ユキコ さん プロフィール

  •  
ユキコさん: ひきこもりと宇宙人
ハンドル名ユキコ さん
ブログタイトルひきこもりと宇宙人
ブログURLhttps://funfunhappiness.hatenablog.com/
サイト紹介文30代女性のひきこもりが、波動の高い宇宙人(バシャール等)や地球人のメッセージを取り入れて生活中!☆
自由文ご縁に感謝します!

ひきこもりと宇宙人
http://funfunhappiness.hatenablog.com/
は、『自分を愛したい!もう人のために生きるのをやめたい!人との関わりを戻していきたい!』と思うわたしが『〜たい!』を『ました』に変えるブログです。

ひきこもりの体験を光に変えていきます(*'ω'*)ノ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/11/02 04:02

ユキコ さんのブログ記事

  • 放っておきなさい
  • 先日、ベッドに入ってから寝付けなくなった時に聞こえた言葉がある。ふと苦手な人との出来事を思い出してしまい、『なんであの人はああなのか…』『もう少し創造力があっても…』と、ベッドのなかでモヤモヤ状態に。思考のバランスを整えようと試みてから30分以上が経過。発散しきれずに溜まっていた昔のエネルギーが優勢だからかなかなか埒が明かない。『あ〜〜、せっかく早い時間にベッドへ潜ったのに…。』『このまま眠れ [続きを読む]
  • 焦りへの処方箋
  • 2014年の春からひきこもり、ずっと自分を責め続けた。2016年を迎えたあたりで、『自分はやれることはやってきた!』と、責め続ける自分に初めてキレた。自分を認める、許す、愛する。そうするしか新しいやり方がなかった。自分を信じるしかなかった。2017年は自分の意志で小さな小さなやりたいことを行動に起こしはじめた。靴を洗う、美容室へ行く、歯医者へ行く、玄関の掃除。緊張と不安のほうがずっとずっと大きかったけれど [続きを読む]
  • 「誰にでもあるよ。」でわかるすれ違いの話
  • 最近、母と話していて衝撃を受けた。『そういうことだったのか…!』という具合にようやく気づいた。何にかといえば、悩める自信ナインジャーの皆様もご存じ。誰かへ相談した際の、「誰にでもあるよ。」そう、この言葉である…!わたしはそう言われるたびに突き放された気分になり、毎度同じことを思っていた。『そんなことはない』『誰にでもあるなら何故この気持ちがわからないのだ…!』『本当に同じだったら、わたし [続きを読む]
  • バナラナイ
  • 2013年の手帳を捨てた。2014年の手帳を眺めている。6年続けた仕事を退職する3月のページにこう書いてある。『でも』『だって』『どうせ』禁止月間切羽詰まっていた。次の仕事も見つけなけれバナラナイ。生きがいを見つけなけれバナラナイ。あれもこれもしなけれバナラナイ。自分を鼓舞するというより、後に引けないようにしていたのだ。ナニからも逃げてはいけない。と。辛かったね。わたし。ギリギリだったんだよね。 [続きを読む]
  • 火遊び
  • こんなタイトルをつけると情事な感じもするが、どうしたってわたしのこと。もちろん違う。ではどんな火遊びかといえば、左手に細い枝を持てば右手にはナタ。左手に太い枝を持てば右手にはノコギリ。ドラム缶製の炉の中ではゴウゴウと火がうごめく。そう、正真正銘の火遊びであり、自宅庭剪定後の片付けの話である。ただし、剪定は進行中。横では父がワッセワッセと太い枝やらほぼ根元から木を切っており、そちらは切れ目な [続きを読む]
  • ハンドクリーム物語
  • ポイントの使用期限に煽られてネットで買い物。配送希望を5日後にしてOKボタンを した瞬間、フと思った。『あ、今のわたしは 5日後まで生きている。 と思っているんだな。』と。正直、今までそんなこと思ってOKボタンを押したことなどない。でもなぜか今回はそう思った。もしわたしが3日後に死んで、5日後に葬式をやっていたとしたら、『あの子はこれが欲しかったんだねぇ…使いたかっただろうに…』と、わた [続きを読む]
  • 命の熱
  • とある物語を観た。そして、フと感情だけを思い出した。背景や情景はさっぱりわからない。その思い出した感情とは、『それ、わたしもやりたかったのに!』である。なんとも短絡的な怒りの感情のようだが少し違う。どこか深くからこみ上げる命の叫びのようだったことを記憶している。他の言葉で表現したいけれど、何かどれも今ひとつ当てはまらない。その感情がえぐり出されたシーンは、何一つ特別でなかったことを覚えてい [続きを読む]
  • できてもできなくても大丈夫
  • 今日は久しぶりに発作が起きた。『行きたい!』という発作だ。行きたくなった場所は森。 の中の川。2回ほど行ったことのある場所。整備されている場所だから安心して川へ近づける。『気持ちのいい天気。 川のそばでコーヒーを飲んだら最高かも。』そう思ってから行動するまでそう時間はかからなかった。こういう時は、まるで自分が2人居るように感じる。『こうなったらもう止められないんだよなぁ…』と、自分を眺めてい [続きを読む]
