稲やん さん プロフィール

  •  
稲やんさん: 統合失調症の世界
ハンドル名稲やん さん
ブログタイトル統合失調症の世界
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/r123378
サイト紹介文4コマ漫画で綴る 統合失調症の世界
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/11/12 18:37

稲やん さんのブログ記事

  • 統合失調症〜発病編〜第6回
  • 私は後に、感情のコントロールが出来ない障害がある事を発見しました。こうやって、病気の本質の解明が遅れたのは。精神科医は患者が喋らない事には、統合失調症の実態が理解できないからです。これは、精神薬の開発にも、影響が出る気がします。この感情のコントロールが、効かなくなり、脳内の物質に異常をもたらしたのかも知れません。 [続きを読む]
  • 統合失調症〜発病編〜第4回
  • 私は、のちに判明した。30年の歳月が流れて。幻聴の先にある、自生思考と言う病気に悩まされてたと。自生思考。自分の考えが、頭の中で声になり。そして、自分の頭に語りかけて、私は、この幻聴と会話するのだ!何も聞こえない幻聴。心の幻聴である! [続きを読む]
  • あなたに逢いたくて
  • 【天然 山菜】ワラビ(紫わらび・どじょう蕨)朝取り 1kg会津地方産 春の味覚 山の幸 採りたて山菜を産地直送 題名  あなたに逢いたくてあらすじ 平成30年春。相馬竜太郎58歳は熊本県熊本市の郊外と言っても合併によって誕生した町にある熊本総合精神病... [続きを読む]
  • 消息を絶った綾子
  • 【順次発送可能★】福岡県産 博多あまおう[DX2パック入り箱]【売れ筋】【イチゴ】【いちご】【苺】【DX】【デラックス】【ホワイトデー】【雛祭】【ひなまつり】消息を絶った綾子 綾子は熊本市で暮らしている。毒蝮龍太郎は週に三日は熊本市にやって来る。引っ越して... [続きを読む]
  • ひとつ屋根の作業所
  • ひとつ屋根の作業所あらすじ毒蝮龍太郎は精神の病を背負い十年間立ち直れないでいた。そんな折に見つけたのは、宅配のアルバイトであった。龍太郎はいつか軽運送で独立し生計を立てる夢を見ていた。しかし、2年後転機がおとずれる。龍太郎は挫折し、北... [続きを読む]
  • 片桐ユカ 18歳?
  • 平成18年。片桐ユカ18歳。ユカは、ビビッときた。嶋翔太21歳。ここは、東京は六本木にある。(株)ミクロン録音。主に、英会話CDを製造している会社である。四月一日。男性3人。女性7人の新入社員が入って来た。嶋翔太は九州から上京して来たらしい。自己紹介の席。... [続きを読む]
  • 政治家って!魅力ないね!
  • 一昔前までは、政治家になる人は凄いかなあと思ってたが。だいたい、お金に目が眩んでる集団なのか?スキャンダルと言えば、お金と女性問題に暴言である。そして、老後の年金目当て。いつまで、森本学園やってるんだ。それに、働き方改革で!残業が100時間まではいいとか!な... [続きを読む]
  • ストーリーは何処から湧くか
  • 小説を書く時に。ストーリーは、ヒラメキから生まれるものなんだ。考えるものではない。その一瞬の閃きによる。ストーリーは、次は記憶から、抹消される。てんで!第三次世界大戦あらすじ。平成30年頃から、自動車の自動運転やらAI技術が急速に拡大して来た。そして、AIロボットが、より、人間に近くなって行く。2050年。ついに、地球規模で、第三次世界大戦。それは、人間に近く進化した。AIロボットと人間の戦争であった。西暦20 [続きを読む]
  • 第三次世界大戦 過去
  • 第三次世界大戦あらすじ。平成30年頃から、自動車の自動運転やらAI技術が急速に拡大して来た。そして、AIロボットが、より、人間に近くなって行く。2050年。ついに、地球規模で、第三次世界大戦。それは、人間に近く進化した。AIロボットと人間の戦争であった。西暦2000年。相馬龍太郎は、この世に生を受けた。そして、2022年。彼は東京大学。ロボット工学の博士号を習得した。彼は、未来にAIロボットが、進化すると恐ろしい世の中 [続きを読む]
  • あらすじ 記憶
  • ゆっくり恋しようよ〜2004 君を愛してた あらすじ相馬龍太郎。昭和34年生まれ。龍太郎は最後の手紙をポストに放り込んだ。その手紙には「いつの日か、この紙切れが、ダイアモンドに変わるかもしれないから、君に、プレゼントするよ」 と書かれていた。 記憶相馬龍太郎。37歳は。着なれぬスーツに身を隠し、急ぎ足で(株)エックスの門を通り抜けた。平成9年4月1日。ここは、北九州市小倉区の郊外にある精密部 [続きを読む]
