Morning buddy! さん プロフィール

  •  
Morning buddy!さん: 長野県へら鮒釣団体連合会
ハンドル名Morning buddy! さん
ブログタイトル長野県へら鮒釣団体連合会
ブログURLhttp://kenherakai.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文へら鮒釣会の8団体が加盟する長野県の連合会です。 年間行事を主体にご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 338日(平均0.7回/週) - 参加 2016/11/04 13:32

Morning buddy! さんのブログ記事

  • この池にも、魚はいない。
  • 長野県の北に位置する小谷村は、そのほとんどが山と森林。そこに広がる栂池高原は冬はスキーで有名ですが、雪解けから秋まではお花畑と紅葉が美しいところです。その中でも栂池高原自然園は人気のスポットで訪れる人を魅了します。6人乗りゴンドラリフトと70人乗りのロープウェイを乗り継いで、その標高差はなんと900メートルを超えます。ロープウェイの終点からは自然園の散策が始まります。湿原の上に作られた木製の遊歩道の周り [続きを読む]
  • 釣寿会 秋例会と総会
  • 美鈴湖は部分的に紅葉が始まりました。秋のお彼岸、秋分の日は県連シニアツアー秋の部、つまり釣寿会の秋例会です。小雨のうちに始まりましたが、なんとか天気は快方に向かい、ちょうど暖かくなった頃に終了の時間となりました。釣りポイントは自然とレイク桟橋に集中、、させました。開始早々竿を取られた方がいましたがなんとなく近くに戻ってきてラッキー回収。そして中盤、またもや竿を取られた方がいました。湖面に映える赤帽 [続きを読む]
  • 平成29年ベストテン大会
  • 9月17日(日曜日)に聖湖においてベストテン大会がおこなわれました。個人戦20位までの入賞者とチーム選抜の17名の合計37名限定の選手のなかからベストテンを決める、言わば強者大会です。台風18号に先立つ気圧変化から強い雨風が懸念されましたが、思ったほどの雨量と強風にも見舞われず大会は終了しました。*街道桟橋各桟橋はテント村の様相です。*白樺桟橋この日は崖桟橋、公園下桟橋にアドバンテージがあった様です。*公園 [続きを読む]
  • この池に魚はいない。
  • 日本の四季にはそれぞれ際立った表情があります。昔の暦と現実の四季のずれはあるのでしょうが、それでもやはり季節は訪れ、春は緑の芽吹きに始まり、夏は灼熱の太陽が輝き、秋ともなれば枯葉と侘しさを伴う夕暮れが迫り、そしてまた冬には寒さと雪が生活を悩ませます。この四季に応じてヘラブナ釣りにも相応な釣法と準備が必要となり、それがヘラブナ釣りの持つ独特の面白さと趣にも通じるものかと思います。あまりに日本的と言え [続きを読む]
  • 平成29年 団体戦
  • 秋の到来が目前の好天気に恵まれて、長野県連団体戦は27日に行われました。そして昨年よりゲストチームをお迎えしての企画は盛況のうちに終了しました。参加いただいたゲスト会の有志会、べら坊の皆様有難うございます。結果としましては季節の変わり目、水温の変化でしょうか、場所ムラも大きく釣果においては各チーム、各選手とも思惑通りとはならなかったようです。その中でも参加10チームの上位3チームにはゲスト会が2チーム入 [続きを読む]
  • お舟祭りは、お舟ま 釣り?
  • 諏訪大社下社のお舟祭り。神社の神事は日にちで決まっています。下社春宮から秋宮へ御霊代を移す遷座祭で柴舟を曳行するお舟祭りは毎年8月1日。このお祭りは御霊代の年二回の遷座ですが、形而下では釣り支度の一組のペアが主役です。それではスタート*まずは遷座の行列。*舞姫、稚児行列もあります。*そして行列最後は柴舟の曳行ですが舟の上には翁(おきな)と嫗(おうな)の人形が向かい合って乗っています。平たく言えばジジ [続きを読む]
  • 平成29年ベストテン大会要綱
  • 長野県へら鮒釣り団体連合会平成29年度【個人選手権】(ベストテン大会)について                 【大会要綱】・開催月日     9月17日(日曜日)  雨天決行・開催場所      聖湖・集合場所     聖レイクサイド館駐車場 ・受付時間     午前5時00分より午前5時30分まで・参加資格    ① 1チームの長野県へら鮒釣り団体連合会への登録人数20名までを2選手の 選抜とし、 [続きを読む]
  • 平成29年団体戦要綱
