ジーサ さん プロフィール

  •  
ジーサさん: 自分を見つめ直す(仮)
ハンドル名ジーサ さん
ブログタイトル自分を見つめ直す(仮)
ブログURLhttp://jibusaga.blog.fc2.com/
サイト紹介文思ったこと感じたことなどを記してます。自分の考えを整理するいいきっかけになればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/11/04 13:56

ジーサ さんのブログ記事

  • 習慣って大事
  •  1月の試験に向けて勉強中です。個人的に好きで勉強するのとは別に、受けなければならない試験です。 試験を受ける、となるとどうもやる気が起きないです。というのもテストでは勉強の結果が点数になります。その点数がある基準を超えていれば合格です。100点中60点取れば合格です。となれば、これだけやれば60点取れそうだ。というところで満足してしまうのです。 しかも一夜漬けだったりします。試験当日の60点のためだけに勉 [続きを読む]
  • 数学について
  •  数学について記事の作成を始めたら、なんだか楽しくなってきています。おそらくこのままいくと、数学の記事だけでまとめてある方が分かりやすいと思ったので、そういうことにしました。リンクに追加しておきますので、よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 1.8 部分集合
  • 定義1.5 部分集合集合 (A) , (B) について(A) は (B) の部分集合であるとは[forall Large x normalsize in A Rightarrow Large x normalsize in B]が成り立つことである。この時、[A subset B]と書く。つまり、[A は B の部分集合である Large:normalsize= A subset B]また、部分集合でないことを[lnot ( A subset B ) equiv A not subset B]とかく。定義に見たように、集合同士に包含関係がある時、含まれている方を部分集合とい [続きを読む]
  • 想像力 それは愛だ
  • "想像力 それは愛だ"↑THE HIGH-LOWS↓「コインランドリー」より私たちはよく、人と衝突する。相手の言動が理解できず、そのことで感情が動く。嬉しくなったり、切なくなったり、怒ったり。相手の立場に立って物事を考えましょうね多くの場合この言葉を使う時、くっつく言葉がある。「自分」だ。相手の立場に立って考えているとき、相手の立場に立っているのは、あくまで「自分」。たいていは、「自分だったらどうか?」を考える [続きを読む]
  • 怒る
  • 人は怒る。最近どんな時怒っただろう。 私が怒る時は、だいたい運転中だ。変なとこに停まってる車とか、1車線の道で右折するときに寄らない車とか。 一番頭にくるのは、さっきまでゆっくり走ってた前の車が、信号のある交差点で加速する時だ。その前の車は、黄色から赤に信号が変わる時にちょうど交差点を通過する。私はそのまま赤信号に取り残される。あんなに腹の立つことはない。笑ところで、なぜ私は腹が立ったのか?別に、 [続きを読む]
  • 1.7 全称記号と存在記号
  •  集合論の話を進める前に、準備として3つの記号を導入します。[Large forall , exists , s.t. ]上の記号はそれぞれ「any」、「exist」、「such that」に由来しています。また、「 (forall) 」は全称記号、「 (exists) 」は存在記号と呼ばれており、「s.t.」は「;」や「|」の記号でも代用できます。それぞれの記号は、「任意の(どんな)」、「存在する」、「〜のような」という意味で使われています。例えば、「命題 (P(x)) が成 [続きを読む]
  • 頑固者
  •  私はなかなかの頑固者です。おそらく、自分が一番大切だからでしょう。こうした方がいいよ、とかこうした方が早いよ、とかこうした方が簡単だよ、とかこうするともっと人生よくなるよ、とかそういう言葉は基本的には、右からほんの少し止まって左です。自分でも、なるほど確かにおっしゃる通り、と思えばそうしますけど。とても、生意気ですね、笑 どうやら私の奥の奥の方、原点のところに自分のやり方で生きたいみたいな願望が [続きを読む]
  • 禁煙レポート 【6日目】
