温泉ドラえもんのブログ さん プロフィール

  •  
温泉ドラえもんのブログさん: 温泉ドラえもんのブログ
ハンドル名温泉ドラえもんのブログ さん
ブログタイトル温泉ドラえもんのブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wataru1019
サイト紹介文全国の秘湯巡り、昆虫、野鳥、植物、野菜づくり、小さな実験室などを中心に写真とともに掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/11/03 13:08

温泉ドラえもんのブログ さんのブログ記事

  • 綺麗な黄緑色の繭! ウスタビガ(薄手火蛾)
  •  ① 里山の雑木林で綺麗な黄緑色の繭が吊り下がっているのを見つけました。 この辺りで、8個もの繭を見つけました。 ② 低い位置にあるものを手にすると、ウスタビガ(薄手火蛾)の繭であることが分かりました。 ウスタビガ(薄手火蛾)の「手火」とは提灯のことで、繭の形によります。 ③ 繭の下側には穴(赤丸)が開いており、雨水などが繭にたまらないようになっています。 ④ 繭の上部はがま口のようになっており、 [続きを読む]
  • 風邪・ガン予防に! ブロッコリーの初収穫
  •  ① 妻から「ブロッコリーは栄養価が高く、風邪・ガン予防になる」と言われ、毎朝食卓に載るようになりました。 しかし、ブロッコリーは意外に高値だと聞いていました。 そこで、今年は2畝に植え付けました。 ② 朝、ブロッコリーを見てみると、結構大きく生長していました。 これから1か月以上は、自前のブロッコリーを食べられそうです。 [続きを読む]
  • アメリカヒドリとの交雑種ですねえ! ヒドリガモ(緋鳥鴨)
  •  ① 愛知教育大学横の池に沢山のヒドリガモ(緋鳥鴨)がやって来ています。 ② ヒドリガモ(緋鳥鴨)のオスの特徴は、頭部から首にかけては茶褐色で、額から頭頂にかけて黄白色のすじがあることです。  ③ ところが、その中に目の後ろが緑色になっているのがいました。  これは、アメリカヒドリとの交雑種ですねえ。 ④ 更に、アメリカヒドリの特徴が色濃く出た個体もいました。 鳥類学者によると「シベリア東部のヒド [続きを読む]
  • 似て非なるもの! イソヒヨドリ(磯鵯)のオス
  • ? 久々に海岸近くの草地でイソヒヨドリ(磯鵯)のオスに出会いました。② 盛んに地面を突っついて、餌を啄んでいました。 昆虫やトカゲなどを食べるので、小動物を食べているんでしょうねえ。③ オスなので、頭部、胸部、体上面が青く、体下面が赤褐色で美しいですねえ。 姿がヒヨドリ(鵯)と似ているので、「磯にいる鵯」という名前がついています。 しかし、ヒヨドリの仲間ではなく、ツグミ科の野鳥です。 生息地は、お [続きを読む]
  • ジャガイモの植え付け(きたあかり7、メークイン)
  •  ① 野菜師匠から「2月中旬はジャガイモを植え付け時期だよ!」と教えてもらいました。 そこで、農協でキタアカリ2?、メークイン2?買ってきました。 ② 今年は、昔ながらの手法を取ることにしました。 藁を燃やして、藁灰を作ります。 ③ 切断面に藁灰をまぶしました。 このまま、2日間乾燥させました。 ④ 有機肥料を鋤き込んだ畑に3畝ジャガイモ+化成肥料を植え付けました。 [続きを読む]
  • 諏訪湖の御神渡りと首が伸びる「万治の石仏」
