upuptenpo さん プロフィール

  •  
upuptenpoさん: サラリーマンが稼げるオススメの副業を大公開
ハンドル名upuptenpo さん
ブログタイトルサラリーマンが稼げるオススメの副業を大公開
ブログURLhttp://upuptenpo.jp
サイト紹介文サラリーマンでも稼げる副業のノウハウをお伝えします!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/11/08 15:41

upuptenpo さんのブログ記事

  • ブログのジャンルの決め方!
  • それではブログを実際に作る前に「狙うジャンル」を決めていきましょう。ブログのテーマはなるべくなら特化させた方がいいです。「ウェブ制作」に関するブログを作るよりも「WordPressでのブログ運営」に特化したブログを作るなど、広く浅いテーマを扱うよりも狭く深いテーマの方が専門性が高いため、RSS登録ヤTwitterのフォローもつきやすく、ソーシャルメディアでも広がりやすいです。自分はどのジャンルの知識を持っているのか [続きを読む]
  • 独自ドメインのメリット
  • 続いてドメインについてご説明します。ドメインとはいわゆるURLのことで独自ドメインは「自分で決められるオリジナルのURL」になります。通常、レンタルサーバー会社のドメインを使う場合、サーバー会社のURLが最初に入ってしまいますが、独自ドメインを使うことで完全に自分でURLを決めることが可能です。例えばさくらのレンタルサーバーを借りる場合は、通常ドメインは以下のようになります。http://決めたドメイン.sakura.ne.jp [続きを読む]
  • ブログとワードプレス、どちらで作ればいいか?
  • アフィリエイトをやる媒体には、誰でもすぐに始められる「ブログ」と制作の技術と知識がいる「ウェブサイト」、その中間にあたる「ワードプレス」と、大きく分けて3つの種類があります。まずは各媒体の長所・短所についてご説明いたします。無料ブログのメリットとデメリット「ブログの長所」●テンプレートを選ぶだけなので初心者向き。●HTMLやCSSを学ぶ必要がほとんどない。●記事を書くだけで、細かいSEO施策をする必要がない [続きを読む]
  • SEOで検索順位をあげるノウハウ
  • 短期間でネット収入を獲得するためには、SEOを正しく理解することが大事です。私が短期間で毎月10万円以上を稼げるようになったのは正攻法かつ最も近道なSEOを理解し、そして実践したからです。正攻法のSEOを使っていればどんなアルゴリズムアップデートでも順位は落ちることなく、逆にどんどんと順位を上げていくことが可能です。そしてその正攻法のSEOで大事なことが以下の3つです。1、被リンクを獲得するバイラルコンテンツ2 [続きを読む]
  • 効果抜群なSEO対策!
  • それでは2018年の現在、正攻法で効果のあるSEOを一覧にしてご説明します。以下のSEOをブログに施すことで間違いなく成果を伸ばすことができるでしょう。これからのステップで詳しく説明していきますがまずは、「以下の項目がSEO対策になる」ということを学んでおきましょう。(1)TITLEは読みたくなるタイトルにする。とても基本的なことですがTwitterやFacebookではタイトルのみでシェアされるので されやすいタイトルに [続きを読む]
  • SEO対策の前に知っておくべきこと
  • 前回の記事ではブログアフィリエイトで不労所得を得るために必要な知識やスキルをご紹介しました。 そこで今回はその中でも一番重要なSEOについて書きたいと思います。いきなり「SEO対策!」と言っても、まずは何故SEOが重要なのかを知ってるかどうかで力の入れようが変わって来ます!焦らずにSEOの必要性を理解してください!SEOの仕組みを知ろうそれでは「正しく、効果的なSEO」の基本を学んでいきましょう。検索エンジンは様々 [続きを読む]
  • アフィリエイトで稼ぐために必要なこと
  • 前回の記事では数あるアフィリエイトの中でも最も効率的な稼ぎ方は「成果報酬型アフィリエイト」をメインに考えて「1つのジャンルに特化したブログ」を作成することが重要だとお伝えいたしました。ではブログを作成するためにどのようなスキル・知識が必要なのか。アフィリエイトで不労所得を稼ぐためにはどのようなスキルが必要なのかを書きたいと思います。WEBの知識を学ぼうブログの運営とちょっとしたカスタマイズをするには [続きを読む]
  • 懸賞を当てやすくする方法
