戦場衛文 さん プロフィール

  •  
戦場衛文さん: 政治や世界の裏のウラ
ハンドル名戦場衛文 さん
ブログタイトル政治や世界の裏のウラ
ブログURLhttps://ameblo.jp/oh-thanks/
サイト紹介文政治、宗教、歴史の真実。タブーとされていた問題にあえて触れる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/11/07 22:19

戦場衛文 さんのブログ記事

  • 教育勅語なしで日本人は日本人たりえたか?
  • ● 教育勅語なしで日本人は日本人たりえたか?答えは既に出ている教育勅語の是非を考えるというよりも、教育勅語なしで日本社会はどうなったかを考えることにする。すると、結果は歴然だ。家庭でのしつけや教育は崩壊していき、社会のマナーやモラルは低下した。家庭教育の崩壊は深刻な問題だ。それがたとえ一部だとしても、国をウイルスのように徐々に蝕んでいく。日本という国そのものが、防衛手段としてその身を削ぎ落とすこと [続きを読む]
  • 次の巨大地震は2019年?来年は地震以外の災害に要注意か
  • ● 次の巨大地震は2019年?来年は地震以外の災害に要注意か1995年以降の巨大地震の発生時期から、次の震度6強以上の地震が発生する時期は2019年以降と予想される。来年2018年は地震よりも台風や集中豪雨などの災害に注意した方がいいかもしれない。また、2019年中に震度7の地震が起きた場合、翌年2020年にも震度7の地震が日本国内で起きる可能性が高いと予想される。2016年の熊本地震から始まった巨大地震の連鎖はまだまだ序章に過 [続きを読む]
  • 35億人を消すのは汚い仕事、来るべき氷河期に備えて人口調整?
  • ● 35億人を消すのは汚い仕事、来るべき氷河期に備えて人口調整?世界の人口は70億人を突破し、2050年には98億人に到達すると予測されている。このままのペースで人口が増加した場合、ある問題が起きる。それは、主に食糧問題である。近い将来、地球に再び氷河期が訪れると言われている。50年後なのか100年後なのか、あるいはもっと先なのかは分からない。しかし、これが現実のものとなった場合、温暖化より何倍も深刻かつ過酷な状 [続きを読む]
  • 台風22号が早くも発生?神々の警告は続き、本当の戦いはこれから
  • ● 台風22号が早くも発生?神々の警告は続き、本当の戦いはこれから台風21号が日本を通過中だが、早くも台風22号が発生するかもしれないとのこと。自民党大勝でも、安倍首相に笑顔はなく、本当の戦いはこれからだということを示している。台風22号が発生したら、超大型台風21号の後追い台風となるのか。いずれにせよ、国難は未だ去っておらず、引き続き警戒せよという神々からの警告だと捉えた方がいいだろう。にほんブログ村 政治 [続きを読む]
  • 安倍政権にGOサイン、これでマスコミも迂闊な政権批判はできない
  • ● 安倍政権にGOサイン、これでマスコミも迂闊な政権批判はできない今回の選挙において、連立与党で憲法改正発議に必要な3分の2議席を獲得する情勢のようだ。自民党、安倍政権に求めるものは、一刻も早い憲法改正。そして、防衛体制の見直しや強化だ。自民党が大勝したとして、それはあくまで通過点に過ぎない。国民の信を得て、満を持して憲法改正を実現すること。そこで初めて、自民党が勝利し、安倍政権が継続した意味がある。 [続きを読む]
  • 戦争はまだ起こらない、ただ2045年までに日本周辺で起きる確率は
  • ● 戦争はまだ起こらない、ただ2045年までに日本周辺で起きる確率は戦後100年という節目の年である2045年。その年までに、日本やその周辺の東アジアで戦争が起きる確率は、現在の日本の防衛体制ではかなり高くなると予想される。火種となる懸念事項としては、米朝間の軍事的な緊張が高まっている点と、社会主義強国を掲げる中国の軍拡が急速に進んでいる点などが挙げられる。このような世界情勢の中にあって、日本が防衛予算を増や [続きを読む]
  • 戦後と同じ気象現象が舞い戻る、60年ぶりの寒さが示す神意とは
