Suzuka さん プロフィール

  •  
Suzukaさん: 鴉の独りごと
ハンドル名Suzuka さん
ブログタイトル鴉の独りごと
ブログURLhttp://clarte.exblog.jp/
サイト紹介文単焦点できりとる日常のひとこま。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 343日(平均2.4回/週) - 参加 2016/11/02 14:20

Suzuka さんのブログ記事

  • ベランダのリコリス
  • 「植えっぱなしリコリス きいろ」ということで求めましたが、またの名をオーレア、あるいはショウキズイセンでしょうか。すっかりわすれたころに するすると伸びて、咲いたところは、旅行中でみそこなったニッコウキスゲにも似ている。来年からは、春と秋に、この色を楽しめそうです。  [続きを読む]
  • オオテンニンギク
  • ガイラルディアの仲間だとは思うんです。ひさしぶりに、歩いてみました。二週間後にひかえたウォーキング用のレンズをどうするかという問題もあります。やっぱりパンケーキじゃなぁ。おまけに、MFじゃなぁ。と思って帰ってきたのですが、おや。それなりに、いけるかも。対象は、駐車場にいたこのこです。  [続きを読む]
  • 日高よりの呼び声 〜2017巾着田曼殊沙華まつり〜
  • 全方位的につきあいの広い夫とはべつに(愛想をつかして、ではなく)娘と出かけることが多くなりました。たいがいは花をめでてとなりますが、食いしん坊と出かけるとそれだけではすみません。まつり会場には、あの手この手のトラップが仕掛けられていましてリピートという深く意識下に根を下ろす行動規制がはられてしまうのです。一年を隔て、2時間以上もかけて再訪したのは、この店のせい。↑ほかにも新規開拓しようと、高麗鍋を [続きを読む]
  • 高麗神社まで 〜2017巾着田曼殊沙華まつり〜
  • 会場を後にして、県道15号へ向かいます。高麗本郷の交差点をわたり、あとはのんびり2.3kmの平坦な歩きです。日和田山と高麗神社、どちらもすてきなひびき。ファインダーをのぞいて焦点を合わせたいのですが・・・・もたもたしていると、後続に追いつかれるとせっつかれます。だからといって 引き下がりはしない。歩きつつ。パシャ。聖天院。寄ってみたい。けど、体力がない。軟弱な母娘です。来年を期して・・・高麗神社鳥居につ [続きを読む]
  • 昼下り〜明野サンフラワーフェス2017〜
  • いったん、水信玄餅の行列に参加してから、再度会場に戻ってきました。すこし、すこしだけど陽が差し始めた・・・・やっぱり、お日さまあっての花ですよね。虫たちは夢中です。ひらいたばっかりの初々しい花にではなく、成熟した花に集まってきます。会場には、はちみつ、スモーク、ソフトクリーム、スムージーや農産物の直売があってこの後、まんべんなくホイホイされていきました。  [続きを読む]
  • 驟雨の記憶 〜吾妻山〜
  • 雨がきて、やがてやみました。降っている間はリュックにしまいこんだので、写真が撮れない。でも、傘をさしているにもかかわらず、歩くのはすごく楽です。せめて、雨の記憶を。「武蔵野」のなかの、ツルゲーネフのくだりを思い起こします。  [続きを読む]
  • 緑陰の食卓 〜小山田緑地〜
  • アサザ池でお昼にしました。カメラを置いたら、ひょこっ。小山田緑地のカエルそういえば、シオカラもいましたっけ。しかし、飛んでいたのはそれだけではない。大量の蚊が、足をとめたとたん 襲ってきました。虫よけスプレーはしているのですが、そんなことでへこたれる連中ではありません。フマキラー 線香皿 ジャンボタイプ用 1個フマキラー次回行くときは、必携だな。お弁当づつみを結び直したところで わっ!めのまえに、いき [続きを読む]
  • 大賀ハス -100mm- 〜町田市薬師池公園〜
  • 望遠をお持ちの方が多かったので、100ミリを出してみました。まず、つぼみ。いろんな草と共生してるところが、いいな。そして、蓮見橋に戻ってきました。小山田神社に行くはずでしたが、前日のリサーチ不足。でも、きてみなければ、土地勘はつかめないもの。4時半におでかけすればよいのだとわかっただけでよしとしましょう。こんなことでも、じつは冒険だったりします。  [続きを読む]
  • すこし、夕風が出てきました 〜春ノ木神明社〜 
  • でかけるときは、いつも悩みます。写真を撮るかとらないか。写真雑誌をみていたら、「大型レンズのような繊細さは望めない云々」というくだりが目についた。そうか、そうだったんだ。パンケーキに感じるもの足りなさは、均質性、とでもいうべきなのかも。仕方ないなぁ。そぎ落とした、軽さなんだし。身軽に出かけたい、とかラクして撮りたい、とか。相反する欲望に翻弄され続けています。  [続きを読む]
  • ディーワーネ・カース(貴賓謁見の間)にて  City Palace, Jaipur
  • いまさらだけれど、「何を」と 考える。さんざん苦労して撮ったのに、それじゃなかったと。きっとこれからもそうなんだろうな。でも、だからこそ 僥倖のように撮れた一枚がいとおしい。もやついてたことが、この本を読んでだいぶすっきりした。と同時に、え、それでもいいの?とも。だけど、そうだね、不用なしばりは、なくてもいいか。ほぼオリジナルの上の画像と、見やすくした下のと。ほんとうに見えていたのは、どっちだった [続きを読む]
  • ギリシャ料理店「スパルタ」 〜野毛スナップ〜
  • はじめて行ったアテネで、すっかりギリシャ料理のとりこになってしまった家人と国内でたべられるお店を、と探していきました。ホリアティキサラダ。アテネで注文したグリークサラダは(フェタチーズの大きさは違うけど)こんな感じでした。フェタチーズを揚げたサガナキ。 なんと目玉焼きがのっていました。あちらでいただいたのより、すこし日本向け。カラマラキア。イカのから揚げニンニクソース付。この、ソースが絶妙。ラムチ [続きを読む]
  • 古参
  • 中央林間から歩いてたどりついた大和市の諏訪神社。 拝殿前の狛犬と獅子。霊験あるという椎の樹をバックに。 ちょい圧されてる気がする。ほらね。この日のお散歩は、レンズと体力のトレーニングをかねて。暑さの中のばて加減は、対象を追う根気のなさにあらわれてる(笑)さて 新顔の35ミリ、最短撮影距離は気にならなかったけれどファインダーをのぞいた先の、対象の周辺を余裕があるととるか、余分であるとみるか。50と35のあ [続きを読む]