沖 真一 さん プロフィール

  •  
沖 真一さん: 神戸で交通安全を願う社労士のブログ
ハンドル名沖 真一 さん
ブログタイトル神戸で交通安全を願う社労士のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kobe-drivers-support/
サイト紹介文交通ルールなど、安全運転に関する情報を配信しています。
自由文元教習指導員・技能検定員の社会保険労務士です。
ペーパードライバー向けの出張教習をはじめ、企業様やその従業員様に対して、交通安全指導を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/11/07 15:52

沖 真一 さんのブログ記事

  • 飲酒量と酔いが醒める時間
  • 忘年会クリスマスイブクリスマス大晦日お正月新年会成人式 何かとお酒を飲む機会が増える時期となってきました。 酔いが醒める時間の目安として、 1単位 4時間 です。 1単位とは、缶ビール500ml1本、日本酒1合(180ml)など、種類によって異なります。 実は寝ているときの方が、分解速度が遅くなるので、一晩寝ても飲酒量によってはアルコールが抜けていないことも考えられるのです。 それなりに飲んだ翌日は、運転を控え [続きを読む]
  • 1分学習 交通ルール塾29
  • 解答はコチラ↓↓↓ 1.荷物の見張りのため、軽トラックの荷台に1人乗せて運転した。 原則として、車の運転者は、座席でないところに人を乗車させたり、荷台や座席でないところに荷物を積んだりして運転してはなりません。 しかし、しかし、貨物自動車に荷物を積んだ時は、その荷物の見張りのため、必要最小限度の人を荷台に乗せることができます。(道路交通法 第55条第1項) 参考記事:『荷台に乗車できる?で [続きを読む]
  • 全国一斉飲酒運転取締りの実施結果
  • 12月1日午後8時から2日午前5時にかけて、繁華街周辺や主要幹線道路、高速道路の出入り口付近等約2,500箇所において、全国一斉飲酒運転取締りが実施され、その結果が警察庁ウェブサイトに公表されています。 検挙総件数3,113件(逮捕23人) 飲酒運転検挙件数194件(逮捕18人)〇酒酔い運転               1件(逮捕0人)〇酒気帯び運転            193件(逮捕18人)〇政令数値未満の酒気帯び [続きを読む]
  • あなたは、クルマの運転にどの程度自信がありますか?
  • 日本自動車ユーザー研究所が18歳から79歳の男女1,200人(各600人)を対象に行った調査によると、年齢が高くなるほどクルマの運転に自信を持っており、逆に年齢が低くなるほど自信がないという回答となりました。 最近の若年層は、 『運転に興味がないから乗らない』 と言われていますが、実は 『しっかり指導されて免許を取得しておらず、自信がないから乗れない』 のかも知れません。 また、高齢者ほど運転に自信を持っている [続きを読む]
  • 最高速度の特例
  • 以前に紹介した最高速度の他に、特例としてロープなどで他の車を牽引するときの法定速度があります。 ①車両総重量が2,000kg以下の車(故障車)を、その3倍以上の車両総重量の車で牽引するとき 40km/h ②総排気量が125cc以下の普通自動二輪や原動機付自転車で他の車を牽引するとき 25km/h ③それ以外 30km/h (道路交通法施行令 第12条第1項・第2項) 故障車の牽引方法でも記しましたが、高速自動車国道では最低速度( [続きを読む]
  • ペダル踏み間違いに関する調査結果
  • 日本自動車ユーザー研究所が18歳から79歳の男女1,200人(各600人)を対象に行った調査によると、 男性で18.2% 女性で19.3% が、アクセルとブレーキのペダルを踏み間違えたことが『ある』と答えました。 そのうち交通事故になったのは、男性2.0%、女性1.3%です。 更に年齢別でみると、20代以下の35.0%が踏み間違いの経験があり、3.5%が交通事故になったと答えています。 若年層に多いとは意外? と、思われるかも知れませんが [続きを読む]
  • 1分学習 交通ルール塾28
  • 解答はコチラ↓↓↓ 1.運動エネルギーは、速度の二乗に比例して大きくなり、速度が3倍になれば、運動エネルギーは9倍になる。 その通り。 運動エネルギーは、速度の二乗に比例して大きくなります。 2.大地震のためやむを得ず車両を道路において避難するときは、道路の左側に寄せて駐車し、エンジンを止め、エンジンキーを抜き、ドアはロックしておく。 やむを得ず道路上に車を置いて避難するときは、 道路の [続きを読む]
  • 長野県警 あおり運転の危険を公開実験
  • 長野県警が、車間距離不保持で走行する、いわゆる『あおり運転』の危険性を伝える公開実験を行いました。 前車が急ブレーキをかけると後車は停止できないという当たり前の映像ですが、理解できない輩には視覚的に訴えることが重要です。 映像:時事通信映像センター 2017/11/24 に公開 関連記事:『あおり運転対処法』 『速度と車間時間』 『車間時間の計り方』 ウェブサイトはこちらをクリッ [続きを読む]
