kotaro さん プロフィール

  •  
kotaroさん: 自由奔放な生活
ハンドル名kotaro さん
ブログタイトル自由奔放な生活
ブログURLhttp://jiyu-honpo.xyz/
サイト紹介文オッズ☆リーダーで勝ち組になる競馬、独自で開発した自動売買のシステムで 1日1万円を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/11/05 23:43

kotaro さんのブログ記事

  • 英小売売上高で上昇
  • ポンドドル4時間足ですが、先ほどの英小売売上高で上昇してきましたね。  やはり上 ... Copyright © 2018 自由奔放な生活 All Rights Reserved.投稿 英小売売上高で上昇 は 自由奔放な生活 に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • ポンドドルの日足
  • 画像はポンドドルの日足ですが、私は今後は上昇が続くと見ています。 ブルーのような ... Copyright © 2018 自由奔放な生活 All Rights Reserved.投稿 ポンドドルの日足 は 自由奔放な生活 に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 大井競馬
  • 大井10R久々の休みです。ワイド 7−2:3:9 大井11R 馬連5−6:14:13:10:8 大井12R ワイド 7−6:1:8:13Copyright © 2018 自由奔放な生活 All Rights Reserved.投稿 大井競馬 は 自由奔放な生活 に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • パターンラインを引くとき
  • フラグなどフォーメーションの輪郭に斜めのパターンラインを引くときに考えていることです。 言葉で説明すると… ①テキトーな角度で、②できるだけたくさんの点にタッチし、③再現性のある引き方をすること!になります。 個別に見てみます。 ①テキトーな角度 あまり急な角度のラインはエントリに使いにくいので、今日は考えないことにします。 ②できるだけたくさんの点にタッチ 3点以上タッチしていることがエントリに使え [続きを読む]
  • 最初につかんだコツ
  • 前回ブログに書いたんですけど、トレード成績をコンスタントにプラスにしていくためには、まず何かひとつコツをつかむ必要があると思うんです。 最初の得意パターンと言ってもいいかもしれません。 わたしの場合、それは株のスイング・トレードをしているときに降ってきました。 スクショは2012年末ころからのトヨタ(7203)の日足チャートなんですけど、いまもよく使う”移動平均に反発しながら高値を抜き返していくところ” [続きを読む]
  • 上手くなるためにやったこと
  • トレードが上手くなるために効果的だと思っていることを、大切な順に書いてみたいと思います。 ダイエット方法と同じで何がいいのかは人によって違うと思うので、ふーんというスタンスでお読みいただければハッピーです。 ■実戦 実戦経験を重ねることが一番効果的だと思ってます。 ”場慣れ”と言い換えてもいいです。 きっとお金がかかっていて意識が高いから、早回しのテスターや過去チャートの検証、出血しないデモ・トレード [続きを読む]
  • マルチタイムフレームで負けトレードを減らす
  • 為替トレードを始めたころ、マルチタイムフレーム(MTF)の考え方がよく分かりませんでした。 1時間足で流れを見て、5分足で仕掛けるって何ですか?的な。 だから慣れないとMTFはちょとややこしいと思いますけど、今日はMTF的にチャートを見て、”しない方が良さそうなトレード”について書きます。 最初にポンドドルの5分足チャートです…キャンドルの背景の赤や青の四角は1時間足のキャンドルになります。 みずいろ矢印のキ [続きを読む]
  • 月曜日は嫌いですか?
  • 風薫る5月になりました。 年単位で見ると6月から8月は軟調な相場展開になりやすい時期と言われています。 そこで言われ始めた有名な相場格言が… Sell in May, and go away. Don’t come back until St. Leger day. 5月に持ち株を整理して相場を離れなさい。そして、セントレジャーの日(9月第2土曜日)まで帰ってくるな。 確かに軟調な時期はリスク・リワードが悪くなりがちなので、過去この期間にパフォーマンスがよくな [続きを読む]
  • 指標発表や重要イベントのとき
  • 今日のテーマは、雇用統計などの指標発表や各国中銀の金利政策などの重要イベントのときの対処法です。 これらのイベントではレートが大きく動くことがよくあります。 ボラティリティが高かった2016年ころの雇用統計やFOMCのときは、直前レートの上下両方に指値をそれぞれ入れておいて、どちらに振れても初動が取れるようにしていたトレーダーさんもたくさんいらっしゃったと記憶しています。 わたしはその頃から初動を狙らわ [続きを読む]
  • 先週の反省
  • 月曜日の前に前週の反省をしておきます。 ユロルの1時間足チャートです。 青い矢印からショート、赤い矢印でエグジットしてます…エントリはフツーなんですけど、ずいぶん早い利益確定になってしまいました。 利益確定は、結果からすると早すぎることや遅すぎることはよくあるので、いちいち悔やんでいても仕方ないこともあります。 ただ、ここでの問題はきいろ丸印の下ヒゲを3本つけているインバース・ヘッド&ショルダーをぼ [続きを読む]
  • トレードメンタル
  • 今日はメンタルについて思っていることを書きます。 利確目途に達する前に評価益が目減りしてきたから利確してしまった、いけると思ったけどまた負ける気がしてマウスを できなかった…こんな経験って誰にでもあると思います。 仮に明確なトレードルールがあったとしても、心の声が邪魔をしてその通りに実行できなかったりするからトレードは難しいですよね。 なので、自分のしたいトレードするには、裏づけという名の自信 [続きを読む]
  • マンダラチャート2
  • 昨日につづいて”トレードと生きる”マンダラチャートについてです。 今日は真ん中上の”リスクリワード”について書きます…言い換えると、勝ちトレードの利益を増やし、負けトレードの損失を減らすために考えていることになります。 ■第3波 わたしは熱心に波の数を数えるタイプではないんですけど、初動(第1波)で節目を抜いてもらって押しや戻り(第2波)が入ったあとにエントリするのが好きです。フォロースルーを取ると [続きを読む]
  • マンダラチャート
  • twitterにアップした、トレードで生きるためのマンダラチャートについてくわしく書きたいと思います。 いまメジャーで活躍している大谷選手を見習ってつくってみたんですけど、必要と思われる要件を書き出しているのでもちろん出来ていないことも入ってます! 項目が多いので、今日はまず左上の勝率についてです。 ■得意パターン これだけやっていれば間違いない!と分かっていてもなかなかそうは行かな相場の世界ですけど、やは [続きを読む]
  • プランB
  • わたしの好きなパターンです…ユーロ円の1時間足にみず色で引いた前週の終値あたりのプライス・アクションを見てみたいと思います。 ギャップのついた月曜日は、前週の終値もしくは今週の始値、いわゆる窓の上限と下限を使ったトレードをする機会は多いと思います。 分かりやすいので、5分足に拡大して見てみます。 1が前週の終値で、東京時間の2でサポレジが逆転し、3で再度ショートが入っています。 上の1時間足で見ると [続きを読む]