  • おめでたい心の育毛法
  • ひきこもり最盛期の時は100%来客対応なし!素晴らしい実績!今は、出てもいいかなー。って時には100%出る!無理ー。って時は100%出ない!その割合は…出る2割、出ない8割ぐらいかな。少ない?でもまぁ、なぜか出た時はしっかりタイミングを押さえている。いつぞやはそのタイミングで仕事をもらう奇跡も起こした。そして今日は、自治会費の徴収をギリギリで押さえた。何回も来たんだろなぁ。って思ったからその [続きを読む]
  • セーブポイントはコチラ
  • 今日みた夢の覚え書き。今までにない面白いタイプの夢だった。夢といえば場面が次から次へと移り変わり、一貫性のないストーリーが展開されることのほうが多い。わたしの夢はカラフルでとても鮮明だ。今日みた夢は時間?時空?を操っている夢だった。簡単にいうと未来の記憶をもったままのタイムトラベル。夢のなかは夜。仲間数名と遊んでいると、ちょっとしたトラブルに巻き込まれる場面に遭遇した。そりゃぁ夜の学校の屋上 [続きを読む]
  • 葉っぱの花
  • 今日の朝は冴えない曇り空。洗濯物も外へ干すか干さまいか…。うーん。と迷っていたら、急に外が明るくなる。降水確率80%が何処へやら。しばらく眺めていても今のところは雨の心配はなさそうだ。いそいそと洗濯物を外へ出し、愛猫を撫でながら庭を眺める。さっきまで雫を抱いて暗い緑色だった葉っぱたちは、光を抱えて明るい緑色に衣替え。その葉っぱが優しい風に吹かれてキラキラと揺れるものだから、もう、うっとりとし [続きを読む]
  • イカからはじまる壮大なストーリー
  • 夕飯時、たまたま観ていたテレビに新鮮なイカが映った。どうやらプレゼント商品のよう。生きたままのイカを海水入りの袋に入れて配送するそうだ。テーブルを囲んでいた父と母へ言う。「わたしがイカで配送過程を知っている身だったら、殺してから好きにしてくれって言う。」思い出したように母が言う。「わかるかも。職場でハエとかを捕まえたあと袋の中に入れてそのままにしておく人がいるんだけど、わたしはその場ですぐ [続きを読む]
  • 静かに力強く、諦めずに前へ。
  • 大きな災害が次から次へと起こり満足な支援もできないまま被災地が増えていく。ご冥福やお祈りを申し上げたところで定型文みたいにしか聞こえなくなるやるせなさを感じています。が、今生きている方へは諦めないでほしいと切に願っています。そして、少しでも心が落ち着ける環境を取り戻せますようにと。今回の地震でも様々な憶測があるようですがココではあえて言いません。ただ、多角的に見ておくことは大事だと思います。人 [続きを読む]
  • ゴロゴロ
  • 朝方から雷がゴロゴロドンドン鳴り止まない。雷が苦手なわたしとしては、早くお日様が見たいところ。お日様が見られなくても、雨が降るだけ〜ぐらいで勘弁してほしいところ。雷が鳴っているときには水にも触れたくない。シャワーはもってのほかで手を洗う時だってスピードが命になる。そんなわたしだから、雷が鳴っている時の朝の支度は苦痛そのものだ。いやだなぁ…。と思って朝のベッドでゴロゴロしていたら、フと思った。 [続きを読む]
  • お気楽にコジコジ気分でいこう。
  • 2018年の夏がおわる〜。平成最後の夏がおわる〜。暑すぎて〜変な台風がたくさんあった夏がおわる〜。けどね、今これを見てる人の命はおわってないのよ。当たり前だけど、見てるんだからおわってないのよ。夏休みあけの学校がイヤなら休んじゃいな。宿題終わってないなら、やりたいことやりな。仕事のストレスで死にそうなら辞めな。どうでもいい場所で死にかけている場合じゃない。そんなレベルの君じゃない。怒られても君の [続きを読む]
  • ライトなワーカー
  • 帰りたいなぁって思う人いるでしょ?どこに帰りたいかわからないけれど、帰りたいなぁって思い続けること。あるでしょ?そんなあなたはわたしと一緒だねぇ。この世界、なんか変。 って思って、周りの人と話が合わなくて、人と同じことができない自分が変なのかもって疑って。理解されることがないに等しくて、孤独を感じて。危ない橋を渡りそうになるけれど、なぜか毎回助かったりして。人間が命を奪うことが理解でき [続きを読む]
  • ☆病はストレスから。 症状の対処より、原因の対処へ☆
  • ひきこもりになってから気づいて驚いたことがある。仕事をしていた時の体調不良が全て消えた事だ。大げさな話ではなく本当だから自分でも驚く。( ゚ω゚ )月に1〜2度は激しい喉の痛みを伴う風邪をひき、毎日、頭痛に襲われ服薬量ギリギリの鎮痛剤を飲んで仕事をしていた。毎晩の歯ぎしりでは口の中が切れ、常に口内炎祭り状態。仕舞いにはストレスで耳石が転がり眩暈も起きたが、仕事は休まない!という謎のストレス増強ス [続きを読む]