  • ● 戦後と同じ気象現象が舞い戻る、60年ぶりの寒さが示す神意とは東京は60年ぶりとなる季節外れの寒さに見舞われている。60年前と言えば、戦後10年で終戦直後と言える。その時と同じ気象現象が起きていることの意味は、やはり軍事的な意味での国難だろう。そういった面からも、今回の選挙は重要な意味を持つ。万が一、北朝鮮のミサイルに危機感を覚えない人がいても、季節外れの寒さには身震いするだろう。現実を正しく認識できな [続きを読む]
  • 小池旋風も神風には届かない、台風21号による大雨で不発の可能性
  • ● 小池旋風も神風には届かない、台風21号による大雨で不発の可能性22日の投票日は、台風+秋雨前線の影響で大雨となる可能性が出てきた。当日悪天候になると、組織票を持つ党が有利になると言われている。そう考えると、最近できたばかりの希望の党は苦戦を強いられることになると予想される。台風直撃とまではいかないが、このタイミングでの台風発生は自民党にとっては神風と呼べるだろう。小池旋風も、神風の前では無に帰すの [続きを読む]
  • 消去法で自民党、悪くない。
  • ● 消去法で自民党、悪くない。選挙では、限られた候補者の中から誰か一人を選ぶことになる。誰かは必ず選ばなければいけない。ゆえに、特に支持する政党や候補者がいない場合は、消去法で選ぶのも悪くない。中でも、小選挙区では候補者の数が決して多くないため、消去法での選択をせざるを得ない場合もあるだろう。消費税増税問題などで自民党に積極的に入れたくないとしても、最優先事項の憲法改正を実現させるためには自民党に [続きを読む]
  • 無神論社会が生み出す悪意なきテロリスト
  • ● 無神論社会が生み出す悪意なきテロリスト医学的な話ではなく、宗教学的な側面から見ると、認知症患者が増える原因の一つには無神論があると思われる。無神論とは、この世には神も仏もおらず、人は死んだら無に帰すという考え方。無神論の問題点は、大きく二つある。一つは、死んだらそこで終わりなので、生きているうちに何をしても見つからなければ裁かれないという考え方に陥ること。そして、もう一つは、死んだら今まで積み [続きを読む]
  • 憲法改正イエスかノーか、それだけ。
  • ● 憲法改正イエスかノーか、それだけ。今回の衆議院解散総選挙で問われているのは、自民党の憲法改正案に賛成か反対かということ。それだけが問われていると思った方がいい。他にも、課題や争点はあるだろうが、最優先事項にして最大の争点は憲法改正以外にない。憲法改正イエスかノーか。マスコミの報道に惑わされず、この一点に集中して投票に臨むべきだ。にほんブログ村 政治ブログ [続きを読む]
  • 改革が進まないのは自民党のせいは誤解、民進党やマスコミのせい
  • ● 改革が進まないのは自民党のせいは誤解、民進党やマスコミのせいマスコミは、しきりに自民党のしがらみや怠慢が日本の政治を腐敗させているように報じるが、果たしてそれは本当だろうか。改革の足を引っ張る根本的な原因は、民進党、共産党などの野党やマスコミだろう。明確な論拠もなく、ただ与党の政策に反対、反対と連呼するような政党は、もはや野党ですらない。民主党が中身のない政党であることは311以降の数年間で明白に [続きを読む]
  • ミサイルが降る前にすべきこと、国難前に問われる国民の危機意識
  • ● ミサイルが降る前にすべきこと、国難前に問われる国民の危機意識航空機のパネルや巨石が落ちてくる日本の空。北朝鮮のミサイルが落下してくるのも時間の問題だという警告かもしれない。いずれにせよ、ミサイル防衛体制の強化は急務だ。今回の衆議院の解散は、本腰を入れてこの問題に取り組むためのもの。国難突破解散とあったが、まさにそうだ。今の日本は、原爆の数十〜数百倍のエネルギーを持つ水爆を打ち込まれるかもしれな [続きを読む]
  • 軍事国家になって何が悪い?北朝鮮に蹂躙されるより百万倍まし
  • ● 軍事国家になって何が悪い?北朝鮮に蹂躙されるより百万倍まし軍隊を持つ国が軍事国家であり、軍事国家が悪だとすれば、世界の大半の国々が悪い国ということになる。冷静に考えれば分かることだが、日本人が軍隊=悪と考えるのは学校の誤った歴史教育のせいだ。そして、親がその誤りを正すだけの教育を子供にしてやれなかったことも原因の一つだろう。いずれにせよ、軍隊を持って他国からの脅威に備えることは国として当然のこ [続きを読む]
  • 米軍のトリガーは北朝鮮の先制攻撃だが、それを受けるのは日本?
