健健 さん プロフィール

  •  
健健さん: 人民熊猫健健 番外編
ハンドル名健健 さん
ブログタイトル人民熊猫健健 番外編
ブログURLhttps://ameblo.jp/peoplepanda2/
サイト紹介文人民熊猫健健 番外編 知っているようで知らない中国を写真で紹介するブログ
自由文上海生活を中心に 
いいところも 悪いところも 一杯 つまった中国をご紹介したいなと思います!

なんせ日本の人口13倍 いや14倍 他民族国家なので
日本の価値観とは ちがう生き方の彼らと共の生活、働くと 色んな事考えちゃいます。
百聞は一見にしかず!自分が見て感じたものを紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/11/14 23:08

健健 さんのブログ記事

  • 動く変な乗り物
  • 上海のローカルな街中を歩いてると 子供が好きな乗り物が目につくスーパーの中や店の前などこんな物まで中華風ティストを感じる こんなローカルな場所で 〇〇似を見てももはや驚きもしないぞ!逆にチープすぎて面白いくらい子供からするとキャラクターより 動くなら何でもいいみたいそれにしても 意外と需要があるのに驚く まあ これに乗せておけば子供は黙るし つかの間の親の休息時間だったりする。10分くらい 動いててく [続きを読む]
  • 火鍋屋 湊 湊
  • 人気の火鍋屋 湊湊に行ってみた いつも行列で長時間並ぶ店の一つ店舗が新たに増えてるので 4時から並びに行ってみたさすがに4時行けばオープン前ですんなり入ることができたけど5時に行くと既に並ぶ事になる・・・・ ここの火鍋は 見た目も店内も清潔で食欲がわく綺麗なお店盛り付けも綺麗で 最近の流行りのお店というだけあってその辺はちゃんとしていた 火鍋屋なのに 巷で人気のミルクティーも売っているしかもかなり豊富 [続きを読む]
  • 書店隴上②
  • 大学の横にある オシャレナ本屋に入ってみた狭い店内で数少ない拘りの本で勝負してる感じだけどその貴重な一角に日本のコーナーがあった どんな本が置いてるか見てみると 日本の文化紹介から歴史紹介、天皇についての分厚い本も 太宰治、夏目漱石など文豪たちから村上春樹、東野圭吾なども 風立ちぬ もあった 「妖猫伝」は中国語タイトルだけど2018年春日本で公開した映画 空海KU-KAI の原作の夢枕漠先生の「沙門空海唐の [続きを読む]
  • 書店隴上①
  • ローカルな地域の ある大学の横の本屋がリニューアル今風にオシャレに生まれ変わっていたので寄ってみた 狭い店内だがシンプルに整理され 居心地のいい空間本屋特融の雑居感がなく 少ない本数だけど 逆に厳選して選んでますと言わんばかりに丁寧に本を配置しレイアウトしていたので ついつい どの本もよく見えるし拘りを感じる本屋にも感じた こういう本屋が最近は増えてきたと思う日本観光ブームもあってか日本の本も少し置 [続きを読む]
  • 小桃園
  • 上海ローカル料理も年々オシャレナ店が増えてきたひと昔前は汚い店が多かったが 最近は小綺麗な店が増えたと思うようになった。どこにでもある上海のローカル朝ごはんでも綺麗な店だと なんだか新鮮に感じて美味しくみえる それにしても朝から行列で油で揚げたものも多く エネルギッシュな人民のパワーを感じる  中国の朝ごはんによく見かける 豆腐は 醤油ベースに色んな具材が乗っかって美味しいんです。健康になった気分に [続きを読む]
  • スターバックスロースタリーIN上海
  • 上海に世界で2店舗目となる巨大なスタバが出来た。 スターバックス リザーブ ロースタリーという名もう よくわからない名前だが とりあえず行ってみた OPEN間もない事もあり 上海でも そらなりに噂を聞くだけあり 入店するだけで30分待ちだった。近頃の上海の人気店はこんな感じで またされる。 中はかなり広く グッズスペースも大きくオリジナルグッズが沢山もう ハードロックカフェのように上海ロゴ入り グッズでプ [続きを読む]
  • ひまわりの種 続々・・・
  • 中国の列車の旅といえば かかせないのがひまわりの種だ!中国人大好きな ひまわりの種色んな味があり 香ばしく美味しい食べだすと 中々止まらない いつまでも食べている気が付けば 種のカスの山積みになっている 何も考えず とにかく むしゃむしゃと種を食べ続ける・・・ハムスターかリスかと思うくらいだ・・・・口の中で綺麗に実が取れたら 意外とうれしいそんな小さな喜びを味わいながら旅が続く・・・ 中国で列車の旅 [続きを読む]
  • 長白山
  • 長白山 中国と北朝鮮の国境沿いに位置する観光地この山は聖なる山として昔から信仰のある山でもある 女真族もこの地がルーツでもある中国側からは 観光地として整備され天池と呼ばれるカルデラ湖へのアクセスが便利に行ける天池は 半分が北朝鮮領で 一応 北朝鮮を眺める事ができる。ただの森が広がっているなんだけど。 朝鮮人参の産地としても有名で 天然水も豊富 北朝鮮関連の土産も ちらほら 見る事もある 北朝鮮を見た [続きを読む]
