みりこ さん プロフィール

  •  
みりこさん: アラフォーみりこ 結婚への道
ハンドル名みりこ さん
ブログタイトルアラフォーみりこ 結婚への道
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mirimiriko/
サイト紹介文38歳を目前にして、突如結婚願望のわいた女の婚活記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/10/30 23:38

みりこ さんのブログ記事

  • お見合い大作戦
  • わたしはこの番組が好きで好きで…。昨日はこのために早めにご飯もお風呂も済ませて、真剣に見入ってました。ほぼ毎回登場する引っ掻き回す人やあざとい人が今回はいなくて、少し毒のない回だったけど、その分心穏やかに見られたかも。あんまり話せてなくても、お宅訪問していなくても、猛烈アピールできていなくても…最後は顔立ちや雰囲気が可愛らしかったりキレイな人に軍配があがる。そんな印象を受けた一視聴者でした。もちろ [続きを読む]
  • 婚活におけるお会計問題
  • 「奢ってくれなかったから、本気度を感じなかった」そんなことを宣う女性がいますが、 これは正解だと思います。ただ、その方が♀「奢ってくれない!本気度が低い!次はないわ!プンプン」と思っている傍らで、♂「あー、この人はないな。次行こ次。割り勘でいいや」こんな風に男性から思われていることを忘れてはいけないと思います。予告(写真やプロフ)の編集が秀逸で、実際(会った時の印象や会話)は全く面白くない映画(お [続きを読む]
  • ありのまま
  • 「ありのままの自分をわかってほしい」そう言う人に限って、他人のありのままを受け入れないという不思議。例えば見た目。ダイエットしたりアドバイス受けて服装を変えるのが嫌なのに、他人の体型等に文句言うとか…お前が言うな状態。「自分を理解してほしい」それは、自分に合わせてくれって言ってるのよね。1. 自分に都合よく振る舞ってくれる人を求めているだけだから、相手が自分にどんな感情を抱いているかも気づかない。2. [続きを読む]
  • 婚活における写真の大切さ
  • 婚活において、写真は本当に大切。女性は写真と年齢、男性は写真と年収。これでお見合い成立率が相当変わってくるのは誰もが知っていること。じゃあ、いい写真撮らなきゃ!そこで相談所から紹介される写真館を利用する人が大半だと思います。なので、そうじゃない人は違う意味で目立ってしまう。例えば、自宅での自撮りで、後ろの本棚が映ってる人。しかもご丁寧に真正面と横顔の2パターンとか。飲みに行った時の写真で、真っ赤な [続きを読む]
  • チヤホヤが好きな人
  • 「若い時はモテたの!」と一緒で、チヤホヤされていたことを必死に伝えたがる人もいるけれど、それも若いから当たり前。おじさんが「おれ、若い時はモテたんだぜー」と言ってくるのを痛いと感じるのと同様に、おばさんが言っても痛いだけ。そういうことを言いたくなるのは、今が満たされていないから?新しい彼氏ができたら前の彼氏のことなんて忘れ去ってしまうのと同じで、幸せな時はそういう過去の栄光なんて、思い出しもしな [続きを読む]
  • 若さとモテ
  • 「昔はモテたの!」って言う人、いますよね。そりゃ、昔はモテたはず。だって若いんだもん。おばさんから見ると若い子は、それだけで可愛くて眩しい存在です。もう違う生物なんじゃないかってくらい。同性から見てそうなんだから、異性からしたらその思いはもっと強くなるのでは。そりゃあ群がりますよねって話。キラキラ、ピカピカした、お金では買えないもの。その尊さに若い時は気づかない。そういう期間に結婚しておくのが良い [続きを読む]
  • 結婚してみて思うこと
  • わたしが結婚してから思ったこと。その内のひとつは、結婚っていいなぁ、というもの。37歳くらいまでは、一生結婚しないで彼氏がいればそれでいいと思っていたし、友人たちにも「結婚はしません」と宣言していました。でもきっと側から見たら、結婚できない人の強がりや言い訳に聞こえていたはず。思い返すと我ながら痛くて恥ずかしくなってしまう…。浮気をする既婚者を見たことで、結婚に対するイメージが歪んでしまったのもある [続きを読む]
  • セミナーとか攻略法とか
  • 昨今の婚活業界には溢れかえってますけど、あれってどうなんでしょうね。積極性やポジティブな気持ちみたいに、自分の足りない部分を補う意味で参考にする分にはいいけど、盲信するのはちょっと違うのでは…とわたしは思います。モテる女性には一朝一夕でなれるものではないし、そういうところに時間とお金使うなら、ABCクッキングやマナー教室にでも行った方が、身になるものは多いのではないかと。付け焼き刃の素敵女子より、さ [続きを読む]
