試作人モデル倶楽部 さん プロフィール

  •  
試作人モデル倶楽部さん: モデル倶楽部の機械加工日記
ハンドル名試作人モデル倶楽部 さん
ブログタイトルモデル倶楽部の機械加工日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/modelclub404748
サイト紹介文一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 294日(平均3.8回/週) - 参加 2016/11/03 15:36

試作人モデル倶楽部 さんのブログ記事

  • 今度はDF50 その3
  • DF50用パーツの在庫確認で ”DL085 DF50前面窓セット” が品切れなので補充製作します。一両分 2000円(本体)です。ぜひどうぞ。模型っぽいいい顔になります。右下の小窓4個もはめこみです。貫通ドア窓はHゴムの有無を選択します。熟成中の方でキットのスポンジ劣化でボディ内側にブツブツが付着していませんか?確認をおすすめします。上下の平らなスポンジは問題なく、ボディ、パーツが埋め込まれた打ち抜きのスポンジがボロ [続きを読む]
  • 今度はDF50 その2
  • DF50ネタで久しぶりにCADを開いてみました。お面の継ぎ板、水切り、乗務員ドア、下向きアングルなどの絵です。新しい試みで t0.4洋白の切削ナンバープレート(私物) を検討中です。凹0.2で文字周囲を彫り込んだブロックナンバーをボディに埋め込み、塗装後に文字を磨きだす方法です。0.2径エンドミルで隅Rが0.1ならば許容範囲かと考えます。快削真鍮では0.2径の加工は経験しましたがはたして洋白板で出来るか(刃物代がとても心 [続きを読む]
  • 今度はDF50
  • DF50はTMSさんによるカツミさんのキット組み立て記事(1995・1〜4)に触発され即購入しました。その後レイルロードさんのDF50写真集で車番を吟味するうちに ”これは増備だな”となり、雑誌広告で見つけた名古屋の模型店在庫を ”夜走り東海道ドライブ”(好きだね) で家に連れて帰りました。貫通ドアのHゴム有無で2両の作り分けが目的です。当初はプレスHゴムを生かす予定のところ、ムサシノモデルさんのDF50の顔にとても感動 [続きを読む]
  • いきなり103系 その12
  • 103系ネタに戻ります。自作の段付きドアをマイラーテープで仮止めしました。愛用のテープは経年で粘着剤残りがなくスーっとはがせます。一巻頂いたので品番等は改めて紹介します。ドア外周を0.07ミリねらいで段落としした はめこみ両開きドア です。わずかな段差で パチン とはまります。こちらは t0.6下向きアングルです。平板加工時にドア部分に罫書き(下)を済ませ、折り曲げ後バイスにはさみ彫刻機で凹0.4弱ドア部の逃が [続きを読む]
  • 急行、近郊型 その32 モハ400
  • こちらはKSさんの クハ401低運編成 の モハ400高い低屋根車と自作屋根板です。(紛らわしい)自作ランボードの差込穴が分割線にかかるので穴の周囲を肉付けして、このあとボディを丸く逃がし加工する予定です。そこが済めば段付き妻板と共に箱に組めます。3連ルーバーも2両分8個製作済みです。別アングルで。赤印の外側は板厚断面を水平に削りルーバーがスマートにはまるように彫刻機加工のセッティング、治具の製作など結構頑 [続きを読む]
  • 急行、近郊型 その31 モハ454
  • お盆に予定していたバイクツーリングは天気の都合で延期しました。これは私物で、面倒な交直流電車のネック解消で早く目途をつけたいと7〜8年前に製作しました。実車のルーバーは 初期3連→中期6連→後期なし です。楽な”無し”タイプ(モハ456)だけを選択するのは敗北感を味わうので頑張って6連を製作しました。戸袋窓は拡大予定です。重ね板方式(t2とt0.5)で、一番下の板はボディからはみ出させない突き当てのストッパーです [続きを読む]
  • 急行、近郊型 その30
  • 仕掛り中のKSさんの401系にドアを当ててみます。手持ち3ドア車〜数十本の傾向で裾カーブの曲げは丸窓車が強め、シートピッチ拡大車は普通です。このドアを後者に当てると隙間が生じますので、わずかに曲げ戻してフィットさせます。ドア窓外周に段をつけています。こちらフクシマ・イモンさんのドアはお求め安い好パーツで使用されるマニアを想定して勝手にお節介でこのドア専用の折り曲げ治具を製作しました。ドア上のピンは0.5ミ [続きを読む]
  • 急行、近郊型 その29
