3photos さん プロフィール

  •  
3photos さん: 3photos
ハンドル名3photos さん
ブログタイトル3photos
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/3photos
サイト紹介文3枚の写真で発見したことをお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/11/09 02:57

3photos さんのブログ記事

  • 世界一美しいサル
  • 世界一美しいサルと言われる「アカアシドゥクラングール」国内ではここズーラシアでしか見ることができません。初めて見た時は宇宙人みたいな顔だなと思いましたがよく見てみると茶色い襟の服を着た人のようにも見えます。去年生まれたこの子はまだ乳離れしてなかったんですね。左にいるのは2歳年上のお兄さんです。このサルはベトナムやラオスなどに生息していますがベトナム戦争の枯葉剤や森林伐採によって数が激減し絶滅が危惧 [続きを読む]
  • フンボルトペンギンの鳴き声
  • 全国の動物園にいちばん多くいるペンギンはフンボルトペンギンだそうです。よこはま動物園ズーラシアには間もなく生後3ヶ月になる雛がいます。甲高い声で鳴いているのは去年生まれた子でしょうか。雛が鳴き続けても親鳥はそっぽを向いています。親の躾でしょうね…この子はさっき飼育係さんから小アジを貰ったばかりです。それにしてもどんな鳥でも雛の鳴き声は可愛いですね。因みに大人のフンボルトペンギンはまるで牛や山羊…家 [続きを読む]
  • 心に残る時
  • 今年も夏の花、クレオメが咲いていました。風に舞う蝶のような花を咲かせるので西洋風蝶草とも呼ばれています。ちょうど池の噴水に虹がかかっていました。青空にかかる虹も素敵ですが池の噴水は瞬間、瞬間に虹の表情が出るようです。今この瞬間を切り取る…まだまだ未熟ですが心に残る”時”を記録出来たら…と思います。本日も訪問いただきありがとうございます。 [続きを読む]
  • 夏の池
  • 公園の池に波紋が出来ていました。あっちでも、こっちでも…波紋をつくっていたのは…そうアメンボです。アメンボの足は水をはじくので水面に浮いていることが出来るのですが足の周りの凹んだ水面が凹レンズのように光を拡散させて池の底に丸い影を落とします。水面の波紋と底を滑る丸い影…涼しさを感じさせてくれる風景ですね。8月7日 今日はもう立秋です。急に気温が下がりましたがまだしばらくは暑さが続きそうです。体調管 [続きを読む]
  • 一本の木の縄張り
  • 高さ20メートル近くあるメタセコイアの木そこに2種類のセミが並んで止まっています。実は左のニイニイゼミはずっと下の方に止まっていたのですが突然歩き出してミンミンゼミの隣にピタリと止まったところです。やがてニイニイゼミは離れて行きました。ミンミンゼミは何もなかったかのようにまた鳴き始めました。縄張り争いから同じ種類のセミがこのように接近するのは見たことがありますが自分よりずっと大きなミンミンゼミに挑 [続きを読む]
  • 成熟するみかん
  • 植物園のみかんの樹にたくさんの実がなっていました。大きさはピンポン玉大からもう収穫できそうな大きなものまで様々です。今年の夏の暑さはみかんも参っているようですが…夏が過ぎればやがて収穫の時です。それまでたくさん光を浴びてゆっくり成熟して行くんですね。本日も訪問いただきありがとうございます70-200mmF2.8MACRO A001k-3 [続きを読む]
  • 水族館でスナップ練習
  • 街中でスナップ写真…立ち止まってカメラを構えている自分も人から見られていると思うと勇気がいりますね。でも水族館はかなり暗いのでカメラを構えていても気にする人は誰もいません。水族館はスナップ写真の良い練習場になると思います。以前にF値が大きなズームレンズで行った時は全く上手く撮れませんでしたがこのレンズは水族館でよく写るので撮りたいものもすぐに見つかるようになりました。明るい単焦点レンズ…なるべく軽 [続きを読む]
  • 夏は水族館で涼もう
  • 2年振りに新江ノ島水族館に行ってみました。到着するまでは大変な暑さで参りましたが館内に入ると次第に汗がひいて行きました。暑い夏は冷房が効いた水族館でゆっくり時間を過ごすのも良いですね。涼しさが伝わりましたでしょうか。本日も訪問いただきありがとうございますFA50mm F1.4k-3 [続きを読む]
