きんたろう さん プロフィール

  •  
きんたろうさん: きんたろうの家 すい臓がんのブログ
ハンドル名きんたろう さん
ブログタイトルきんたろうの家 すい臓がんのブログ
ブログURLhttp://www.kintaro-o.com
サイト紹介文膵臓がん余命1年から2年8か月目突入。夫を支える介護日記。ステージ4b,多発肺転移,まだ生きてます!
自由文強烈な個性のたろ夫が癌になってしまった。笑って楽しくNK細胞増やしていきたいのですが,暴走列車の彼を誰か止めてください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2016/11/08 15:28

きんたろう さんのブログ記事

  • 腹部造影MRI
  • これはわたしの話です。去年10月末に血液検査で「悪玉コレステロール」がすごく高いので、病院に行きなさいと言われていたのですが、ほったらかしていました。それとは別に、2か月ほど前からお腹(へその右横10センチちょっと上当たり)に、打ち身のような、少し色が黒くなっているところを発見し、あれ?いつかどこかでぶつけたかしら?と思うことがあったのですが、気にせず過ごしていました。しかし、それから一か月過 [続きを読む]
  • 騙されてる…アホですねえ
  • 夫の友人男性が、首に細くて黒いネックレスをかけていました。「磁気ネックレスですか?」と聞くと、「うん、これはね、かけとくだけで、すごく体が楽になるんだよ。」と。「ふ〜ん。その石は何ですか?」「分からんけど、自分で体験してみてね、これがすごく効くから、他にも持ってるんだけど、これを買ったんだよ。」「ふ〜ん。」「掛けてみる?1分かけてたら違いが判るよ。」「掛けてみる!」←好奇心旺盛なわたし [続きを読む]
  • すい臓がんのダブリングタイム
  • ダブリングタイムとは、10個のがん細胞が20個になるのに、つまり2倍になるのに、どのくらいの期間がかかるか、と言うもの。乳がんの場合、ダブリングタイムは約100日で、1cmのがんは3か月後に直径1.26cmのがんになります。(1cmが2cmになるわけではありません。体積が2倍です)1つの乳がん細胞が1cmの腫瘍になるのには8年ほどかかります。(個体の状態により差異はあります)では、すい臓がんは、『進行が速い』ですが、一体ど [続きを読む]
  • ひと月に一度は泣くだろう
  • 昨日は、とある催し物を見に行ってきました。大満足でした。ところで「図書」と「木印」って、なんだかわかりますか?日本と中国が日明貿易を行っていた頃、「勘合符」が用いられ、正規の貿易相手かどうかを見極める手段として用いられていたのは皆様もご存知だと思いますが、なんと、その頃から文書の改ざんが行われていたという話。「図書」とは、朝鮮王朝が日本の何某かに与えた本物の印であり、「木印」とは、日本側が造 [続きを読む]
  • メンタルの話1
  • 本当はメンタル強化の本の感想文はもう面倒だから書くのやめようと思ったんですが、なんだか恐ろしく人をやる気にさせる、優しいコメントをいただいてしまったので、ちょっとだけ書くことにしました。ストレスを操るメンタル強化術メンタリストDaiGoさん。ものすごい読書家ですよね、この方。文章の書き方がとても丁寧で、決して上から目線でもなく、押しつけがましくもなく、内容も充実しており、読みやすかったです。一言 [続きを読む]
  • メンタルの話2
  • 3000文字くらいの長編感想文を書いたのに、失敗して消えてしまった〜!!!と言うわけで、いきなりメンタルの話2です。1は、ストレスを操るメンタル強化術メンタリストDaiGoと言う方の著書の紹介です。今回は、わたくしの経験をご紹介。(こういうところが図太いですね。その1を読まないと脈絡が分からないと思います。すみません。)最近、美容院に行きました。今回カットしてくれる美容師さんは、前回、前々回担当 [続きを読む]
  • 転移がんの勉強
  • がん転移には4つの種類がある。1血行性転移2リンパ行性転移3播種性転移4浸潤たろ夫は2と4は確実。その他、血栓があるので血行性と言う点でどうなのか、分からない。播種性…腹膜播種ではないと思うけど、肺に関してははっきりわからない。しかし、もしかすると、肺転移に関しては、すい臓がんからの転移ではなく、肺が原発のダブルキャンサーの可能性もゼロではない。でも、たぶん転移。ちなみに、転移したがん細胞は [続きを読む]
  • たろ夫、がんセミナーに参加