  •  禁煙してから、別段なにか特別なことが起こったか?と言えば、ほとんど変わらない生活です。記事にするほどのこともなくなってきたので、今夜は タバコの依存について調べてみました。こう聞くと、まず思い浮かぶのがニコチンでしょう。そして、知ってる人は知っている。とてつもない種類の化学物質。ここからの話は私が実際に研究・調査したことから得た知識ではなく、ネットサーフィンのみから得た情報が基になっております。 [続きを読む]
  • 1.6 集合と元
  •  いよいよ集合を扱います。集合とは、読んで字のごとく、ものの集まりのことです。・ ものの集まりと言えば、例えば、「アラサー」、「会社員」、「麦わらの一味」、・・・なんかがそうですね。・ 数学で扱う集まり、つまり「集合」と言えば例えば、「2で割り切れる数」、「整数」、「多項式」、・・・なんかがそうです。なにか、命題があって、その命題を満たすような集まりを集合と言います。定義 1.3 集合と元 ある命題 (P) [続きを読む]
  • 禁煙レポート【4日目】
  • ついに、4日が経ちました。一番の山場、3日目を乗り越え、4日目を乗り越え、とうとう5日目です。でも、いとも容易く禁煙できそうです。というのも、全く辛くない笑吸いたくて仕方ないとか、ものすごく頑張って我慢しているとか、そういうことがないのです。やめてみると、別に吸わなくていいかとなってます。だんだん、タバコのこと、禁煙していることも忘れそうです。さて、4日目ですが。寝不足だとくまがでるようになりまし [続きを読む]
  • 1.5 ド・モルガン(de Morgan)の法則
  • 今回は ド・モルガンの法則です。定理1.1 ド・モルガン ( de Morgan ) の法則(i) ( lnot ( P land Q ) equiv ( lnot P ) lor ( lnot Q ) )(ii) ( lnot ( P lor Q ) equiv ( lnot P ) land ( lnot Q ) )これが意味するところはいったいなんなのか。考えてみましょう。まず、この記号を日本語にしてみます。すると、次のようになります。(i) (P) であり、かつ (Q) である。   の否定は、   ( P) ではないかまたは、( Q) [続きを読む]
  • 今の自分と明日の自分は違うのか
  • 今朝、いつものようにブログあさりをしていました。ある記事が目に留まり、ふと考えたのでこちらでも記事にいたしました。記事を書く起爆剤となったページ「キリノート」様、記事 「自分」「自分」というテーマでよく考えていたのは唯一、自分しか持ってないもの。でした。そこから、最後は、自分とはなんだろう?となったわけです。最終的には、おれは宇宙だ。ということになりました。笑結論はともあれ、当時は、中学生、高校生 [続きを読む]
  • 禁煙レポート 【3日目ー朝ー】
  •  これが禁煙の効果なのか、目覚ましなしでこの時間に起きた。もしそうだとすれば、素晴らしいぞ禁煙!!がんばるぞ、禁煙!!なんだかふわふわと始めた禁煙であったが、少し話が変わってきた。禁煙したい、という意志が初日より強い。ただ、気付いたらタバコに火を付けようと咥えていた。という夢を見た。大丈夫だろうか。 [続きを読む]
  • 禁煙レポート 【2日目】
  • まだ、病的な「吸いたい衝動」は未だ発現せず。調べてみると、3日目が正念場らしい。数々の離脱症状に見舞われるらしい。そのひとつに、体重の増加があるという。禁煙によってまず、食欲が増える。しかも、いつもと同じ量でキープしていても胃腸の吸収効率が上がっているらしく、太るらしい。それに対抗するべく、ガムだけでなく、するめ、ヨーグルト、などを買い込むことにした。まだ見ぬ3日目の誘惑に負けないよう、明日も頑張 [続きを読む]
  • 禁煙レポート 【1日目】
  • ちょうど、昨日の今頃、たばこが終わった。なんとなくいい機会かもしれない。そう思って、禁煙を始めた。喫煙歴:4〜5年本数  :1箱/1日(通常)     :2箱/1日(酒、麻雀の席)銘柄  :アメスピ メンソールライト禁煙1日目、特に禁断症状的なものはない。食後と運転中に吸いたくなるが、ガムでも噛んでおけばそのうち忘れる。今のところ、食事が美味しく感じるということはない。ほかの人が吸ってるたばこ臭が今までと違 [続きを読む]
  • 1.4 トートロジーと同値
  • そろそろ、集合の話に入りたいところではありますが、あと2つ、トートロジーといくつかの定理を紹介してからに致しましょう。 いよいよ数学らしい定義が現れます。そこで、ここから、定義に番号を振って分かりやすくしておきます。定義 1.1 (トートロジー)命題 (P_1 , P_2 , P_3 , …, P_k) から論理記号を用いて、命題 (Q ( P_1 , P_2 , P_3 , … , P_k )) を作る操作を考える。各命題 (P_1 , P_2 , P_3 , …, P_k) の真偽に [続きを読む]
