masa さん プロフィール

  •  
masaさん: お気楽忍者のブログ 弐の巻
ハンドル名masa さん
ブログタイトルお気楽忍者のブログ 弐の巻
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/okirakuninja
サイト紹介文ミニカー/お魚/園芸/行楽記のごった煮ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供806回 / 365日(平均15.5回/週) - 参加 2016/11/03 18:32

masa さんのブログ記事

  • トミカ博 in NAGOYA 2018に行ってきました(2)
  • 今年も年末恒例、名古屋の吹上ホールで開催されている『トミカ博 in NAGOYA 2018 〜さぁ、はじまる!ゆめのトミカワールド!!〜』に行ってきました。会期は12/24(月)のクリスマス・イブまでとなってます。展示ゾーンの紹介は割愛(笑)息子が小さかった頃は展示ゾーンで遊ばせながら展示物をひとつづつ見て回ったりもしたけど、もう一緒に行ってくれる歳ではなくなったから、今回は管理人ひとりで参戦です。。。じゃあ、前回記事 [続きを読む]
  • 非売品トミカ スバル フォレスターの正と誤
  • 本日はミニカーのお話です。12月24日まで名古屋の吹上ホールで開催されている『トミカ博 in NAGOYA 2018』のゲームアトラクション、トミカルーレットの参加賞から、「スバル フォレスター(黄)」をご紹介。因みにこのゲームのクリア賞は「スバル インプレッサ WRX STI 4 door」でした。ベースはNo.112-6 「スバル フォレスター」(2013-2015年)ですね〜。このフォレスタートミカは春の大阪トミカ博でも入手しています。ただ、そ [続きを読む]
  • トミカ博 in NAGOYA 2018 に行ってきました(1)
  • 12月14日(金)から24日(月)まで名古屋市 吹上ホールで開催されている『トミカ博 in NAGOYA 2018 〜さぁ、はじまる!ゆめのトミカワールド!!〜』に行ってきました。テーマは春の大阪、夏の横浜と一緒ですね。開場30分前でこんな感じ 毎年、名古屋トミカ博はこの待ち時間がとにかく激寒 インフルエンザも流行する時期の人混みだからマスクは必須です!入場記念トミカは大阪トミカ博と同じく、「TDM ウォータードライブ」と「い [続きを読む]
  • 絶版トミカ アメリカンファームトラクター
  • 本日はミニカーのお話です。絶版トミカから、No.F54-2 「アメリカンファームトラクター」(1980年、日本製)をご紹介。モデルとなった車種は今となってはよく分かりません。。。トミカの農耕機は意外と少なくて、2009年以降にヤンマーのエコトラやトラクター、コンバインなどが出るようになるまではこのファームトラクターとクボタ トラクター(No.92-1)くらいしかありませんでした。管理人は青箱外国車シリーズはほとんど持っ [続きを読む]
  • 日野自動車特注トミカ デュトロ ハイブリッド
  • 本日はミニカーのお話です。2012年に日野自動車特注トミカとして登場した「日野 デュトロ ハイブリッド」。記憶が定かではありませんが、コレクター仲間の方にお頼みして入手してもらったように記憶しています。2011年に登場した2代目デュトロのハイブリッドタイプのモデル化です。ベースはNo.37-7 「日野 デュトロ クレーン付きトラック」(2012-2017年)で、クレーンの付いた荷台を荷箱に換装して特注モデルに仕上げてます。デザ [続きを読む]
  • トミカくじⅧ コカ・コーラ クイックデリバリーバン
  • 本日はミニカーのお話です。2008年に発売されたトミカくじⅧ 『コカ・コーラ アートコレクション』から、No.3「トヨタ クイックデリバリーバン」をご紹介。コカ・コーラのロゴ、デザインで統一されたトミカを集めたアソートで、11種+シークレット1種の計12種がブラインドBOX販売されてました。ベースはNo.95-3 「トヨタ クイックデリバリーバン くだもの配送車」(1995-1999年)です。レギュラーモデルのくだもの配送車以外にトミ [続きを読む]
  • ジャンクトミカ スパシオ メタリックブルー
  • 本日はミニカーのお話です。絶版トミカから「トヨタ カローラ スパシオ」のジャンク品をご紹介。1998年に発売されたトミカギフトセット『トヨタプリウス & スパシオセット』の中の1台でした。ベースはNo.16-3 「トヨタ カローラ スパシオ」(1998〜2002年)で、1997年に登場したカローラベースのミニバン、初代スパシオのモデル化です。メタリック調のブルー塗装が綺麗 ちょっと汚れがあるものの、塗装剥がれや傷もなく非常に良 [続きを読む]
  • あけぼのパーク多賀 〇〇〇の化石
