田中勝悟 さん プロフィール

  •  
田中勝悟さん: 不登校の子どもと親を応援するブログ
ハンドル名田中勝悟 さん
ブログタイトル不登校の子どもと親を応援するブログ
ブログURLhttp://hutoukou-ouen.seesaa.net/
サイト紹介文このブログでは不登校の子どもとの関わり方・理解の仕方・支え方についてお伝えしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/11/08 20:14

田中勝悟 さんのブログ記事

  • 2018年11月の不登校親の会の案内
  • 2018年11月の親の会くろーばーの案内です。リード : 田中 勝悟(臨床心理士)アシスタント:湊 順一郎(不登校の子どもを持つ父親)日時 : 2018年11月25日(日) 14:00〜16:00場所 : 神戸三宮勤労会館 4階 応接会議室参加費: 1000円(部屋代・資料代込み)対象者: 不登校、引きこもり、ニートの子どもを持つお父さん・お母さん不登校の解決策は、子どもをどう理解するか。その上で、子どもの手綱を上手にもっ [続きを読む]
  • 不登校解決になぜ専門家の支援が必要か
  • 久しぶりの投稿です。不登校の解決を自力で頑張るお母さん・お父さんが多いですが、できれば専門家の支援を入れるべきだと思います。不登校の支援で必要なのはなにも親子の距離感です。子どもとの距離感がぐちゃぐちゃになると、適切な関わりができなくなり、結果として、家庭内暴力や引きこもりにつながる可能性が高くなります。これは非常にまずい状態です。この状況脱却する一番の方法は、親自身がカウンセリングを受けて、すこ [続きを読む]
  • 2018年9月の親の会のご案内
  • 2018年9月の親の会のご案内です。基本は親同士で話し合い、意見交換をしていく場です。どうぞ参加希望の方はお問合せより、ご連絡ください。 <記>リード : 田中 勝悟(臨床心理士)アシスタント:湊 順一郎(不登校の子どもを持つ父親)日時 : 2018年9月30日(日) 14:00〜16:00場所 : 神戸三宮勤労会館 4階 応接会議室参加費: 1000円(部屋代・資料代込み)対象者: 不登校、引きこもり、ニートの子ど [続きを読む]
  • 生きる力の不足とは?
  • 不登校の原因の一つに「生きる力の不足」があります。不登校の原因となるのは次の3つがそろった時この「生きる力」についてですが、なかなかピンとこない人も多いと思うので、ここで説明したいと思います。「生きる力」とはどのようなものでしょう?簡単に言えば、「周りを気にせずに前に進む力やエネルギー」です。例えば、周りから批判されたとします。「まあ、なんか言われたけどまあいいか。とりあえず、やることやろう」と割 [続きを読む]
  • 子どもとの距離感を作る
  • 不登校になってしまうと、家族間の距離やバランスがかなり崩壊してしまいます。普通の日常が一気に崩れてしまうので、家族がバラバラになってしまうのは当然の状態だと思います。中には家庭崩壊まで追い込まれてしまうケースもあります。そこから少しずつ子どもの関係を見直していくことで、不登校を解決していく方もいますが、残念ながら行き詰ってしまって家庭がめちゃくちゃになってしまったという人も見てきました。そのため、 [続きを読む]
  • 2018年6月の親の会の日程について
  • 2018年6月の親の会「くろーばー」の案内です。不登校親の会くろーばーの案内です。4月までは午前中の開催でしたが、2018年5月から午後2:00〜の開催になります。お間違えなきようお願いします。子どもを支えるためには、なんといっても子どもを理解することが大切。そして、親子関係がよりよくならないとどんな支援も逆効果です。不登校親の会では、その二つのポイントに絞って話し合いを行います。そのため、月1回でも確実 [続きを読む]
  • 不登校と選択理論〜親の会くろーばーの基本方針
  • 不登校の改善に関する理論や知見はいろいろありますが、不登校の親と子どもを応援する会では選択理論心理学をベースにした支援を行っています。不登校のアプローチの仕方は医学的、社会的、心理的アプローチにそれぞれ分かれます。もちろん、それらに良し悪しはなく、不登校の原因についてそれに合ったアプローチの仕方があるということです。例えば、病気が原因で学校にいけない場合は医学的なアプローチが有効ですよね。貧困や虐 [続きを読む]
  • 2018年5月の親の会について
  • 2018年5月の親の会「くろーばー」の案内です。不登校親の会くろーばーの案内です。4月までは午前中の開催でしたが、2018年5月から午後の開催になります。お間違えなきようお願いします。子どもを支えるためには、なんといっても子どもを理解することが大切。そして、親子関係がよりよくならないとどんな支援も逆効果です。不登校親の会では、その二つのポイントに絞って話し合いを行います。そのため、月1回でも確実に前に [続きを読む]
  • 朝起きれない不登校の子供を起こすには?