  • ラ チッタデッラ
  • 「ラ チッタデッラ」はイタリア語で”小さな街”を意味するそうです。トスカーナ地方の丘陵に造られたヒルタウンをモチーフに川崎駅前に登場した商業施設…と言っても出来てからもう十数年経ちますが折角川崎に来たのでちょっと寄ってみました。ここはまるで外国。昔の”工業都市川崎”のイメージはメインタワーに残されているだけでした。本日も訪問いただきありがとうございますFA50mm F1.4k-3 [続きを読む]
  • 目と耳で涼をとる
  • 川崎大師の風鈴市に初めて行ってみました。この風鈴市は今年で23回目ということで比較的新しいのですが全国47都道府県から900種3万個の風鈴が展示販売されているそうです。軒先に風鈴を吊るして目と耳で涼をとる…日本の夏の風物詩ですね。この音に涼しさを感じるのは日本人だけだということをご存知ですか。風鈴の音やスズムシの鳴き声も国によってはただの雑音に聞こえるそうです。日本人は自然現象や生き物に風情を感じようとす [続きを読む]
  • レトロな表現
  • 今回も過去写真のレタッチをしてみました。現像ソフト(Lightroom)で各色の彩度を一度全部最低レベルまで下げその後特定の色だけ少し戻す…という方法です。これはオレンジとイエローだけ少し戻しています。これはアクアだけ戻し、明瞭度を下げてみました。これはグリーン、アクア、ブルーの3色とさらに粒子を荒くしてみました。各種フィルム風に加工をする専用ソフトもあるようですがイメージに合うものを手作業で探していると” [続きを読む]
  • 真夏の摩天楼
  • 連日の熱波…暑さでとうとう幻覚が見えたようです。というのは冗談ですが西洋館で撮った写真を少し加工してみました。最近の暑さは外出すると危険とさえ言われます。でもこんな時こそ撮り貯めた写真を見直してみる良い機会になりますね。本日も訪問いただきありがとうございますFA50mm F1.4k-3 [続きを読む]
  • 小さな花火会場
  • 梅雨明け前の穏やかな夜の海岸風景です。海の家から始まってこの日は10キロ以上歩き回りましたが最近のような暑さだったらとても体力がもたなかったでしょう。暑い時は無理をせず、こまめに水分をとってこの夏を乗り切りましょうね!※このような花火ではケーブルレリーズを使わなくても導火線に点火されたと同時に2秒タイマーでシャッターを切るとうまくいくようです。本日も訪問いただきありがとうございますsms DA18-135mmF3.5- [続きを読む]
  • 蓮池のアオモンイトトンボ
  • ようやく全国各地で梅雨が明け始めましたね。フラワーセンターの蓮池ではアオモンイトトンボの集団産卵が見られました。拡大しないと分かりませんが下の写真の中にたくさんのイトトンボがいます。近くで見てみると多くのオスがメスと連結しメスは腹を曲げてハスの葉の裏側に卵を産み付けています。こちらはこの春生まれた成虫の子供…ヤゴから羽化したばかりの成虫のようです。アオモンイトトンボ子供の頃自宅周辺にいつもいた小さ [続きを読む]
  • 黄昏時のドラマ
  • 夕日をバックにパラソルと人物のシルエットを撮っていたら、それまでテーブルにいたカップルの一人が目の前を横切りました。先週江ノ島で撮ったスナップですが、飲み残した二つのコップにドラマを感じてしまいました。本日も訪問いただきありがとうございますsms DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WRk-3 [続きを読む]
  • 蓮池と午後の光線 
  • 毎年行っている蓮池に行ってみました。いちばん良い時期は過ぎてしまったようですが蕾はまだまだあります。本当は朝早く撮りたいのですが朝は苦手なので…本日も訪問いただきありがとうございますsms DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WRk-3 [続きを読む]
  • 1/f の揺らぎ
  • 暑い日が続いていますが風のある日は近くの公園に行ってみて下さい。日中は人がほとんどいませんが木陰に入ると木漏れ日が揺らいでいます。自然と私たちの体が共鳴する1/fの揺らぎです。とくに風が強い時は木漏れ日が揺れるというより唱っているようにあちこちで明滅します。光源はお日様、プロジェクターは樹木と風。自然が織り成す真昼のプロジェクションマッピングですね。1/fの揺らぎはあちこちで体感することができます。本日 [続きを読む]