  • よく利用される応募の方法として、ハガキとインターネットの2つがあげられます。 一般的にハガキの方が、当選確率が高いです。 理由はやはりインターネットより手間と負担がかかるというのが一番の原因だと言われています。それ以外にもインターネットだと自分の事をアプローチしにくいため、懸賞生活をしている方々の大部分はハガキで行っているのではないでしょうか?そこで、ここでは懸賞に当てやすくするコツを簡単に説明しま [続きを読む]
  • ブランド品を毎月、タダで買う方法
  • 皆さんブランドだからと高いお金払って買っていませんか?それってかなり損しています!!本日はブランド品を毎月、タダで買う方法をご紹介します!それはYahooでお買い物等をした時にもらえるYahooポイントを利用するのです!ではYahooのポイントをタダで獲得する方法は??Yahooショッピングにてポイントが獲得できる出来るだけ高価な商品の注文手続きを行います。この時の高価な商品の選択は、自分が欲しい商品であったり、自分 [続きを読む]
  • Word・Excelの効率化作業
  • ■リボンに割り当てられたショートカットキーを駆使する WordやExcelのリボンコマンドは「ホーム」「挿入」「デザイン」などのタブに分かれていますが、何か操作を行うたびに、いちいち該当タブを開き、タブの中から目的のコマ … 続きを読む Word・Excelの効率化作業 → [続きを読む]
  • Word &Excelは「先行指定」で操作する
  • 目的の操作対象は「先行指定」するWordやExcelは、「操作したい対象」(文字列、オブジェクト、セルなど)を「先行指定」(選択)してから目的の操作設定を行うのが基本です。先行指定後は「リボンコマンド」から操作設定を行うのが基本になりますが、実は選択後に「右 」も便利です。例えばWordの文字列を選択して右 すれば、「ミニツールバー」に「フォントの種類」「フォントサイズ」「ルビ」「太字/斜体/下線」な [続きを読む]
  • 離席時は必ず「ロック」する
  • 重要なデスクトップの「ロック」ビジネス環境では、デスクトップを表示したまま席を離れると、メールや機密データなどを盗見られてしまう可能性があります。ですから、席を離れるときは必ずデスクトップを「ロック」する習慣をつけましょう。デスクトップをロックすれば、パスワードを入力しない限りデスクトップ操作を行えなくなるため、安全性が高まります。ロックは、ショートカットキーWindows +Lキーで簡単におこなえます。打 [続きを読む]
  • デスクトップの領域を「倍」にする
  • デスクトップを「広く」するずるいテクニック使用しているパソコンによっては、「デスクトップが狭い」と感じることもあるかもしれません。そんなときはWindows10の「仮装デスクトップ」機能を使えば、デスクトップを増やして&使い分けて作業することができます。仮装デスクトップを使うには、ショートカットキーWindows +Tabキーで「タスクビュー」を表示して、画面右下の「 +新しいデスクトップ」を すれば、新しいデスク [続きを読む]
  • 「今見たいウィンドウ」を一発で表示する
  • Windows」は「ウィンドウ・ズ」であり、デスクトップに複数のウィンドウを展開して作業するスタイルが基本です。ウィンドウをいちいち閉じずに必要に応じて「今作業したいウィンドウ」に切り替えていくのが正しい活用法なのです。ここでは、目的のウィンドウに一発で切り替えるための主な機能を3つ紹介します。この3つの機能をフル活用し、ウィンドウをサクサク切り替えながら効率的に作業する習慣をつけてください。①「タスクバ [続きを読む]
  • データを開くアプリをあらかじめ決めておく
  • 起動するアプリを指定して無駄をなくすファイルをダブル すると、Windowsが「既定」とするアプリでファイルが開きます。例えば標準的な環境であれば、画像ファイルをダブル すると「フォト」が、テキストファイルをダブル すると「メモ帳」が起動してデータが開きます。しかし、時には既定以外のアプリで開きたいことがあります。例えば、画像を「見る(閲覧)」のではなく「編集」したい場合には、ファイルを [続きを読む]
  • 2つの画面を並べたいときは「2画面表示」にする
  • 2つの画面をピッタリ並べる「ウィンドウスナップ」パソコンで作業していると、「何かを参照しながら作業をしたい」という場面があります。例えば、参考になるExcel資料やwebサイトを参照しながら、Wordで企画書を作成したいなどの場面です。このような場面に活用できるのが「ウィンドウスナップ」という機能です。ウィンドウスナップでは「デスクトップ上の2つのウィンドウをピッタリ並べる」ことができ、いわば「2画面表示」のよ [続きを読む]
  • キーボード一発でデスクトップを表示する