  • 不登校の親御さんが直面する課題の一つが、「子供が朝布団から起きようとしない」こと。朝起きれない8時30分過ぎたら布団から出て朝ご飯を食べる・・・これはまだましな方で、ひどくなると昼過ぎまで起きてこず、昼夜逆転してしまうお子さんもいます。無理やり起こそうとすると、当然反発し、ますます起きなくなります。小学校低学年くらいなら力づくで起こせますが、高学年・中学生の子どもを無理やり起こすのは至難の業です。こ [続きを読む]
  • 親は毅然とした態度で話し合う姿勢が大切。
  • 不登校の接し方の基本として、一番大切なことは「毅然とした態度」に他なりません。先日の親の会の話で、お子さんがSNSで知り合った友達とルームシェアをしたいという話がでました。ちなみにお子さんは20歳の子です。この時にその保護者さんは、狼狽えることなく、お金は自分で稼ぐようにと伝えたとのことです。お子さんはその話を真剣に聞いてたとのことです。この話を聴いて、私は「この保護者さんの対応はすごい」と思いまし [続きを読む]
  • 不登校の原因や気持ちを理解するためのおすすめの本
  • 今回はおすすめ情報です。不登校の解決には理解が必要です。例えば、熱が出てしんどくて、それが何か月も続く場合は、原因を探さなければいけません。病院に行き、検査を受けます。そして甲状腺機能障害であったり、ストレスによるうつ状態であったり、何らかの原因が見つかります。その原因に沿って治療を受けてやっと治ることができます。それと同じことが不登校の解決にも必要なのです。まずは不登校の原因を理解し、子どもの気 [続きを読む]
  • 反抗期の子どもとの付き合い方
  • 反抗期の子どもは非常に関わりが難しいものです。その一つが、「自分らしさ」が出てくる時期と関係しています。自分らしさが出てくると、前までは何でも「わかった」とできていたことが、急にできなくなってしまいます。例えば、中学生の時って一人でマイペースにできる時間があるとホッとしませんでしたか?自分らしさが出てくるということは、周りと合わせるのにエネルギーを使ってしまうということです。だから、一人で過ごす時 [続きを読む]
  • 2018年1月の親の会「くろーばー」の案内
  • 2018年1月の親の会「くろーばー」の案内です。今年最初の親の会です。基本は親同士で話し合い、子どもの関わり方や親の悩みを語り合う会です。不登校支援は何といっても親のモチベーションが大切。新年にとっかかりを見つけることで、不登校を乗り超えるヒントが見つけていきましょう。ご参加お待ちしています。 <記>リード : 田中 勝悟(スクールカウンセラー)アシスタント:湊 順一郎(不登校の子どもを持つ父親)日時 [続きを読む]
  • 2017年12月不登校親の会くろーばーのご案内
  • 2017年12月の親の会「くろーばー」の案内です。今年最後の親の会です。基本は親同士で話し合い、子どもの関わり方や親の悩みを語り合う会です。最後にいろんな話をしてすっきりして、新年に向けての心の整理をしましょう。ご参加お待ちしています。 <記>リード : 田中 勝悟(スクールカウンセラー)アシスタント:湊 順一郎(不登校の子どもを持つ父親)日時 : 2017年12月17日(日) 9:30〜11:30場所 : 神戸三 [続きを読む]
  • 不登校を支える親のしんどさ
  • 不登校の子どもを支える親はとてもしんどいと思います。特に今の時代は、夫婦共働きも多いので、仕事をしながら学校にいけない子どものことも考えないといけません。これだけでも大変な労力です。中には子どものために、会社の人に嫌味を言われながら休んでいるお母さんも多いと思います。そのストレスから子どもに当たってしまい、子どもとさらに距離が開いてしまうという悪循環に陥ってしまうといった場合もあるでしょう。だから [続きを読む]
  • 絵本作家のぶみさんは不登校の特徴がよく表れている。
