ヴェロニカ熊谷 さん プロフィール

  •  
ヴェロニカ熊谷さん: 病院嫌いが子宮頸がんになった時
ハンドル名ヴェロニカ熊谷 さん
ブログタイトル病院嫌いが子宮頸がんになった時
ブログURLhttps://ameblo.jp/kumagaiveronica/
サイト紹介文2016年3月に子宮頸がん(扁平上皮癌9センチ)4a 宣告
自由文2016年3月2日に子宮頸がん(扁平上皮癌)4a宣告
大の病院嫌いゆえ代替治療を希望するも
動物的カンにより「これでは間に合わない」と判断し
標準医療と代替のいいとこどりを試み決行中
※因みに腫瘍は最長9センチ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/11/11 21:09

ヴェロニカ熊谷 さんのブログ記事

  • 観葉枯れたら要注意
  • 家中あちこちに観葉植物を置いてます生き生きした葉っぱは家中にエネルギーを撒き散らしてくれるような気分にさせてくれます早い話が大好きなのです比較的管理が簡単なものを選んでおりますが植物の世話は苦手ではありません日照条件も良いようで我が家の植物はグイグイ育ちますしとても丈夫です2015年の暮れあたりから立て続けに枯れた時には吃驚しましたそれも丈夫なパキラそう言う事もあるさと始末をし空いた鉢にはアッサリお次の物 [続きを読む]
  • お暑い三連休
  • おあつうございます・・・・三連休はいかがお過ごしでしたでしょうかどこに行っても混んでて暑いのでどうせなら好きなところに行こう、ということで初日は真面目にラジウムとプラズマ翌日は一泊で外房某所の温泉に!太平洋を眺めながらの露天や血行促進に効果的な炭酸風呂そしてサウナなどを散々楽しみ久しぶりにポカリが美味しかったですもちろん、ミネラル補給もしましたよ出先ゆえコメントやメールの返信が滞っております追っ [続きを読む]
  • 再び鎌倉界隈
  • 再び鎌倉まで・・・ 先月6/19に上行寺様にお参りさせていただき その後の小さな変化に感謝してお礼参りです人間関係もそうですが神仏祈願もお願いしたら御礼が基本と思ってますと、偉そうに言いつつ・・・再びここでも遅刻着いたのは閉門をかなり過ぎた頃でした諦めきれずお堂の中をのぞくといつものおボランティアさんはいなくて代わりにランニングに短パン姿のお爺さんが・・・・明らかに渋々でしたが入れて下さり事情(お礼参り [続きを読む]
  • 婦人科ガン対策に”夏のメンテナンス”
  • ガン治療開始時期よりブラスマ療法と温熱機でお世話になってます築地のSAKURAさん社長のサクラさんが何故に独立、という妙な展開本家と共に応援できればと思いまた治療サポートとして今後も協力頂きたくリブログです今まで散々書いてきましたように温熱機やヨモギ蒸しやアロママッサージは治療していく上でとても有益ですこの機会にご縁が繋がれば幸いです尚、サクラさん独立へのささやかな協力といたしましてがん患者さん限定で [続きを読む]
  • 局所ピシバニール初回
  • 本宅病院でピシバニール注射しました前回までは上腕部で今回三回目は局所に、というか腫瘍そのものに直接注射ですタイミングとしては動注後一週間前後薬で傷ついた(弱った)腫瘍にトドメを指すイメージなのですが腫瘍以前に私が高熱出して大変でしたとはいえ、注射後に主治医が言った通りの現象で心の準備は出来ていましたのでアタフタせずに対処でき幸いでした「うまく行けば(免疫が上手く作用すれば)今晩あたり高熱が出ますな [続きを読む]
  • ドセタキセルは眠い
  • 6回目の動注化学療法を終えて帰宅して丸48時間経過しました人に寄るのでしょうがドセタキセルは・・・とにかく眠いです前回までの動注化学療法(以降※動注)終了後の主にドセタキセル用覚書はこちらhttps://ameblo.jp/kumagaiveronica/entry-12380898029.html今回も今までと同じような症状です動注初日・・・通常通り翌日・・・元気に移動翌々日(帰宅翌日)・・・怠い、眠い、胃の周辺のモヤモヤ翌翌々日・・・まだまだ眠い、軽減とはい [続きを読む]
  • 大阪で動注化学療法6回目
  • 6目の動注化学療法をしました※以降「動注」と記します今回もまた施術前日に入院し レントゲン・心拍数・採血・CT検査をし治療の翌日に退院しました治療箇所は今までと同じく右内陰部動脈膀胱動脈の二か所を中心に薬剤を入れ塞栓を実施動注には主に二つの目的があります1つは腫瘍の至近距離から抗がん剤をぶっかけること肝臓を通さず(薄まらず)腫瘍まで毒水を運びますもう1つは腫瘍へ栄養源を運ぶ血管をせき止めること判りやす [続きを読む]
  • ピッチブレンド
