bashi さん プロフィール

  •  
bashiさん: のんびり気ままに安曇野暮らし
ハンドル名bashi さん
ブログタイトルのんびり気ままに安曇野暮らし
ブログURLhttp://bashi0726.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文安曇野の自然・風景・文化・人々と触れあいながら、毎日をゆったりと暮らしています。
自由文2016年4月に高知から安曇野に移住してきました。北アルプスの山々を眺めながら、毎日を楽しんでいます。趣味の山登りをしながら安曇野の生活を満喫したいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/11/03 19:23

bashi さんのブログ記事

  • 2台目は松本ナンバーに。
  • 昨年4月、安曇野に移住してから1年と7ヶ月。我が家では自家用車の所有が「一人に1台」と言われる長野県で「一家に1台」で頑張ってきました。この周辺でも一戸建て住宅なら敷地内に3台〜4台駐車されているのも当たり前、アパートでも賃貸契約に2台分の駐車スペースが付いている物件が多くあります。移住に際して、高知県で使用していた軽自動車を長女に譲っていたのですが、この度、諸般の事情で我が家に舞い戻ってきました [続きを読む]
  • 50回目の光城山は雪景色。
  • 長野県北中部では昨夜のうちに雨が雪に変わり、北部や山沿いなどで積雪となりました。その影響で交通機関などにも乱れが発生したようです。安曇野の平野部では残念ながら?積もりませんでしたが・・・。今週になって3日連続で氷点下の朝になりました。そして、我が家でも一昨日から石油ストーブの出番となっています。今日は、麓からも山肌が白く見える光城山(912?)に今年50回目の登頂をしました。年初に目標としていた回数を達成で [続きを読む]
  • 紅葉〜天龍峡を歩く〜
  • 安曇野の里では紅葉も終わりを迎えようとしています。しかし、南北にも長い信州。まだ紅葉が見頃のところがありました。地元紙の記事につられて、13日(月)に南信の天龍峡(飯田市)まで足を運びました。長野県の中央部にある諏訪湖から流れ出た天竜川が、この地で峡谷をつくりだしています。天龍峡には峡谷内の両岸を散策する遊歩道が整備されています。ゆっくり歩いて1時間ほど・・・。遊歩道のスタート地点となる姑射橋(こやきょう)か [続きを読む]
  • 紅葉〜吉野荒井堂の大銀杏〜
  • 今年は10月から11月初めにかけて紅葉を愛でる時間も取れませんでした。今週になって、昨年も出掛けていた霊松寺(大町市)まで足を運びましたが、もう見頃を過ぎていました。信州の紅葉スポットでも多くの所で落葉の時期を迎えています。スポットというほど情報提供がされている訳ではないですが、アパートの近くにある銀杏の大木がちょうど綺麗に色づいています。安曇野では広い敷地に大きな屋敷と、その周りを取り囲む高い木々(屋 [続きを読む]
  • 霧に覆われた安曇野
  • 11月になって初めて氷点下の朝を迎えました。最低気温は午前6時前に−0.5度(穂高アメダス)。今朝から朝の日課にサッシや玄関ドアの結露拭きが加わりました。カーテンを開くと、深い朝霧に覆われていました。今秋では一番の深い霧。視界は20〜30?程度だったでしょうか? 今日も光城山に向かいました。9時過ぎに犀川に架かる田沢橋を渡る時には車のライトを点灯しての運転でしたが・・・。時間にして20分位? 登山口から登り始めると [続きを読む]
  • 秋晴れの空と北アルプスの嶺々
  • 「立冬」の今日、安曇野の朝は最低気温が0.6度(穂高アメダス)と冷え込みました。安曇野にも冬が一日一日近づいて来ています。一方で、日中の最高気温は2日連続で20度超えとなり、昼間はポカポカ陽気です。11月に入り、10月の雨続きが嘘だったかのように天候に恵まれた日が続いています。(雨になったのは11月4日だけ) 10月の山行の遅れを取り戻すべく、今日も秋晴れのもと光城山へと足を運びました。快晴の秋空に北アルプスを一 [続きを読む]
  • 今年も白鳥がやって来た。
  • 3連休の中日はあいにくの雨模様となりました。「安曇野新そばまつり」に「安曇野スタイル」と・・・この連休期間、他にもイベント真っ盛りの安曇野ですが天気には勝てません。それでも県外ナンバーの車が目立っていました。明日(5日)には天候も回復するとの予報なので、もっと人出が増えるでしょうね。さて、今年も冬の使者、白鳥が安曇野に飛来してきました。昨年より1日早く、10月19日に7羽で初飛来・・・。10月中は時間が取れず、 [続きを読む]
  • 光城山にも台風被害。
