kotaro さん プロフィール

  •  
kotaroさん: 自由奔放な生活
ハンドル名kotaro さん
ブログタイトル自由奔放な生活
ブログURLhttp://jiyu-honpo.xyz/
サイト紹介文オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムで 1日1万円を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2016/11/05 23:43

kotaro さんのブログ記事

  • マンダラチャート
  • twitterにアップした、トレードで生きるためのマンダラチャートについてくわしく書きたいと思います。 いまメジャーで活躍している大谷選手を見習ってつくってみたんですけど、必要と思われる要件を書き出しているのでもちろん出来ていないことも入ってます! 項目が多いので、今日はまず左上の勝率についてです。 ■得意パターン これだけやっていれば間違いない!と分かっていてもなかなかそうは行かな相場の世界ですけど、やは [続きを読む]
  • プランB
  • わたしの好きなパターンです…ユーロ円の1時間足にみず色で引いた前週の終値あたりのプライス・アクションを見てみたいと思います。 ギャップのついた月曜日は、前週の終値もしくは今週の始値、いわゆる窓の上限と下限を使ったトレードをする機会は多いと思います。 分かりやすいので、5分足に拡大して見てみます。 1が前週の終値で、東京時間の2でサポレジが逆転し、3で再度ショートが入っています。 上の1時間足で見ると [続きを読む]
  • いいトレーダーとは…
  • 先日のtweetなんですけど、翻訳するスペースしかなかったので自分の思ってることも書いてみたいと思います。 faさん???@fanactal いいトレーダーとは… ☆未来を予測しません ☆つねにやり方を見直します ☆新しいトレードアイデアに耳を傾けます ☆柔軟な相場観を持ってます ☆気持ちよくロスカトします ☆他のトレーダーから学びます ☆トレードは白か黒ではないと知… https://t.co/oKRQiAAuiO2018年04月13日 10:56 ベスト・ [続きを読む]
  • FOMO
  • FOMOとは、SNSのチェックを怠ると置いていかれるような気がして不安になることを意味する”fear of missing out”の略語なんですけど、トレードにおいてもこの心理は負ける原因になるので、今日はそれについて書きたいと思います。 ではまず、ポンドドルの1時間足です。 前週の金曜日に高騰して強い日足の陽線をつくっています…ちなみに、白いキャンドルの背景の赤色や青色の四角は日足のキャンドルです。 急騰から続伸するとき [続きを読む]
  • ダマからのブレイク・アウト
  • 今日は勢いのつきやすいブレイク・アウトの一例です。 まずポンド円の15分足チャートを見てみます。 高値3のあとでいわゆる悪戯ブレイクが入ってますけど、戻り高値1のレートでアン・ドゥ・トロワとパーテーションをつくっています…2はビミョーにタッチしてませんが、ほとんど変わらないのでタッチしてると考えていいと思います。 注目したいのはマルをつけたあたりです…5分足で見てみます。 パーテーション直下できれい [続きを読む]
  • プロフィール変えました
  • アメブロとツイッターのプロフィールを変更しました。 変更前は「FXはキャピタル、株はインカムゲインが目的」と書いていたんですけど、正確ではないので「FXはデイトレ、株は週足レベルのスウィング・トレード」にしました。 もう少し詳しく書くとこんな意味です。 ■FXはデイトレ世界最大の市場でチャートのテクニカルがとても有効24時間マーケットで取引時間が長いギャップがつかないレバレッジが高いロット数の微調整がしや [続きを読む]
  • 天地無用
  • わたしたちは1ドルが何円なのか知りたいことが多いのでドル円チャートを見てますけど、1円が何ドルかを知りたい人たちは円ドルチャートを見ないと不便ですよね。 なので為替のチャートには、つねに上下さかさまのチャートが存在しています…こんな感じ。 ということは、ドル円のロングは円ドルのショートになるので、ロングやショートは相対的な考え方になります。 これに対して、株価チャートは天地無用なので、誰にとってもロ [続きを読む]
  • レンジ
  • レンジ相場のなかでエントリが増え、こまかいロスカットがかさんで損益が悪くなることってあると思います。 高値抜けからロングした途端に切らされ、次は安値抜けからショートした途端に切らされ、「誰かに見られてる?」と振り返りたくなるような展開ってこんなときだと思います…ホント、何度もイヤな思いをしました:) そのうえ、せっかく評価益が出ていたトレードも粘っていたら建値まで戻ってきちゃったりして踏んだり蹴った [続きを読む]
  • フィボナッチ・チャネルでチャートを斜めに見る
  • 今日のテーマは、フィボナッチ・チャネルでチャートを斜めに見るです。 サンプルはユーロドルの1時間足チャートです。 AとBを結んだショルダーラインに、Cの安値の3点でフィボナッチ・チャネルを引いています。 フィボナッチ・チャネルと言うくらいなので、デフォルトのパラメータは61.8や161.8になってるんですけど、わたし的にはスクショのように、100や200のキリのいい数字で引くのが好きです。 理由は、チャ [続きを読む]
  • フォースの覚醒
  • twitterでは何度もつぶやいているのに、ブログでは始めてのような気がします…すでにエピソード8『最後のジェダイ』まで公開されているのでどうでも良くなっていたのかも知れません。 サンプルは前回ブログ『左側でプレー』に使ったドル円1時間足チャートを使います…きれいなチャートというのはいろいろと含みが多いですね! フォースの覚醒というのは、トレンド転換のときに使う考え方で、まずチャート右上のように高値と安値 [続きを読む]
  • 左側でプレーする
  • トレードを始めた頃はトレンドがどちらに向かっているのか、さっぱり分かりませんでした…いや、そもそもレンジかトレンドかも分かっていなかったと思います。 ベストな方法かどうかは分かりませんが、トレードを始めた頃、ロングで行くのかショートで行くのかの基準にしていた考え方をご紹介します。 サンプルはドル円の1時間足です。 タイトルの左側でプレーするとうのは、レートが角度のついた移動平均の左側にいるときにトレ [続きを読む]
  • こんなカジノに行ってみたい
  • 日記 2018/2/19 IR(統合型リゾート)実施法案が国会に提出されていろいろ細かいことが書かれてるみたいですけど、わたしならこんなカジノに行きたいです。 1.千と千尋の世界に迷い込んだみたいな非日常な空間であること 2.日本らしい賭場”TOBA”の雰囲気があること 3.でもモダンでゴージャスなこと 4.食べ物が美味しいとか、かっこいい演出とかギャンブル以外の楽しみがあること 5.ドレスコードがあること。でき [続きを読む]
  • ロスカト・ラインの動かし方
  • 前回ブログでロスカットの話をしたので、今日はロスカット・ラインの動かし方について書きます。 どこでロスカットをするのかはエントリする前に決めるんですけど、キャンドルの終値で判断する裁量トレーダーのわたし的には注文してすぐロスカット注文を入れることが出来ません…いわゆる、ヒゲで刈られるのを回避するスタイルです。 例えば、下のユーロドル15分足チャートで見てみると、みずいろ矢印のあたりでショートしたとす [続きを読む]