  • 急行、近郊型の興味深い(と思っている)パーツのつづきです。KSさんのサハ111−2000を先行組み立てとバラ状態です。裏返すとこんな感じ。室内側にドア点検ぶたのプレスがあり、そのままアングルを取り付けると密着せず隙間が生じます。気になってしょうがない私はt0.5で下向きアングルを製作しました。画像はモハサハ用です。床板取り付けビスはM1.4を想定し、1.1の下穴を8箇所、座席ビス止め用に1.4穴をあけています。折り曲げ溝 [続きを読む]
  • いきなり103系 その11
  • 103系両開きドア169枚の加工が終わり286枚になりました。後日追加製作しますがはたして売れるでしょうか?ドア8枚とはめ込みガラス付きでそれなりの価格になります。ミスが発生しにくい治具を準備したので、戸袋窓拡大(1両16箇所)を請ける予定でおります。1両だけ先行してグロベン取り付け部を6.1径でフラットに加工しました。戸袋Hゴムを削除したので安心してバイスにはさめます。とても座りが安定し満足です。全体です。 [続きを読む]
  • いきなり103系 その10
  • 103系用両開きドアを117枚製作しました。うまく取り出せました。300X365サイズでさらに169枚追加製作します。放置していた急行型妻面のユニットサッシに青点で天地表裏の識別マーキングをします。左低屋根はザグリ、右ははめ込み状態です。入れ替えます。左ははめ込み、右はザグリ。153系用妻板はt0.6でサッシを凸で残し周囲全体を段落とし加工したところ生産性が悪く165系用ではt0.5にユニットサッシ別貼りへ変更しました。 [続きを読む]
  • いきなり103系 その9
  • 103系1000番台→基本番台への乗務員ドア埋め板圧入〜仕上げを経て穴あけに進みます。これでクハ4両になり、お腹いっぱいです。彫刻機加工用にt3アクリルで4倍原版を彫ります。スミR仕上げを楽にするために0.5径エンドミルで加工します。次に戸袋窓拡大です。画像は1000番台。1径エンドミルで加工します。保持治具と新しい原版で16箇所7両分=112箇所の戸袋窓拡大が滞りなく終了しましたが7両で終わりではありません。アンコにはさ [続きを読む]
  • いきなり103系 その8
  • 1000番台4両セットで乗務員ドア位置の移動に目途がつきましたので別の問題に取り掛かります。両開きドアの上に折り曲げのメクレが見られ、特に金ピカ状態ではとても気になります。最初の3両セットは完璧な曲げだっただけに安心しきってチェックがおろそかでした。ドア8x4両=32箇所、ここでくじけずポリアセタールt5から修正治具を製作します。板厚分のスリットは深さ3と3.5にしました。ボディに差込み内側へ慎重に曲げ増しします。 [続きを読む]
  • いきなり103系 その7
  • にわか103系マニアの私は手持ち3両に加えて1000番台4両を入手しました。で、乗務員ドア位置を測定すると反対側も1000番台の資料を持たない私は車端から500ミリ(6.25ミリ)か550ミリ(6.875ミリ)なのかはわかりませんがいずれにせよ今度は乗務員ドアを0.6ミリ前方移動が必要で、まずは埋め板の圧入です。”103系1000番台”で検索した画像では基本番台より後ろ寄りに見えるので模型寸法は正しいと思います。今日はハンダ付けまで済 [続きを読む]
  • いきなり103系 その6
  • 乗務員ドアの後方移動は0.6エンドミルで加工しました。埋め板ハンダ付け後の仕上げで継ぎ目の消滅を確認して4箇所の移動が完了しました。ビフォア・アフターです。継ぎ目で思い出しましたが4月4日ブログで書きました ”アシェットのハコスカ ピラーの継ぎ目”の件、解決策として絆創膏的な 銀のシール を配布するそうです。18万円のダイキャストモデルで購読者が納得しますかね。気になる方は検索してみてください。のちの加工 [続きを読む]
  • いきなり103系 その5
  • 103系ネタは昨年11月以来です。発売予定パーツ類は相当数製作済みで、残る課題はお面、特に前面窓の表現方法です。いっぽう私物103系では乗務員ドアの位置問題の解決が最優先でしたが、日曜日に腰を据えて着工しました。赤い部分の左を欠き取りt0.4の埋め板を圧入する方法です。埋め板は必要数4枚のところ、サイズ違いで 正寸法、マイナス0.01ミリ、マイナス0.02ミリ の3種類12枚を抜きました。彫刻機加工の4倍原版を彫ります。 [続きを読む]
  • キハ58もそろそろ その3
  • 当ブログはつくづく色味不足で、真鍮の金色、サフェーサーのグレーなどが目立ちますので本日は暖色の旧作 キハ58(フェニックスさん)をご覧ください。TMS 522号 (1989−12)に掲載して頂いた4両編成で、28年前のモデルです。(若かったな)幌座はキットパーツに帯金の水切り。16番で自身初のまともに完成させたモデルで、はめ込み窓信者のあかしとなりました。小社 DC007 キハ58平面窓 はこれに気を良くして製品化し、今で [続きを読む]
  • 急行、近郊型 その28
