yoshidon さん プロフィール

  •  
yoshidonさん: scene seen photos (旧・君は見たか)
ハンドル名yoshidon さん
ブログタイトルscene seen photos (旧・君は見たか)
ブログURLhttps://yphotos.hatenablog.com/
サイト紹介文中部地方、東海地方がエリアを中心の自然や風景写真がメインです。 (旧「君は見たか」をリニューアル)
自由文2015年に一眼レフを購入してから、風景撮影が好きなのでいろんな所へ行くのが楽しみになりました。
目に映るものを再現することと、レンズだから見えるものを捉えて、日本の四季を楽しみながらカメラライフを楽しみたいと思っています。
カメラはNikon D7100
(2018.8月ブログ引っ越しました)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/11/01 19:22

yoshidon さんのブログ記事

  • 紅くコキア!
  • 真っ赤に染まる、ひるがの高原「コキアパーク」でございます!前回の夫婦滝はもう「ひるがの高原」に近い場所にあるのです。実は過去に仕事でひるがの高原に何度か来ていたことがあるのですが、実際に高原まわりを散策することなどなかったのです。「ひるがの高原」にはいろいろ遊べる施設がありますが「コキアパーク」という撮影にもってこいの場所があります。ちょうどこの日はコキアが見ごろということを知っていました。知っ [続きを読む]
  • 夫婦滝(岐阜県郡上市)
  • 岐阜県郡上市ひるがの高原近くの夫婦滝(長良川源流)、気に入りました!18mm f22 ISO100 5秒一枚目の写真が今回のベストショットです。ある程度調べて行きましたがそれほどの人気スポットでは無いようで、早朝到着した時間には休日にもかかわらず誰もいませんでした。(しかも帰るまでにも誰にも会わず独り占め!)予想以上にとても良い場所でした。本当は滝の水が二つに分かれて落ちるので夫婦滝と呼ばれているのですが、前 [続きを読む]
  • 雨の日でも撮影
  • 先月のことですが、休みの日に限って良くない天気の事が続くことがありました。今まで撮影中に雨が降ってくることがありますが、わざわざ雨の日に撮影にでかけることなんてありませんでしたが、この日は“わざわざ”出かけました。当然ながら、雨あがりではなく、レインナウです!降っている雨が撮れます。しっとりした空気が撮れます。当然ながら、傘&カメラです。一眼レフだとやはり疲れますが、まさに雨が降っている時は普段と [続きを読む]
  • 第25回美濃和紙あかりアート展
  • 岐阜県美濃市で毎年開催される「美濃和紙あかりアート展」に行ってきました。1300年の歴史を誇る「美濃和紙」を使ったあかりのアート作品を全国から募集し、うだつのあがる街並みに展示するというものです。www.akariart.jp美濃和紙にはあまり関心は無かったのですが、毎年行われるこのイベントは被写体として興味がありました。しかし!このイベント、かなり人気があるようで三脚、一脚、脚立が使用禁止なのです。夜で三脚使えな [続きを読む]
  • 第25回美濃和紙あかりアート展
  • 岐阜県美濃市で毎年開催される「美濃和紙あかりアート展」に行ってきました。1300年の歴史を誇る「美濃和紙」を使ったあかりのアート作品を全国から募集し、うだつのあがる街並みに展示するというものです。www.akariart.jp美濃和紙にはあまり関心は無かったのですが、毎年行われるこのイベントは被写体として興味がありました。しかし!このイベント、かなり人気があるようで三脚、一脚、脚立が使用禁止なのです。夜で三脚使えな [続きを読む]
  • 久しぶりに地元で日の出撮影
  • 以前は時々近場に日の出を撮りに行っていましたが、最近は足が遠のいていました。今日は天気は悪い予報でしたが、日の出の1時間くらい前に外を見ると厚い雲の間に大きな隙間があります。で、ハズレかもしれないがひょっとしたらアタリかもしれないという勘で出発!こんな感じに隙間があります。どうなんでしょう・・・前回の記事に書きましたがこういう場合は絞りましょう〜(笑)奥行きを表現する(本から学んだ事⑤)大きな「F値 [続きを読む]
  • 奥行きを表現する
  • 本から学んだ事⑤大きな「F値」はピントの合う範囲が広く、小さな「F値」はピントの合う範囲が狭い。ベッカー(※本に掲載されている写真家)は、風景写真家で、気候変動の影響に文字通り“焦点を合わせた”写真を撮っています。彼は絞りを絞り込み、被写界深度を深めています。遠くまでシャープに見せることが風景の広大さと細部の情報を伝えるのに役立っています。〜絞りを絞り込みほどにカメラに入る光量は減ります。つまり、明 [続きを読む]
  • 地平線をどこにもってくるか