  • 創造は拡大ダー
  • たまにはスピリチュアルな話題でも書きますかφ(・ω・ )バシャールの動画がかなり削除されてから少し経ちましたね。2年ほど前、わたしは宇宙人関連の動画を観漁って居たので、ほとんどの質問形式の動画は観終えていたと思います。会場に集まったなかから質問者が1人ずつ前へ出て、スタンドマイクの前でバシャールに質問をする。もしくは座っているその場で。様々な質問があったことを思い出します。当時のわたしはバシャ [続きを読む]
  • 日本人が安心して日本人を増やせないワケ
  • 給与が手取り月8〜9万円!年末調整の時はなんと!もれなく月7万円台だよ〜!わーお?これなら安心して結婚もできるし子供もたくさん産んで幸せな家庭を早く築きたく…!なりませんよね?絶望的に。 ┐(´ー`)┌ 呆。でもこれ、現在、非正規雇用で働いている人たちにありふれた現実だと思います。特に地方ではとても多いと思います。アルバイトで8時すぎから17時まで働いて日額5,100円とかね。結婚願望がある若い人は多い [続きを読む]
  • 光の人たちへ
  • 闇が深ければ深いほど光は燦然とその輝きを増す。闇が絶望に見えても、光は揺るがずに道を照らすだろう。蠢けば蠢くほど光は愛をもって容赦はしない。諦めさせ服従させようなど笑止千万。愛のなさ故にのたうち回るのは其方のほう。柵で覆ったつもりになるのもおよしなさい。本当の自由も知らない愚か者たち。闇の1がただの1なら、光の1は100にも1000にもなる。今こそ光放つとき。今こそ光が繋がるとき。 [続きを読む]
  • ぜ〜んぶ国民のせい?? 預金封鎖?
  • 赤ちゃん含め国民1人あたりの借金は約858万円!少子化で超高齢社会のためお金が足りない! これは国民の責任だー!カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッカーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ堂々と話をすり替えて国民の大事な財産を貪り取るんじゃないよ!このばかちんがー!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーンこのままだと同じ歴史を繰り返してしまう可能性があるよね。戦争もインフレ対策も国民のため?? 本気で言ってる? (゚Д゚)www.youtube.com国民の財 [続きを読む]
  • ケムトレイルから繋がる色々なこと…?
  • 夏!空高くまで晴れ渡った青空!くっきり白い入道雲! 夏らしい夕立!うん。 (ヾノ・∀・`)ないないない。笑ここ最近の夏空は、うすい雲が一面を覆う低い空ですっきりしていない。あと、消えない飛行機雲。一昨日からの1週間、地元の天気はずっと晴れマーク!でも、昔みたあのどこまでも続くような高い青空は今日も見えない。なぜ?わたしは情報を集め、今現在起こっているかもしれない可能性を線として理解し、『これ [続きを読む]
  • 命の支配体制にNO!(乂'ω')
  • オウムや災害の報道の裏で、日本政府は水道民営化(外資化)を進めましたね。国民が大変な状態の時をつけ込む汚いやり口に毎度怒り呆れます。( -“-)日本人のお金が国外へ流れるついでに、『水道にはフッ素を入れました〜♪』『井戸水も雨水もワタシタチのもの〜♪』『あ、ご近所同士で水を渡し合うのも禁止ね〜♪』とか言う、そんな腐った未来にはさせねーよ!って感じです。(・`ω´・)まじで!金、食料、水、エネルギー…etc [続きを読む]
  • 豪雨での水害 情報シェア
  • 災害が続きますね。少しでも情報をシェアできたらと思います。浸水後の車の対応↓www.webcartop.jp現状等↓www.youtube.com今朝の情報では広島の呉市で断水がおこり、給水車からの水を確保するために5時間まちとの情報もありました。ライフラインがストップし気温も高い大変な状態だと思います。様々な災害(想定外)がもはや普通になっていることを理解し、我が事として捉えて災害に備え、知識と知恵をもつことが大事だと [続きを読む]
  • 災害用統一SSID「00000JAPAN」の紹介
  • 地震が続いていますね。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。本震か余震かもまだわからないようですので、今後も気をつけてください。命を守る情報をシェアしたいので載せておきます。災害用統一SSIDの 00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)です。災害時に様々な通信会社のWi-Fiスポットをシェアできます。詳しくはコチラの動画をご覧ください。www.youtube.com環太平洋火山帯での火山の活発化をはじめ、水 [続きを読む]