  • 安定期に入りました
  • お久しぶりです。みりこです。表題のとおり、妊娠5ヶ月に入りました。ライブドアには妊娠記録ジャンルがなかったので、少し前にアメブロに引っ越して、妊娠に至るまでと今現在のことを綴っています。新しいブログはこちら。https://ameblo.jp/miriko-pisces/出生前診断を受けたことや、無痛分娩を選択した理由などをつらつらと書いていて、ベビたん?とかプレママ?とかキラキラした感じは全くない、おばさんの妊娠記録です。こち [続きを読む]
  • 夏休み
  • 我が家は今日から4泊5日で北海道へ。フライトのお供にとガイドブックや漫画を購入してやる気充分でしたがキャプテン翼は秒速で原宿さんに奪われてしまったのでした。ああ、ワールドユース編…。今回の旅行は、レンタカーを借りて遠出もしてみる予定です。毎日車通勤でお疲れの原宿さんに代わって超ペーパーのゴールドドライバーであるわたしが運転してみようかと。あまりに久々すぎて、死のドライブや絶叫マシンにならないか不安で [続きを読む]
  • お見合いの服装
  • こんばんは。今日は六本木で朝から小宇宙を燃やしてきました。行ってきたのは「週刊少年ジャンプ展vol.1 創刊〜1980年代」。Dr.スランプ、北斗の拳、聖闘士星矢、キャプテン翼にドラゴンボールetc…兄弟の影響で、当時毎週ワクワクしながら読んでいたタイトルの展示がズラリと並びます。来場者はわたしと同じくらいか少し上の年齢層。はい、わかります。見事におっさんおばさんホイホイと化した空間を、懐かしさに浸りつつ楽しんだ [続きを読む]
  • 婚活を振り返る その4
  • こんばんは。J SPORTSで中継されている、ツールドフランスに夢中な今日この頃。しばらく夜更かしが続きそうな予感です…。さて、婚活を振り返ること、はや4話目。今夜は「交際をやめるタイミング」について綴っていきたいと思います。この問題においてわたしは反省することしきり。優しさと優柔不断は違うということがよーくわかった経験でした。「何かが違う」と思いつつも、プレゼントをいただいたことで断りづらくなってしまっ [続きを読む]
  • 婚活を振り返る その3
  • 当時交際していた人たちに対して、盛り上がらなかった自分の気持ちを鑑みた上で「このまま進めて行って好きになれるか」を冷静に分析したわたし。入会当初は「こんなわたしでいいと言ってくれる方ならどなたでも!」なんて思っていたけれど、いざ現実と直面すると…はい、むーりー。この時点で当初5名いた交際のお相手は、年収の高いカバさんに見えるお方と痩せたらイケメンだけど、現状は肥満体なお方の2名になっていました。うー [続きを読む]
  • 婚活を振り返る その2
  • こんばんは。先日「パイレーツオブカリビアン」を鑑賞してきました。親子の絆と父の愛を強く感じた今作。まさか海賊映画で涙を流すとは思わなかったよバルボッサ…。さてさて今日の記事は「交際をやめるタイミング」についての予定でしたがそこまでに通った「交際が盛り上がらないことの理由」についてお送りします。相談所での交際は、ネットなどで言われている「仮交際」の位置付け。これは「彼氏彼女」としてお付き合いしていな [続きを読む]
  • 婚活を振り返る その1
  • お久しぶりです。みりこです。先月は絶賛読書月間を過ごしていたので、更新をお休み。そんな中でもちょろちょろと、数多ある婚活ブログの拝読はしていました。いろんな方が書いたものを読んでみて感じたのは「人の数だけ例はある」ということ。読み手があれこれと感じるのと同じくらい、もしくはそれ以上に書き手の思惑もあるわけで正解やゴールは人によって違うのだろうと考えてみたり。これはなかなか奥が深い…。そのことに関し [続きを読む]
  • 謎の無限ループ 原宿さんその25
  • メイクさん苦肉の策で、ワックスで髪を立てたものの、永沢くんとなった原宿さん。その写真を見た我が友の感想は「たまねぎ…」でした。うむ、確かにフォルムが同じ。そうとも言う。「髪型が変って、てっきり盛ってるんだと思ってたけど、ホントに変だね」はい、婉曲なしでズバッときたー。もう1回見せて、と言われるがままに見せたところ、ひぃひぃ言いだす彼女。「顔と髪がっっ!合ってない!」合ってない…そうか!だから余計に [続きを読む]
  • 写真を見て思うこと 原宿さんその24