  • ● 米軍のトリガーは北朝鮮の先制攻撃だが、それを受けるのは日本?21世紀は見えない戦争が繰り広げられているが、その一方で目に見える戦争も確かに行われている。しかし、20世紀に比べて開戦のハードルは高くなっているのも事実。その証拠に、アメリカは911のテロ攻撃を受けるまで、イラクに軍事攻撃することができなかった。トランプ大統領の攻撃的な言葉とは裏腹に、アメリカは北朝鮮の明確な先制攻撃がなければ、うかつに攻撃 [続きを読む]
  • アメリカは間違っていない、遅かれ早かれ第三次世界大戦は起きる
  • ● アメリカは間違っていない、遅かれ早かれ第三次世界大戦は起きるアメリカは世界最強の軍事力を持っているとされ、世界の警察と呼ばれる。他国がアメリカを批判できたとしても、力づくで言うことを聞かせることは難しい。つまり、アメリカは本音が言い放題なのである。ゆえに、アメリカは国連の協調路線を突っぱねることになろうと、極めて合理的な選択をすることができる。アメリカがこのタイミングで自国第一主義に転換したの [続きを読む]
  • 民主主義国家としての日本に欠けているたった一つの重要なこと
  • ● 民主主義国家としての日本に欠けているたった一つの重要なこと民主主義国家としての日本が抱える問題とは何か。それは、国民の主体性のなさだと思う。マスコミの報道に何の疑問も抱かず、それ以上知ろうとも調べようともしない。そのような人間がまだまだ日本国民の中には多いように感じられる。知らないから自分の考えが持てず、自分の考えがないから責任を持とうとしない、という悪循環。311で気付いた人もある程度いるようだ [続きを読む]
  • 台風が朝鮮半島に行かず日本を直撃する理由
  • ● 台風が朝鮮半島に行かず日本を直撃する理由気象的な観点ではなく、霊的な観点から考察すると、以下のようになる。日本には数万人単位の朝鮮人が住んでいる。その大半が不法移民とその子孫であり、働けるにもかかわらず生活保護で暮らす者が大勢いる。そんな寄生虫のような人間は日本にはふさわしくない。ゆえに、彼らは日本の土地の波動を低下させる存在であり、そういった存在が増えすぎると日本の自浄作用が働く。つまり、彼 [続きを読む]
  • 自衛隊に対する印象が悪いのはどう考えても学校の歴史教育が悪い
  • ● 自衛隊に対する印象が悪いのはどう考えても学校の歴史教育が悪い自衛隊は日本の国防を担う存在であるにもかかわらず、あまりいい印象を持てなかった。なぜなら、学校の歴史教育で日本の軍隊は一方的に悪者扱いであり、アメリカ軍に無謀な戦争を挑んだ愚か者と教えられたからだ。この誤った知識や印象が植え付けられていたことで、日本が軍隊やそれに準じる自衛隊を持つこと自体に言いようのない不快感を覚えたのだと思う。マス [続きを読む]
  • 平和教育という言葉に違和感、無抵抗で侵略されるのは平和か?
  • ● 平和教育という言葉に違和感、無抵抗で侵略されるのは平和か?今の時代に合う平和教育とは何だろうか。戦争はいけないこと、戦争は悲惨、そんなことは正常な精神の持ち主なら誰でも分かることだ。子供とて例外ではない。必要なのは、なぜ戦争が起きるのか、戦争を回避しつつ自国の安全や利益を守るにはどうするべきかなどを一人ひとりが考えられるように教え導くこと。それが真の平和教育ではないだろうか。10歳を過ぎれば自我 [続きを読む]
  • Xデーはいつも突然に、横浜に北朝鮮核ミサイルが着弾する可能性
  • ● Xデーはいつも突然に、横浜に北朝鮮核ミサイルが着弾する可能性横浜で核爆発が起きる可能性が現実味を帯びてきた。北朝鮮が水爆を持ち、アメリカとの軍事的緊張が高まっている昨今、いつ朝鮮半島有事が起きても不思議ではない状況にある。仮に、アメリカが北朝鮮に武力攻撃を行ったら、何らかの形で日本に被害が及ぶ可能性がある。北朝鮮がアメリカの同盟国である日本に攻撃する場合、首都に近い人口の多い都市で、米軍基地など [続きを読む]
  • 保育園は必要か?子供もキャリアもほしい強欲な女性が国を蝕む
  • ● 保育園は必要か?子供もキャリアもほしい強欲な女性が国を蝕む少子化と言われている昨今、保育園を増やす必要が本当にあるのだろうか。保育園とは、本来母子家庭などやむを得ない事情がある場合に預けるところだ。少なくとも、子供も欲しいし仕事もやめたくないというような欲張りな女性のためにあるのではないだろう。小さい子供がいるうちに離婚して母子家庭になるケースが増えていると聞く。これは、アメリカ文化のネガティ [続きを読む]
  • 北ミサイルで911の再来か、最初の一発が日本に着弾する可能性も
  • ● 北ミサイルで911の再来か、最初の一発が日本に着弾する可能性もアメリカには既に対話路線の選択肢はなく、軍事的な選択肢しかない。そうは言っても、アメリカ側も明確な大義名分がないと武力行使に踏み切れない。イラク戦争の引金となった911のように、北朝鮮がアメリカやその同盟国を攻撃するような事態となれば十分な理由となる。そして、その最初の一撃がアメリカ本土に対して打ち込まれるとは限らない。攻撃対象が、日本や [続きを読む]
  • レッドライン超えか、北の水爆完成で米朝戦争不可避の様相
  • ● レッドライン超えか、北の水爆完成で米朝戦争不可避の様相北朝鮮が6度目の核実験を行い成功したと発表した。ICBMに搭載させるための水爆はほぼ完成段階にあるとの見方もある。もし、そうだとすると、アメリカが容認できるぎりぎりのラインを超えたことになる。そうなると、対話路線の選択肢はなくなり、武力行使による制裁、つまりは戦争に突入する可能性が極めて高くなる。Jアラートや国民保護サイレンが実際に発令されたこと [続きを読む]