  • 車間時間の計り方
  • 以前のブログで、 一般道路 3秒以上 高速道路 4秒以上 の車間時間を空ければ、最低限の安全間隔は保てることになるお話をしました。 参考記事:『速度と車間時間』 その車間時間の測り方は、動画をご覧ください。 事故を防止するには、危険に反応できる速度に応じた安全間隔が必要不可欠です。 ウェブサイトはこちらを ↓↓↓ ブログはこちらを ↓↓↓ [続きを読む]
  • 最高速度
  • 教習中、「ここは制限速度何キロですか?」とよく聞かれることがあります。 最高速度には「規制速度」と「法定速度」があります。 規制速度とは、標識や標示によって指定された最高速度をいます。 法定速度とは、法令で定められた最高速度をいいます。・自動車 60km/h・原動機付自転車 30km/h・緊急自動車を緊急用務で運転するとき 80km/h(道路交通法 第22条第1項、道路交通法施行令 第11条・第12条第3項) 標識や標示 [続きを読む]
  • 平成29年都道府県別交通事故死者数累計10月末現在
  • 平成29年10月31日現在の都道府県別交通事故死者数は、全国で2,940人。 前年比マイナス194人で減少傾向にあります。 10月中の交通事故死者数は343人。 前年比マイナス33人。 交通事故死者数が0人だった都道府県は 秋田県 の1県でした。 お住いの都道府県をチェックして、更なる安全運転を心掛けてください。 末尾になりましたが、亡くなられた方々とご遺族の皆様に、心よりお悔やみ申し上げます。 ウェブサイトはこちら [続きを読む]
  • 1分学習 交通ルール塾27
  • 解答はコチラ↓↓↓ 1.前照灯の照射範囲は、上向き(走行用前照灯)で100メートル、下向き(すれ違い用前照灯)で60メートルである。 下向き(すれ違い用前照灯)の照射範囲は、40メートルです。 2.次の標識は、前方の道路が狭くなっていることを示している。 この標識は、警戒標識の『車線数減少』です。 『幅員減少』は、こちらになります。 3.一方通行の道路では、道路の右側を通行することができ [続きを読む]
  • 速度と車間時間
  • 車は急に止まれない 誰もが知っていることで、速度が速くなればなるほど、停止距離は長くなります。 停止距離とは、空走距離と制動距離を合わせたものです。 参考記事:『車間距離をとりましょう』 停止距離の目安は、以下の通りです。 車間距離は、停止距離以上の距離を空ける必要がありますが、人間の目測は信用できないため、最近では車間時間で安全間隔を考えるようになってきています。 車間時間2秒以上 が基本と言 [続きを読む]
  • 荷台に乗車できる?できない?
  • 車の運転者は、座席でないところに人を乗車させたり、荷台や座席でないところに荷物を積んだりして運転してはなりません。 原則禁止です。 しかし、貨物自動車に荷物を積んだ時は、その荷物の見張りのため、必要最小限度の人を荷台に乗せることができます。(道路交通法 第55条第1項) この場合、特に許可などは必要ありません。 特例もあります。 車の運転者は、出発地の警察署長の許可を受けたときは、荷台や座席でないとこ [続きを読む]
  • あおり運転対処法
  • 「もしあおり運転されて恐い人が降りてきたら、どうしたらイイですか?」 最近のペーパードライバー講習を受講される方のほとんどから、質問されるようになりました。 報道番組では、『最寄りの警察署へ』などと言っていますが、土地勘がない場所では無理がありますし、そこまで逃げる間に事故を起こすことも考えられるため、現実的ではありません。 まずは、何時もドアロックをして運転すること。 もし、あおり運転され続け [続きを読む]
  • 新東名の一部で最高速度110キロ
  • 静岡県の新東名高速道路では、1日午前10時から一部の区間で最高速度が110キロまで試験的に引き上げられる。 対象は新静岡インターチェンジと森掛川インターチェンジの間で、物流や移動の利便性を高めるのが目的。 乗用車やバイク、バスなどは最高速度が110キロに引き上げられるが、積載量が5トンを超える中型以上のトラックなどの最高速度は80キロのままとなる。 この試験的運用は、警察庁など専門家による委員会が昨年3月、 [続きを読む]
  • 1分学習 交通ルール塾26
  • 解答はコチラ↓↓↓ 1.エンジンオイルの量を正確に計測するには、エンジンを作動させてしばらく経過してから実施するとよい。 エンジンオイルの点検は、平坦な場所で、エンジン始動前に行うのがのぞましく、運転後にオイルを量る場合は、5分以上待ち油面が安定してから行うようにしてください。 2.自動車専用道路の最高速度は、標識や標示がない場合には一般道路と同じである。 車両は、道路標識等により [続きを読む]
  • ハンズフリーで通話中でも違反となることがある?