  • 寒くなった、冬はカレーだ
  •  私は夏より冬派の人間です。こう言うと、どんな人なのか少し見えてきそうですね。 もちろん、夏も好きです。空はスカッと晴れて、洗濯物は文句なしに乾きます。涼しい風を切って夜のドライブも、いつも聞いてる曲がよりいい曲に聞こえます。キンキンに冷えたビール片手にBBQなんてわくわくします。 外のにぎやかな雰囲気と裏腹に、暇なときの部屋でのだらけ感も無くなってしまえば、寂しいと思います。 でも、やっぱり冬の [続きを読む]
  • 1.3 真理表
  • 前回、(P)、(Q) などの命題から (P land Q) などの命題を作ることができることを確認しました。今回は、それぞれの真偽の対応を考えてみます。真か偽か、T or F さて、(P land Q) という命題は、(P) であり、かつ、(Q) であるという意味でした。この命題の真偽を確かめてみましょう。準備として、TrueとFolthの頭文字から真、偽を (T , F) で表すことにします。(P) が真((T))で (Q) が真((T))の時だけ(P land Q) は真((T))( [続きを読む]
  • 1.8 需要・供給曲線のシフト
  • これまでの議論は、財の価格変動で需要がどう変化するか。を扱ってきた。ここで、そのほかの要因、代替財、補完財の価格消費者の所得消費者の好みの変化によって需要曲線がどう動くかをまとめておく。以下、財Aの需要曲線の動きを追う。また、この記事では以下、ある財Aに対して、代替財をB、補完財をCとする。1、代替財、補完財の価格変化需要曲線のシフトBの価格が増加または、Cの価格が減少すると、Aの需要は増加する [続きを読む]
  • 1.2 命題と論理記号
  • 命題の演算数学には数字の他に様々な記号が出てきました。演算(加減乗除)記号や正負の符号もその一部です。数字や記号を組み合わせて、新しい概念を表すものでした。例えば、「1つと1つを合わせたら2つです」という言葉を1+1=2を表したわけです。このように、命題も記号と組み合わせて新しい命題を作れます。今回は命題の演算記号についてまとめます。そこでまず、命題をP、Q,R・・・などの記号を使って表すことにし [続きを読む]
  • 1.1 命題
  • 命題って? 集合論を語る前に、ひとつ寄り道をしなければいけません。それが「命題」という概念です。命題、と聞くとなんだか難しいような気がします。冬は寒いリンゴは赤い15は3で割り切れるこれらのような、「真偽が定まる文」を命題と呼びます。と言われてもなんだかよくわかりませんね。では、下の文について考えてみます。服を着る服を着ている1と2では意味するものが全く違いますね。1は行動について説明されています。 [続きを読む]
  • 集合論の基礎ー目次ー
  • §0 はじめに0.1 はじめに§1 集合1.1  命題1.2  命題と論理記号1.3  真理表1.4  トートロジー1.5  ド・モルガン(de Morgan)の法則といくつかの定理1.6  集合と元1.7  集合同士の関係1.8  部分集合とド・モルガン(de Morgan)の定理1.9  任意と存在 (全称記号と存在記号)1.10  集合族1.11  集合族とド・モルガン(de Morgan)の定理§2 写像参考文献鎌田正良、「集合と位相」(現代数学ゼミナール8 [続きを読む]
  • はじめに
  •  数学を勉強するうえでまず勉強した方が良いと思ったもの、それが集合論です。数学の記号の使い方に慣れる、という意味でもやはり基礎として重要ではないかな、と思います。もちろん、記号なんか使わなくても数学は勉強できます。でも、記号を使えばとても便利なので。例えば高校までで習ったものに、自然数、整数、有理数、実数、複素数なんかがありました。それぞれの英語の頭文字を取って、下のような記号でしばしば表記されま [続きを読む]
  • 数学の勉強について
  •  趣味として、数学を勉強するのもいいかも、なんて思ってます。趣味で、なんて言うと、なめてんのか!なんてことを言われそうだけど。もともと数学科なんだけど、ほとんど単位をとるための勉強だったように思います。だから、ほとんど覚えていないんです。なんとももったいない話ですね。卒業を目前に控えたいま、遊びたい年頃でもなくなって、知識欲が増えてきているなぁ。なんて感じる今日この頃。今記事にしている類のテーマや [続きを読む]