  • ガラスの向こう側
  • ガラスの向こうは…昼寝から目覚めたレッサーパンダガラスの向こうは…ダンボールの遊具に喜ぶミーアキャットガラスの向こうは…人垣に混じってるチーター横浜動物園ズーラシアでのスナップです。暑い日は動物たちはぐったりとしていることが多いのですがこの日はいろんな表情を見せてくれました。本日も訪問いただきありがとうございます70-200mmF2.8MACRO A001k-3 [続きを読む]
  • 夕焼け橋
  • 橋に差し掛かった頃、空が色付いて来ました。夕方は忙しい時間帯でもあります。チラと見ただけで足早に通り過ぎる人もいます。立ち止まってしっかりと記憶に止める人もいます。久しぶりの綺麗な夕焼けでした。次回ははいつどこで見ることができるでしょうか。相変わらずjpegのみで撮っていますが今回はLightroomのトーンカーブで補正してみました。フルサイズカメラとパソコン買い換えるまでRAWで撮らないかな…本日も訪問いただき [続きを読む]
  • ビーチカメラマン
  • 砂浜を歩いていたら犬を連れた女の子が立ち止まっていました。誰かを待っているんでしょうか…逆光の夕日が素晴らしい演出をしています。カメラを持っていたら撮りたくなるシーンですね。渚でスナップを撮っていると突然の大波に慌てることがあります。この人は短パンにビーチサンダルで万全ですが私は長ズボンにスニーカーでも一度濡れてしまったら開き直れます。こちらははクローズアップで砂と泡を狙っているようです。ビーチで [続きを読む]
  • 海の家
  • 梅雨が明けてないのに真夏のような陽気が続いていますね。湘南の海岸では海開きはまだ先のようですが海の家は今準備に追われています。こちらはもう最後の追い込みのようです。こちらはまだまだこれからですね。体格の良い職人さんもサーファーでしょうか。外が気になってしまうようです。本日も訪問いただきありがとうございますFA50mm F1.4sms DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WRk-3 [続きを読む]
  • アジサイ色の秘密
  • 七変化と言われるアジサイは鬱陶しい梅雨の間私たちの目を楽しませてくれますね。アジサイは日本原産ですが四季折々変化に富む日本の風土と何か関係があるのでしょうか。今回は化学のお話です。火山帯にある日本列島はアルミニウムを含む火山灰が多くありました。アルミニウムはほとんどの植物の根の成長を妨げてしまうそうです。その中でアジサイの根はアルミニウムを無毒化して吸い上げこれが花の色素(アントシアニン)と反応す [続きを読む]
  • 聖地巡礼
  • ずっと海沿いに歩いていたらと江ノ電の鎌倉高校前駅に着きました。ホームから国道を挟んですぐ前が海で江ノ島もよく見えます。「関東の駅100選」に選ばれたこともあるそうです。ここは景色の良さだけでなくもうひとつの理由で訪れる人たちがいます。この駅のすぐ隣、何もない踏切に人だかりがあるので映画の撮影でもあるのかと聞いてみました。ここはアニメのモデルになったゆかりのある踏切でとくに台湾から来た日本のアニメファ [続きを読む]
  • 6月 鎌倉の海 
  • 久し振りに江ノ電に乗ってみました。鎌倉から極楽寺駅で降りて成就院へ…ここは以前来た時工事中でしたが名物となっていたアジサイをそっくり被災地の宮城県南三陸町へ寄贈したそうです。代わりに植え始めたのは萩の苗でこれからこの地の風景も変わって行くんでしょうね。参道の上からは由比ヶ浜の海岸が見え、花があまりなくてもここからの眺めは絶景です。海に降りてみました。稲村ヶ崎では子供たちが水遊びをしていました。この [続きを読む]
  • 東慶寺の華
  • 紫陽花の季節に初めて東慶寺に行ってみました。まず目に止まったのは入口近くの下野(シモツケ)です。この時期時々目にしますがこれほど見事な株は初めて見ました。紫陽花や花菖蒲も咲いています。この日はちょうどイワガラミの特別公開をしていました。30年ほど前に本堂裏の一角に植えたものが崖一面を覆うほどに成長し名前のとおり岩肌に絡みつくように咲く姿は中々見ることができないそうです。今年は平年より2週間ほど開花が [続きを読む]