  • 週末はラジウム温泉保養センターに行きました脂肪肝対策に温冷反復浴を一時間頑張り休憩時には ピッチブレンド腰かけ療法なんてことない、石の上に座るだけです私の場合、患部が骨盤内なので座っておりますがお腹に当てたり肩に当てたり抱きしめたり、等々皆さん気になる箇所は様々です一度、仰向けの男性が下腹部にののせているのを見かけたことありますが相当重いと思いますしかし、いつ見ても巨大・・・ガイガー当てるとフリ切 [続きを読む]
  • 鎌倉界隈
  • 雨の中を鎌倉まで・・・ガン封じで有名な上行寺様にお参りさせていただき※写真は撮らない方が良いと聞いたのでナシ海っぺりならではの生もの中心ランチを済ませて稲村ケ崎温泉 かつて近くに住んでいた関係で此方の温泉は馴染みと言ってよいでしょう昨年改装されてちょっと残念な内装になってしまいましたが素晴らしいモール泉はそのままお湯に横たわり水で冷やしその合間にサウナも少し休憩室がない関係で真面目に反復してたっぷ [続きを読む]
  • ディビゲル塗り始めました
  • 広汎摘出して少し経った頃からホルモン枯渇による様々な症状が出てくるようになりましたまずはお決まりのホットフラッシュ気温に関わらず、たとえ氷点下近くであってもお構いなしにやってくる怒涛の汗・・・私のうなじと後頭部は常にびしょびしょです そして手根管症候群中々治らないと聞いていましたがビタミンB12服用であっけなく解決時々ボワンとした痺れこそありますが抗がん剤をやっていますのであまり気にしないでおります [続きを読む]
  • 禁忌症に悪性腫瘍がなかった温泉
  • またまた常磐道に乗って温泉に行ってきました太平洋を眺めながらの温泉で身も心も解き放たれる感じです内風呂にはいつものアレ・・・禁忌症の看板ですところが悪性腫瘍が書いてないのです何度も確かめましたけどない!禁忌とあっても気にしないではいるんですけど最近は書いてないところも増えたのでしょうか?此方の売店は猫グッズだらけ・・・ぬれたタオルや衣類を入れるのにちょうど良いバッグを買いました!? ブログ村に登録 [続きを読む]
  • ピシニバール注射二回目
  • 本宅病院でピシニバール二度目の注射をしました注射箇所は前回と同じく上腕部ですが今後は動注一週間後のタイミングで局所(!)に注射です幸か不幸か下から届く箇所に腫瘍があるのでこの手段に踏み切れるのはありがたいとはいっても例の椅子で御開帳の上注射なんて嫌すぎます〜〜〜〜説明聞いてるだけで痛くなってきそう・・・麻酔してほしいとお願いしておきましたが腫瘍への注射の方が痛くないという事でしたまたいじくるとガ [続きを読む]
  • 持ち歩き用ビタミン
  • 一日何度かに分けてビタミン取ってます炭水化物摂取の際は特に忘れずに?百均で買った↑小さなメイクパレット大ざっぱな仕分けが却って便利出先には忘れず携帯し2泊の入院もこれで間に合いますUSのビタミンはデカいので普通のピルケースには上手に治まりません中々良い買い物しました!? ブログ村に登録しました! 標準医療と代替治療をいいとこどりしてみんなで一緒によくなりましょう♪ [続きを読む]
  • ドセタキセル入れて三日経過
  • 動注化学療法(以降※動注)終了後の主にドセタキセル用覚書です動注初日・・・通常通り翌日・・・元気に移動翌々日・・・怠い、眠い、汗だく、胃の周辺のモヤモヤ翌翌々日(本日)・・・昨日よりは軽減とはいえ快適とは言えないとはいえ民間療法レベルで上手くコントロールできる範疇です相変わらずペパーミントは有効でこれなしで皆さんどうやって乗り越えてられるのかと思うほど手ぬぐいに2-3的落として首に巻き(スースー)胃のモヤモヤ [続きを読む]
  • 大阪で動注化学療法5回目
  • 先日、5回目の動注化学療法をしました※以降「動注」と記します今回もまた施術前日に入院し レントゲン・心拍数・血液検査をし※今回はMRI持参でCTナシ治療の翌日に退院しました二泊三日です治療箇所は今までと同じく右内陰部動脈膀胱動脈の二か所を対象に薬剤を入れ塞栓を実施しました術中の血管CTによりますと相変わらず右内陰部動脈の血流は盛ん・・・この箇所の熱はしばらく控えます 治療内容も前回とほぼ一緒ですhttps://am [続きを読む]
  • ピシバニール副作用
  • 免疫賦活剤ピシバニールを注射して三日目朝起きた時に体が重く熱はいつもより若干高めそして注射した周辺が発赤して痛い・・・「体内の免疫が健在であるということですから喜んでください」主治医から言われた通りの事が起こっていますでもでも・・・・注射箇所が痛い・・・です何十年も前に受けたツベルクリンの注射痕の様に真っ赤に腫れてます直径で言うところの五センチ前後です腕でこんな状態ですから局所(お股の奥)注入療法 [続きを読む]
  • 追加でピシバニール
