黒猫一家 さん プロフィール

  •  
黒猫一家さん: ポーランドで黒猫一家
ハンドル名黒猫一家 さん
ブログタイトルポーランドで黒猫一家
ブログURLhttp://pagancat.blog.fc2.com/
サイト紹介文ポーランドのシェルターから黒猫を引き取りました。地道にエコ生活&薬草活用に挑戦中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/11/04 18:51

黒猫一家 さんのブログ記事

  • アイドルへの道 〜黒猫ぼうず編〜
  • ええ、しつこいようですが、夏の終わりに我が家を引っ掻き回してくれたあの黒猫ぼうずたち。その後シェルターで共同生活をおえて、とうとう猫カフェに引き取られたのですが、あら、本日の新聞にディミィが出てるじゃないですか。本日のGazeta wyborczaより11月の頭に開店したこちらのカフェ。別の用事で頻繁にこちらのオーナーさんと連絡を取っているのですが(写真の黒髪の女性がオーナーのゴーシャさん)、なんとこのぼうすた [続きを読む]
  • ビールの肴
  •  最近、おいしい魚屋さんを見つけて喜んでいる黒猫夫婦。そもそも、魚屋さんよりは肉屋さんが多く、さらにこういう小売専門店も年々姿を消しているポーランドのこのご時勢で、人伝に「あの店の魚の身はパサパサしてなくていいよ」という話を聞きまして・・・父に買い物に行ってもらっている今日この頃です。苦笑 いえ、母が行ってもいいのですが、町の中心部。さらに空いている駐車場を見つけるのがほぼ不可能に近い場所なので、 [続きを読む]
  • 本の見本市
  •  先週末は、近くで開催されていました「本の見本市」に出かけておりました。そもそも、本が売れないこの国で、、、というか本を読む人が少ないこの国でこの見本市の意味があるのか、という疑問がなくもないのですが、会場はすごい人! 毎年アンケートでは一年に一冊も本を読まなかったと告白?する人が半数ぐらいいるので、この人出にはなかなかおどろき。まぁ、全体数から見ると数は少なくても読む人はかなりの量を読むんだろう [続きを読む]
  • ノラさんの配給えさ
  •  先日、某ボラさんの家でノラさんにえさをあげている人たちのために町から配られるカリカリの量りわけ作業をしていました。 母が手伝っている団体が分配している人の数は15人だそうです。で、他にも数団体あって中にはもっとえさやりおばさん&おじさんを抱えている団体があるというからすごい。 さらにびっくりしたのは、団体同士でその情報を共有していないというので、数団体に登録している人もいるだろうな、という現状。( [続きを読む]
  • イベント用の猫クッキー
  •  昨日、近々行われる予定の猫関連イベントで、猫のクッキーを焼いてもらえないかと頼まれましたの。 誰かが勝手に(?)「黒猫母さんのウマイよ〜」と言ってくれたらしい。ええ、褒められてうれしいんだけど、イベントで焼いてくれって。。。失敗できないじゃん。 家族用ならそれこそ、「食べたら同じよ」「口に入れたらみな同じ」と、有無を言わさず片付けさせますが、一般の目に触れるならそうはいかない。 と、昨晩練習とし [続きを読む]
  • 週末のネコ研修
  •  ブログ更新が滞っております。というのも、週末は朝から9時から夜の18時近くまで「ネコの行動学・栄養・健康 〜上級者編〜」というインテンシブな研修に参加しておりましたの。もちろんスライド授業こちら二日間で配られた資料。半端なく多い・・・ 始まるのは9時きっかりなんだけど、駐車場を見つける余裕を持たせるために家を出るのは8時過ぎなので学生並みのスケジュールです。ああ、20年以上も前にこなした学生スケジュー [続きを読む]
  • 黒猫坊主の大移動
  •  夏の終わりに黒猫一家にいた坊主たち、猫カフェへと旅立ちました。ということで、本日は雨が降るなか朝から他のボラさんと坊主たちをケージにいれて車でゴー!この2匹に振り回された夏の終わり・・・ 黒猫一家の住む地域ではまだ猫カフェが一軒もありません。ここが第一号店になるのかな。まだ地下の改装が終わりきってないとのことですが、地上階は今週末から開店するということで坊主たちも他の猫たちに合流しました。 トラ [続きを読む]
  • わたしの薬草 あなたのヤク(草)
  •  一ヶ月ぐらい前でしょうか、庭に直植えの薬草を刈り取りまして、冷凍庫に直行したものあるのですが、乾燥させていたものもありました。これだけ空気が乾燥しているポーランドなのに、植物を乾ききらすのは結構時間がかかりましたわ。こちらが乾燥組みのセージ。 台所にはまだ鉢植えのセージがあるので料理には生を使いますが、ハーブティーとしては乾燥させたほうが使いやすい。 歯茎の腫れや炎症などにも効くので、歯の悪い母 [続きを読む]