  •  ① 5年ぶりに諏訪湖が全面凍結して「御神渡り」が見られるというので、寄ることにしました。 一番長い「一之御神渡り」を見ることにしました。 湖岸から湖岸に数キロに渡って伸びる氷の道に感動です。 ② 湖面の氷が山脈のように盛り上がる「御神渡り」は、割れ目の状態を見て、その年の天候や農作物の出来、世の中の吉凶までも占います。 ③ 岸に押し寄せた氷を見ると、厚さは10センチ以上です。 諏訪湖は、「下駄ス [続きを読む]
  • 安曇野 御宝田遊水池に305羽のコハクチョウ(小白鳥)
  •  ① 長峰荘の温泉に浸かってから、近くにある御宝田遊水池のコハクチョウ(小白鳥)を見に行きました。 天気が良ければバックの雪山が映えていたでしょうねえ。 オナガガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ミコアイサも一緒にいました。 ② 地元の調査では305羽が飛来しているようです。 雌雄同色で、目先は黄色の皮膚が露出しています。 ③ 小グループで集まって「コホッ コホッ」と鳴き合っていました。 ④ その中 [続きを読む]
  • −5℃の露天風呂! 穂高温泉郷
  •  ① 安曇野市にある穂高温泉郷へ行ってきました。 中津川から駒ケ根までは雪のためチェーン規制がされていました。 ところが、安曇野市は雪がまったく積もっておらず、ちょっと拍子抜けです。 ② まず、長峰荘の露天風呂に眼前の常念岳を眺めながら浸かりました。 気温ー5℃で頭はキンキンに冷えますが、下半身はぽかぽかです。 ③ 次に、穂高温泉郷にある「山のたこ平」へ行きました。 温泉旅館ですが、地元の人々が一 [続きを読む]
  • 水辺の日本固有種! セグロセキレイ(背黒鶺鴒)
  •  ① 池にセグロセキレイ(背黒鶺鴒)がいました。 尾羽を振る仕草は、他のセキレイと同じです。 ② 日本固有種ですが、水辺の環境依存度が高いので、都市化とともに生息域が狭まっています。 ③ 近くにハクセキレイ(白鶺鴒)もいました。 顔が黄色っぽいので、第1回冬鳥の若鳥だろう思います。 セグロセキレイが体上面と胸が黒色なのに対して、ハクセキレイは額から顔が白いので区別は容易です。 海岸近くでよく見られ [続きを読む]
  • 荒波に負けず! ヨシガモ、ヒドリガモ、ウミアイサ
  •  ① 父がホテルで休んでいる間に野間漁港へ行ってみました。 ② 一羽のヨシガモ(葦鴨)がいました。 太陽光に当たると緑色のナポレオン帽子を被ったように綺麗です。 ③ 磯の方は風が強く白波がたっていました。 その中で、ヒドリガモ(緋鳥鴨)たちが群れているのを見つけました。 ④ 波打ち際でアオサを一生懸命食べていました。 ⑤ 沖を眺めていると、午後の逆光で色は確認できませんが、ボサボサ頭で長い嘴が見え [続きを読む]
  • かんぽの宿 知多美浜へ!
  •  ① 我が家から1時間ほどで行くことのできる「かんぽの宿 知多美浜」へ行ってきました。 ② 入室が3時からなので2時に家を出発しました。 バリヤーフリーの部屋は、二人では勿体ないほどの広さです。 ③ リニュアルした館内は、清潔感が漂っていました。 泉質はNa−塩化物・炭酸水素泉で、知多半島では珍しいヌルヌル感のある温泉です。 夕方には伊勢湾に沈む真っ赤な夕日を眺め、朝5時には一番風呂で下弦の月と不夜 [続きを読む]
  • ホウレンソウの初収穫です!