  • ニホンカモシカの剥製。滋賀県内でニホンカモシカは岐阜県境の山地から鈴鹿山系にかけて生息しています。某日、滋賀県犬上郡多賀町のあけぼのパーク多賀 多賀町立博物館に家族で行ってきました。多賀町立博物館は規模は小さいものの、多賀町周辺の自然と文化がコンパクトにまとめられた管理人の好きな博物館です。入館料が¥200なのもイイですね(小学生以下は無料)。入口には多賀町に生息するニホンカモシカやタヌキ、キツネ、イ [続きを読む]
  • タカラトミーモール 日テレ60周年中継車
  • 本日はミニカーのお話です。2013年に発売されたタカラトミーモールオリジナルトミカ 「日本テレビ60周年特別Ver. 中継車2台セット」をご紹介。管理人は発売当時、確かトミカショップで入手したように記憶しています。なんか最近買ったような気がしてたのに、もう5年も経っているのにビックリ。。。2台セットということで赤と白のカラー違いで登場。ちょっと芸が無さすぎだなぁ〜と思ったのは内緒です(爆)過去、2008〜2009年頃に [続きを読む]
  • イトヨ限定トミカ プロボックス消防指揮車
  • 本日はミニカーのお話です。2004年にイトーヨーカー堂限定で発売された<消防指揮車シリーズ>から、第5弾 「トヨタ プロボックス 消防指揮車」をご紹介。ベースはNo.97-5 「トヨタ プロボックス」(2003-2009年)で、トヨタの商用ライトバン プロボックスのモデル化でした。東京消防庁仕様の消防指揮車で車種選択もリアリティがありますね。実際、東京消防庁にあったのかは分かりませんが、全国的に見るとプロボックスを指揮車に [続きを読む]
  • 絶版トミカ セルシオ個人タクシー
  • 本日はミニカーのお話です。絶版トミカから、No.60-3 「トヨタ セルシオ 個人タクシー」(2005-2008年)をご紹介。2008年に絶版となったNo.17-7 「トヨタ セルシオ」(2001-2008年)の仕様違いとして登場したトミカでした。白地にブルーのラインは東京都個人タクシー協同組合に加盟しているタクシーのデザイン。『〇〇タクシー』と言った架空のタクシー会社仕様じゃなくて実在するタクシーのデザインを元にしてるのがこのトミカの [続きを読む]
  • Misora Terrace Italyで忘年会
  • 本日の前菜盛り合わせ。なかなかのボリューム感ですね〜。中でもイワシのカルパッチョや生ハムが管理人のイチオシでした某日、滋賀県草津のイタリアンレストラン Misora Terrace Italyさんに10年来の飲み仲間と一緒に行ってきました。一応、忘年会です。最近は働いてる場所もみんなバラバラになちゃったので、およそ9ヶ月ぶりの再会ですね〜。久しぶりの集合に乾杯Heinekenで渇いた喉を潤し、楽しい会話に華が咲きます。さすがに付 [続きを読む]
  • TMS2001 初の開催記念ミゼットⅡトミカ
  • 本日はミニカーのお話です。2001年に開催された第35回東京モーターショーで発売された開催記念トミカから、No.1 「ダイハツ ミゼットⅡ」をご紹介。ベースはNo.62-6 「ダイハツ ミゼットⅡ」(1997-2004年)ですね。1996年に登場した軽貨物自動車で、往年の3輪自動車ミゼットの名を冠してます。安全性面から4輪となりましたが、小回りがきくため小口配達用トラックとして今でも時々見かけますね。スペアタイヤを前面に配置したファ [続きを読む]
  • ジャンクトミカ ホンダCB750F
  • 本日はミニカーのお話です。絶版トミカから、No.42-3 「ホンダ CB750F」(1982-2004年)のジャンク品をご紹介。黒箱時代に登場したトミカですが、途中からカウルが付いたレーシングタイプに変わりました。以前のトミカでは販売途中のカラー変更はよくありましたが、金型まで途中から大幅に変えてしまった稀有なトミカのひとつです。カウル装着だけじゃなくシートもダブルシートからシングルシートに変わってます。1979年に登場した [続きを読む]
  • おともだちゴールドトミカ スピーダー
  • 本日はミニカーのお話です。2013年に幼児向け雑誌 おともだち★ゴールドの付録として登場した特製トミカ 「スピーダー」をご紹介。架空のパトカーを模した仕様で、ベースはNo.67-7 「三菱 ランサーエボリューションX」(2008-2017年)ですね。外箱もちゃんと付いてるのが嬉しいお子様向け雑誌の付録と侮るなかれ! ボンネットやサイドの文字はシール表現じゃなくて、フルタンポです!ベースのランエボXはトミカの中でも管理人が大 [続きを読む]
  • コンビニ限定トミカ 長谷見スカイラインターボC
  • 本日はミニカーのお話です。2007年にコンビニ限定で発売された『トミカ 長谷見昌弘 レーシングスカイラインコレクション』から、「スカイライン ターボC」をご紹介。ミスタースカイラインこと長谷見昌弘がレースで駆ったスカイラインを集めたアソートで、全6種のブラインドBOX販売でした。ちょうどスカイライン誕生50周年の年で、パッケージにはその記念ロゴマークも入ってますね。ベースはNo.74-4 「ニッサン スカイライン ターボ [続きを読む]