  • 無敵の「デスクトップ表示」操作社外秘など、人に見られてはいけないデータを閲覧している場面で、背後に人が迫ってきた場合にはどうすればよいでしょうか?「デスクトップをロックする」という方法もあるのですが、ほんの一瞬だけ画面を隠せばよいだけなら、「全てのウィンドウを最小化してデスクトップを表示する」という方法が最適です。ショートカットキーwindow +Dで、デスクトップ上の全てのウィンドウを一瞬で最小化できま [続きを読む]
  • ウィンドウの移動やサイズ変更はキーボードで行う
  • ■キーボードで高速にウィンドウを操作するウィンドウを移動する際はタイトルバーをドラッグ、ウィンドウサイズを変更する際はウィンドウの四隅をドラッグというように、マウスで操作するのが一般的です。しかし、ウィンドウの移動やサイズ変更も「ショートカットキー」で行う習慣をつければ、より素早く作業することが可能です。キーボードでのウィンドウ移動やサイズ変更は「カーソルキー」で行うことができ、細かな位置決め&サ [続きを読む]
  • 「電源ボタン」の役割を指定する
  • 電源ボタンの誤作動をなくすための設定パソコンの電源ボタンは、案外トラブルのもとです。例えば子供は目の前にボタンがあると押してしまいがちですが、作業中に勝手に電源を切られたりしたらたまったものではありません。実は、電源ボタンを押したときの動作は、自由に設定が可能です。仕事環境・生活環境に合わせて、電源ボタンの役割を設定しておきましょう。「電源ボタン」の役割を変更したい場合は、コントロールパネルから「 [続きを読む]
  • パソコンを軽快に動作させる
  • ■パソコンの「仕事量」を減らせば軽快に!パソコンは私たちが快適に操作できるように様々な処理を行っていますが、「視覚効果」もその1つです。気づかないかもしれませんが、例えばWindowsの各種メニューは、にゅるりと生えてくるようなアニメーション効果を行なっています。また[スタート]メニューやタスクバーは、よく見ると透明効果が有効で「透けて」います。これらの視覚効果は、停止しても特に操作に支障があるものではあ [続きを読む]
  • パソコンは 「そのまま」使わない
  • 「設定」と「コントロールパネル」を覚えよう無駄を省いて効率的にパソコンで仕事を行うためには、「自分が使いやすい状態にしておくこと(=カスタマイズ)」が大切です。従来はパソコンのカスタマイズといえば「コントロールパネル」から行うのが基本でしたが、Windows 10では「設定」(単に「設定」ではわかりにくいので、本書では「設定」と表記)という機能が追加されており、「設定」と「コントロールパネル」の双方を利用す [続きを読む]
  • タスクバーを使いこなす
  • ■よく使うアプリはタスクバーに「ピン留め」するデスクトップの最下部のバーを「タスクバー」と呼びます。タスクバーは文字通りタスク(アプリ作業)を管理するのに最適な場所です。よく使うアプリは「タスクバーにピン留め」する習慣をつけましょう。タスクバーにアプリをピン留めするには、任意のアプリを起動後、該当タスクバーアイコンを右 してジャンプリストから「タスクバーにピン留めする」を選択するだけです。■タ [続きを読む]
  • データはこまめに「保存」する
  • ■「データ消失」はダメージが大きい編集中のデータを失うことは、誰にとっても避けがたいものです。せっかく時間をかけて作業していたのに、データを消失してしまって再度やり直し・・・そんなことになったら目も当てられません。かつては、OSやアプリの不具合で「突然パソコンが動作停止する」ということが珍しくありませんでした。私も、アプリが突然フリーズして編集中の内容が消失してしまい、せっかくひらめいた企画や書き上 [続きを読む]
  • ファイルは簡単に捨てない
  • ■「自分が作ったファイル」は貴重品「いらないな」と思ったファイルを、どんどん「ゴミ箱」に放り込んでしまう人がいます。よく「大切なファイルを間違って捨ててしまった」などという話を聞きますが、「そもそもゴミ箱に捨てるな」という話です。「ゴミ箱」は文字通り「ごみを捨てる場所」です。本当に捨ててしまってもよいものは捨てても構いませんが、自分で作成したWordやExcelなどのファイルは、世界にたった1つしかない貴 [続きを読む]
  • タッチパッドを使い倒す
  • ■タッチパッドは使いづらいは過去の話ほとんどのノートPCにはタッチパッドが備えられています。タッチパッドについては「使いづらい」「操作の邪魔」と思っている人も多いかもしれません。しかし一昔前ならいざ知らず、今のタッチパッドは「キーボードでキー入力中には感度を下げる」などの配慮を行っており、操作性も飛躍的に向上しています。タッチパッドは「なぞればマウスポインター移動」「タッチパッド上をタップすれば左ク [続きを読む]