meganesaru707 さん プロフィール

  •  
meganesaru707さん: 片麻痺の横歩き
ハンドル名meganesaru707 さん
ブログタイトル片麻痺の横歩き
ブログURLhttp://katamahino-ayumi.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文脳出血・左片麻痺男のブログ。前後左右に歩くリハビリの日々、私の便利道具、リハビリ推薦本、五行詩等。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供659回 / 365日(平均12.6回/週) - 参加 2016/11/13 07:38

meganesaru707 さんのブログ記事

  • 栗ご飯と幼馴染
  • 定年後、故郷で農園を始めた幼馴染その新米と他からいただいた丹波栗で今夜は栗ご飯のごちそうーーーーーーーーーーーーーーーーー幼馴染は、故郷の自分の田に向かって「帰ってきたぞ!」と思わず叫んだといいます。どんな思いを持って故郷を離れ40年間仕事をしてきたんだろう。彼の苦労はいかばかりであったか、時にそんな思いにとらわれます。幼い頃から農業の手伝いをさせられ、早朝いちごを収穫し、出荷した後で小学校に通って [続きを読む]
  • 障害の身にあればこそ手を借りて創造的に我は生きたし  遠藤滋の歌(10)
  • 遠藤滋の歌(10)最終です遠藤滋さんの歌を紹介していきます。これはNHKEテレで「えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋」として2018年7月28日(土)に放送されたものに基づいてその歌を紹介いたします。・海中は入ば不思議や出でざりし右足前に軽く運べり・障害の身にあればこそ手を借りて創造的に我は生きたし ・いのちとふ現実にあれば歌により語れぬことはなきと気づけり・激しくもわが拠り所探り来て障害を持つ身に「いのち [続きを読む]
  • 障害のある人に見守り声を
  • 障害のある人に見守り声を(神戸新聞2018年7月30日)いい話です。一言声かけするのが本当に大切だということがわかります。逆に障害者であっても、普段からちょっとしたことで気さくに人に声をかけをすることは非常に大切だある様に思います。挨拶だけでもいいのです。そうすれば、相手からも話しやすそうな雰囲気が自ずと備わってくるのだと、思います。といいますのは、散歩の途中よく目にするのですが、高齢男性で「話しかける [続きを読む]
  • 歩行リハビリ専門デイサービス潜入記(1)
  • 8月より「歩行リハビリ特化型デイサービス」に通い始めました。これからその潜入記を体験に則してご報告します。初日筋肉量を初めて測定しました。麻痺足は標準的な筋肉量でしたが、健足に比べると少なくやはり不均衡だそうです。歩行に関しては色々議論できました。PTとは、ここまで時間をかけ意見を出し合い議論したことなかったので、非常に有意義でした。2日目 柔道整復師による下肢のストレッチ。電気治療。作業療法士 [続きを読む]
  • 『となりの億万長者 成功を生む7つの法則』
  • 著者はトマス・J・スタンリー。ニューヨーク州立大学教授で、米国の億万長者研究者です。本物の億万長者とはどんな人間で、ふつうの人々とはどこが違うのか。アメリカの億万長者の驚くべき暮らしぶりを徹底的に取材・調査し、その分析結果から発見された、人生に成功をもたらす「ミリオネアの知恵」を明かす(amazon)となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則作者: トマス・J・スタンリー出版社/メーカー: 早川書房発 [続きを読む]
  • まず自分で、悩み、考え、努力する。それが結果他人に役立つ
  • 例によって神戸新聞からの記事の引用です(2018年4月29日日曜日)。講師は「野の哲学者」と称されるの内山節(うちやま たかし)氏です 。これは女房が切り取って持ってきてくれたものです。色々汚い線を引いているのは女房です(笑)「人間であることの苦しみ」は「病気(脳卒中片麻痺)であることの苦しみ」に置き換えて読んでみればというアドバイスでした。ーーーーーーーーーー◆病気(脳卒中片麻痺)であることの苦しみを [続きを読む]
  • 退職待ってました69歳主婦
  • 男のための老い方講座と題して、これまで定年後の夫婦二人の暮らしについて、男性に方に厳しい指摘ばかりしてきましたが、ご安心ください中にはこんな奥さんもおられるのです。羨ましい限りです。定年後からどうのこうの言うよりも、これやっぱり定年前からのご主人のあり方なんでしょう。きっと定年前から仲の良いご夫婦だったのでしょう。適度な依存関係もなりたっていた様に感じます。私はここまでの自信は全くありま [続きを読む]
  • プール対策(1)装具を加工する
  • プールに入るために装具を水陸両用に加工しましたプールで歩行リハビリするために古い装具を加工しました。もとの長さはこちらです。上部はベルトをしておらず。リハビリ医から「メガネさんなら短く切ってもいいよ」と言ってもらっていました。このアイデアは、元々脳内出血サバイバーさんより入浴用として教えていただいたものです。入浴用の短下肢装具アドレス:http://bbsurvivor.blog.fc2.com/blog-entry-393.html上部を [続きを読む]
  • 身体障害者同士の絆、未来のコミュニテイーを探る (1)
  • この国においては派遣労働者など非正規雇用が増加し続け平成27年で37%になりました。賃金水準の格差は甚だしいものがあります。同じ仕事をしているのに賃金に大きな格差があり、同一労働同一賃金は夢となりつつあります。今後ますます格差社会は進んでいくでしょう。そんな労働環境の中で、私の様な身体障害者の雇用もますます厳しい局面にあるます。下層の中で、さらにその末端に身体障害者が追い込まれていくことなども十分予想 [続きを読む]