  • 10月も今日で終わりですが、安曇野の朝は氷点下となりました。今日の最低気温は−0.2度。去年も氷点下を記録したのは11月5日だったので、それ程の差はありません。10月は天候不順のうえに都合が付かず、山行も3回だけ。3回とも地元の光城山登山となってしまいました。2週続きの台風の被害によって、中信地方では国道19号線(長野市信濃新町)や松本市五常の県道が通行止めになっていますが、光城山も被害を受けました。先週24日 [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その23〜
  • 今朝の安曇野は今秋になって一番の冷え込みとなりました。最低温度は4.2度(穂高アメダス)。その上、秋の風物詩とも言える濃い霧に包まれ、幻想的な朝となりました。先週19日には犀川白鳥湖にコハクチョウも飛来してきており、安曇野は晩秋から冬へと移ろいつつあります。10時頃から霧も晴れだし、その後は雲一つない快晴の秋晴れの空となりました。昨日は冷たい雨の降り続いた一日でしたが、その雨は北アルプスの峰々に雪をもたら [続きを読む]
  • 雪化粧になった北アルプス
  • 今日の安曇野は久しぶりに秋らしい穏やかな一日となりました。今秋は天候に恵まれず、ゆっくりと紅葉を愛でることもなく、秋が深まっています。安曇野から北アルプスの山並みを全貌することが出来ました。台風がもたらした雨が、北アルプスでは降雪となりました。或る山小屋ブログによれば、標高1650?ぐらいから上が積雪となったようで、鹿島槍ヶ岳の山頂付近では25?程度の積雪とか・・・。大町市の針ノ木岳辺りから北に白馬三山ま [続きを読む]
  • もうすぐ安曇野スタイル2017
  • 10日ぶりのブログ更新となりました。この間は雨模様の天候が続き、10月に入って青い空を眺めれた日は数日しかありません。長野県では台風21号も夜中のうちに通り過ぎ、大きな被害もなく済んだようです。去年、安曇野では10月初旬の台風によってリンゴの落果など被害があったので心配していましたが、まずは一安心でしょうか?今日は台風一過で晴れ渡ることを期待していましたが、北アルプスの山々から雲が湧き出してきて、スッキリ [続きを読む]
  • 選挙、投票済ませました。
  • 今週は安曇野も温度差の激しい一週間になりました。週の前半は最高気温も25度前後がつづき、水曜(10日)は27.2度で半袖でも良かったのに、今日は朝から冷たい雨に・・・。最高気温も15.1度(穗高アメダス)までしか上がらず、ダウンジャケットやストーブが登場していました。そして、ラジオでは10月中旬なのに「晩秋」なんて言葉も聞かれるくらいです。色々あって紅葉も楽しんでないのに、もう冬も迎えるの?って感じです。       [続きを読む]
  • 安曇野市では、一足お先に・・・。
  • 9月28日に衆議院が解散されたために、10月は一気に総選挙モードに変わってしまいました。自分の議席を守りたい者がそれまでの自らの主義主張をかなぐり捨てて、勝ち馬に乗ろうと醜い姿を見せています。ここ安曇野市では、総選挙に先だって8日告示、15日投票で市長・市議会議員選挙が行われます。昨年4月、安曇野に転居してきたので、7月の参議院選挙は高知県民として選挙権を行使でした。転居後1年半が経過して、今回の選挙で [続きを読む]
  • 実りの秋と北アルプス
  • 今朝の安曇野は冷え込みました。米やりんごの収穫期となり、まだ秋、真っ盛りだというのに今年は寒いです。今日の最低温度は5.1度(穗高アメダス)、長野県内の全30観測地点のうち17地点で今季最低だったとのこと。安曇野でも、早くもストーブやコタツを使い始めています。我が家でも、今季初めて窓ガラスに結露が発生しました。この間、安曇野市のりんごの産地である三郷地域へ足を運ぶ機会が増えています。すでに収穫が終わったり [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その22〜
  • 9月10日から2週間、安曇野を離れていました。24日(日)に高知から帰って来ました。高知では、久しぶりに台風に出会して、暴風と横殴りの雨に見舞われました。安曇野は、この2週間ですっかり秋バージョンに様変わり、稲刈りが最盛期を迎えています。今日は3週間ぶりに光城山に登り、晴天の空に北アルプスを一望しました。下山後、拾ケ堰のじてんしゃ広場まで遠回りして、常念岳を稲刈りの終わった田圃と一緒に写してみました。( [続きを読む]
  • 秋の味覚を土産に。
  • 今日は朝から安曇野にも青い空が広がりました。最高気温は27.7度(穗高アメダス)でしたが、陽差しが強く暑く感じた一日でした。明日から安曇野を離れて、2週間ほど高知市へ帰ります。帰省となると「土産」を準備しなければなりません。朝刊の広告につられて、塩尻市の産直まで旬の果物を求めて出掛けました。安曇野の産直も利用していますが、ブドウに関しては種類・品数・値段とも、ここの産直が正解でした。結局、あまりの安さに [続きを読む]
  • 日本第2の高峰もガスの中〜北岳〜その2