  • 長野県へら鮒釣団体連合会平成29年度【団体戦】(兼日研トーナメント)について【 大会要綱 】・開催月日   8月27日(日曜日)  雨天決行・場  所   美鈴湖・集合場所   ウテナ莊前 (ウテナ荘横駐車場は開会式、閉会式時は駐車禁止)・受付時間   午前4時30分より午前5時まで・競技開始   入場をもって開始とする。・競技方法   桟橋釣り・競技規定   長野県へら鮒釣団体連合会の競技規則によ [続きを読む]
  • そして7月の白樺湖
  • 天気が良ければ、ヘラ餌買って白樺湖フィッシングセンターへ行きましょう。正面玄関前に車を停めます。ルンルン。そして右側の自販機で釣り入場券を買います。千円ポッキリ…直ぐ右に道とも言えない降り口があります。(普通に広い道からアクセスもできます)ヘラバックとロッドケースを肩に掛け、はやる心を押さえて気を付けて降りて行きます。これが桟橋。横木もバッチリ、ヘラクッションがあれば胡座でオーケー。ロケーションは [続きを読む]
  • 6月の白樺湖
  • 白樺湖の美しい季節です。周囲の山々の緑が湖面に映える最高の時期とも言えます。ワカサギのシーズンには場所を変えてワカサギ釣り桟橋になる移動式の浮き桟橋が、古屋敷跡の石碑横とオーバーフロー横の崖に据えられています。むろんこの時期はへら師の為にあります。その他にもボートハウス横の桟橋、フィッシングセンター前桟橋、亀屋ホテル下の桟橋と、釣り台不要なポイントもあります。野釣りの雰囲気をじっくりと味わいながら [続きを読む]
  • 第47回個人戦
  • 5月28日(日曜日)個人戦が行われました。麻績村の天気予報の地点検索の気温は、全く聖湖の気温の参考にはならないようです。この日も聖湖大会の日と同様に寒さをしのいで釣りをするような午前中の気温でした。防寒着をわざわざ車から降ろして、日除けパラソルを積んできた方もこれについては大いに後悔しておりました。*開会式*白樺桟橋方面*公園下桟橋方面*崖桟橋方面*第20位までが9月17日ベストテン大会への出場権を獲得されて [続きを読む]
  • 第28回聖湖へら鮒釣大会
  • 5月21日(日曜日)聖湖大会、高原だけあって朝は寒いですが、日が昇るにつれパラソルの花があちこちで咲いていました。天候には恵まれましたがヘラの食い気はイマイチかな。*夜明けの街道桟橋。*ただいま受付中。開始直後・イヤー こんなに寒いとは、車に積んできたダウン取りに行ってこようかな、、、昼近く・暑い、釣れない、風がない、、、 [続きを読む]
  • 第46回鏡湖へら鮒釣り大会
  • 5月20日(土曜日)鏡湖開きの行事のひとつとして、午後からの水神の碑の神事の前に行われるアットホームな釣り大会です。よって大会の納竿時刻も午前11時。体に優しい大会です。*朝5時半この時の山梨からの参加者の話では先の千代田湖の水難事故は心筋梗塞による水中落下であったそうな。直接の起因は水死では無いもののライフジャケット着用は強化される由。*ヤマツツジが美しい時期です。*午後の神事に備えて紅白の幕が張られ [続きを読む]
  • < あらためて >
  • 大型連休最終日に関東でも有名なヘラブナ釣り場であり、長野県のヘラ師にもお馴染みの山梨県千代田湖で残念な水難事故が発生しました。穏やかな日和で風も少なかったようですがライフジャケットは着用していなかった様です。山上湖の釣りにはボートがつきものですが釣り仲間の御冥福をお祈りするとともに、釣果以前の心構えをあらたにしたいものです。そして、ヘラブナ釣り以外の釣りや水辺の行楽での事故も発生しています。海や山 [続きを読む]
  • へらぶな番外編 桜の巻 その③
  • 蓼科の高原の入口にはトヨタ自動車グループの発願で造られた聖光寺があり、交通安全、一路安穏を祈祷する道場として昭和45年に創建されたの説明があります。この地方ではゴールデンウィークに桜が楽しめる場所としても人気が高いところです。*整然とした参道。*ほぼ同じ大きさのうす桃色のソメイヨシノが林立して、桜の木の下でピクニックが楽しめます。釣行は早朝より運転して疲れて帰るケースが多いと思います。参拝は他力本願 [続きを読む]
  • へらぶな番外編 矢彦神社・小野神社御柱祭
  • 人を見るなら諏訪の御柱ですが、この7年毎の寅と申の翌年、卯年と酉年に行われる小野神社と矢彦神社の両神社の御柱祭は、代表して綺羅(きら)を見るなら小野神社御柱と言われています。小野神社と矢彦神社は地続きの並んだ神社で最寄りの小野駅から徒歩十分のところです。華やかな里曳祭はゴールデンウイーク中に行われました。*矢彦神社*小野神社*矢彦神社の入口には一の柱が到着し老若男女、善男善女が綱につき思い思いの楽 [続きを読む]