  • 障害者施設と一般の違い
  • 障害者施設と一般テレビで来年の干支に向けて、置物を作っている、障害者施設が報道されてたのをみて!利用者さん、40名。で、ちょっとした金額の置物を、半年かけて、1700作って、販売するのだそうである。これは、障害者施設だから、やれる技である。一般企業だと。これで、従業員40人を養うための、予算計画すると、高額な置物となる。例にあげると。実家が、熊本地震の影響で!屋根に取り付けてあった。ソーラーが外れかかり [続きを読む]
  • 障害者の就労に対して
  • こんばんわ工場勤務と言うものは!その会社、一筋の人生よりも、数社、転職を経験した方がいい気がする。私は、某大企業一筋の社長さんの就労施設で働いてた時に。なにせ、利用者に対して。シャバでは、勤務中にお喋りは絶対、禁物ですとか。遅刻や休みに厳しい態度を取ってました。私は、シャバでの経験は逆であった。私は、バイトで食品工場に行ってみて。まあ、なんと、お喋りの盛んな正社員達に驚いた。俺、思うに、A型施設が [続きを読む]
  • 精神薬を半分!断念してみた!
  • こんばんわお昼の精神薬を断念してから3カ月が経ちました。その結果!新聞配達中に眠くなる事が、全くなくなりました。そして、仕事にやる気が湧いてきて、ボチボチ、頑張るぞと1日頑張れるようになった。しかし、精神面に不調をもたらした。本来の統合失調症の陰性症状が顔を出してきた。人間不信。人との接触に嫌気がさしてきたのだ。このところ、悩まされ続けてた。それを救ったのは、やっぱり、音楽との出会いだった。自分の世 [続きを読む]
  • 教育って何なのかなあ
  • 安倍総理はやたら、教育無償論とか、幼児教育、小学校からの英語教育。ダンス。そして、プログラミングとか!私の知り合いは!肩書きは!某、進学校の定時制高校を中退である。社会人になって!半年間!アルバイトでお好み焼きの店員さん。みかんちぎりの、バイトを三ヶ月。働いた経験はこれだけである。付き合ってて!算数の掛け算はままならぬ!日本の首都、東京は、行ったことないからか、正確な居場所や、都道府県名は論外であ [続きを読む]
  • 教育について
  • 国立大学や東大等に限らず。いい進学校や大学に行くためには、子供は、塾に行ったり。メチャクチャ勉強するんだね。私の時代もそうだったんだと、最近、思うというか、今までは考えて見なかったが!塾や勉強もろくにしなかった!自分は!人生58年。そう、悲観する人生でもなかったような気もする。マイホームや、高級車等には、縁はなかったみたいであるが!子供は、良い大学に入るために勉強する。という、日本人の概念は!そう [続きを読む]
  • NHKのど自慢を目指す理由
  • NHKのど自慢。15年前に山梨県南アルプス市で、予選に出た。私は、躁鬱病のハイな気分に浸っていたのかもしれない。予選のステージでは、郷ひろみの素敵にシンデレラコンプレックスを熱唱したが、敗退した。二度目は、去年。荒尾市で、山内惠介のスポットライトを熱唱した。反省は。歌う事だけじゃなく。元気よく、番組に参加する意欲が必要なんだな。それに、凄い、キャッチフレーズである。残りの人生に!あと一度、地元の町に来 [続きを読む]
  • 榊原郁恵の魅力
  • 榊原郁恵をご存知だろうか。ホリプロの第一回スカウトキャラバンの優勝者である。昭和34年5月8日の誕生日。神奈川県川崎市出身バストは、85センチ血液型は、B型である。デビューは、昭和52年1月1日特技は人形浄瑠璃趣味はレコード鑑賞スポーツは、テニス、バレーデビュー曲は、私の先生先生、私覚えてますか。手編みのセーター編んでます。ところで先生。17歳は、大人でしょうか、子供でしょうか。みなさん元気ですか郁恵です私の [続きを読む]
  • 被害妄想の果てに 第6話 事故
  • 「ガチャン」克浩は、駅の交番に連れられていくその直後、大型トラックめがけて、勢いよく飛び込んだ。救急車がかけつけた。意識不明の重体である。連絡を受け、明日帰省する予定だった博に会社の人が駆けつけた。田舎の両親も、連絡が行き明日かけつけるそうである。浩美には入社早々と言う事もあり、両親は連絡しなかった。「いったいどうしたんですか」集まった両親も博も、みんなで、警察官に尋ねた。「ちょっと待って下さい、 [続きを読む]