると思いますが、これからも謙虚さと誠実さを大切にしていきたいと思います。 [続きを読む]
  • もうすぐ小学6年
  • 後少しで小学生最後の学年になります。6年は早いのでしょうね。さて、塾はまずまずの調子です。ヴァイオリンを弾くのは、週に1回になってしまいました。時間があっても、寛ぐ時間になってしまい、ケースからヴァイオリンを出して調弦して........ってなかなか難しいですね。ところで、私は、職場が4月から変わります。招聘していただいての移動です。仕事は、楽になるような気がしてます。 [続きを読む]
  • 新小6とヴァイオリン
  • 忙しい一年でした。そして、2週間経つと塾は、新小6です。早いです。受験生です。お陰さまで、塾の成績は花マルで、第一志望の偏差値に充分届いてます。大きくサボらなければ、合格大です。ヴァイオリンはと言うと、続けてます。練習は、週に2〜3回ですが、続けてます。指弓やビブラートも取り入れて、やっぱりヴァイオリンって良いです。ヴァイオリンは受験ギリギリまで弾きたいと言ってます。こんなワガママなレッスンを受け [続きを読む]
  • 新小5とヴァイオリン
  • あまりに長く放置しましたねーブログ忙しかったですね。更新しなかった間に、塾の学年が小4から小5になり、発表会があり、なんだか大変でした。塾は、順調で怖いくらいです。ただし平日は週3日塾ですので、平日の練習は週2日のみになったヴァイオリンです。発表会が終わりさすがに来年の発表会は出れないと思うので、寂しい気持ちで一杯です。できれば、6年の夏休み前くらいまで、ヴァイオリンを習いたいねと娘と話してますが [続きを読む]
  • 基礎練習の厳しい先生の元、ヴァイオリンの素晴らしさを知る編②
  • 期間が空いてしまいました。娘の塾が忙しいのと、この忙しいときに夫が長期出張に出てしまい、手伝ってもらえなかったのと、仕事も忙しかったので。さて、3人目の先生に変わってから、大きく変わったことがありました。それは、曲のテキストを下げたこと、基礎のテキスト(セヴシックと小野アンナ)が増えたことです。娘は、やっぱり難しい曲が弾きたいですので、嫌がりましたが、先生の言う通りしないと、「難しい曲を綺麗な音 [続きを読む]
  • 基礎練習の厳しい先生の元、ヴァイオリンの素晴らしさを知る編①
  • さて、褒め褒め先生の最後のレッスンが終了する前に、今の先生の単発レッスンを1回、受けに行きました。今回はレッスン空白期間は作らず行きたかったからです。今までと違うところは、先生はピアノも上手なので、伴奏してくれます。1人目の有名な先生は、実はご自身のヴァイオリンをレッスン室に持ってこられないので、お手本は、生徒のヴァイオリンを使ってお手本を見せてくださいますが、ヴァイオリンでお手本見せてくださるの [続きを読む]
  • 褒め褒めレッスンで、ヴァイオリンが好きになる編③
  • 褒め褒めレッスンで、娘はヴァイオリンを習うことが好きになりました。さらに、曲が進みましたので、弾ける曲のヴァリエーションが増えたことも、モチベーションが上がりました。しかし、少し少し難しい曲になると、上手く弾けません。その原因はいくつかありましたが、左手の親指は、原因の第一位だったと思っています。先生も、直そうとしてくださいましたが、これは「本人の直そうという気持ち」の問題だと、私は思いました。褒 [続きを読む]
  • 寄り道〜発表会〜
  • あえて、どの先生がどんな発表会かは記載いたしません。どの発表会も、良さがありました。今までに経験している発表会は3つの教室順不同にかきます。①とっても華やかだった。先ず、門下生のドレス美しかった。生徒数多かった。借りている会場は、発表会としては普通。保護者や親せき友達も観客としてくるので、時折立ち見もでる程、満員。合奏のグループは、5グループ(1グループ5〜6人)。花束を演奏後に渡すことが可能 [続きを読む]
  • 褒め褒めレッスンで、ヴァイオリンが好きになる編②