  • ハワイ最後の晩餐はミッシェルズでした。そうして、あっという間にやってきた帰国の日。慌ただしく空港に到着すると、そこにはたくさんの日本人の姿が。幸せそうなファミリーを見た瞬間に感じたのは「いいなぁ。素敵」ということ。その中のお母さんたちは、きちんと上着を羽織って、真冬の日本に戻る準備ができています。そういったさまを眺めて、そうだった。これから寒いところに戻るんだっけ…と浮かれ気分をリセットして、カー [続きを読む]
  • 挙式のあと 原宿さんその23
  • 挙式を終えて一旦ホテルに戻って衣装を脱ぐと、休む間もなくビーチ撮影用にチェンジ。原宿さんはホテル内にあったTori Richardで購入したアロハとショーツにサンダル。わたしは日本で作った膝上のドレスにウェッジ。帽子は前日にTommy Bahamaで調達しました。髪型もハーフアップからラプンツェル風のサイド編み込みへ。 前日に買っておいたパンを食べてひと息ついたところで、再びリムジンが登場します。ドライブを経て、ひと気の [続きを読む]
  • 挙動不審 原宿さんその22
  • ハワイ挙式といえばリムジン!ということで、わたしたちにもリムジンのお迎えがやって来ます。ドライバーさんは現地の人。サングラス着用でめちゃくちゃガタイのいい、マフィア映画の若僧的な風貌。いかにも屈強そうな彼の運転で、30分ほどホノルル市街地を走ります。カウマカピリ教会に到着するやいなや、待機していた現地スタッフに式の流れを説明されて徐々に高まっていく緊張感。扉を開けて中に入ると、そこにはステンドグラス [続きを読む]
  • 挙式当日 原宿さんその21
  • 日焼け止めと下地を塗って時計を見ると、8時半より少し前。間もなくメイクさんとコーディネーターさんが到着して、慌ただしい1日が始まります。部屋には女3人だけ。…のはずが、ベッドを見ると、眠そうな顔のおっさんがひとり。「結婚式の前に新婦の花嫁姿を見ると幸せになれない」のに、なぜいるのかというと…衣装合わせで相談をした際に、ドレス姿を何度も見せているので、ファーストミートはなし。後ほどアルバム作成のために [続きを読む]
  • ハワイに到着 原宿さんその20
  • 夜の空港でコートを預けて、カーディガンとワンピースという身軽な服装になると受け取ったスーツケースから取り出したスニーカーに履き替えます。よし、これでメディキュット履けばバッチリ。出国審査を通過して、免税店でゲランの化粧品を購入したあと、ラウンジでひと息。目の前にはツヤッツヤじゃない、ノーマル七三になった原宿さん。わたしたちはこれから、結婚式&新婚旅行のため、ハワイへ向かいます。しかし結婚式&新婚旅 [続きを読む]
  • 七三の旦那 原宿さんその19
  • 「昨日、旦那が七三で帰って来たの。いつもの刈り上げ頭よりも酷かったんだけど」ハワイに出発する前日、わたしは神田夫妻の美容室にやって来ました。そこで語られる、原宿さんの髪型事情。自分の夫となった彼を「旦那」とか「主人」と呼ぶことに微妙に照れてしまうわたしは渋谷さんで経験した「髪のおはなし」から、いまだ逃れられていなかったのです。昨夜、ぴっちり七三ヘア(ポマードかジェルで固めてありました)で帰ってきた [続きを読む]
  • 指輪のお返し 原宿さんその18
  • 顔合わせと入籍が滞りなく終わり、原宿邸での結婚生活がスタートしました。朝起きて青汁を飲み、朝食の準備&原宿さんのお見送り。そこから始まる掃除洗濯もろもろを昼前には済ませてジムへ。ブライダルエステ、美容皮膚科、鍼などのメンテナンスを夕方には終わらせて帰り道で冷蔵庫の中を思い浮かべながら献立を考える。帰宅後にブログを書いてから、野菜中心のおかずを5、6品作って、20時前くらいに夕食。こんな毎日を送りながら [続きを読む]
  • 色あざやかな 原宿さんその17
  • 絶賛マリッジブルー月間のわたし。気分は超どん底に落ちています。のほほんとした性格の友人のほとんどが「こんな自分でもマリッジブルーになった」と男女問わず言っているのを、どこか他人事のように聞いていたのですがまさか自分の番がやって来ようとは、露ほども思っていませんでしたよ…。「結婚式が決まったのに、逃げてしまいたい」「本当にこの人でいいのかと悩む」など過去に死にそうな顔で友人たちの呟いた言葉が頭の中で [続きを読む]
  • マリッジブルーがやってきた 原宿さんその16
  • 成婚退会をしてから、すぐにやって来た10月。入籍前の半同棲が始まりました。場所は、原宿さんが1年ほど前から住んでいる、お庭の広い一軒家。閑静な住宅街でロケーションもバッチリ。そこに自分の荷物をすべて持って転がり込む。のは、ちょっと難しいお話なのでした。わたしがずっと1人で住んでいる親名義のマンションには、家具と生活用品が揃っています。寝室とは別にある趣味の部屋なんて、壁一面本棚の並ぶ漫画喫茶状態。家電 [続きを読む]