えりー さん プロフィール

  •  
えりーさん: ふるさと納税だけじゃない節税裏ワザ集
ハンドル名えりー さん
ブログタイトルふるさと納税だけじゃない節税裏ワザ集
ブログURLhttp://www.setuzei.xyz/
サイト紹介文ふるさと納税や税金でポイント貯める裏技を大公開します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/09 13:48

えりー さんのブログ記事

  • ゴールデンウィークだから弘前の桜まつりで節税対策
  • ゴールデンウィークですね!天気も良くて気持ちがいい日が続いてます!まだ行き先が決まらない人にオススメなのが青森県の弘前の桜! ここ、毎年ゴールデンウィーク時期に弘前城で桜まつりを開催していて、これがまた圧巻です!これは桜の開花時期じゃなくて残念…ここにも、ふるさと納税が関係してるんです。なんと、さくらのオーナーになれる仕組みがてきているんです。寄付すると、オーナーとなるさくらの木の管理番号を記載し [続きを読む]
  • 原価3割までのふるさと納税総務省通知に逆らう自治体を発見!
  • 4月に入ってすぐ、原価3割まで、という制限が総務省通知によってかけられましたね。そこからもう1か月。各自治体の対応が見えてきました。なんと!もうパンフレットやウェブサイトを整備してしまったから今年度は変えない!という強気な姿勢の自治体もあるようです。例えば、長野県阿南町。ここはお米の返礼品で有名なのですが、栽培面積が広がったりしているので、原価率は変えないそうです!心強いですね。ほかにも、そういっ [続きを読む]
  • ふるさと納税 長野県伊那市で独自の家電返礼品見直しがスゴい
  • 長野県の伊那市は、ふるさと納税の返礼品として家電を多く取り揃えていました。節約好きのみなさんにはお馴染みですね!ですが、やはり総務省の通知に従うようです。ただし、丸のみしないあたりに骨太なものを感じます。<返礼品の調達価格を寄付額の3割以下になるように見直す><家電は調達価格が10万円未満とする>これが伊那市の新基準です。まったく家電をやらないわけではないのがミソです。調達価格が10万円を超える液 [続きを読む]
  • ふるさと納税返礼品の調達原価3割なら困る?
  • 総務省はふるさと納税の返礼品について、「原価は3割までにしてね!」と躍起になって自治体を指導していますね。たしかに海外の家電、とくにiPadなんかは原価を下げるのにも限界があるんだろうなっていうのはわかります。しかも、部品は別にしても最終的には日本で作ってないですし。でも、地元に工場がある家電なら、何がいけないというんでしょう。高級パンツを返礼品にした宮崎県日向市だって地元に工場がある縁から採用し [続きを読む]
  • 日向市の返礼品 セクシー男性下着TOOTの社長の○○がおかしい
  • 前にも書いたんですが、宮崎県日向市では地元に工場がある縁で、高級男性下着を返礼品に加えました。どうやら限定100枚はすぐになくなっちゃうみたいで!形を見ればわかりますが、すごく、この……立体感がすごいみたいなんですよねw履いてみても、きっとフィット感は私にはわからないんでしょうがwwwドラマ「カルテット」では高橋一生さんが下着を「ランジェリー」と呼ばれて戸惑っていましたが、これなら男性用でも「ラン [続きを読む]
  • 総務省の「上限3割」通知に従う町長がちょっと……
  • 全国有数のふるさと納税の寄付額を誇っているのが、佐賀県上峰町。ここの武広勇平町長が「(総務省が返礼割合の上限を3割以下とする)通知は重く受け止める」と話したそうです。今後は返礼品の内容量を減らしたり、受け付けサイトへの高額商品掲載を見送るそうです。あああ……やっぱり何かがおかしいですよね。ダメなら、初めからルールというかレギュレーションを決めておけばいいんですよ。それをしないで、あとから規制かける [続きを読む]
  • 沖縄の高級パイナップル缶がふるさと納税に登場
  • あぐー豚で知られる沖縄県東村。ここで獲れる高級パイナップル缶がふるさと納税に登場して話題になっていますね。3万5000円以上の寄附で貰えるんですが、甘さ控えめのシロップに浸かっていて、冷やして食べると果実の味わいが引き立ちます!沖縄……いいなぁ……新学年、沖縄の太陽で育ったパイナポーを食べて元気出しましょう〜〜Copyright © 2017 ふるさと納税だけじゃない節税裏ワザ集 All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 全国に余波 忖度のふるさと納税
  • うーん、こんなに変わっちゃうんですね、、、ふるさと納税です。総務省の通達が出されてしまいましたね。いま流行りの「忖度」ってやつでしょうwでも、家電に強いふるさと納税サイトの「ふるなび」を見ると、まだあります!ロボット掃除機やIHコンロ、ヘルシオ、パソコン、一眼レフカメラなどがまだ生き残ってます。「ふるなび」家電ジャンルおそらく、あと少しでジャンルがなくなりそうです――Copyright © 2017 ふるさと [続きを読む]
  • 総務省からのエイプリルフール!
  • いやー、エイプリルフールに前触れがあるとは知らなかったですw明日の4月1日、総務省が全国の自治体に通達を出すと正式に発表しました。高市早苗大臣ですね。はい、もちろん、ふるさと納税の件です。返礼品の調達値段を、寄付額の3割までにせよ、というものです。さらに、具体的にカメラとか家具、時計はダメよ! と具体的に踏み込んでます。上限引き下げは、私たちに不利ですね。この通達に強制力はないというのですが、どこま [続きを読む]
