林晋哉 さん プロフィール

  •  
林晋哉さん: 目からウロコの歯の話
ハンドル名林晋哉 さん
ブログタイトル目からウロコの歯の話
ブログURLhttps://www.exajp.com/blog/
サイト紹介文同業者の反発覚悟で、皆さんのお役に立てればと、腹を括って私達の本音を連載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/11/02 04:37

林晋哉 さんのブログ記事

  • 京都講演ご報告
  • 林晋哉 京都講演ご報告去る3月25日、京都へ一般向けの講演会に行ってまいりました。当日は、約90名の参加者がありとても盛況でした。また、今後の診療に役立てるべくお願いしたアンケートもほぼ全員の方にご協力頂き、多くの貴重なご意見を頂戴する事も出来ました。参加者のみなさんスタッフの方々本当にありがとうございました。内容は、最近出版致しました、入れ歯になった歯医者が語る 「体験的入れ歯論」−あなたもいつか歯を [続きを読む]
  • 歯科治療で死亡事故発生…意外に恐ろしい麻酔とデンタルショックの話
  • 第22回 歯科治療で死亡事故発生…意外に恐ろしい麻酔とデンタルショックの話「Thinkstock」より2月20日に、歯科治療が原因とされる死亡事故の報道がありました。昨年7月に虫歯治療を受けた2歳女児が死亡したというもので、痛ましい結果に言葉もありません。記事からは、治療した歯の部位や症状、治療手順、容体急変後の対処などの情報が得られませんので、正確に検証することはできませんが、重大な結果は歯科医として他人事ではな [続きを読む]
  • 2018年の干支は戌、ですので犬の歯についての雑学・・
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 2018年の干支は戌、ですので犬の歯についての雑学です。犬の歯と本能 ーよく噛んで食べなさいと言っても無駄ですー私たち人間にも犬歯という歯がありますね。糸切り歯と呼ばれる前歯の真ん中の歯(中切歯)から数えて3番目の尖った歯です。生える位置が上の方になると八重歯と呼ばれます。日本ではチャームポイントとなる八重歯ですが、西洋ではドラキュラの [続きを読む]
  • 新刊情報! 林歯科の新刊本(Kindle版)がリリースされました!
  • 新刊情報! 林歯科の新刊本(Kindle版)がリリースされました!入れ歯になった歯医者が語る「体験的入れ歯論」 −あなたもいつか歯を失う− Kindle版-内容紹介-入れ歯になった歯医者が語る「体験的入れ歯論」 −あなたもいつか歯を失う− Kindle版歯抜け歯医者が本音で語るあなたの知らない歯科医療誰でもいつかは歯が抜けます。あなたはその時どうしますか?インプラントにしますか?入れ歯にしますか?虫歯の痛み、歯周病の痛み [続きを読む]
  • 歯医者あるある〜良い歯科医師のツボ・・
  • 今年の歯科医師国家試験に合格し、晴れて歯科医師の仲間となった私の母校の新卒歯科医師達が林歯科を訪れて来ましたので良い歯科医師になるためのミニレクチャーをしました。 良い歯科医師のツボ・・良い歯科医師になるためのツボは沢山あるのでしょうが、それは各自が経験を通して消化していくしかありません。私が新卒ドクター達に伝えたのは、各自が経験を通して正しく成長していくための心構えです。①:患者さんは、嘘を言い [続きを読む]
  • 8020(ハチマルニイマル)運動の本質 | その2
  • 8020運動開始から23年後前回の「8020(ハチマルニイマル)運動の本質 | その1」から続きます。平成23年「歯科疾患実態調査報告」では70歳代での平均喪失歯数は約11本で、親知らずを除けば70歳代で残っている歯の数は17本となり、現実的に70歳代で歯を20本残すのは難しく、実際に80歳で20本以上歯の残っている割合は38.3%でした。私は現在50代半ばですが、すでに4本の歯を失っていますし、しっか [続きを読む]
  • 8020(ハチマルニイマル)運動の本質 | その1
  • 8020(ハチマルニイマル)運動皆さんは、8020運動というものをご存知でしょうか? 8020運動は平成元年に厚生省と日本歯科医師会により推進され始まり、平成12年には8020推進財団が設立されるに至りました。この財団のホームページによれば、「歯科に関係のある各種団体、企業の協力のもと平成12年12月1日、厚生大臣(現厚生労働大臣)の許可を得て設立された」とあり、「その事業活動は、8020運動の推進はもとより、 口腔と [続きを読む]
