toranekodoranekoのブログ さん プロフィール

  •  
toranekodoranekoのブログさん: toranekodoranekoのブログ
ハンドル名toranekodoranekoのブログ さん
ブログタイトルtoranekodoranekoのブログ
ブログURLhttps://toranekodoraneko.muragon.com/
サイト紹介文クリスチャンブロガーが綴るブログです。 明るい高齢化社会、病から得た様々な宝、世の中の動きへの警鐘(
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/11/07 16:34

toranekodoranekoのブログ さんのブログ記事

  • あなたは愛されている
  • 9月3日の朝日新聞朝刊に春名風花さんの「(#withyou〜きみとともに〜)苦しさ・葛藤、分かるよ 10代の投稿、春名さんと高校生が語らう」という記事が載っていました。いじめについての記事を10代の若者から募集し、17歳の春名風花さんが同じ年代の高校生たちと語り合ったものです。 2012年8月17日朝日新聞朝刊1面に当時小学校6年生だった春名風花さんが『いじめている君へ』と題した記事を掲載されてい [続きを読む]
  • DV 被害者保護のためには、加害者側弁護士等に厳しい制裁を
  •  8月24日日経新聞朝刊で、DV 被害者の住所保護において加害者側弁護士を通じて漏洩が相次ぐ、と報じられています。概略次のように述べられています。 「多くの自治体が真の依頼人を確認しないまま弁護士らの交付請求に応じてしまっている。弁護士、司法書士等が裁判手続等の職務に絡んで住民票等の交付請求する場合は依頼人を明かす必要はない。『DV 支援措置』の対象者ならば、加害者側の弁護士らへの交付は制限される [続きを読む]
  • 「ガリラヤのイエシュー」 この豊饒な世界
  • 「ガリラヤのイエシュー」日本語訳新約聖書四福音書(山浦玄嗣訳) (イー・ピックス出版)  福音書を何と!・・各地の方言で翻訳、本文中に詳しい解説も書き込まれて同時に読める、画期的な聖書です。 イエス様はガリラヤの弟子たちにケセン語(気仙地方の方言)で、元気いっぱいに呼びかけます。(以下、引用個所は強調文字。章・節の番号は新改訳の該当箇所を示します) 「やい、お前達、俺について来オや!そうしたら、お [続きを読む]
  • 乾いたタオルは絞れない。馬車馬は崖から落ちる。
  •  日本企業はなぜ迷走しているのか。 理由が二つあります。お2人の方の議論を紹介します。 私なりに印象的なところを取り出して配列してみました。 ぜひ、元の論説に目を通していただくことをお勧めします。  終戦記念日が近いこの日、お二人の議論を読み返してみると、日本の敗北の理由が分かるような気がして、背筋が寒くなります。 そして、いま、あいも変わらず脇目も振らず働くことを美徳と考えて邁進するこの国の勇士 [続きを読む]
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ(再掲)
  •  東京大学の現代史の先生が歴史研究会の高校生を対象に5日間にわたった講義を本にされたものです。ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。 この国の過去を振り返り、未来を考えるうえで、貴重な示唆があると思います。  一言だけ、この本で大変気になる箇所がありました。 「日本軍ほど自国の軍人を大切にしない軍隊はなかった。」という箇所です。 食料の補給も考えずに兵士を戦線に送り、戦死者よりも餓死者のほう [続きを読む]
  • 広島とグラウンド・ゼロ(再掲)
  • 私がはじめて広島平和記念公園を訪れたのは、もう30年ほども前でしょうか。 そこには、こんな碑がありました。 「安らかに眠ってください。 過ちは繰り返しませぬから」 かつて、この碑文をめぐって「主語がない。誰が過ちを犯したのか、誰が誤っているのかをはっきりさせるべきだ。」という議論があったのを思い出しました。  はじめてこの碑の前に立ったときに、なぜ主語がないのか、はっきりとわかりました。 この碑の [続きを読む]
  • 「高度プロフェッショナル制度」を改めて考え直す。
  •  働き方改革の中で高度プロフェッショナル制度につき細部検討がされている。 シンプルに考えるべきだ。「過労死・過労自殺を起こした会社には認めない。高プロ導入後に過労死・過労自殺が発生したら、制度を廃止し過去に遡って対象者全員に割増賃金を支払う。」  高プロが柔軟な働き方で生産性向上に役立つ、というのは可能性に過ぎない。過労死・過労自殺が発生する会社は、労使の自治に任せていては労働者の生命すら守れない [続きを読む]
  • 学びの力
  •  朝日新聞2009年8月16日朝刊4面にこんな記事がありました。 ケニアの89歳のおじいさんが胃がんでなくなりました。世界最高齢の小学生として知られる方です。幼いころから内戦の戦士として育ち、貧しさもあって学べなかった。84歳で地元の小学校に入学を果たし、「死ぬまで勉強する。」と喜んだそうです。学ぶ目的は、お金の計算ができること、聖書を読むことだったそうです。  私たちは学ぶことで何を得るのか。 [続きを読む]
  • 「東京都障害者総合美術展」7月27日〜31日