  • 山形県知事も総務省に反旗!? ふるさと納税の上限3割で
  • 山形県知事の吉村美栄子さんも、ふるさと納税に関して、総務省の「押しつけ」に反発する発言をしたそうです。総務省がふるさと納税の返礼品額を寄付額の3割を上限の目安として示す方針を固めましたが、各地の自治体で反対の声が上がっていることになります。吉村知事は、各自治体それぞれの事情があるので、各市町村の思いを尊重することが大切だということを主張したようです。山形県は米どころで、お米の返礼品も多い地域です。 [続きを読む]
  • ふるさと納税で貰える男性用高級パンツって!
  • 宮崎県日向市がやってくれました!なんと5月から、ふるさと納税の返礼品に男性用の高級パンツを加えるんだそうです(笑)下着メーカーTOOT製だそうです!トゥートって読むんですよ?知ってました?私は知りませんでしたw立体縫製でフィットするらしいんですが、1枚4千円は高いっ!ふるさと納税の寄附額1万円につき1枚を返礼するそうですが…あれ?あれれ?総務省がさかんに言ってる上限マックスの3割を超えてますわよ。 [続きを読む]
  • 神戸マラソンもふるさと納税で走れる!
  • 神戸マラソンに10万円の「ふるさと納税」をすると出走権が確保できる「応援ランナー枠」ができるそうですよ!東京マラソンでも、10万円寄附すると出走できる枠があるらしいですね。でも、一度でもその手を使ってしまうと、二度と一般枠では当選しない、という都市伝説もwwま、マラソンに10万円払える富裕層な人は、払ってくれたらありがたいかもww神戸マラソンの「ふるさと納税枠」は先着200人だそうです!マラソンに興味 [続きを読む]
  • 岩手県葛巻町のふるさと納税が大人気すぎて
  • 岩手県葛巻町のふるさと納税の寄付額がすごかったみたいです。2016年度の合計額は2618万7000円、814件だったそうで、前年の347万5000円、94件からなんと7倍以上増えたそうです!調べてみたら、葛巻町のふるさと納税制度は06年度に創設で、返礼品の導入は3年目だとか。何がすごいかというと「ワイン」や「チーズ」「ヨーグルト」などの乳製品があることです。ワインは、いま人気すぎて品切れのものも! [続きを読む]
  • 悲報 ふるさと納税制度廃止
  • ふるさと納税制度が廃止……それもあながち、あり得ない話ではなくなってきています。制度自体はなくならなくても「返礼品禁止」というのは充分あり得るかと思います。ふるさと納税制度をつくっておいて、「予想以上に多くの人が制度を使ってしまった」という理由で制限をかけたり、制度をつぶすのは許せませんね。じゃあ作らなければいいじゃない!って、また怒りが。。。この話題では怒ってばかりです。。。でも、日経ビジネスと [続きを読む]
  • 【悲鳴】返礼品の上限が引き下げ
  • 総務省が「ふるさと納税」で寄付をした人に自治体がお返しとして送る「返礼品」の調達額に、初めて上限の目安を示す方針を固めたとのことです!それが、なんと。「寄付額の2〜4割とする方向」で調整しているんだそうです。困りますね!!せめて半分くらい返ってきてほしいところなんですが……これには強制力はないんだそうですが、総務省から目をつけられることを恐れた自治体のお役人は、どんどん引き下げていくんでしょう…… [続きを読む]
  • 確定申告受付終了でも大丈夫!〇年まで税金は取り戻せる
  • 確定申告の期限を迎えましたね。ふるさと納税した方は、ワンストップ制度を使うか、確定申告をする必要がありました。医療費控除を使う方も、確定申告をしないと戻ってきません。ちゃんとできました??せっかくオトクな「ふるさと納税」をしても、ワンストップか確定申告をしないと、寄附額が無駄になってしまいます!「でも、どうやっていいかわからないし、時間もない」という人のために朗報です。還付申告は5年後までOK!なん [続きを読む]
  • 「返礼品なし」のふるさと納税なのに人気の理由
  • 返礼品なし……節約を旨とする当ブログでは、ちょっと考えにくいキーワードです。何にももらえないのね……寂しいわwとはいえ、もともとのふるさと納税という制度は、返礼品なしの寄附ということで始まったもののはずです。だから、基本的にはボランティアというか、善意の制度なんです。それでも、あまり効果がなかったんですよね。だから、返礼品制度が出来たわけです。やっぱり人間というのはゲンキンなもの。特産品がいただけ [続きを読む]
  • 都会と地方で明暗が分かれたふるさと納税の活用法
  • いやぁ、本当に分かれていますね、地方と都会で。はい。「ふるさと納税」に対する温度差です。たとえば、東京23区の区長でつくる特別区長会がこの3月13日、「ふるさと納税」の制度見直しを求める要望書を総務省に提出したそうです。特別区長会は、<過剰な返礼品目的の寄付が増え、愛着のある自治体を応援するといった「本来の制度の趣旨から逸脱している」>と指摘しているそうです。このままでは税収減の影響で、<公共サービス [続きを読む]
  • 総務省「ふるさと納税改善策」への対策方法
  • 緊急事態です。とうとう総務省が「ふるさと納税」の改善策について動くことになりました!高市総務大臣が「ふるさと納税」をした人に自治体から贈られる返礼品につき、制度の趣旨に反する品物を用意しているところがあるということで、「具体的な改善策を公表する」という考えを示したんです。これまで、千葉県勝浦市の商品券などの換金性の高いものや、家電製品などの高額なものが返礼品になった例がありましたから、それらに対す [続きを読む]