  • ご覧頂くのはKSモデルさんの クハ111−2000 の後位側です。プラスチック製品との差を少しでも埋めるべく窓表現をグレードアップしました。ドア窓と戸袋窓の下辺を揃えます。メインのユニットサッシ。サッシはアクリルのはめ込みガラスを予定しています。(要研磨)実車で感じるサッシ下辺の肉厚感。t0.4+0.3 です。サロ110−1200、細いながらもゴツい窓柱をこんな感じで表現。下辺の肉厚感。ガイドレール三種類とクハ用ユニット [続きを読む]
  • 補充製作 その9  キハ40
  • 今日二度目の更新です。在庫薄のキハ40前面治具を補充製作しました。従来t20ABS材を使用のところ適当な端材でt30を加工します。12個も作ればしばらくはもちますし、忘れた頃にポツリと売れる程度なので必要な方には行き渡ったのでしょう。t31→t30→t26→最後にフルバックという幅広の自作カッターで裏側からt25に仕上げ。バリ取り、お面をかぶせチェック。t20在庫は1個のみ1400円本体、今回製作分のt25は恐縮ですが1500円本体に価 [続きを読む]
  • 新製品画像 その2
  • 引き続き新製品画像をご覧ください。EC150t0.4を極細エンドミル(0.3と0.4)で加工しました。斜めの7連は屋上に折り曲げた後のまとめ用でサービスパーツです。私物キットが16両控えています。EC1517連のひとつは屋上に折り曲げた後のまとめ用でサービスパーツです。EC152取り説はありませんので、いずれブログで実演します。EC153EC154エプロンは床板の室内側にまわり込ませてねじ止めしますので床板先端の幅を狭めてください。裏 [続きを読む]
  • 新製品画像
  • 交直流電車の段付き妻板を品番順に紹介いたします。EC138見づらいですがポンチ済みです。モハ400、420とも量産先行車1〜2は手すりがないようです。ダクトはエコーモデルさんの 2615 です。EC139EC140EC141点検ぶたが大きくなりました。EC142EC143EC144ダクトはエコーモデルさんの 2616 です。EC145EC146テールライトはエコーモデルさんの 3608 です。EC147EC148多くの車両にお使い頂けます。EC149ワイドボディの初期で点検ぶ [続きを読む]
  • キハ40系 その14
  • 取り扱いが雑な キハ40 の前位です。床下をご覧ください。スノープロウはエンドウさんの キハ181 用の流用でチャンネルと三角板で補強しました。タンク長は天賞堂さんのパーツで自作取り付け座でねじ止めです。二本の丸棒で台車の回転を抑え気味にしました。床下機器をねじ止めしたABSのサブ床板を敷き詰め車体裾のペラペラ感を、またエンジン間をABSブロックで埋め、真横視点のついたて感をそれぞれ解消しました。今はなき G [続きを読む]
  • 電機通風口
  • 国鉄新型電機用の前面通風口を再製作しました。  前回分は三辺の糸面取りが不満で保留、今回は面取り無しです。各自お願いします。拡大します。(t0.8)先端が0.1ミリ以下の彫刻カッターを自作して超長時間かけて溝彫りします。4個入り 1300円本体 です。エコーモデルさんにお届け済みです。電機マニアの方へおすすめします。 [続きを読む]
  • キハ40系 その13
  • 7月14日ブログで 旧作キハ40 をご覧頂きましたが、自分でも画像で見るパノラミック窓の天地寸法が気になり(目が大きいかな)ノギスを当ててみましたところ、7.6ミリでした。あくまでも製品化以前の自作パーツです。新製品パノラミック窓 DC159、160、161 の一体加工仕様は 7.4ミリ なのでHゴム幅の半分程度 細目 になっております。右のお面は旧仕様窓ですが7.4ミリです。 [続きを読む]
  • キハ58もそろそろ その2
  • 冒頭お知らせです。山口市のスモールワールドさんにお納めした小社特注品、”Nゲージ大半径道床、新幹線専用線” の敷設が進み動画がアップされています。ウチのブログのブックマークから是非ご覧ください。スモールワールドさんのトップベージ右上のフェイスブック(7月17日、9:44)内にあります。キハ58パノラミック窓 新 に含まれる貫通ドアが不足なので平窓用貫通ドアと共に補充製作します。新仕様は価格抑制のため、幌座 [続きを読む]
  • 板橋経由神戸行き その2
  • 梅田から地下鉄御堂筋線で心斎橋に向かい、ベタな大阪観光で 道頓堀でたこ焼き とします。この店は町田東急デパートに出店中で、何度か訪れなかなか美味しかった印象です。(10年前)6個で650円、観光地価格。味は・・・並 かな。普段食べているヨーカドー湘南台店のフードコート ポッポのたこ焼き に軍配が挙がります。小腹を満たして次の目的地、南海なんば です。頭端式9面8線の私鉄巨大ターミナルを見物です。東横線旧渋 [続きを読む]