  • 「第33回東京都障害者総合美術展」〜美のなかにふれあいがある〜 東京都ホームページより 「障害者の芸術・文化活動への参加及び優れた才能の発掘・育成を通じて、障害者の生活を豊かにし、自立と社会参加を促進するとともに、障害者に対する都民の理解や認識を深めることを目的に・・開催します。」 1.日時  7月27日(金)から31日(火)まで。  午前10時〜午後9時まで(日曜日は午後8時まで、最終日は午後4 [続きを読む]
  • ネット販売は、なぜ流行るのか。
  •  アマゾンなどのネット販売が大盛況。とうとうウォルマートは西友を売却して、日本から撤退します。 ネット販売はなぜ流行るのか。便利で確実だからです。 身近な例を示します。 ①このパソコンの電源コードの具合が悪くなり、現在の充電分がなくなればパソコンがオシャカになる。  ヤマダ電機に走りました。ところが「在庫がありません。メーカーにもありません。」  慌てて家にとって返し、あと30分しかパソコンが使え [続きを読む]
  • テレワークが拓(ひら)く未来(そして管理職が変わった。)
  • 【登場人物】 いまどき産業 駒子さん 駒子さんの先輩 淑子さん 2人の上司 山内課長 駒子:淑子先輩、ちょっとご相談があるんです。 淑子:どうしたの? 駒子:テレワークです。テレワーク国民運動プロジェクト「テレワーク・デイズ」が実施されるのをご存知ですか。 淑子:なんだか聞いたような・・。 駒子:うちの会社ではどうするんでしょう。山内課長に聞こうと思ったんですが、はじめに淑子先輩に、と思って。 淑 [続きを読む]
  • 死にたいときこそ生きてみよう!
  • こんなことを思い出しました。 私の父が死んだ時です。 私は長男でしたから、お葬式や、その後始末で多忙を極め、2週間会社を休みました。 そして、会社に行く日がきました。 2週間も休むと、会社に行くのが億劫になります。 暗い気持ちで家をでました。 ところが、通勤電車の中、そして電車を降りてから、会社への道を急ぐ人々の姿を見ている中に、気持ちがどんどん晴れてきました。 私の父は、女子大の先生でした。お葬 [続きを読む]
  • 再掲「オウム真理教の精神史」(太田俊寛著)について
  • オウム真理教の松本智津夫死刑囚らの死刑が執行されました。 先に掲載している記事をご紹介します。この機会にご一読いただければと存じます。 「オウム真理教の精神史」(太田俊寛著)について この本では、オウム真理教が突然生まれたものではなく、それまでの様々な思想、「ロマン主義・全体主義・原理主義」に根を持つものであると説きます。諸外国にもまた日本にも、オウム同様のおぞましい集団が過去に幾度もあったこと、 [続きを読む]
  • テレワークは企業にとって待ったなし!
  • 7月4日にテレワーク・ミニセミナーに出席いたしました。 株式会社テレワークマネジメント主催、総務省のご担当者、あおぞら銀行、三井住友海上、東京急行電鉄等の取組みも紹介されました。 7月23日(月)から27日(金)まで、テレワーク・デイズ2018が開催されます。 2020年7月24日東京オリンピックが開会されます。東京都心等の交通渋滞を避けるためにもテレワークは必須になっている、ということから201 [続きを読む]
  • 過労死を引き起こした会社は命日に黙祷を捧げているのか。
  • 7月5日に第15回東京産業安全衛生大会に出席しました。 東京労働局、労働基準監督署、公益社団法人東京労働基準協会連合会などが主催しています。千代田区一ツ橋の日本教育会館「一ツ橋ホール」に、多数の方が集まりました。 開会に先立ち、司会者の方から「労働災害で亡くなった方のために黙祷をささげます。ご起立ください。」という案内がありました。 全員が立ち上がり、黙祷をささげました。 その時に思いました。 過 [続きを読む]
  • 「普遍的言語の基礎構造―人は誰でも見つける力を持っている」
  • この記録は、NPO法人多言語(たげんご)広場(ピアザ)CELULAS(セルラス)鈴木理事長の5月14日会員向けの講演の内容を、ニックとして特に印象深かった箇所を中心に纏めたものです。録音録画から逐語的に書き起こしたものではありません。読み言葉としてのわかりやすさを考えて小見出しや配列なども工夫しています。  理事長の講演の内容は多岐にわたり、この取り纏めで尽くせるものではありません。少しでも [続きを読む]
  • 働き方改革法成立によせてー時間外上限規制の本質と留意点―
  • 働き方改革法が遂に成立しました。 高度プロフェッショナル制度に代表されるように、果たして、過労死・過労自殺について、政府与党が、また経済界がどれだけ真摯に考えているのか、過労死・過労自殺した方や、そのご遺族に顔向けができるのか。改めて問題提起しておきます。 ここでは、実務的な視点で二三申し上げておきます。 ①時間外上限規制の本質:「国として死ぬような働き方は許さない」  この制度の趣旨を一言で [続きを読む]
  • はやぶさ2「りゅうぐう」へ到達
  • はやぶさ2が「りゅうぐう」に到達しました。 本日、息子が会社休みだったので所沢航空発祥記念館に行きました。 大型映像館で「はやぶさ2」の映画が上演されていました。機会があればぜひ皆様もお運びください。  また、初代のはやぶさがイトカワから微粒子を無事持ち帰ったときに作成したブログを、以下にご紹介します。 はやぶさのカプセルに地球外物質があることが判明したのは2010年10月5日。 私がちょうど60 [続きを読む]