  •  ① 冬野菜とはいえ、この寒さで育ちの悪いホウレンソウです。 そこで、ビニルを被せてやりました。 朝日の透過光で、よく育っていることが分かりました。 ② ビニルを取ると、まだ十分とは言えませんが、青々としたホウレンソウになっていました。 ③ 試しに籠一杯にホウレンソウを収穫してみました。 2畝あるので、端から食べていくうちに大きく育っていくものと思います。 [続きを読む]
  • 私は不審者ではありません! タゲリ(田鳬)
  •  ① 田んぼ道を走っていると、久々にタゲリ(田鳬)に出会いました。 ② 2羽しかいませんでしたが、盛んに土を突っつき、ミミズや昆虫を捕らえていました。 そのため、嘴は泥で汚れていますねえ。 ③ 車中から色々な角度で写したいため、車をタゲリ(田鳬)の動きに合わせてのろのろと前後に動かしました。 すると、道の反対側の野菜畑からおばあさんが出てきて、不審そうに私を眺めているのに気づきました。 TVで、最 [続きを読む]
  • 鳴きまね名人ですねえ! モズ(百舌鳥)
  •  ① モズ(百舌鳥)のオスがいました。 眼過線が黒色で、格好イイですねえ。 ② 正面から見ると、眼光鋭く小さな猛禽類の感じが良く出ていますねえ。 秋には「キチキチ」と単独で縄張り宣言していたモズも、最近は他の鳥の鳴きまねをする姿を目にするようになりました。 まさに、「百舌」ですねえ。 ③ 離れた所にモズのメスがいました。 やはり優しい顔つきですねえ。 これから恋の季節なので、番になるのも間近かな! [続きを読む]
  • 非繁殖期ですねえ! バン(鷭)
  •  ① 池にバン(鷭)がいました。 今は、非繁殖期のために額から嘴にかけて黄色なっていました。 繁殖期になれば、綺麗な赤色になります。 ② 丁度、オオバン(大鷭)と一緒になったので大きさを比較することができました。 奥のバン(鷭)はハトほどの大きさですが、手前のオオバン(大鷭)は名前のように大きいですねえ。 ③ 水鳥なのに長い足指に水かきがありません。 そのため、前傾姿勢でぎこちない泳ぎをします。  [続きを読む]
  • 「福は内」の誕生日です!
  •  ① 今日は、私の誕生日です。 小1の内孫は、お祝いの手紙をくれました。 ② プレゼントは、惑星型のチョコレートです。 ③ 外孫は、保育園で作った鬼の仮面をつけて、お祝いの手紙をくれました。 ④ 家族で手巻き寿司を食べ、豆まきもしました。 まさに、「福は内」の誕生日です!    [続きを読む]
  • 何を食べているのかな? キンクロハジロ(金黒羽白)
  •  ① 刈谷の池にキンクロハジロ(金黒羽白)のオスが一羽だけいました。 ② 他では集団を形成していることが多いので、珍しいと思って見ていました。 すると、水中に潜って何か球体をくわえてきました。 ③ 結構大きいのか、飲み込むのに苦労していました。 ④ 見ている間に3回潜って、3個の果実(だと思いますが)を食べていました。 食性は、水生植物、昆虫、甲殻類、軟体動物、魚類やその卵、カエルなど雑食です。 し [続きを読む]
  • 赤い月と野菜泥棒(
  •  ① 昨夜、外へ出てみると皆既月食が始まっていました。 塀にもたれ、手持ちで写してみました。 科学の知識が少ない時代の人々は、月が徐々に欠けて、赤い月になる現象をどのような想いで見ていたでしょうかねえ。 ② 朝、畑へ行くとヒヨドリ(鵯)たちが群れていました。 ③ 見ていると集団で隣の畑の野菜を貪り食っていました。 畑のおばさんがやって来て「糸を張っても効果ないねえ〜〜!」と嘆いていました。 そのう [続きを読む]
  • 畑は、まず土づくりから! 発酵牛ふん
  •  ① 東浦町にある酪農家(乳牛500頭)へ発酵牛ふんを買いに行きました。 ② 発酵しているので、湯気がもうもうと立ち上がります。 酸っぱい感じの臭いですが、決して嫌な臭いではありません。 ③ 軽トラ1車1,000円と格安です。 店で購入すると、1袋300円はしますからねえ。 ④ まず、一輪車で畑に発酵牛ふんを投入しました。 ⑤ 耕作機で発酵牛ふんを鋤き込みました。 昼から半日仕事でした。 まだ2回ほど [続きを読む]
  • あずき色のUFO! ルビーロウムシの雌成虫
  •  ① 庭のカキの木を見て回ると、枝にあずき色の粒がついているのを見つけました。 ② まるであずき色のUFOのようですが、これはカイガラムシの仲間の「ルビーロウムシの雌成虫」です。 雌成虫は頭も脚もほとんど退化し、一つの塊となって、植物に付着し樹液を吸汁しています。 ③ 5月下旬から6月下旬にかけて、カイガラの下に約1000粒も産卵します。 今は体表面にロウ物質を被っているので、農薬は効き目がありま [続きを読む]