  • 本から学んだ事④構図とコンセプトをどこにもってくるか地平線をどこにもってくるかにはルールはありません。だからといって、それが重要ではないという意味ではありません。地平線の位置ですべてが変わるからです。要するに、何を強調するかの問題です。大きな空は見る人の感情に訴えかけるものがあるようです。空が大半を占める構図は、人の力の及ばない何か大きなものに支配されているという印象を与えるからです。(一部諸略) [続きを読む]
  • フレーミングは自信を持って決めなければならない
  • 本から学んだ事③いちばんいいところを考えるとりたてて注目すべきところはなくても、計算されつくしたフレーミングによって、ありふれた場面が素晴らしい作品に変わります。不注意なフレーミングは、あっと驚くような被写体でさえつまらなく見せてしまいます。何を含め、何を含めないかに気づくことが抽象画の傑作にも引けをとらないような作品を生むのです。フレーミングは、100%の自信を持って決めなければなりません。これは、 [続きを読む]
  • どこに立つ? 〜すべてを決める2つのもの、右足と左足〜
  • 本から学んだ事②自分の目を使って情報を選別する作業、それが構図。伝統的な構図のテクニック、たとえばリーディングライン(視線を誘導するライン)、興味を引く前景、シンメトリー、3分割法などは、風景写真を撮るときにはどれも重要です。しかし、これらの「解決策」は目の前の光景を吟味しているときにに、すぐに見えてくるわけではありません。・・・最善の撮影ポジションを見つけるまで、何キロも移動しなければならない [続きを読む]
  • 「何を」「いつ」「どのように」
  • 本から学んだ事①何を、いつ、どのように。自分だけの風景を撮るときの3つの決め手。今すぐ、周りを見渡してください。今あなたがいる場所について、何を考え、どう感じるかを写真で表現するとしたら、それはどんな写真になるでしょう?難しいかもしれませんが、そう考えることが、きっと役に立つはずです。「何を」「いつ」「どのように」この3つの要素を組み合わせると、写真は何か意味を持つものへと進化します。当たり [続きを読む]
  • 写真講評会&富士コン作品上映会
  • 先日、岐阜の三星カメラさん主宰のフジフィルム社員の方による写真講評会&富士フィルムコンテスト入賞作品上映会に参加しました。今までは撮って、現像して、アップするという作業が主なカメラライフでしたが、いろいろと考えさせられるものがありました。ネット上では細かい指摘やアドバイスを受けることは殆どありません。はっきり言ってどこが悪いか、どうしたらもっと良くなるかという意見を貰わないと上達しないようにも思い [続きを読む]
  • 旅の終わり〜熊野本宮・七里御浜〜
  • 熊野、串本の旅の終わりに回った場所を。熊野に来たからには寄って帰りたかった熊野本宮大社。熊野本宮は三度目の参拝となります。今回は朝早かったので参拝客は少なく割と落ち着いてお参りができました。こちらは旧大社の大斉原。前回は雨の中の撮影でしたが、今回は快晴。稲穂が実りはあと少し。また熊野古道を歩きたくなりました。その後七里御浜にも。これにて旅終了です。1.5日くらいの日程でしたがかなり濃厚な旅となりま [続きを読む]
  • 橋杭岩②(和歌山県串本町)
  • 陽が落ちて、空には星が見えてきました。(19:00頃)星の撮影は久しぶりですが、いろいろと設定を変えて悪銭苦闘の末なんとか撮れました。(ちょっとピンボケですが)シャッタースピードはやはり15〜20秒、問題はf値が下がらないので限界と思いきや、友人のアドバイスでマニュアルモードでf値を下げられる事を知る(笑)(ありがとうございます)でも真っ暗なうちはピント合わせに苦労しました。まあしかし、この絶景と星の組み [続きを読む]
  • 橋杭岩①(和歌山県串本町)
  • 今回の旅の目的はここです。橋杭岩。※参考サイト景勝・橋杭岩と橋杭海水浴場こちらの内容を要約しますと約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立ち、その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付いたということだそうです。弘法大師と天邪鬼が一晩で橋をかける賭けをしたとかいう伝説もあるそうです・・さて、噂に聴いていたこの橋杭岩。以前撮影に来たことがある人にきいた話では、なんだか遠いところで [続きを読む]
  • 楯ヶ崎への道②(三重県熊野市)
  • 遊歩道(山道・・・)を終え、千畳敷に到着しました。長い道のりを歩いてきただけあり喜びがあります。以前、鬼ケ城で見た千畳敷とは少し趣が違い、こちらのほうが荒々しい姿です。↓前回鬼ヶ城を訪れた時の記事熊野古道の旅 15 最終回! - scene seen photos海水の色がとても綺麗!この千畳敷だけでもかなり大きく、打ち寄せる波は激しく飽きさせません。それにしても写真の撮り方に迷います。そして進んでいくと、あの「楯ヶ崎 [続きを読む]