  • たろ夫が勉強してきました。たくさんの収穫があったようで、とても喜んでいました。①話し手曰く、「がん患者のほとんどはガンで死ぬんじゃありません。多臓器不全で亡くなります。」それを聞いて安心するたろ夫。…まあ、良しとしましょう。②すい臓がんに二つの新薬があり、もう、治験も終わっているからそろそろ出るんだそうです。(ちゃんと権威のある方がお話しされたので、疑いがあるなら国立がんセンターあたりにまず [続きを読む]
  • 生きてますよ
  • お久しぶりです。たろ夫は、特に大きく体調を崩すことなく、相変わらずの調子です。CT検査結果は、良くて、現状維持かな、と思っていましたが、まあ、予想通りと言いますか、現状維持ではありませんでした。奇跡は、起きませんでした。(今のところ起こっていません、が正しいかな。)最後に下り坂になるときは、2,3か月で一気に悪化するという風に覚悟していますが、それも、今のところ、起こっていません。あとは、血 [続きを読む]
  • 残念なお知らせ
  • たろ夫がすい臓がんになり2年6か月目に入りました。抗がん剤治療のみで、標準治療が終わってもなお元気に生きているということで、そもそもの生存を疑っていらっしゃる方もおられたかもしれません。しかし、たろ夫は実在しております。本当に存在しているからこそ、やはりこの存在を知った方々が皆さん驚かれ、どんな治療をしているのか、興味を示してこられました。丸山ワクチンを始めて2か月弱ですが、なんと、この注射を [続きを読む]
  • 料理にヒ素を混入させれば犯罪だけど…
  • 真面目に悩んでいる話。最近はたろ夫の精神も比較的落ち着いているのですが、がんが判明して長らく、動揺が激しく、わたしはずっと、精神安定剤を飲んだほうがよいのではないか、と思っていました。でも、本人が心療内科にかかろうとしないので、これも頭を抱えました。それで妻が夫の代わりに心療内科にかかって、精神安定剤をもらい、本人の食べ物にこっそり混入させようか、と。これは犯罪だろうかと真剣に悩みました。2 [続きを読む]
  • まず、謝れや!
  • たろ夫の毒虫から刺されたような激しいぼっこりした腫れは和らいできました。石のように硬かったのですが、石が砕かれたような感じになっています。さすが、最強のステロイド剤でした。ところで、「今度は何に対して怒ってるの?」と言う話ですけれども、最近の医療のドラマを見て、思い出したこと。たろ夫が「告知は希望しません」と明記していたのにあっさり告知されてしまった、と言うのは本当です。問診票に記入するとき [続きを読む]
  • 毒虫にさされたか?変なできもの
  • たろ夫は、爆走323キロの後遺症で、今日も午前、午後と昏々と休んでいました。食事はとることができました。今朝、「なんか、首が痛くて腫れてる…見てくれ。」と言うので見てみますと、おできの特大か?と言うようなものが首の付け根に出来ています。もともと、FOLFIRINOX投与中も、首から背中にかけて、大きな湿疹ができることがたびたびありまして、なにか、病気が皮膚に現れやすいようです。この変なおできもどきの原 [続きを読む]
  • またまた爆走323km
  • もう、やめてほしい。昨日、また日帰りで、がん友と花見に行ってきました。往復323キロ、一人で運転です。「今回は、1時間おきに道の駅によって、ちゃんと休憩した。」と、一応少しは前回の無茶を反省して、休み休み行ったようですけれど、日帰りで323キロです。普通の人でも、足がむくむと思います。血栓症のあるたろ夫の足も、もちろんパンパン。特に右足がすごくパンパン。「おそろしいから、やめて。」と言うので [続きを読む]
  • 例の医療ドラマ、観ました(ちょっとネタバレ注意)
  • 「完全寛解の謎」けっこう面白かったです。わたしほとんどドラマは見ないんですけど、なにか参考になることはあるかな〜と思いながら見ました。最初の余命宣告の部分、医師がすご〜く気を遣っている部分、あんな風に真摯に余命宣告について受け止めている医師は、一体何%いるのだろう、と思いました。少なくとも、うちは、「告知は希望しません」と、問診票に明記していたのに、凄腕の外科医からあっさり「すい臓がん、余命1 [続きを読む]
  • 時効の話 糖尿病からの脳梗塞、心筋梗塞
  • たろ夫がすい臓がんになり、「親」が死ぬのと「配偶者」が死ぬのとでは、感情が全然違うと気づくようになり、人はどのように死んでいくのか、と言うことに、本当の意味で興味を持つようになりました。最近聞いた知人のお父様のこと。今までなら、「なんの原因で亡くなったのか」などと質問することはありませんでしたが、相手も、こちらの状況をご存知であることもあり、詳しく教えてくれました。糖尿病を患っていて、61歳で [続きを読む]
  • すい臓がん2年6か月目に入りました!
