温泉ドラえもんのブログ さん プロフィール

  •  
温泉ドラえもんのブログさん: 温泉ドラえもんのブログ
ハンドル名温泉ドラえもんのブログ さん
ブログタイトル温泉ドラえもんのブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/wataru1019
サイト紹介文全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/11/03 13:08

温泉ドラえもんのブログ さんのブログ記事

  • 次郎柿400個収穫!
  •  ① 裏庭にある次郎柿2本が鈴なりになりました。 富有柿も2本ありますが、数個しかなっていません。 ② 熟れた柿は、ムクドリたちがやって来て、食べてしまいます。 ③ そこで、午前中に脚立に乗ってすべて収穫しました。 ④ 籠に80個ほど入りますので、400個ほどの次郎柿が収穫できました。 これから日々美味しい柿が食べられます。  [続きを読む]
  • 農業害虫です! ハスモンヨトウ(斜紋夜盗)
  •  ① 今日は、曇天の天気予報を裏切って小雨が降り続きましたねえ。 朝、軽トラの荷台に小さな蛾を見つけました。 ② 気温が低いため、動きが鈍いので小枝に止まらせました。 ハスモンヨトウ(斜紋夜盗)です。 翅に淡褐色の縞模様があるのが、名前の由来です。 ③ 幼虫は、日中は土の中に潜み、主に夜間に野菜を食べます。 まさに、ヨトウ(夜盗)です。 ヨトウ(夜盗)には、色々な種類がいますが、ハスモンヨトウ(斜 [続きを読む]
  • 枝豆の収穫とマルカメムシ(丸亀虫)
  •  ① ダイズが、膨らみ鈴なりです。 品種は、黒豆です。 ② 去年は、マルカメムシ(丸亀虫)が大発生し、大豆がうまく育たず収穫もわずかでした。 しかし、今年は数少ない発生ですみました。 ③ 江戸時代には夏になると路上で、枝についたままの状態で茹でたものが売られて、その状態で食べ歩いていたそうです。 そのため、「枝付き豆」と呼ばれ、それが「枝豆」と呼ばれるようになったようです。 ④ 今日は、枝豆(黒豆 [続きを読む]
  • 空豆の種まきとブロッコリーの植え替え!
  •  ① 畝づくりをしておいた場所にソラマメ(空豆)を蒔くことにしました。 去年は、自分で育て、保管していたソラマメの種子を植えることができましたが、今年は2袋購入しました。 ② ソラマメは、2畝に38粒を直播しました。 来年の塩茹でが楽しみですねえ。 孫の大好きなブロッコリーの苗も生長したので、一畝に植え替えました。  [続きを読む]
  • やっとできた! 孫の運動会
  •  ① 台風のため2回も順延となった孫の運動会がやっと開催されました。 曇天でしたが、気温も適度で運動会に最適の日になりました。 ② 午前中の学級対抗リレーでは、結構 良い走りで2番をキープできました。 ③ 午後の1・2年合同の「リズム〜おもしろかっこいいね〜」では、可愛いリズム運動を見せてくれました。 昨年の運動会の姿と比較すると、成長しましたねえ。 [続きを読む]
  • 柿が美味しいよ! コムラサキ、ルリタテハ、スズメバチ、スズバチ
  •  ① 柿が熟してくると、夏には樹液を求めてきていた色々な昆虫がやってきました。 コムラサキ(小紫)が黄色の口吻を伸ばして、汁を吸っています。 ② ルリタテハ(瑠璃立羽)も汁を吸いにやってきました。 ③ スズメバチ(雀蜂)も汁を舐めに来ました。 顔が見えないので、種類は分かりません。 ④ 泥で、鈴のような形をした つぼ状の巣をつくる徳利蜂の仲間のスズバチ(鈴蜂)もやって来ました。 ムクドリたちが柿を [続きを読む]
  • 君を離さないぞ! オンブバッタ(負飛蝗)
  •  ① 久々に秋日和が続きそうですねえ。  今、庭や野原で、よく見かけるのはオンブバッタ(負飛蝗)ですね。 家の網戸にもくっついていました。 ② 花壇にもいました。 一見、ショウリョウバッタに似ていますねえ。 ③ 交尾をしているのもいました。 背中に乗っている(負んぶされている)小さな方がオスです。 ④ 大きなメスをつまんでも、オスは離れようとしません。 まさに「君を離さないぞ!」と言わんばかりです [続きを読む]
  • 絹さやエンドウとスナップエンドウの種まき!
  •  ① 神社横の畑に、昨日作っておいた3畝に、網をはりました。 年々、要領が分かってきたので、午前中に完了しました。 ② 絹さやエンドウ 2袋とスナップエンドウ 1袋です。 ③ 瓶を押し当てて穴をあけます。  ④ 穴にスナップエンドウの種子を3粒ずつ蒔きました。 発芽の様子を見て、間引きする予定です。 ⑤ 絹さやエンドウも同様に蒔きました。 そして、瓶を押し当ててて、土を被せました。 こうすると、根 [続きを読む]
  • クローンばかり! アサザ(浅沙)
