桃伽奈 さん プロフィール

  •  
桃伽奈さん: 紅茶カップ
ハンドル名桃伽奈 さん
ブログタイトル紅茶カップ
ブログURLhttp://kouchilya.blog.fc2.com/
サイト紹介文「花より男子」の二次小説です。(類×つくし)メインでのんびりまったり更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/11/10 07:58

桃伽奈 さんのブログ記事

  • 釣り
  • 二次作家達は、突然である。何気ない会話から突然話が始まり、そして刻まれていく…このお話も、そんなひとコマから生まれたものです。さて、今日はどんなお話が始まるので [続きを読む]
  • 種と蕾の先へ 146
  • つくしside 聴き終わった理事長は、ずっと握っていたあたしの手を離し、変わりにギュッと抱きしめてきた。 耳元で「……お姉様」と、涙声で名を呟く声が聴こえる。「何年た [続きを読む]
  • 種と蕾の先へ 141
  • つくしside「そこまでっ!」 類が所長室で大城戸副所長の腕を締め上げ拘束したように、あたしも山田主任の腕を背中に回して拘束し、この場にいる犬達に話しかけた。 犬に [続きを読む]
  • 種と蕾の先へ 140
  • つくしside「あ……」 後ろを振り向くと、あっという間に犬との距離が縮んでいく。 あの犬達、時速何キロで走っているわけ? そんな事を考えている間に、2頭の犬はそれぞ [続きを読む]
  • 種と蕾の先へ 139
  • つくしside 大城戸副所長は類に自由を奪われ、観念したのか口を開いた。「お前らが言うように、それは牧野が持っていた物だ……間違いない」「なんであんたが持ってる?」「 [続きを読む]
  • 種と蕾の先へ 138
  • つくしside「お前たちは何者だ!?」「……」「……」 何者って言われて正直に話すバカはいない。 って、あたしはいつも思うが……。「……」「……」 答えずに黙ったままでいると [続きを読む]
  • 種と蕾の先へ 136
  • つくしside 夜になり、いつものようにみんなが寝静まるまで大人しく待って、あたしは布団を抜け出した。 今日一日「宝箱」って言葉を何度も考えたが、思い当たる節は1つ [続きを読む]
  • 種と蕾の先へ 133
  • 司side 学園が終わり家に戻ると、ババアが嫁ぐ前からこの屋敷で働いている「タマ」の名前を呼んだ。「坊ちゃん、おかえりなさいませ」 タマと一緒に大勢の使用人が列にな [続きを読む]