  • う〜ん。なかなかすごい。本当に、こんなに長生きしてくれるとは、全く思っていませんでした。うれしいですが、少し戸惑っています。(本人には言えない・・・)昨日の体調のまとめでは書ききれなかったことがありましたので、少し追加です。3月中旬まで、肺が苦しい、痛いと言っていましたが、最近は痛くないと言います。???丸山ワクチンが効いているんでしょうか?こればかりはCT検査してみなければわかりませんが。 [続きを読む]
  • 代替医療2か月目の終わり:3月の体調のまとめ
  • 3月初め、痺れ対策として牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)を飲み始めて、1日1包から2包に増やした時に下痢をしましたが、また1包に戻したら下痢は止まりました。その後、「肺が痛い、苦しい」と言い始め、そして、「死が近づいていると思う」と、泣き言を言い始めました。(肺がんが増大しているのかな…)と心配しました。その後、わたしが肺がんの勉強をしていて、「肺が苦しいのは肺のがんが増大しているんじゃなくて、 [続きを読む]
  • ブーメラン
  • たろ夫、引き続き体調絶好調です。「天ぷらとか油っこいものはやめてね!またひっくり返るよ。甘〜いお菓子もやめた方がいいよ!」と、あまり調子に乗らないようにくぎを刺しています。最近書きました、「面白いもの(療法)」について、勉強していると、あまりの難しさに放棄したくなってきました。「たろ夫自身は遊びほうけて、なんでわたしがこんなに必死に勉強しなくちゃいけないんだ。本人がやらないんならもういいんじゃな [続きを読む]
  • ひっそりと
  • 超真面目に始めたこのブログですが、副作用のない抗がん剤P-THPをいち早く紹介してしまったばっかりに、超ど素人のハゲジイジに「いい加減なこと書くな!」と自分で確かめもせずケチをつけられ、超真面目に紹介した「紅豆杉」ですが、「中国から個人輸入」の部分だけをみて、「うそくさい」と判断したおっさんたち(ハゲジジイ他1名)。「紅豆杉」は、日本国内の複数の有名大学でも研究されている、抗がん作用がある漢方薬(少 [続きを読む]
  • 驚異的な回復といっていいでしょう
  • 標準治療終了2か月目も終わりつつある今、正直に申しまして、わたしも、いつ容態が急変するのかわからないと思いながら生活している日々ですが…。たろ夫の『生きる』という執念なのでしょうか。今日は、先週月曜日、悪天候でキャンセルになった旅行に一緒に行くはずだったご夫婦と、昼食を一緒に食べました。昨日までぐったり家で休んでいたたろ夫。今日も、まだ少し足の腫れはありますし、声のかすれもあります。しかし、 [続きを読む]
  • 経験者だからちょっと余裕がある
  • 昨夜、昼からずっと寝ていたたろ夫ですが、夜8時ごろやっと起きてきて、「夕食は何もいらない。紅豆杉も飲めそうにない…いらん。」と言いつつ、ミカンを2個食べました。フラフラで、声もガラガラで、どうなることやらと思いましたが、今日はかなり回復していました。声も、しゃがれてはいますが、昨日、おとといのようにガラガラではありません。しつこいようですが「副作用で下痢・嘔吐、危うく死にかけた事件」(1年3 [続きを読む]
  • 嘔吐、足の腫れ。終末期突入でしょうか
  • 「だから言ったのに・・・」とはもう、言えませんでした。昨日夕方、旅行から帰ってきてへとへと。足腰が痛いらしく、へこへこ歩いていました。昨夜は足の裏に光線を40分くらい当てて、もう、他の箇所はいい、と本人が言うのでやめて、すぐに寝ました。足の foot の部分がパンパンに張れていたのが気になりました。今朝は、金曜日の週課である市場には行きましたが、具合が悪そう。そりゃあ昨日とおとといで一人で500キロ [続きを読む]