  • イオン限定トミカ Tipo/Daytona ロードスター
  • 本日はミニカーのお話です。11月24日発売、イオン限定トミカ AEON No.41 「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース Tipo/Daytona ロードスター」をご紹介。まさかトイザとイオンが同じタイミングでメディア対抗耐久レースのトミカを出してくるとは驚きましたね〜 単なる偶然か?、レース運営からの働きかけか?・・・とにかくこんなパターンは初めてです。さて、『メディア対抗ロードスター4時間耐久レース』は初代ロードスター [続きを読む]
  • 極楽鳥花 輝かしい未来
  • 飛ぶ鳥を思わせる派手な花姿のストレリチア。単子葉植物ゴクラクチョウカ科の植物で、属名を表すストレリチアの名で呼ばれたり、日本では極楽鳥花とも呼ばれています。エキゾチックなその姿に似合わず、日本に入ってきたのは150年ほど前らしく、今でも高級な切り花として出回ってます。ストレリチアの花言葉は、『輝かしい未来』、『情熱』、『強運』、『恋の伊達者』。とても前向きな花言葉が並んでいて、頑張ってる女性への贈 [続きを読む]
  • 淡水魚ギャラリー(26)琵琶湖固有種 ビワコホンモロコ
  • 本日は日本産淡水魚からこのお魚をご紹介!【魚名】 ビワコホンモロコ【分布】 琵琶湖、琵琶湖流入河川【生息環境】 湖沼中間層、繁殖期は湖岸、流入河川下流部【食性】 動物プランクトンや水生昆虫、小型甲殻類 ビワコホンモロコはコイ科タモロコ属に属する淡水魚で琵琶湖固有種。最近は福井の三方五湖や山梨の山中湖などにも移植されてるそうです。琵琶湖の春を代表する味覚で、管理人も毎春1〜2回は琵琶湖へホンモロコを釣 [続きを読む]
  • トミカタウン ミスタードーナツ配送車
  • 本日はミニカーのお話です。2003年に発売されたトミカタウン 『ミスタードーナツ』に付属していた「ミスタードーナツ配送車」をご紹介。ベースはNo.83-4 「いすゞ エルフ 佐川急便」(2002-2011年)。5代目エルフパネルトラックのモデル化でした。外箱が付いてなかったのが残念ですが、実在企業モノのトミカは見ているだけで楽しいですね〜これと同じデザインの実車があったのかは分かりませんが・・・。最近は管理人の近所でもミ [続きを読む]
  • 幕末トミカ ラストは坂本龍馬のトレノ
  • 本日はミニカーのお話です。11月末に発売された書店限定発売の<トミカ幕末コレクション>から、「坂本龍馬トミカ トヨタ AE86 スプリンター トレノ」をご紹介。今年1月から隔月販売された幕末トミカもこれでラスト。最後にふさわしく幕末の志士の中でも最も人気のある坂本龍馬が登場ですベースは2013年に発売されたドリームトミカの「頭文字D AE86 トレノ(白)」ですね。リトラクタブルヘッドライトが上がった状態を再現したモデ [続きを読む]
  • トミカリミテッド 三菱ジープJ3R
  • 本日はミニカーのお話です。2008年に発売されたトミカリミテッドから、No.TL-0094 「三菱 ジープ J3R」をご紹介。ベースはNo.25-1 「三菱 ジープ J3R」(1971-1980年)。金型はトミカの中でも最初期のものですが、ここに至るまでに金型改修等があったのかは知りません。。ソフトトップ、ショートホイールベースの三菱ジープのバリエーションのひとつで、それまでGHQ向けだった左ハンドル車から、1960年頃に右ハンドルとして登場し [続きを読む]
  • トミカくじ22 トヨタ クラウン特別消火中隊
  • 本日はミニカーのお話です。今年も残すところ1ヶ月余り、今年購入したトミカもまだ紹介積み残しがあるのでできるだけ紹介していきしょう3月に発売されたトミカくじ22 『ファイヤーファイターコレクション』から、「特別消火中隊 トヨタ クラウン」をご紹介。未だに玩具店でも積み残されているトミカアソートであることは内緒です(爆)このブラックカラーとデザインは東京消防庁が各消防署に編成した特別消火中隊の消防服やヘルメ [続きを読む]
  • トミカリミテッド 日本GP スバル360 12号車
  • 本日はミニカーのお話です。2004年に発売されたトミカリミテッドから、No.TL-0041 「スバル 360 日本GP #12」をご紹介。ベースはNo.21-4 「スバル 360」(1983-1997年)。1960年代の高度経済成長期に日本のモータリゼーション推進の一翼を担った往年の名車ですね。トミカでも50種以上のバリーエーションがある息の長いモデルとなってます。1964年に鈴鹿サーキットで開催された第2回日本グランプリのツーリングカーT1クラス(400c [続きを読む]