珍魚・駄魚ハンター さん プロフィール

  •  
珍魚・駄魚ハンターさん: 定年親父の魚三昧・私魚人(あいうおんちゅ)
ハンドル名珍魚・駄魚ハンター さん
ブログタイトル定年親父の魚三昧・私魚人(あいうおんちゅ)
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/rhinogobius7591
サイト紹介文タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ! 180cmのべ竿片手に、はたして何種の魚をゲットできるのか!
自由文「淡水」という閉ざされた世界でしか生きられない生き物たちが大好きだ。
 陸地を歩き、空を飛び、海を泳いで移動できない彼らは、名も知られぬまま雑魚と呼ばれ、滅びかけていたりもする。
 できるだけ生態系と私の足腰に負担のない「タナゴ釣り仕掛け」で釣れた生き物たちを紹介していきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/11/07 07:37

珍魚・駄魚ハンター さんのブログ記事

  • 渋柿を干した日
  • 2018年11月14日(水)久しぶりにリアルタイムな話を。一昨日、敬愛する師匠から「渋柿採っといたからね。取りにおいで」 とのメール。「喜んでっ!」 とお伺いする。会うと、師匠おかんむり。「誰も欲しいって言わんのんよ。もらっても面倒なので他の人にあげるなんて言うし」「そりゃあ、失礼ですよね。何なら全部私がもらいます!」「もうあげてしもうた。そうすりゃよかったわあ! 大体100個あるからね」師匠の柿 [続きを読む]
  • ウグイ降海型?(釣査203種目)
  • 2018年11月14日(水)ウグイ降海型なのかな? そうなら203種目なんだケド・・・先日、友に「シンジコハゼが見たいんじゃ!」とゴネて案内してもらった。宍道湖周辺をウロウロし、夕暮れを迎えた宍道湖のほとりの小河川で夕ご飯の片付けか洗濯か?急に泡が増えてきた堰の下で釣った幼魚なのである。ウグイには一生を淡水域で過ごす淡水型と海や汽水域へと下り、春に産卵のために川をさかのぼる降海型がいる。今回釣った [続きを読む]
  • 「釣魚1400種図鑑」の序文はいいぞっ!
  • 2018年11月13日(火)「クロメジナでいいのかなあ?」と書いて3日たった。「いえ、あれはメジナの子です。メジナの変異は多様ですよ」とか「ちょっと画像がはっきりしてなくて怪しいんじゃないですか?」とかいったコメントもなく・・・となれば、正しかったのか? 間違えてても相手にされとらんのか? のどっちかなのだがま、釣ったのはクロメジナということで。さて、最近立て続けにアッチコッチに所用で出かけたりた [続きを読む]
  • クロメジナ(釣査202種目?)ですか? : 島根紀行後日談②
  • 2018年11月10日(土)クロメジナ(尾長グレ)でいいのかなあ?島根紀行2日目(10月25日)「少しなんか違うっぽいメジナ釣ったよ」 と、外海側で釣ってたかみさんが言うのでしぶしぶ写真だけは撮っておいたんだケド・・・メジナとの違いは尾柄の長さや尾ビレの形より、ウロコの細かさ。背ビレに並んだ堅い棘の中央部から側線までの横列鱗数がおおよそクロメジナは10〜11枚、メジナは7枚と、図鑑に書いてる。だか [続きを読む]
  • アゴハゼ(釣査201種目)ぢゃった・・・ : 島根紀行後日談
  • 2018年11月9日(金)釣り旅をした後は、写真の整理。あくまで遊びとして楽しんでるので数多く釣る訳でもなく、生体や標本を持ち帰る訳もない。写真が記録のすべてなのだが・・・・・・「わっちゃ〜っ! アゴハゼやんけっ!」お恥ずかしい話だが、島根紀行3日目(10月26日)に磯だまりで釣ってた。釣ったアゴハゼさえもしばらくアゴをはずしたくらいお恥ずかしい。てっきりドロメと信じ切ってたのである。前日の磯だま [続きを読む]
  • 加賀潜戸遊覧に圧倒さる!: 復興周遊割 島根紀行⑪
  • 2018年11月8日(木)復興周遊割を使った島根紀行3日目(10月26日)もいよいよフィナーレ!加賀の潜戸観光遊覧船(1時間に1本)に乗った。乗ったのは私ら2人だけ、貸し切り状態だ。乗船してる約50分は、船のオーナーみたいなもんだが・・・何か申し訳ない。ガイドさんの説明も丁寧。桂島に残る江戸時代の船着き場の石組みと船止めの杭。お城のような当時の支配者の建築物なんてのに興味はトンと湧かないが庶民の生 [続きを読む]
  • アカハタ(釣査198種目)を揚げた! : 復興周遊割 島根紀行⑧
  • 2018年11月3日(土)復興周遊割を使った島根紀行3日目(10月26日)の続きアカハタ幼魚を釣り揚げたのである。波止で知り合った週に4度は釣りに来てるというオッチャンのアドバイスでこんな歩道橋をテクテク歩いて小さな島へと渡った。畳1畳ほどのカワイイ磯だまりで110cmタナゴ竿を出してみる。ちっちゃいメジナが次々釣れる。まるで用水路でヤリタナゴを釣ってる気分だ。カサゴも岩陰から食いついてきた。「キミ [続きを読む]
  • カゴカキダイ紛争勃発! : 復興周遊割 島根紀行⑥
  • 2018年11月1日(木)復興周遊割での島根紀行2日目(10月25日)宍道湖畔の周遊ドライブの後、宿の人に教えてもらった日本海の古い漁港へ。長い波止もある。砂浜も、磯もある。完璧じゃん!何か初物出てくるかもしれんもんな。マアジを釣ってケースで撮影。ホシササノハベラも。大きなイソギンポも釣れた。波止の先端から小さな磯へ向け竿を出す。ここらあたりから顔なじみが次々釣れて、撮影が間に合わなくなってしまう [続きを読む]
  • 宍道湖畔のアチコチで・・・ : 復興周遊割 島根紀行⑤
  • 2108年10月31日(水)もう10月も終わるというのに、アヂアヂ台湾お魚旅の話も5日目で止まったまま・・・ま、寒くて釣りに行く気がなくなる頃までネタのストックにしておこうかね。冬ごもりに備えて動物たちも今せっせと蓄えているんだもんな。ということで、復興周遊割での島根紀行2日目(10月25日)この日は、まず宍道湖畔の周遊ドライブ。何といっても景色がいいもん。こういう風景を見てるだけでもう十分満たさ [続きを読む]
  • 想定外のオキエソ(釣査195種目)! : 復興周遊割 島根紀行③
  • 2018年10月29日(月)復興周遊割での島根紀行1日目(10月24日)の続き。予想だにしなかったオキエソ(体長12cmほど)が釣れた!「みんな十分楽しみました。 帰るので余ってるまき餌をもらってくれませんか?」 と、隣で釣ってた作業所サポーターの若者たち。「もちろんいいですよ。ありがとうございます。ちゃんときれいにしときます」と、いうことでバケツに半分くらいのアミエサとオキアミをもらった。とはいえ [続きを読む]
  • イシダイ幼魚(釣査193種目)を2匹! : 復興周遊割島根紀行①
  • 2018年10月27日(土)西日本豪雨災害以降、観光客がなかなか戻らないという。その施策として10月からさらに利便性を高めた「新復興周遊割」が実施されている。そいつを使って24〜26日(2泊3日)の島根旅行に出かけた。ホテルには国から補助金が出るし、安くのんびり旅ができるし、安くなった分お金を使えば地域も潤うしね。10月24日こんな観光施設横の岸壁とその奥の漁港へ。岸壁では数名の若い方々がサビキ釣 [続きを読む]
  • 海外で釣った魚たち
  • 2018年10月24日(水)これまで、台湾・中国・タイの3か国でタナゴ竿釣りをしてきた。今のところ、台湾で25種類、中国で8種類、タイで24種類、計57種類。それらの魚をまとめておくことに。これから種類がもっと増えていけばいいなあ! [続きを読む]
  • 台湾風牡蠣おこを食らう: アヂアヂ台湾お魚旅?
  • 2018年10月23日(火)台湾5日目(8月3日)コンビニで季節限定スイカ牛乳を一気に飲んで台湾中部の高原へ向かってハイウェイをひた走る。私と友は、これまで幾度となくともに旅をしてきた。そして、毎回のように宿を見つけられず、彷徨ってきた。日が暮れる前に辿りつかなければ・・・と、助手席の若がスマホで簡単に案内してくれとるやんけ。ほぼ楽勝で宿に着く。おっ! 南国らしいハデな蛾をみっけ!駐車場の空き地に [続きを読む]
  • 若 かっぱ あの頃・・・: アヂアヂ台湾お魚旅?
  • 2018年10月22日(月)台湾5日目(8月3日)「タイワンギギやアカザ、見に行きませんか?」 若の甘い誘惑。「行きたい!行きたい!」この日3ポイント目は、若の案内で山深い水量の多い渓流へ。「この水量と流幅では太刀打ちできんな」 と、軟弱者の私は浅瀬を渡り、釣りをいそしむ。橋げたのタマリで、お馴染みのスイシャハゼを釣った。立派なオスだ。澄んだ水底に大きなシマドジョウが見え隠れしてるのを狙ったつもり [続きを読む]
  • ケフサイソガニ(釣査192種目)を身代わりに 3年目突入 !
  • 2018年10月18日(木)このブログも本日、3年目に突入!読んでくださる方にとっては「そんなこと、私らには関係あらしまへん」と思われるのは至極当然のことだけど書いてる側にはそれなりの思い入れもあるのよね。記念に初物の「ショウキハゼ」を釣りに行くことにした。(この頃何度もしつこく挑んでる)ショウキハゼだけに「正気の沙汰」で、勝機を手にしようと思うのである。浅い場所で育った幼魚もそろそろ深みへと移動 [続きを読む]
  • ミケとアジです! :ちょぴっとうさ晴らし
  • 2018年10月17日(水)午前中、家で画像の整理。さすがにやる気も失せてきた。ということで、ついイラストを・・・タイトル 『ミケとアジです』昨日、こんな波止場を見ちゃったしなあ。命を粗雑に扱う現場を見た後は・・・箸休めならぬ「マウス休め」して、お茶もにごしてうさ晴らし。おあとがよろしいようで・・・ [続きを読む]
  • 悩殺の飛び道具: アヂアヂ台湾お魚旅?
  • 2018年10月16日(火)台湾5日目(8月3日)この日2ポイント目は、昨日私たちが偶然立ち寄った細流に再チャレンジすることに。たまたまだが、若が案内してくれたポイントのすぐ近くだった。ここなら若が見たがってた婚姻色の出たタイワンオイカワが見られるかもしれない。新たに付け加えることだけにはしょる。タイワンハナマガリを釣った。(昨日ここで釣りをしてたオジサンからもらってた練り餌を使用)ガサ組は、特に [続きを読む]
  • 秋桜やビッフェよりも・・・記念日にはキチヌが似合う
  • 2018年10月15日(月)午前中、のんびり外国で釣った魚たちの写真整理をしていたら・・・「あんた、今日何の日か知っとる?」「・・・・・・あ〜っ! 結婚した日じゃん!・・・どこでも行くで」何年目になるのかもよくわからないが、何か区切りがいい年らしい。まず、道の駅の秋桜畑を愛でに出かけた。「うわあっ! きれいじゃねえ」通路沿いには、赤・ピンク・白以外にも二色系も・・・「きれいじゃけど・・・見とるだけ [続きを読む]
  • 水の生き物観察会と西日本豪雨の爪痕
  • 2018年10月14日(日)9月30日(日)に 予定されていた「水辺の生き物観察会」が台風で中止になった。私の参加する会は軟弱者ばかりなので延期せず中止。過去10数年の記録の中で2018年は空白になってしまうね。 そこで先日のこと、友に誘われ、中止にせず延期した強者たちが集まる会の観察会にお邪魔させてもらった。ほぼ近いポイントで調査を行うのである。西日本豪雨の被害はいまだにアチコチの導線を分断し、放 [続きを読む]