わたしと子供のいじめと戦うブログ。 さん プロフィール

  •  
わたしと子供のいじめと戦うブログ。さん: わたしと子供のいじめと戦うブログ。
ハンドル名わたしと子供のいじめと戦うブログ。 さん
ブログタイトルわたしと子供のいじめと戦うブログ。
ブログURLhttps://yssyd0130.muragon.com/
サイト紹介文現在進行形の、うちの子供に対するいじめ。 心を少しでも軽くするために、日記を始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/10/30 23:37

わたしと子供のいじめと戦うブログ。 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 記事を削除したのにね。
  • 子供がいじめをうけてるとき このブログを書いていた あまりにも苦しくて 戦って ぼろぼろに傷ついて 学校にも守ってもらえなくて 結局、引っ越した 引っ越しを決めたとき 記事を全部削除した もう 書かなくても大丈夫になったから 負けたけど 私たちに平和がやってきたから 削除してから 久しぶりにブログを開けると タイトルだけ残ってて まだその時の自分がここにいた 必死に平常心を取り戻そうと 心の声を書 [続きを読む]
  • いじめた奴らにも「おはよう」っていってやる!
  • うちの子はいじめにあってて、しばらく学校にいってない。 行ってない間に、いじめっ子の数が増えて 今やクラスは収集のつかない状況らしい。 小学五年生。 教育者には「ギャングエイジ」と呼ばれ、腫れ物を触るように扱われ 親達には自分の友達でさえけなされて、 クラスの仲間には注意もしてもらえず見捨てられてる。 いつの間にか、かわいそうなお山の大将に成り果てた子供達。 私も間違った。 周りの目ばかり気にして [続きを読む]
  • 2016.12.1
  • 何にも変わらない 月曜と金曜の午前中に 不登校児施設へ登校を始めて 夕方、学校での個人授業を始めて なのに 何一つ変わらない。 私が行動しないといけないんだろうか? もっと 苦しんで 悩んで 傷だらけにならないといけないんだろうか? 不都合はある。 運動不足な子供。 だんだん日焼けが冷めて 肌が白くなっていく子供。 仕事を中断して 送迎や、昼ごはんの用意をしなくてはいけない毎日。 それから これは [続きを読む]
  • 教師というもの。
  • 今の私は 教師には何も求めていない。 親の反応と 教育委員会のしばりと そんなものにがんじがらめで 自分のやりたい事もできない かわいそうで非力な存在 そんな風にしか感じない。 「学校へいってみたい」 という子供の言葉にも 「まだクラスの受け入れ態勢がとれていないから」 と、許可がでない。 この人達の精一杯なのかなぁ〜と。 この時代では ここまでかなぁ〜と。 だからこの記事を読んで とても懐かしか [続きを読む]
  • 2016.11.18
  • いい事が起こると 決まって悪い事が起こる 反対にすると 悪い事が起こると いい事が付いてくる。 世の常かも。 その悪い事を 自分にとっての 励みに変えよう〜というのが ポジティブシンキング。 じゅうぶん分かってる。 その方が楽しいし その方が自由になれる。 ただ、 ここまで起こると 自信を無くす。 因果応報。 自分で決断して 自分で動いた結果が今の現状なら、 私はとんでもない人間なのかもしれない。 [続きを読む]
  • 2016.11.16
  • 長く 長く 記録を残す気にならなかった。 心を整理する事がおっくうで。 毎日、家にこもる子供。 いい天気なのに。 私が帰ると 弾丸のように話し出す。 寂しかったんだ〜 夜にこっそり 生徒のいなくなった学校で 補習授業を受ける。 なぜ なぜ? うちの子だけ こんなコソコソとしなきゃいけないのか。 どうして 遠足も 発表会も 地域の祭りも 何もかも経験できないのか。 私のせい。 私のせい。 全ては親の [続きを読む]
  • 2018.11.04
  • 別に 諦めたわけじゃない このままでいいと 思ったわけじゃない ただ、 夕方のほんの30分程の時間 学校に行けるようになった事 補習をしてもらって 勉強が楽しいと言ってくれた事 そんな ちっさな事が 私の中で 大きな、大きな台風のように 心の変化を与えてる。 家にこもって 一日中 ひとりぼっちでいる子供が 学校に足を向けた 全てにおいて どーせ と言っていた子供が 分からない所を質問できるようにな [続きを読む]