  • (その1から続く)2日目 午前5時50分に小屋を出発。白根御池から草すべりを直登して北岳肩の小屋をめざすコースもありますが、(大樺沢)二股を経由して右俣コースを選択しました。稜線にはガスが湧きあがり、展望がありません。下山している登山者から「昨日もこんな天候だったけど、展望は良くなったよ」との話に期待して、急登を進みました。二股を経由して歩くこと3時間。草すべりとの合流となる小太郎山分岐まで登ってきま [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その21〜
  • 安曇野はすっかり秋になってしまいました。3日の最高気温は23.8度で最低気温に至っては12.8度(穗高アメダス)。8月下旬の30度超えの暑さが嘘のように、朝晩は一気に寒さを感じるようになりました。稲穂も黄金色に輝きはじめ、稲刈りも始っています。北岳登山の後遺症で久しぶりに筋肉痛で階段の上り下りに苦労していましたが、やっと回復してきたので光城山に登ってきました。今年の夏は安曇野の里に青空が広がっても、常念岳をは [続きを読む]
  • 日本第2の高峰もガスの中〜北岳〜その1
  • 8月29日から31日まで山小屋2泊をかけて、富士山に次ぐ第2の標高を誇る南アルプスの北岳(3193?)へ。1泊2日の山行が標準ですが、体力的に厳しいので2泊3日ののんびり登山を計画しました。勿論、日帰り登山の健脚者もいます。1日目は午前11時に広河原登山口をスタート。登山口までの林道はマイカー規制で通行出来ないので、麓の南アルプス市芦安の駐車場から乗合タクシーを利用しました。登山口のすぐ近くを流れる川に架かる [続きを読む]
  • ブロッケン現象に大騒ぎ
  • 29日の早朝からの「Jアラート」の警報・音量に驚きながらも、今日まで2泊3日の山行に。北日本に飛んだのに長野県も「Jアラート」の対象地域に入るとか?。初めての南アルプス、それも日本第2の高峰=北岳(3193?)に登ってきました。山から下りてきたら、この3日間で安曇野はすっかり秋の気配に変わっていました。昨日・今日と最低温度は20度を切って、肌寒く感じます。もう残暑もなく、このまま秋を迎えるのでしょうか。山行 [続きを読む]
  • 夕焼けに北アルプスのシルエット
  • 25日(金)は日中にまとまった雨となり、最高気温も24.9度(穗高アメダス)と涼しい一日となりました。頭を垂れた稲穂、満開のソバの花、そして空に浮かぶ雲の形と・・・日差しはあっても段々と秋の気配を感じる安曇野になってきました。9月も残暑になると長期予報がされていましたが、日増しに秋が近づいてる感じです。昨日は久しぶりに、朝から北アルプス北部(後立山連峰)の山々を見渡すことが出来ました。 [続きを読む]
  • 安曇野で「能楽」鑑賞。
  • 長野県では、多くの学校で今日か明日から2学期が始ります。先週までの愚図いた天候から、今週は再び夏の暑さが戻ってきたのに、子ども達は「もう学校」です。8月いっぱいが夏休みの地域に比べて1週間以上も早くて、ちょっと可哀想に思えてきます。その上、長野県では夏休みが短いと言って、冬休みが長い訳ではないので余計に不思議な感じがします。先週の土曜日、「安曇野能」の上演があり、初めて能という古典芸能を鑑賞してき [続きを読む]
  • つかの間の夏雲
  • 「山の日」は何とか雨にも降られず、佐久穂町の茂来山(もらいさん)へ。登山口につながる国道299号をそのまま数?直進すれば、群馬県に入る場所です。「山の日」とあって地元の親子登山の企画にぶつかり、山頂は50人を超える登山者で大賑わいとなりました。12日以降、安曇野は梅雨に戻ったような天候で、すっきりしない空模様が続きました。逆に気温は上がらず、涼しいお盆期間でした。今朝も曇り空と山にはガスがかかっていました [続きを読む]
  • 今日の常念岳〜その20〜
  • 8月になって初ブログです。2日〜7日にかけて安曇野と春日井市(愛知県)の間を二往復。その間に松川村・蓼科高原で宿泊し、長女との夏休みを楽しみました。8日は台風接近で動けず、山歩きも遠のいていたので昨日・今日と2日連続で光城山に登ってみました。梅雨明け後も北アルプスの山々はずっと姿を隠していましたが、今日は朝から常念岳を眺めることが出来ました。明日は「祝・山の日」です。天気予報は今ひとつですが、この日 [続きを読む]
  • 暑さが戻った安曇野
  • 今日は見事に天気予報に裏切られました。目覚めたときはいつものように雲に覆われていましたが、その後、徐々に青空が広がりはじめ、久しぶりに強い陽差しを浴びる一日となりました。先週は一度も30度超えにならず、涼しい?安曇野だったのに、今日は最高気温が33.1度(穗高アメダス)と暑い安曇野に戻ってしまいました。しかし、標高が2000?を超える北アルプスには雲が懸ったままで、夏の姿を見せてくれません。やっと昼過ぎに「信 [続きを読む]