  • 独特の感性を強く持っている不登校は、そのまま芸能界や芸術家、アーティストになることがよくあります。枠にはまった社会よりも、自由に自分を表現しやすい芸能界の方で才能を発揮できるからだと思います。例えば、絵本作家ののぶみさんは、少年時代は不登校、そして不良グループのリーダーという経歴を持っています。不登校から不良ってかなり異色の経歴に見えますが、実は不登校と非行少年はとても良く似ています。独特の感性を [続きを読む]
  • 不登校になるかどうかは幼稚園くらいで予測ができる
  • よく「どんな子どもでも不登校になる可能性がある」と言われますが、独特の感性が原因である不登校に関しては、この文言は大きな間違いです。いじめや人間関係、担任の暴力、家庭環境、経済要因などで一時的に不登校状態にならざるを得ない不登校の子供に関しては、これらの原因がなくなれば、すぐに学校に行くことができます。しかし、周りから見て急に「頭が痛い」と言って不登校になったようなケースについては、なかなか学校へ [続きを読む]
  • 親の会くろーばーを開催して1年が経ちました
  • 今年の11月で不登校親の会くろーば―を開催してからようやく1年が経ちました。長かったような短かったような不思議な感じです。ここまでご協力いただいた湊さんにとても感謝です。さて、不登校親の会くろーばーではいろんな方が来られましたが、1〜2回の参加で「子どもが学校の先生と会うようになった」「親子の会話が出てきた」「部屋から出るようになった」といったうれしい声も聴くことができました。これは私や湊さんがす [続きを読む]
  • 自分を追い詰めないで
  • こんにちは。子どもが不登校になると、多くの親は「自分の子育てが間違っていたのか」と悩みます。そして、自分を追い詰めてしまって、うつ状態に陥ってしまうことも珍しくありません。それくらいお母さんは親業に対して責任を感じているのだと思います。しかし、不登校というのは親の育て方が問題となるのではありません。それは一つの要因ですが、不登校の原因とは、その子本来が持っている感性にあるのです。だからこそ、本来は [続きを読む]
  • 不登校親の会くろーばー10月の休会のお知らせ
  • お世話になります。今週の10月29日の不登校親の会くろーばーの開催ですが、台風での接近に伴い、会場が使えなくなる可能性があります。また、朝は良くても帰りの交通機関がストップしてしまい、帰れなくなる可能性もあります。そのため、10月の親の会くろーばーは休止とさせていただきます。楽しみにしていた方、参加しようと思っていた方がおられましたら、大変申し訳ございません。来月は11月26日の開催となります。どうぞよろし [続きを読む]
  • 不登校のメカニズム
  • いかがお過ごしでしょうか。今回は不登校のメカニズムについてお話しします。不登校のメカニズムについて、多くの専門家が知らない現状に本当にびっくりします。不登校の子どもを理解する際に大切な視点は「繊細さ」です。彼らは非常に繊細なため、周りの雰囲気にいち早く気づきます。そして、周りを傷つけないように、過度に合わしてしまう傾向があります。この傾向は実は幼少期より見られるもので、不登校のスペシャリストになれ [続きを読む]
  • 不登校の解決策の問題点
  • こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。親の会くろーばーを開催してきて、一年が過ぎようとしています。思えば早いものです。来られた方も10名以上おられます。中には参加しただけで、子どもが学校に行くようになったという嬉しいケースもありました。この一年を通して、改めて不登校の解決策の問題点を感じるようになりました。不登校の原因については、ほぼすべての子どもに共通していると思って間違いないと思います。もし、 [続きを読む]