  • 医療の正義とは?
  • ここ数年、ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の「正義」についての話しを耳にした人は大勢いるでしょう。私も「白熱教室」をテレビで見たり、「これから正義の話をしよう」という本を読んだりしました。それまで「正義」という視点は生活の中にありませんでしたが、これをきっかけにあらためて「正義」というものを意識するようになると、色々な面で漠然と捉えていたものにくっきりとした枠が出来た感じがしました。サンデル [続きを読む]
  • 歯が抜け落ちる…歯周炎、「歯磨きで防げる」のまやかし、新事実浮上
  • 第15回 歯が抜け落ちる…歯周炎、「歯磨きで防げる」のまやかし、新事実浮上11月8日は「いい歯の日」でした。テレビニュースのトピックスなどでも紹介され、特に歯周病ケアに重点が置かれる内容が多く見受けられました。歯周病は日本人成人の8割以上が罹患しており、世界中の疾患のなかでもっとも罹患率が高いといわれています。しかし、テレビ番組で紹介される歯周病ケアの内容は、相も変わらず「磨け、磨け」のオンパレードで、 [続きを読む]
  • 歯が抜け落ちる…歯周炎、「歯磨きで防げる」のまやかし、新事実浮上
  • 第15回 歯が抜け落ちる…歯周炎、「歯磨きで防げる」のまやかし、新事実浮上11月8日は「いい歯の日」でした。テレビニュースのトピックスなどでも紹介され、特に歯周病ケアに重点が置かれる内容が多く見受けられました。歯周病は日本人成人の8割以上が罹患しており、世界中の疾患のなかでもっとも罹患率が高いといわれています。しかし、テレビ番組で紹介される歯周病ケアの内容は、相も変わらず「磨け、磨け」のオンパレードで、 [続きを読む]
  • 虫歯と歯周病の本当のところは?
  • 先に書いた歯周炎に関する投稿を一般向けに書き直したものをすでにビジネスジャーナルの編集者に送ってあるのですが、やはり内容が伝わりづらいという判断なのでしょうか、12/2日現在掲載されていません。(11/21日再送信)患者さんから見た歯周病患者さんたちは、歯周病というとどのような認識を持っているのでしょうか? 歯肉炎と歯周炎は違うと言われてもピンとは来ないじゃないでしょうか。でも、「この間、歯周病で [続きを読む]
  • 歯周炎 | 一般の方に分かりやすく手直し
  • 先週、ビジネスジャーナルという情報発信サイトの連載に寄稿した歯周炎に関するものに、多少の加筆、修正したものをこのブログに載せました。そしてその寄稿文が編集されビジネスジャーナルに掲載されるのを待っていましたが、ビジネスジャーナルから内容が専門的過ぎて分かりづらく、このままでは掲載できないとのことでした。読み返してみると、やはり一般の方には分かりづらいと判断されるのも仕方ないと思えましたので、再度書 [続きを読む]
  • 歯周病 | ビジネスジャーナルに寄稿した原文章
  • 以下は、私がコラムの連載を持っているビジネスジャーナルというウエブサイトに寄稿した原文章です。これを編集者が多少編集したものが掲載されます。今回は、内容的に歯科医師を始め、多くの方に知ってもらいたいので、多少修正、加筆したものをブログとして掲載させて頂きます。磨くだけでは、治らない歯周炎11月8日は、「いい歯の日」でした。テレビニュースのトピックスなどでも紹介され、特に歯周病ケアに重点が置かれる内 [続きを読む]
  • 「歯科技工士」がいる歯科医院といない歯科医院の実態・・
  • 歯科医院内で歯科技工士さんが技工をしている、いわゆる院内技工の歯科医院は全国でどれくらいあるのでしょうか?ネットで検索をしてみましたがよく分かりませんでした。 私は卒業してすぐに兄が院内で歯科技工士をしていた診療所に勤め、その後一緒に開業しましたので、現在までほぼ院内に技工士さんが居ないという経験をしたことがありません。ほぼというのは、兄が入院した時に院外技工所を利用したり、手伝いに行った歯科医院 [続きを読む]
  • 「歯科技工士」がいる歯科医院といない歯科医院の実態・・
  • 歯科医院内で歯科技工士さんが技工をしている、いわゆる院内技工の歯科医院は全国でどれくらいあるのでしょうか?ネットで検索をしてみましたがよく分かりませんでした。 私は卒業してすぐに兄が院内で歯科技工士をしていた診療所に勤め、その後一緒に開業しましたので、現在までほぼ院内に技工士さんが居ないという経験をしたことがありません。ほぼというのは、兄が入院した時に院外技工所を利用したり、手伝いに行った歯科医院 [続きを読む]