  • ♪そうよわたしはさそり座の女♪
  •  この歌が口を付いて出てくるなんて、いったいあなたどれだけ古いんだ、と言われそうですが、はい、黒猫の母はさそり座の女でございます。だからかどうか知りませんが、蛇なんか好きですし、蜘蛛に至ってはあちらから好意を示されます。(父は「ハエのにおいでもするんじゃないか」と失礼なコメントをしていますが、そんなことはございませんのよ) ということで、母は先日誕生日でしたの。こちらが家族からもらったプレゼント。 [続きを読む]
  • お盆前のハロウィン
  •  たぶんポーランドは日本ほどハロウィンのデコレーションを見かけることがすくないかもしれません。というのも、11月1日と2日が、ある意味ポーランドのお盆に当たるので皆さん忙しい。 とくにお盆の準備をしなければならない墓守担当の家族は、、、そりゃ墓の掃除からいろいろ大変です。 さらにこのハロウィンが90年以降に入ってきた新しいイベントなので根付いていないんですね。ということで、お盆に確実に墓参りする人 [続きを読む]
  • 猫探しのプラハの秋 ②
  • 〜①から続いておりまして・・・〜 プラハではかわいいネコグッズをあちらこちらで見かけるのですが、こういうものは一目でビビビ!!!とこないと購入後に『これどうするよ・・・』ということになるので、数があってもなかなか決心がつかない母。←購入決心がひじょうにトロイのです・・・ でも、あら、かわいらしい黒猫さん発見。ん?!こちらは果物でできた黒猫さんよ。すごい技! よくよく見回してみると、なんでもチェコの [続きを読む]
  • 猫探しのプラハの秋 ①
  •  ここ数年、毎年秋になるとチェコのプラハに出かける黒猫一家の父と母。 父は半ばつき合わされている感がないわけでもないそうですが、母がプラハ好きなんだから仕方ない。 ということで、先週末に出かけてきましたプラハ。 毎回行くたびに思うことは、「は〜、なんてきれいな街なんでしょう」と「なんでこんなに観光客が多いんだ」の2点でしょうかね。一度静かに街中をゆっくり散策してみたい、と思いますが無理そうです。そ [続きを読む]
  • 縁故免除
  •  取締りが厳しくなった(らしい)ポーランドの道路。昔は飲酒運転で捕まっても減点でおしまいでしたが、今現在は確か免許剥奪です。 そのくらい厳しくて結構。 それでも飲んで運転する人がいるから、まぁ、みなさんギャンブラーよね。自分だけは捕まらないと思っているのでしょうか。 飲んだら乗るな、ということで黒猫父母も同じ町の友人宅で飲むのがわかっているときはタクシーで出かけ、別町の場合はじゃんけん、、、、じゃ [続きを読む]
  • 早寝早起きにやさしい?ポーランド
  •  黒猫の母は早寝早起きで有名です。(ん?そうか?) ソーシャル・ネットワーク上でも、21時前には切り上げるので、ボラさん仲間の間でも朝方人間として知られています。だって、そう宣言しておかないと、「ふくろうさん」タイプの人がいて、夜中の1時2時までネット上をさまよっている方がいらっしゃるらしいんですもの。汗 でも、母はカラ宣言じゃなくて、本当に太陽とともにおきて太陽が沈むとともに寝る・・・というのは大 [続きを読む]
  • 効いた13日の金曜日マジック
  •  ディミィ君をシェルターに戻してから、やっぱり気がかりだった黒猫一家の母。翌日のシェルター当番のボラさんが「ディミィ君、他の年長猫にパンチされている」と聞いて、『うぅぅぅむ・・・・』と悩んでいたところで、ボラ長から電話が。 土曜日に電話してくる人じゃないので、どうしたんだろうと思ったら、なんと黒猫坊主2匹セットで引き取り希望者が挙がったというじゃないですか。 それも、引き取り先はこの地域で(そろそ [続きを読む]
  • 13日の金曜日は黒猫プロモーション
  •  ガチなキリスト教国家のポーランドですので(?)、今年2回目の13日の金曜日はやっぱり黒猫のプロモーション。  黒猫さん、それなり人気がなくもないのですが、なんだろう、写真写りが悪い子はなかなか卒業しません。お見合い写真じゃないけれど、きれいに写真に写る猫さんたちはやっぱり家が見つかるのが早い。苦笑  人間も猫も、ある程度は(いや、かなりか)見た目勝負なのね、と猫のボラをしながら再確認。そういう意味 [続きを読む]
  •  つかの間の秋