  • 釣寿会 春例会
  • 5月3日。長野県へら鮒釣り団体連合会の会員のうち65歳以上の希望者で組織する【釣寿会】の春例会が聖湖で行われ、お手伝いの役員を含む23名が参加しました。ゴルフと違い通常の大会はハンディキャップもなく行われますが、この釣寿会の春と秋の例会はシニアツアーといったところでしょうか。優 勝 HYさん 諏訪丈五会 20.1Kg準優勝 TTさん 松本拓水  19.4Kg第3位 MKさん 長野中央  17.8Kg上位3名には会からの賞品が用 [続きを読む]
  • へらぶな番外編 桜の巻 その②
  • 諏訪市の高島公園の桜は見頃の一歩手前です。日本庭園にはいろんな種の桜が植えられています。*三島由紀夫の小説に諏訪市を舞台にした【愛の疾走】と言う恋愛小説があります。現在の天守は50年ほど前、本丸跡に復元されましたが、それまでは石垣だけの高台でした。そしてその高台はヒーローとヒロインの運命的な出会いの場です。この物語には諏訪湖も霧ヶ峰も御柱も登場する楽しい長編小説です。*本日一番の色彩はこのオカメ桜。 [続きを読む]
  • 第21回美鈴湖へら鮒釣大会
  • 4月16日(日曜日) 標高1,000メートルに位置する松本市の美鈴湖で、第21回美鈴湖へら鮒釣り大会が開催されました。現在は釣り桟橋も整備され気軽に浅棚から底釣りまで楽しむことができますが、桟橋以外でも釣り台を構えて釣りができる、バリエーションのある野釣り場の雰囲気を残した美しい湖です。*堰堤から見て、縦方向の堰堤桟橋、横方向のウテナ荘下桟橋。そして赤い屋根がヘラブナの管理放流をするウテナ荘です。肌寒い日と [続きを読む]
  • へらぶな番外編 桜の巻
  • 東京在住の友人から桜だよりが届きました。長野県の桜の見ごろは来週くらいからでしょうか。一足早くバーチャルお花見をどうぞ。へら師は桜の美しい湖に釣行しても愛でる余裕はないでしょうから。*井の頭公園は春爛漫です。花は桜木人は武士。たとえオデコでも潔く。*出船前の釣ボートではありませんよ、横木がありません。 [続きを読む]
  • 平成29年第47回個人戦要綱
  • 第47回長野県へら鮒釣団体連合会個人戦の要綱が発表されました。参加資格は県連所属会員のみです。*開催場所は緑豊かでさわやかな長野県東筑摩郡麻績村 聖高原「聖湖」です。ヘラブナ釣りファンなら一度訪れたらやみつきになる湖です。------------------第47回長野県へら鮒釣団体連合会個人戦【大会要綱】1.主催:長野県へら鮒釣団体連合会2.後援:日本へら鮒釣研究会3.担当会:諏訪へら鮒釣研究会4.開催期日:平成29年5月28 [続きを読む]
  • 通常総会 3月12日 於:松本市勤労会館
  • 29年度の通常総会が執り行われました。会議に先立ち昨年の物故者への黙祷を行い貢献頂いた先輩へ哀悼の意を捧げました。会議は28年度の行事報告に始まり、29年度の行事予定を担当部長が説明しました。連合会の組織は、理事長、副理事長、企画部長、渉外部長、広報部長、総務部長、放流部長、経理部長、審判部長、会計監査を幹部役員として、総会、理事会、部長会、役員会から成り立っています。長野県へら鮒釣団体連合会は長野県の [続きを読む]
  • 八百万(やおよろず)の神
  • 「奥山の大木 里に下りて 神となる」は下社の木遣り歌です。御柱祭は諏訪地方のほとんどの神社で行われるといっても良いくらいで、ほぼ一年の間、大社、神社、小宮、そして祠の様な小さな神様でもそれなりの大きさの柱と規模で行われます。寅と申の年に行われ、昨年度の場合は、平成二十八年度丙申年諏訪大社弐年造営御柱大祭が正式な呼称です。従って次は平成三十四年に行われることになります。この六年毎、数えで七年目は人生 [続きを読む]
  • 御神渡り
  • 凍った湖の氷がその膨張のため割れた部分が筋状にせり上がる現象が見られることがありますが、とりわけ諏訪湖で起きるこの現象は御神渡りとして有名です。せり上がる時には大音響とともに1メートルの高さにもなりますが、近年は温暖化のためでしょうかあまり大きなものは見られません。諏訪市の上社の男神が、下諏訪町の下社の女神に会いに行った軌跡との伝説があり、今年の冷え込みに期待はしたものの、どうも本日の湖面を見れば [続きを読む]
  • 部長会
  • 長野県へら鮒釣団体連合会の新年度最初の行事は、1月28日の役員会です。諏訪湖畔の宿で理事長はじめ各担当部長が集合し平成29年度の行事運営の確認をしました。3月12日の総会の場所は松本市勤労会館となります。*宿の前にあった立看板です。長野県最大の諏訪湖にかつてのシジミの生態は蘇るのでしょうか。 [続きを読む]