  • 2018.10.30〜2
  • 謝りに行った。 意を決して。 子供に 「友達に嫌な思いをさせた事は謝ろう。いじめを受ける理由には全くならないけど、人を嫌な思いにさせた事はダメな事だから。」 って説得した。 すごく嫌がってた。 「どうして俺が?!」 って言ってた。 でも、やっぱり、嫌な思いにさせた事は謝らなきゃいけないから。 親子で重い気持ちのまま、チャイムを押した。 笑顔で出てきてくれた友人と、子供の友達。 「うちの子の何が嫌だ [続きを読む]
  • 2018.10.30
  • 謝るか。 うちの子の非については 謝ろうか。 一件一件、親子で訪問して 頭を下げようか。 親子で相当ダメージ受けるけど 一旦、リセットする。 私達の中で。 相手はリセットしないだろうけど。 悪の根源みたいに思われてるから。 受け入れない親もいるだろうけど。 謝るメリットは 私達親子のけじめがつけられる。 かな? 状況は変わらないだろう。 その後、転校にしてもいいかも。 子供が望むなら。 明日、先生 [続きを読む]
  • 2018.10.29〜4
  • もう すっぱりやめようか 子供は学校へは行かないって言ってる。 信じて 子供の思うようにさせようか。 クラスに入れるように 頑張る事 戦う事 やめてしまおうか。 後悔するんだろうか。 良かったと思うんだろうか。 今、思い悩む時間を 次への準備に当てた方が 私達親子にはいいのだろうか。 誰に相談しても 答えは出ない。 決断は私達。 どうすればいい。 一日中、頭を駆け巡る。 [続きを読む]
  • 2018.10.29〜3
  • 叫ぶ 今日は 汚い心むき出しにして さけぶ! バカヤロー バカヤロー バカヤロー バカヤロー きえてしまえー きえてしまえー きえてしまえー きえてしまえー あやまりにこーい あやまりにこーい あやまりにこーい あやまりにこーい \\?(?`^´?)?//// 全くスッキリしない。 汚い言葉使えない。 いっそ モンスター化した方が楽なのかなぁ。 [続きを読む]
  • 2018.10.29〜2
  • どうして いつも イジメられた方だけ ダメージ受けるんだろう? 親は 自分の子育てがダメだったのか そもそも自分の性格が問題なのか っていう、自分の存在意義までに疑問を投げかける もっと寛容な子に育てなきゃいけなかった もっと強い子に育てなきゃいけなかった もっと優しい子に育てなきゃいけなかった もっと協調性のある子に育てなきゃいけなかった もっと もっと もっと もっと 涙が止まらない 全部、私 [続きを読む]
  • 2018.10.29
  • 土日なのに 私の心は奮闘中 いつか胃に穴が空きそう とか心配しながらも 全く元気。 人って意外とタフだなぁ。 嫌われてる 四面楚歌 敵ばっかり そんな風にすぐ思っちゃう。 でも、何のメリットもないよね。 私が笑う事。 それが家族の願い。 なら 心はボロボロても 笑いましょう! 大好きな子供達のために! 頑張れあたし! 頑張れあたし! 頑張れあたし! 感情にながされるな! 今日は雨。 できれば全て洗 [続きを読む]
  • 2018.10.28
  • 毎日 毎日 毎日 毎日 家でユーチューブとゲーム 楽しそうにしてるけど 満足してる訳じゃない みんなは小学校にいってるのに 自分は行けてない 疎外感 苦しさ 孤独 劣等感 色んな感情を抱えてると思う。 私が帰ると いつもにも増して 明るくおちゃらけて冗談を言う。 私のことを心配してくれる優しい子。 昨日、味方になってくれそうなお母さん達と 会合を開いた。 私が唯一仲良くしてるお母さんもいた。 でも [続きを読む]
  • 2018.10.20
  • 久しぶりに学校にいってくれた。 なのに、またいじめ。 うちの子の小さな失敗を見つけては 5、6人で集中攻撃。 大人でもしんどい。 うちの子も悪いとこいっぱいある。 ズルイとこ 生意気なとこ 非を認めないとこ 反抗的なとこ けど いじめられていい理由にはならない と思う。 いじめをしていい理由なんて この世の中にはない と思う。 「学校に行きたい!」 「友達と遊びたい!」 なきじゃくりながら叫んだ。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …