沖 真一 さん プロフィール

  •  
沖 真一さん: 神戸で交通安全を願う社労士のブログ
ハンドル名沖 真一 さん
ブログタイトル神戸で交通安全を願う社労士のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kobe-drivers-support/
サイト紹介文交通ルールなど、安全運転に関する情報を配信しています。
自由文元教習指導員・技能検定員の社会保険労務士です。
ペーパードライバー向けの出張教習をはじめ、企業様やその従業員様に対して、交通安全指導を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/11/07 15:52

沖 真一 さんのブログ記事

  • 兵庫県『平成30年度 夏の交通事故防止運動』
  • 兵庫県では、平成 30 年7月 15 日(日)から7月 24 日(火)までの 10 日間 夏の交通事故防止運動 が実施されます。 スローガンやさしさと 笑顔で走る 兵庫の道 推進テーマみんなでつくる 通学路の交通安全思いやる 気持ちで守る 高齢者 運動重点①子供と高齢者の交通安全②自転車の交通安全③飲酒運転の根絶④全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 夏の交通安全運動は、都道府県ごとに実施 [続きを読む]
  • 大型貨物自動車等通行止め 規制標識④
  • この標識は大型貨物自動車等通行止め 大型貨物自動車特定中型貨物自動車大型特殊自動車 は、通行してはいけません。 特定中型貨物自動車とは 車両総重量8,000kg以上、最大積載量5,000kg以上の貨物自動車をいいます。 貨物のイラストですが、大型特殊自動車も通行できないことに注意が必要です。 関連記事:『特定中型自動車・特定準中型自動車とは』 ウェブサイトはこちらを ↓↓↓ ブログはこちらをクリッ [続きを読む]
  • 自転車の通行方法 正しいのはどっち?
  • 自転車の通行方法として、正しいのはどちらですか? ①左折レーンから直進 ②直進レーンから直進 自転車は速度が遅いので、最も左側の車両通行帯を通行しなければなりません。(道路交通法 第20条第1項)(道路交通法施行令 第9条) では、最も左側の車両通行帯が左折レーンだった場合は、どうなるのでしょうか? 車は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分 [続きを読む]
  • 勘違いによる信号無視
  • この動画は、本来従うべき信号の灯火が見えない位置で停止し、勘違いして1つ先の信号を見て青だと勘違いし、再発進して対向右折車と危険な状態となった事例です。 線路など高架橋下では交差点が連続し、異なる信号表示がされる場合があります。 これは、右折車が停滞するのを防ぐため。 動画のような危険を回避するため、このような交差点では『ルーバー付き信号機』が設置されるのですが、ここはまだのようです。 ルーバー [続きを読む]
  • ドラレコ買い換えました コムテックHDR-352GHP
  • 以前から 『買い替えるならコムテック』 と決めていたドライブレコーダー。 なぜなら、交通事故鑑定のエキスパートである法科学解析研究所 石橋宏典先生がブログで紹介されていたから。 参考記事:『鑑定人が教えるドラレコ選び1 ズバリこれを買え! コムテックHDR−251GH』        『鑑定人が教えるドラレコ選び2 コムテックHDR−251GH』 紹介されている型番とは異なりますが、 ハニカム構造で耐 [続きを読む]
  • 他車が駐車しようとしている駐車枠へ割り込まない 運転マナー⑩
  • 先日、とある家電量販店の駐車場で、駐車枠の取り合いによるトラブルを目のあたりにしました。 A車がバックで駐車しようと後退前の位置どりをしたところ、B車が前進でその枠に駐車して横取りしたのです。 それに気づくのが遅れたA車はバックし始めたので、接触事故にもなりかねない事案でした。 A車から運転手が降りてきて、B車の運転手に怒鳴りつけて怒りをあらわにしていましたが、B車の運転手は高齢者で「何が悪いの [続きを読む]
  • 特定中型自動車・特定準中型自動車とは
  • 『特定中型自動車ってなに?』と、時々聞かれることがあります。 今日は、あまり馴染みのない『特定中型自動車』と『特定準中型自動車』について、お話しいたします。 今から11年前の2007年6月1日以前に普通免許を取得された方は、車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満、乗車定員10人以下の自動車の運転が可能でした。 これが2007年6月2日の法改正により中型免許が新設されたため、上記の方は 『中型車は中型車(8t)に [続きを読む]
  • 仮運転免許での練習② 同乗者の条件
  • 仮運転免許で運転するときは、助手席に ①その種類の自動車を運転することができる第一種免許を受けている者(免許の効力が停止されている者を除く。)で、当該免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して3年以上のもの ②その種類の自動車を運転することができる第二種免許を受けている者(免許の効力が停止されている者を除く。) ③教習所の技能教習に従事する教習指導員(運転免許の効力 [続きを読む]
  • 平成30年都道府県別交通事故死者数累計5月末現在
  • 平成30年5月31日現在の都道府県別交通事故死者数は、全国で1,368人。 前年比マイナス31人で減少傾向にあります。 5月中の交通事故死者数は253人。 前年比マイナス29人。 先月は大きく増加してしまいましたが、今月は減少できました。 交通事故死者数が0人だった都道府県は、 高知県 大分県 です。 特に交通事故死者数が多かった都道府県は 千葉県  15人 愛知県  15人 兵庫県  11人 福岡県  11人 です。 お住いの都道 [続きを読む]
  • 二輪の自動車以外の自動車通行止め 規制標識③
  • この標識は 二輪の自動車以外の自動車通行止め 運転免許取得時の学科問題では この標識は、自動車通行止めである と、引っ掛けてくる問題は有名です。 四輪車のイラストだけなので、二輪車(大型自動二輪・普通自動二輪)は、通行できます。 道路交通法でいう自動車には二輪車を含みますので、「二輪の自動車以外の」となるわけです。 よく『原付は?』と質問されますが、そもそも原付は「自動車に含まれない」ため、軽車両 [続きを読む]
  • 優先道路へ出たらしっかり加速 運転マナー⑨
  • 優先道路へ出るときは、優先道路を走行する車を減速させないよう、しっかり加速しなければなりません。 特に車両通行帯が2車線以上ある道路は、制限速度も速いのでしっかり加速しないとすぐ追いつかれてしまいます。 無理に優先道路に出てきたと思ったらノロノロ加速する車に、イラっとしたことがある人も多いのでは。 優先道路へ出るときは、交差する道路を通行する車や路面電車の進行を妨げてはいけません。(道路交通法 第 [続きを読む]
  • 仮運転免許での練習① 仮免許練習標識
  • 仮運転免許には、自動車の種類に応じて大型中型準中型普通の4種類あります。 仮運転免許で運転練習するときは、仮免許練習標識を付けて運転しなければなりません。(道路交通法 第87条第3項) 練習の際は、車の前と後ろの地上0.4メートル以上1.2メートル以下の見やすい位置に表示することになっています。(道路交通法施行規則 第15条の3) ときどき自前の仮免許練習標識を付けてご家族と練習されている車を見かけますが、 [続きを読む]
  • 平成30年都道府県別交通事故死者数累計4月末現在
  • 平成30年4月30日現在の都道府県別交通事故死者数は、全国で1,115人。 前年比マイナス2人で減少傾向にあります。 4月中の交通事故死者数は270人。 前年比プラス26人。 大きく増加しており、交通事故死者数が0人だった都道府県は、ありませんでした。 特に交通事故死者数が多かった都道府県は 愛知県  20人埼玉県  16人兵庫県  16人福岡県  15人静岡県  13人 です。 お住いの都道府県をチェックして、更なる安全運転 [続きを読む]
  • 車両通行止め 規制標識②
  • この標識は『車両通行止め』。 車は、通行してはいけません。 道路交通法でいう「車」とは、原動機付自転車や軽車両も含みますので、自転車も通行することはできません。 駅前ロータリーの入口などで路線バス以外の車を進入させないように設置され、この場合、補助標識で『路線バスを除く』と示されます。 『通行止め』との違いとして、歩行者は制限されません。 参考記事:『通行止め 規制標識①』 ウェブサイト [続きを読む]
  • 大阪市生野区 重機5人死傷事故 てんかんの可能性
  • 事故当時、防犯カメラの映像から 『てんかんや再発性の失神等、持病を隠している可能性が高い』 と書かせていただきましたが、どうもそのようです。 関連記事:『大阪市生野区 重機5人死傷事故 重機は低速で歩道に』 罪を軽くするために『アクセルとブレーキを踏み間違えた』と嘘をついているようですが、真実は1つ。 防犯カメラの映像がなければ、真実にたどり着くことは困難だったのかも知れません。 今後の捜査では正直に罪 [続きを読む]
  • 国土交通省 睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化
  • 国土交通省は、バス・タクシー・トラック事業について、運転者の睡眠不足による事故の防止を一層推進するため、睡眠不足の乗務員を乗務させてはならないこと等を明確化し、点呼簿の記録事項として睡眠不足の状況を追加すると発表しました。 旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正し、平成30年4月20日に公布、平成30年6月1日より施行されます。 <改正の概要>・事業者が乗務員を乗務させてはな [続きを読む]
  • 神戸 タクシーとトレーラー事故 乗客の男性死亡
  • 5月14日15時前、摩耶大橋西側にあたる神戸市中央区小野浜町の市道で、客1人を乗せたタクシーと大型トレーラーが正面衝突し、後部座席に座っていた43歳の男性客が頭を強く打って死亡する事故がありました。 トレーラーの運転手の44歳の男性も、胸部打撲などの軽傷を負っています。 タクシーを運転していたのは、80歳の男性。 警察は、現場の状況からタクシーがセンターラインから対向車線にはみ出して、トレーラーと衝突したとみ [続きを読む]
  • 強引に優先道路へ出ない 運転マナー⑧
  • 優先道路へ出るときは、徐行するとともに、交差する道路を通行する車や路面電車の進行を妨げてはいけません。(道路交通法 第36条第2項・第3項) 進行妨害とは、優先道路を走行する車の速度や方向を急に変更させるような行為をいいます。(道路交通法 第2条第1項・第22号) よって、優先道路を走行する車の速度やその車との距離、自車の速度を考えて発進の判断をしなければならないのです。 強引な優先道路への進入は、追 [続きを読む]
  • 警察庁 交通事故死者数1,000人超について
  • 警察庁によると、4月18日(水)に今年の交通事故死亡者数の年累計が1,000人超となったことが発表されました。 これは、年間交通事故死亡者数が最も多かった昭和45年(1970年)以降で最も遅い結果です。 昭和45年は、16,765人の方が交通事故で亡くなられており、1,000人に達したのは1月25日。 現在の約4倍のペースで交通死亡事故が発生していたことになります。 交通死亡事故はかなり減少してきていますが、まだ毎月300人 [続きを読む]
  • 通行止め 規制標識①
  • この標識は『通行止め』。 すべての交通は、通行してはいけません。 すべてなので、歩行者や路面電車も通行できません。 沿岸の道路や橋が、台風などで通行止めとなる場合などに設置されます。 ウェブサイトはこちらを ↓↓↓ ブログはこちらを ↓↓↓ [続きを読む]
  • 警察庁 春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況
  • 4月6日(金)から4月15日(日)までの10日間実施された春の交通安全運動期間中の交通事故発生状況が公表されました。 期間中の交通事故による死者数は84人で、前年同期(平成29年4月6日(木)から15日(土))と比べ10人増加(+13.5%)しました。 死者数が0だった都道府県は、以下の10県です。 岩手県秋田県山梨県長野県富山県岐阜県奈良県鳥取県高知県大分県 飲酒による交通事故発生件数は、49件(前年比 -36件)。 うち死 [続きを読む]
  • 対向車線の近くに駐停車車両がある横で駐停車しない 運転マナー⑦
  • 迷惑駐停車の中でも質が悪いのがこれ。 対向車線に駐停車している車の真横に駐停車する車。 真横ではなくても、少しずらしているだけで、対向車線の駐停車している車の近くに駐停車している車。 法には抵触しなくても『自分さえ良ければ』的な考えで駐停車されると、渋滞の原因となり迷惑です。 やむを得ず駐停車する場合でも、走行する車の迷惑とならないかを考えて駐停車するのがマナーです。 ウェブサイトはこちらをク [続きを読む]
  • 警察庁 通学路における全国一斉取締りの結果について
  • 平成30年4月13日、おおむね午前7時から午前9時にかけて、全国の通学路約3,000路線において、警察官等約1万3,200人を動員して全国一斉取締りを実施し、1万255件検挙されました。 圧倒的に多いのが 通行禁止違反 5,566件検挙され、全体の54.3%を占めます。 なぜこんなに多いのでしょうか? 実は、学校近くの通学路(スクールゾーン)では、通学時の時間帯を歩行者専用道路にしているところが多く存在します。 これは、朝 [続きを読む]