  • 『運転中の通話で、Bluetoothやイヤホンなどハンズフリーでも違反になることがあると聞きましたが、本当ですか?』 ある企業のセミナーで、こんな質問がありました。 道路交通法では、 『その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限り、使用を禁止』 していますので、Bluetoothやイヤホンなど、ハンズフリーのものは違反になりません。(道路交通法 第71条第1項第5号の5) [続きを読む]
  • 路側帯のあるところでの駐停車方法
  • 路側帯には、以下のような種類があります。 ①幅が0.75メートル以下の路側帯 ②幅が0.75メートルを超える路側帯 ③駐停車禁止路側帯 ④歩行者用路側帯 ⑤高速道路の路側帯(道路交通法 第47条第3項、道路交通法施行令 第14条の6) それぞれ駐停車方法は、資料をご確認ください。 ウェブサイトはこちらを ↓↓↓ ブログはこちらを ↓↓↓ [続きを読む]
  • 平成29年都道府県別交通事故死者数累計9月末現在
  • 平成29年9月30日現在の都道府県別交通事故死者数は、全国で2,597人。 前年比マイナス161人で減少傾向にあります。 9月中の交通事故死者数は299人。 前年比マイナス10人。 交通事故死者数が0人だった都道府県はありませんでした。 9月21日から9月30日の10日間に実施された『平成29年秋の全国交通安全運動』。 期間中の交通事故死者数は、94人。 前年比マイナス9人。 秋の全国交通安全運動としては、データのある昭和29年以降で [続きを読む]
  • 1分学習 交通ルール塾25
  • 解答はコチラ↓↓↓ 1.一般道を走行する場合、後部座席はシートベルトの着用が免除されている。 2008年(平成20年)6月1日から後部座席も義務化されています。 点数は1点で、反則金はありません。 ただし、一般道の後部座席は、注意のみとなっています。 2.この標識は、自転車横断帯があることを示している。 この標識は、『並進可』。 この標識があるところでは、普通自転車は、2台並んで通行することがで [続きを読む]
  • 最高速度違反の取締りは何キロオーバーから?
  • 『何キロオーバーしたら警察に捕まりますか?』 これもよく聞かれる質問です。 まず、『違反行為の種別』と『反則行為の種類』を見てみましょう。 速度超過について違反行為の種別を見ると、時速20km未満の速度超過から種別が分類されています。 しかし、反則金について反則行為の種類を見ると、時速15km未満の速度超過から種類が分類されており、それぞれ区分が異なります。 このことから、時速15km前後がポイントとなり [続きを読む]
  • 駐停車方法
  • 標識などもなく、無余地駐車でもなく、法に抵触しない場合は、資料のように車を駐停車させます。 二重駐停車は、『できる限り道路の左端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない』という法に抵触するため、禁止されています。(道路交通法 第47条第1項、第2項) 参考記事:『道路と車道と歩道』 ウェブサイトはこちらを ↓↓↓ ブログはこちらを ↓↓↓ [続きを読む]
  • 選挙カーで交通規制から免除になること
  • 安倍晋三首相は28日召集の臨時国会の冒頭で解散し、衆院選を「10月10日公示―22日投開票」とする日程を固めました。 よって、10月10日(火)から選挙運動用自動車(以下、選挙カー)が走行し始めます。 その選挙カーには、道路交通法の交通規制が免除される項目がいくつかあります。 通行の禁止(一方通行及び指定方向外進行禁止を除く。) の規制から除外(道路交通法第8条第2項 兵庫県道路交通法施行細則 第2条第2項第5 [続きを読む]