  • 楯ヶ崎への道①(三重県熊野市)
  • 三重県熊野市の観光スポット「楯ヶ崎」を訪れました。三重県熊野市といえば熊野古道や鬼が城など世界遺産が有名です。以前熊野を訪れた時は予定をギチギチに詰めて回ったので、熊野三社や熊野古道以外はほとんど回っていませんでした・・↓今回は和歌山県某所へ行くのが目的でしたが、時間的に前回訪れていなかった「楯ヶ崎」へ寄ることができそうだったので行ってみることに。ナビどおりに「楯ヶ崎駐車場」へ着いたら随分と山の [続きを読む]
  • 天皇林公園
  • 岐阜県揖斐川町にある天皇林公園に行ってきました。朝から雨が降ったり曇ったりの今日。こんな日はしっとりとした空気を出すことができそうな場所として、カメラ仲間と初めて来てみました。天皇林公園は昭和天皇、現天皇陛下が植樹に訪れたとしてこの名称が付けられたようです。参考資料揖斐川町は紅葉で有名な華厳時よりもう少し北へ進んだ所にあります。到着した時は曇り空で少し、雨の降った後の感じが残っていて良い雰囲気で [続きを読む]
  • 旬菜カフェ おてあて
  • 先日、名古屋名千種区の東山公園の近くにあるベジカフェ「旬菜カフェ おてあて」に行ってきました。東山動物園に本当に近く、道路の角にあります。ベジ(ビーガン)のお店としてはかなりの好立地です。歩いている人が立ち寄ったり、近くのベジタリアンの方の常連さんなどもいらっしゃるようです。豆乳モナカアイスも売ってます。お店の横からテイクアウトもできるという面白い作りですね。日替わりランチとスイーツをいただきま [続きを読む]
  • 大垣ひまわり畑
  • 大垣にひまわり畑があるとは聞いていましたが行ったことが無かったので、先日の台風前の夕暮時間に行ってみました。新幹線の近くの田畑の広がる場所・・来てみてわかりましたが以前仕事でこのあたりは通ってました。当日は晴れの日曜日で綺麗に咲いているのでかなりの人出。スマホや一眼レフを持つ人がいっぱいでした。新幹線とのコラボも。新幹線を撮るのは初めて。結構面白い。そして日が暮れてマジックアワー。久々に夕景を撮 [続きを読む]
  • 大垣ひまわり畑
  • 大垣にひまわり畑があるとは聞いていましたが行ったことが無かったので、先日の台風前の夕暮時間に行ってみました。新幹線の近くの田畑の広がる場所・・来てみてわかりましたが以前仕事でこのあたりは時々通ってました。当日は晴れの日曜日で綺麗に咲いているのでかなりの人出。スマホや一眼レフを持つ人がいっぱいでした。インスタ効果かどうかわかりませんが、一眼レフ持っている女性を結構みかけました。新幹線とのコラボも。 [続きを読む]
  • (ごあいさつ)ブログ引っ越してきました。
  • 今までの写真ブログ「君は見たか」からこちらに引っ越して、タイトルも新たに刷新し、「y-view」となりました。マイペース更新ですが引き続きよろしくお願い申し上げます。・過去記事のカテゴリが整理されていないので随時更新します。・コメントは各記事の最下部にボタンがあります。・引き続きブログランキング(ブログ村)に参加しています。 いただけるとモチベーションが維持されます(笑)応援は「写真ブログ」のバナー [続きを読む]
  • (ごあいさつ)ブログ引っ越してきました。
  • 今までの写真ブログ「君は見たか」からこちらに引っ越して、タイトルも新たに刷新し、「scene seen photos」となりました。マイペース更新ですが引き続きよろしくお願い申し上げます。・過去記事のカテゴリが整理されていないので随時更新します。・コメントは各記事の最下部にボタンがあります。・引き続きブログランキング(ブログ村)に参加しています。 いただけるとモチベーションが維持されます(笑)応援は「写真ブロ [続きを読む]
  • 琵琶湖の風景
  • 琵琶湖の旅のおまけです。湖というより穏やかな海とも言えそうな大きさですね。通りがかりの水辺に蓮の花を発見したのは驚きでした。湖北野鳥センターというところにも寄るつもりでしたが、行ったらお休みでした・・・野鳥が撮れると思ったんですけど残念。何度も琵琶湖は見ていますが、改めて湖は人の心を落ち着かせてくれる何かがあるなあと実感しました。何度来てもまた行ってみたいと思える場所です。2018.08. [続きを読む]
  • 琵琶湖の風景
  • 琵琶湖の旅のおまけです。数枚ですがご了承ください。通りがかりの水辺に蓮の花を発見したのは驚きでした。湖北野鳥センターというところにも寄るつもりでしたが、行ったらお休みでした・・・野鳥が撮れると思ったんですけど残念。何度も琵琶湖は見ていますが、改めて湖は人の心を落ち着かせてくれる何かがあるなあと実感しました。何度来てもまた行ってみたいと思える場所です。2018.08.14撮影ブログランキングに参加しています。 [続きを読む]