たそかれの散策 さん プロフィール

  •  
たそかれの散策さん: たそかれの散策
ハンドル名たそかれの散策 さん
ブログタイトルたそかれの散策
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bakkushougyou
サイト紹介文都会から田舎に移って4年経ち、周りの農地、寺、古代の雰囲気に興味を持つようになり、ランダムに書いてみ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供440回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2016/11/03 18:49

たそかれの散策 さんのブログ記事

  • 森林経営管理法(その8) <選ばれる林業経営者とは?>
  • 181210 森林経営管理法(その8) <選ばれる林業経営者とは?>そろそろこの新法の話は一旦、終わりにして別の話に移ろうかと思ったのですが、今日も終日仕事に追われ、あまり考える気力もないので、簡潔にこの連載を続けて、今日で一時締めて、また政省令が出そろった段階で、今度は少し整理して書いてみようかと思います。まあ今回は少しでもこの新法に関心を抱いていただければと思いながら書いています。冗長で内容がない [続きを読む]
  • 森林経営管理法(その7) <森林所有者はどうなる?>
  • 181209 森林経営管理法(その7) <森林所有者はどうなる?>なんの準備もせずにいつも書き出しますが、そのためいつも前置きを書きながらどう進めようかと思案するのです。今日もそうしようかと思いつつ、それ自体を考えるのもしんどい感じで(これは昨日の歩きの影響もあります)、即座に始めます。ということは何がでてくるか、私も分かりません。7回目ですが、<本法>の狙いともいえる森林所有者に焦点を当てようかと [続きを読む]
  • 森林経営管理法(その2) <制度概要と森林所有者の意向調査>
  • 181204 森林経営管理法(その2) <制度概要と森林所有者の意向調査>家の窓から見える光景にも紅葉が目立っています。もう12月初旬ですから少し遅いのではと思う向きもあるかもしれませんが、そんなものかもしれません。イチョウの見事なイエローカラーはすでにほとんど枯れ木になりそうです。東京の日比谷公園や絵画館前のそれもきっと黄色の絨毯かもしれません(前者は管理者がせっせと葉っぱを肥料に使っているのでかき集 [続きを読む]
  • 森林経営管理法(その1) <ある盗伐事件>と<新たな森林管理システム>
  • 181203 森林経営管理法(その1) <ある盗伐事件>と<新たな森林管理システム>メールで<「2019年3月31日」をもってYahoo!ジオシティーズを終了する>という通知が来ました。10月に来ていたようですが見逃していました。そんなわけでこのブログも3月末には終わりとなります(すべてアップされなくなります)。引き続き別のところでやるかどうかは分かりません。とりあえずその日までは続ける予定です。ブログをいつまで続け [続きを読む]
  • 生死と即身成仏 <ネルケ無方著『迷える者の禅修行』>を読んで
  • 181201 生死と即身成仏 <ネルケ無方著『迷える者の禅修行』>を読んで私が自らの死をどのようにするかを常日頃考えていることを話すと、共感していただける人がいます。滅多矢鱈と話をするわけではありません。重い病気を抱えている人や日々の生活に悪戦苦闘している人などなど、当然ながら話題にはしません。おそらく世の中、いろいろ悩んでいる人がいると思いますが、生死のことを真剣に悩む人は少ないのかもしれません。死 [続きを読む]
  • 外国人と文化の違い <インド人の町の現実>を見ながら
  • 181125 外国人と文化の違い <インド人の町の現実>を見ながら一昨日、<外国人とのおつきあい>のテーマで移住を前提とした統合的な政策をとの意見に賛同する趣旨で書きました。といっても外国人もいろいろですし、それぞれ多様な独自の文化を抱えてやってきますから、文化・風俗をめぐる軋轢は起こることは確かです。そんなことを取り上げたのは今朝の<報道プライムニュース>でした。ゴーンさんの話題の終わり頃から見ま [続きを読む]
  • 欲望と法の支配 <大阪万博>と<盗撮罪>について記事を読みながら
  • 181124 欲望と法の支配 <大阪万博>と<盗撮罪>について記事を読みながら昨夜からとても冷える感じで、夜明け前に一度目覚めました。次は朝日が高野連峰と雨引山をはじめ紀ノ川に稜線を落とす峰々を照らして彩色の変化を楽しむことができました。そういえば昨夜は望月が少し柔らかくなったくらいでその輝きもまた見事でした。そのせいか今日は高野連峰はもちろんのこと、吉野方面はもちろん、東方には40km以上先にある国見 [続きを読む]