  • さて、ヴァイオリンをお休みしてから、2か月後、近所の個人でされているヴァイオリン教室に通う事にしました。この間、ヴァイオリンは、ほとんど弾かず、母がたまに出して、調弦だけしたりしていました。近くのヴァイオリンの先生は、門下生の中にコンクールで賞をとる子から、趣味でのんびりやっている子まで、習う目的はそれぞれという感じでした。希望の時間が合わず、先生のお弟子さんのような方に、娘は習うことになりました [続きを読む]
  • 褒め褒めレッスンで、ヴァイオリンが好きになる編①
  • 有名なヴァイオリンの先生の門下生を辞めてから、2カ月くらいでしょうか・・・ヴァイオリンを習わない時期がありました。その間、娘はヴァイオリンを弾こうともせず、私も弾かせようともしませんでした。さらに、先生探しも最初の2週間はしていませんでした。私の中では、このまま習わないという選択肢もありだなと思っていました。私の憧れで始めたヴァイオリンだったので、娘にその私の気持ちを押し付けるのは辞めよう・・・と [続きを読む]
  • 五嶋龍さん
  • 私の好きなヴァイオリニストについては、ちょっと書いてますが、娘は「五嶋龍」さんが大好きです。音大出身ではなく、ハーバードで物理を学んだことも好きである要因だとか・・・・この↓動画結構見てます(笑)7歳の龍さんですwww.youtube.com良く聴いているのはこれ↓です。Amazon CAPTCHA私は、最近はこればっかり↓Amazon CAPTCHA [続きを読む]
  • 寄り道②〜先生選び〜
  • 今日は出張で、移動中で時間がありますので、また更新です。さて、ヴァイオリンの先生選びというのは、案外難しいものですね。我が家も現在までに3人です。次回のブログに2人目の先生が登場しますが、この先生のも本当にお世話になりました。娘はこのころ「ヴァイオリンは辞めたくないが、練習は嫌い」という訳のわからないことを、ずっと言ってました。ヴァイオリンは、本当に難しい楽器です。ですが、好きになると魔法にかか [続きを読む]
  • 娘、有名なヴァイオリンの先生の門下生になる編⑥〜発表会その後
  • 初めての発表会が終了しました。ここで、一言。私のブログでは、自分の経験から、現在どんな曲をしているどんな教本をしていると言うことは、出来るだけ書きません。それは、この初めての発表会に参加してから、情けないことに自分が、曲が進むように望んでしまったからです。色んな曲や練習曲を、多く年少からこなしていくことは、音大や芸大、将来プロの演奏家になりたいと思っている子どもには、刺激であったり目標であったりす [続きを読む]
  • 娘、有名なヴァイオリンの先生の門下生になる編⑤〜初めての発表会2
  • 有名なヴァイオリンの先生の門下生になってから、1年3か月後に初めての発表会に参加させてもらいました。この発表会で、私の気持ちが大きく揺れることになりました。発表会は、事前にリハーサルが別の日に行われますが、その際に合奏する方々と初めてお会いしました。娘のレッスンは、朝いちばんの時間でしたので、いつも次の方と軽くご挨拶はしておりましたが、その子がどんな曲を弾いているかは知りませんでした。合奏の曲は、 [続きを読む]
  • 娘、有名なヴァイオリンの先生の門下生になる編④〜初めての発表会1
  • ただすら「ラ」を出す毎日でしたが、よほどの事がない限り、ほぼ毎日弾いておりました。10分で終わる日もあれば、30分弾ける日もあったりしましたが。仕事もしていたので、仕事の都合上できない日もありました。弦が移り、「ラ」だけじゃなくなった時は、すごく嬉しかったのを覚えているくらい、「ラ」だけが長かったです。hそして、先生の口から「来週からテキストを準備してください」と言われた時は、凄く嬉しかったです。使用 [続きを読む]
  • 寄り道?〜分数ヴァイオリン購入について〜
  • 少し話はずれますが、分数バイオリンの購入について、私の考えを書きたいと思います。あくまでも、ど素人の思慮の浅い考えです。じゃなぜ書くのだ?とい事になりますが、「ヴァイオリンがわかる」のHPにもありますように、一部の先生の中に、弦楽器店と提携し中間マージンが、ヴァイオリンの先生に入るシステムをとっているお教室があるようなのです。知っていてもそのシステムののって購入するのと知らなくて購入するのでは、意 [続きを読む]