TAKESHI HATTORI さん プロフィール

  •  
TAKESHI HATTORIさん: I'll just do it
ハンドル名TAKESHI HATTORI さん
ブログタイトルI'll just do it
ブログURLhttp://www.takeshihattori.club/
サイト紹介文節操のないブログです 主にはオフグリッド、糖質制限、商品レビューです たまにオピニオンもします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供385回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2016/11/06 15:30

TAKESHI HATTORI さんのブログ記事

  • 6/9 電話番号とSMS 利用して ETH 送る Eth2Phone
  • 国内通貨の価値なくなり送金が時代遅れを想像している[:contents]相場暗号通貨4時間、12時間、日足が水平に近い通りどっちつかずのジリ相場BTC/JPY4時間足が急角度で下向くも、やっと移動平均線を下抜いたの割にMACD乖離つまりトレンド変換はやそう上場注目コイン前日と大差ない時価総額3400億ドルBNB4時間足上向いた迷ったらBNBロングが効率的な状況ポートフォリオここ数日の相場通り日 [続きを読む]
  • 6/7 Changpeng Zhao はSteve Jobs 的存在
  • お金と数字を増やさない時代へ突入[:contents]相場暗号通貨日足上向いてあとはどこで売り叩かれるかが焦点BTC/JPY前回はこんな状態からドンっと長い足つけて、一気に4時間足下向いたそれからすぐに上向いたが、今回ははたして?どれかの足が移動平均線付近にあると、動きが不安定になるのは相場の特徴注目上場コイン前日比から100億ドル上がった時価総額3500億ドルTrade tokenは1月の相場へ戻してい [続きを読む]
  • 6/5 技術投資ファンドが世界的に 
  • 仮想通貨で金余りになり技術に投資できる世界へ[:contents]相場暗号通貨4時間足は下抜くも上位足が水平のジリっぽい相場BTC/JPY日足MACD抜け、12時間足移動平均線上抜け、4時間足移動平均線下抜けの前回はここからジワジワと移動平均線の乖離詰めて上昇した今回ははたして?お気に入り銘柄主要暗号通貨下がっても前日と差がない時価総額3300億ドルHTが上昇ファンド作っている取引所はチェック必要 [続きを読む]
  • 5/29 暗号通貨51%攻撃コスト対策は、PoWのBTCとETHが圧倒的
  • kougoulk[:contents]相場暗号通貨4時間足MACDが下向いて上向きかける意思が定まらない不安定な状態BTC/JPY12時間足MACDは乖離そのままも、日足移動平均線角度が急になった原資あるのでロングタイミングを待っているお気に入り銘柄これでも前日比200億ドル下げただけの時価総額3100億ドルドルも下がっているから、国内通貨を出口と考えている人には大きく下がっているポートフォリオ利確に一番時間 [続きを読む]
  • 5/25 UpBitセルフゴックスから暗号管理を学ぶ 
  • 分散型になるとセルフゴックスは自己責任[:contents]相場暗号通貨主要コインは4時間足MACD上抜いて上位足との相場の意志が定まらず、ぐちゃぐちゃした状態BTC/JPYどう見てもポジション取りにくい状態日足まで見れば売りたくもないし買いたくもないお気に入り銘柄前日比100億ドル増の時価総額3300億ドル下げ相場で時価総額あげアルトコイン戻しているので、調べて見ると上位アルトコインはBTCと連 [続きを読む]
  • 5/22 Vitalik Buterin aとGIen Weyl の分散型方向性の結論
  • 既得権益の中央集権調べるシステムを創る[:contents]相場暗号通貨移動平均線の4時間足は下向いて、MACDはデッドクロスした状態BTC/JPY4時間は下げる、12時間は移動平均線に近づく、日足はMACD乖離せまくなるわかりにくい下げ相場ポジションはとれませんお気に入り銘柄前日比100億ドルもかわらない時価総額も4時間足下向けばレッドが目立つAURAの爆上げ要因はググっても理解不能ポートフォリオ [続きを読む]
  • 5/19 暗号通貨は技術で証明する世界な一方 
  • 頭部移植の技術は世界を凌駕する[:contents]相場暗号通貨今回の下げ相場は下げ幅が低い日足MACDにトレンド変換でれば底になるタイミングが近そうBTC/JPY4時間は移動平均線に近づき、12時間はMACD上抜いた状況あとは日足のトレンド変換でロングが利確のショートどちらかお気に入り銘柄前日と大差ない時価総額3700億ドル下げ相場でBTC下げている一方、取引所関連のコインあげているのが特徴BTCに影響 [続きを読む]