  •  ① 今日は、台風で延期になっていた孫の運動会の予定でしたが、新しい台風情報により、10日に再延期になってしまいました。 曇天だったので、於大公園に出かけました。 ② 池には、アサザ(浅沙)の黄色の花が沢山咲いていました。 アサザは、浮葉性植物で、地下茎をのばして生長します。 つまり、水面を覆うように沢山生えていますが、同じ遺伝子からなるクローンです。  ③ 於大公園にある花は、雌しべが短く、雄し [続きを読む]
  • 非繁殖期のオスとメス! カワセミ(翡翠)
  •  ① 久々に公園の池でカワセミ(翡翠)を見つけました。 オスが、池に突き刺してある小枝に止まっていました。 ② いつもながらブルーの背中は美しいですねえ。 ③ 近くにメスもいました。 この時期は、非繁殖期ですが、早春から繁殖期に入ります。 この雌雄が、早春にカップルになるのでしょうかねえ。 ④ 外見は雌雄同じですが、メスは嘴の下側がオレンジ色です。  [続きを読む]
  • 小垣江神明神社(創立1,430年) 社殿改築事業奉告祭!
  •  ① 今日は、昼から隣の神社で、「社殿改築事業奉告祭」が行われました。 台風の影響が少し出始めましたが、屋内で滞りなく実施することができました。 ② 本殿、拝殿、社務所の改築及び参道の整備を行いました。 費用は、区民からの浄財6400万円が当てられました。 ③ この小垣江神明神社は、崇峻天皇の御代(西暦588年)に創立され、今年は1,430年に当たります。 偶然にも、新しい年号のもとに再スタートを切ることにな [続きを読む]
  • 信州上田のマツタケ(松茸)と温泉巡り その2
  •  ① 28日(金)、秋日和の清々しい一日が始まる朝の風景でした。 ② 朝6時から入浴できる青木村の田沢温泉「有乳湯(うちゆ)」(入泉料が200円と格安)に向かいました。 山姥が湯治に来て、大江山の鬼退治で有名な坂田金時を産んだという伝説が残る湯です。 硫化水素臭がする単純硫黄泉が、惜しげもなくドバドバと湯舟に注ぎ込まれています。 前日の沓掛温泉といい、素晴らしい湯のある青木村です(永住したい!)。 [続きを読む]
  • 信州上田のマツタケ(松茸)と温泉巡り その1
  •  ① 今年は、マツタケが豊作ということで、信州の上田へ行くことにしました。 家を出るときは雨でしたが、松本辺りでは雨もやみ、空も明るくなってきました。  実は、私は意外にも「晴れ男」なんです! ② 久々の一人旅で、松本ICを降りて、浅間温泉に向かいました。 浅間温泉は6回ほど来ていますが、「ホットプラザ浅間」で浸かるのは初めてです。 アルカリ性単純温泉ですが、消毒の塩素臭が少ししたので、長居はしま [続きを読む]
  • 雨水池に旅鳥! トウネン(当年)
  •  ① 海岸近くの雨水池に50羽ほどの野鳥たちがいました。 ② 最初、群れていたのでハマシギかと思いましたが、嘴の形が違います。 旅鳥で立ち寄ったトウネン(当年)のようです。 ③ 浅い場所で忙しく動き回り、嘴で探りを入れて突き刺し餌を食べていました。 明日から長野県上田市へ行き、「松茸」を堪能してきます。 [続きを読む]
  • 新女王とオスたち! セグロアシナガバチ(背黒脚長蜂)
  •  ① 曇天の中、神社へ行くと、クロマツの枝にセグロアシナガバチ(背黒脚長蜂)の巣を見つけました。 ② 吊り下がった巣に20数匹のセグロアシナガバチ(背黒脚長蜂)たちが静止していました。 この時期は、働き蜂(メス)の役目も終わって死んでいます。 そのかわり、この頃は新女王とオスたちだけが生き残っています。 しかし、11月頃までにオスも死に絶え、新女王だけが越冬し、次代の巣作りに備えます。 ③ そんな [続きを読む]
  • 畑作業に専念! 間引き、追肥、植え替え
  •  ① 昨日の夜、月の暈(かさ)を見ました。 まるで、星雲の雰囲気ですねえ。 ② 天気が良いので、畑作業に専念しました。 まず、大根(左)とニンジン(中央)の間引きと追肥をしました。 雨が続いたので、野菜苗(右)が、予定以上に生長してしまいました。 ③ 白菜(左)とリーフレタス(右)の苗を植え付けました。  ④ キャベツ(左)の苗を植え付けました。 遅まきのオオクラダイコン(右)の種をまきました。  [続きを読む]
  • 念願の蛹を見つけ! クロコノマチョウ(黒木間蝶)
  •  ① 小さな池のヨシにクロコノマチョウ(黒木間蝶)の蛹を4つ見つけることができました。 これまで観察の時期がズレて、出会うことのできなかった念願の蛹です。 ② ヨシの葉に糸座を造り、吊り下がっています。 綺麗な緑色の体には、翅脈が透けて見えています。 ③ これが、幼虫だった時の姿です。 まるで、黒色の顔したウサギですねえ。 ④ これが成虫です。 この時期に羽化した成虫は、成虫のまま越冬します。 [続きを読む]