  •  黄金の秋と謳われるポーランドですが、今年は紅葉を楽しむ時間がない。先週は毎日のように雨が降り続き、葉っぱは赤くなりきる前にどんどんぬれて落ちてしまいました。 今日は雨がほとんど降らず、ようやく少し気温も上がって(といっても15度ぐらい)窓の外の紅葉を楽しんでおりました。葉っぱの上や中にいる鳥、わかりますかね。実をつまみに、この時期は鳥が結構やってきます。時に50羽ぐらいドバっくると我が家のリリットさ [続きを読む]
  • ポーランド猫ニュース 〜行方不明〜
  •  ポーランド北部の町の道にある宣伝塔に、ちょっと変わった宣伝が流れました。 猫を探してます。ということなのですが、こういう宣伝をするのにだって結構いいお値段すると思うのですが、ここにはさらに、賞金として5,000ズロチ(日本円にして15万でしょうか)が提示されました。ポーランドの平均月収よりいいお値段です。Fot. Maciej Lipko (ネットから拝借) よっぽど血統書つきの猫なのかと思われていたのですが、猫は普通 [続きを読む]
  • この期に及んで庭の薬草摘みと黒猫坊主の別人(猫)化
  •  もう、10月も3分の1を過ぎそうなこの時期に及んで、まだ庭の薬草をほったらかしにしていたことに気がついた黒猫母。今年の秋は何だか忙しかったからなぁ、なんて言い訳するのは勝手だけど、そのまま駄目になったらもったいない。ということで、本日は急いでまだ残っている薬草を積み込んでおりました。 こちら、あの「異性の心と胃袋をわしづかみ」の薬草ルプチック。切り刻んで製氷皿に詰め込んでみる。コンソメのようなも [続きを読む]
  • 出戻り坊主
  •  週の頭に突然入った仕事。書き物の仕事は、自分で時間調節できますが本日午後の仕事は現場で、しかも炭鉱での仕事でしたので朝から時間との勝負。(あ、石炭を掘り出す仕事ではないですよ、念のため 汗) なぜなら、1週間前に黒猫坊主たちを病院に連れて行ったときに「1週間後、検査につれてらっしゃいね」と言われていたので午前中にこの2匹を病院に連れて行かなければならない。シェルターは常時人手が足りないので母が坊主 [続きを読む]
  • 掃除婦さんの恩返し
  •  先日のボラは、すごかった。 黒猫坊主たち、ただいま薬を服用中なのですが、なんせ後姿がそっくりな(前を向くと胸に白い毛があるので違うとわかるんですけどね)猫が坊主たち以外に2匹。その他に全体が黒めなのも数匹いるのでまずは「黒目」の猫たちが暖房のついている別室に入ったらひとまずドアを閉めます。そしてその中から選定するという、まぁ、サバイバルな投薬をしているのですがシュレディは基本すぐ捕まって?薬を飲 [続きを読む]
  • 日曜日、黒猫リリットとキリスト教について考える・・・
  •  キリスト教徒の多い(といわれている)ポーランド。確かにまだ教会に通う人の数は結構いますが、年々その数はかなりいい勢いで減少しているそうです。さらに、教会で結婚式を挙げる人も減少傾向だそうで、都会になると子供を洗礼させない若い親が増えているそうで教会としてはかなりの打撃でしょう。なにがって、、、日曜日のミサに人が来ない    → お布施?がはいらない          教会で結婚式を挙げない  → [続きを読む]
  • ポーランド猫ニュース 〜秋にちょっとほっこりするいい話〜
  •  季節がら、きのこ祭りが食卓で頻繁に開催されている黒猫一家。秋はやっぱりいいですね。食べ物がおいしい。先日は、とうとうかぼちゃを丸ごと利用する手法まで発見してしまいまして(かぼちゃの種とわたをミキサーにかけてケーキの種に流し込んでみました。立派なパンプキンケーキの出来上がりよ!)体重計をしまって食欲の秋を謳歌しています。その秋のツケ?は、冬にじっくり考えてみたいと思います。←いいのか、それで? さ [続きを読む]
  • ♪秋なのに〜
  •  なぜか朝から、柏原芳江の♪春なのに〜♪が脳みその中をグルグル回っております。 そして母は声に出して「♪秋なのに〜いそがしいですか〜」と、妙な替え歌を朝からやっております。汗 週末に地域イベントがありまして、そこにボラ団体の出展があるのでその下準備にただ今追われていますの。人前に出るのが苦手な母なので(ホラ、そこのあなた、鼻で笑わない!)裏側に徹することにしまして、昨日から準備がはじまっております [続きを読む]
  • 博物館でも「猫を探せ」
  •  先週の土曜日、なにか、こう綺麗なもの?を見たくて隣の町の博物館まで車を走らせました黒猫一家の母。(いや、見たかったのは母、走らせたのは父 苦笑) こちらが出かけてきたオポーレ・シロンスク 博物館。ネットより拝借(だからこんなに晴天ですが、土曜日は雨でございました) きれいなもの、芸術を見に行ったはずなのですが、目に付くのはどうしても猫。 街角でこんな黒ネコさんがいたら写真を撮らないわけにはいかな [続きを読む]