  • ステント交換時についでにMRI撮りました再発した二つの腫瘍は壊死した1.3?右腫瘍が左腫瘍に取り込まれる形となり※一塊と表現合計の評価であれば縮小ということになります主治医の画像診断によれば「ヴェロニカさんの大好きな壊死」が見られるということで今月末の動注もドセタキセルで続行します目新しいことと言えば今後は本宅でのピシバニール(初耳)をプラスして治療を行う予定です二週間に一度腕に皮下注射し(一回目は退院時 [続きを読む]
  • ステント交換
  • ステント交換で本宅病院に一泊当日早朝イン、手術は15時初回のような前日泊を免れただけでも有難い・・・・ですだけど出来れば当日の三時間前召集が理想です交換は昨年十月から数えて三回目初回は出血は二週間以上続いた上に内臓に何かが突き刺さった感じがしていて不快極まりないものでしたまた麻酔が合わず覚せい後の吐き気が抗がん剤以上二度目の交換時から麻酔薬を変えて吐き気はなくなり尿管に道が付いたのか違和感はかなり [続きを読む]
  • まだ抜けない
  • 先月の動注ではドセタキセルを使用したので脱毛を示唆されておりましたあれから30日近く経過しましたがまだ抜けません 動注の場合は投薬量が少ないため影響が出ない場合も少なからずあるようですがぬか喜びしたくないのでこれから抜けるかも?くらいに考えてます抗がん剤の副作用は肝臓や腎臓や骨髄への悪影響の方が深刻ですそもそも薬が効く効かないという点が最も大切なのですがそれでも脱毛が与える心的影響は大きいです同一人 [続きを読む]
  • 抗生物質
  • 先週の高熱騒ぎの続編です手が震えるほどの高熱は抗生物質3つ目で完全に治まりました熱が引いた後も一週間飲み続け泌尿器科で診察しました結局はステント交換まで抗生剤を飲み続けることになり追加の薬を貰う段で気づきました飲む量・・・間違ってました・・・一日一回(これはあっていた)二錠のところ一日一回一錠だけしか飲んでませんでしたそれでも二回で熱が下がりそのままずっとぶり返さなかったですよねー一錠でも十分聞くよ [続きを読む]
  • 汗より糞尿!
  • デトックス解毒解決法は汗!みたいな風潮になって久しいけれどデトックスの9割5分は糞尿からが基本汗より糞尿!です先週の高熱時に一番閉口したのは大量の汗により尿が減ってしまったことでしたそして今もまだその余波が・・・飲んでも飲んでも殆どの水分が汗で出てしまい明らかに尿の量が減っています腎臓や膀胱や尿管をジャージャー流さなければいけないのに思うようにならないのです毛穴ふさぐわけにはいかないし汗は汗で役目 [続きを読む]
  • 尿管ステント前に発熱
  • 今月末に尿管ステント交換があります今年に入って二度目です本宅病院では全麻での処置でネイルやまつ毛エクステを毟り取らなければならず正直言って嫌なのですが、そして主治医も他院で処置してもOKという事でしたが多分とても上手なことが判明したため今回もお世話になることに・・・などとあれこれ考えているうちに例の寒気が来ましたこの震え方からして久々に(手術後以来初)40度超え気付いたのは深夜でしたので今回はアロマ [続きを読む]
  • 指の痺れ
  • 指の第一関節から痺れが始まりました4-5日前から気のせいかもレベルで始まり翌日にしっかり確信ピリピリ・ジンジンではなくてボワン・ジワン…というような鈍い痺れですシスプラチンは通算12クール+動注4回とっくに痺れが出てきてもおかしく無い頃ですがドセタキセルの影響だと感じていますあるいはドセタキセル新規導入プラスシスプラチンの蓄積ダブル効果?いずれにせよ、どっち転んでもありうる副作用なので致し方ありません [続きを読む]
  • これもまた抗がん剤副作用?
  • 動注から戻って翌日の朝食ですマクドナルド・・・いわゆる朝マック何十年も食べることが無かったのに無性に食べたくなり関空で手を出したのが2月の事でしたその後は毎月食べており何故か美味しくてこの量全部食べても気持ち悪くなりません・・・決まって動注直後の事でその他の日は考えただけでゲップが出そう絶対ヘンだと思います? ブログ村に登録しました! 標準医療と代替治療をいいとこどりしてみんなで一緒によくなりましょう♪ [続きを読む]
  • 抗がん剤副作用、その対処の仕方
  • 抗がん剤はまさに毒薬毒(薬)を以て毒(がん)を制すのはいいけれどその置き土産に対処するのは我々宿主私はこの二年の間にハイカムチン+シスプラチンを8クールシスプラチンを4クールの後、5FU+シスプラチン+アバスチン1回アドリアマイシン+シスプラチン+アバスチン2回タキソテール+シスプラチン+アバスチン1回を動注にて実施しましたもう・・・毒まみれです・・・な割にQOLはかなりうまく保てていると思われるのでもしかし [続きを読む]