  • 瀋陽 昭陵
  • 瀋陽には見どころが多い そして市内の北に位置する広大な陵ここは清国 第二皇帝 ホンタイジの墓である太祖 ヌルハチは郊外に墓があり ホンタイジは 後金を 大清国と改めた人女真族を満民族とした人でもある太祖ヌルハチの第8子にあたり瀋陽を拠点として東北を制し当時衰退前の明を追い詰めていた。まだ この時期は瀋陽を拠点とし 北京へ都を移す前の時代である 清という 中国最後の王朝の誕生から消滅までのドラマ愛新覚 [続きを読む]
  • 中国反日の原点の地
  • 中国人が反日(抗日)に 勝手になった訳じゃない日本人が嫌いだから・・・そんな理由ではないそこには歴史を振り返ると反日になった原点がある 中国共産党が反日の原点としているのは1931年9月18日柳条湖事件とされている。中国では9.18と呼ばれている 毎年9月18日は反日キャンペーンを展開している日である そして柳条湖事件とは 日本政府のコントロールが利かない関東軍の暴走劇から始まる 色んな駆け引きが裏ではあるのだが [続きを読む]
  • 張作霖、張学良邸
  • 瀋陽故宮から歩いて行ける場所に 有名な軍人張作霖、張学良邸がある 日本人にも有名なこの2人貧しい時代の人民達の中で まるで皇帝のような豪華な家波乱万丈の人生を駆け抜けた数々の場面が沢山展示されている父の 張作霖は関東軍により 瀋陽駅の近くで列車ごと爆破されこの屋敷に運ばれ庭にある部屋で命を落としている有名な 張作霖爆殺事件である その現場付近には 張作霖爆殺記念館なるものもある父の後を継ぎ息子の張学 [続きを読む]
  • 瀋陽故宮
  • 瀋陽には 北京故宮に次ぐ皇帝の聖地があるそれも そのはず北京に引っ越しするまでは後の大清国の前進となる太祖ヌルハチが居を構えていた場所少数民族の女真族こと満民族の愛新覚羅一族により広大な中国を統一するという偉業へとつながる 明を倒し北京へ引っ越した後も満民族の故郷として この地は皇帝達によって特別な地とされていた 北京の紫禁城までの広大さはないが1600年頃の建築としては中国の中では綺麗に残っているほう [続きを読む]
  • 奉天 大和ホテルを訪ねて
  • 瀋陽 満州時代の奉天 この町にも沢山の日本との関わりのある歴史遺産が今も残っている その中でも有名なのは大和ホテルだ。満州時代の主要都市には大和ホテルが建築され 当時では高級ホテルとして利用されていた。小野木横井共同建築事務所が新築設計をし1929年に開業1945年の終戦まで大和ホテルとして営業 その後 1954年頃に現在の遼寧ホテルへ 中国の著名人も多数 宿泊している。うろうろしてると部屋の前には著名人が宿 [続きを読む]
  • 瀋陽(旧 奉天)
  • 瀋陽 満州時代の奉天 見どころの多い都市で東北地方の玄関口としても栄えている瀋陽駅は何度かの改修工事を繰り返し 今では当時の面影を残しつつ 整備されている。どこしか東京駅に似ているのは建築家が東京駅を建築した弟子にあたる日本人だからだ この駅 周辺で発見したマンホール これはただのマンホールじゃありません およそ90年近く前ものと思われる南満州鉄道株式会社こと満鉄のマークが刻まれたマンホール! このマ [続きを読む]
  • 偽満皇宮博物院を訪ねて
  • 長春は 満州時代の首都 新京 そしてこの地には満州国皇宮も設置されていた。ラストエンペラーこと愛新覚羅溥儀が皇帝として君臨した満州帝国 実態は関東軍が裏で動かしているが大義名分は 五属協和ー王道楽土五属協和とは満民族、日本、韓国、漢民族、モンゴルの協和 溥儀がこの国にかけた思い、ここで過ごした日々復活を目指した満民族の未来と帝国による支配 庭には建国神廟もあり 天照大神を祀っていたのにも興味がわく [続きを読む]
  • 長春と満州帝国
  • 長春 満州時代の首都 当時は新京と呼ばれていた当時の暮らしは日本より最先端の生活をしていた先進的な都市計画で下水道まで完備した住宅があった 道幅も広く駅から真っすぐ伸びる道は道幅も広く一直線に続いているヨーロッパのパリを意識した街つくりで中心地から放射状に延びる町も印象的だ。お目当ては 関東軍総司令部跡地ここは現役で建物が中国共産党吉林省委員会として使われている 屋根が日本のお城を採用したことから  [続きを読む]
  • 七三一部隊
  • 七三一部隊 跡地を見学ハルピン郊外に位置するところに今でも当時の面影を残しつつ保存されている防疫研究や感染症を名目に研究施設であるが戦争で使う細菌兵器の開発も進められていた多くの人体実験をし非人道的な施設として紹介されている かなりショッキングな展示を目にしながら多くの証言や証拠を展示している。アメリカ軍が調査した資料が多いのに驚く 戦争に負け引き上げる際に多くを破壊して証拠隠滅したため建物の多く [続きを読む]
  • 上海から東北ハルピンへ行ってみた
  • 上海から東北ハルピンへ行ってみた 少し上海を離れ 東北地方の紹介をしたいと思います上海から東北地方というと かなり遠い いやメチャ遠いってな訳で 中々行く機会がありませんでしたが日本人にはともて興味のある場所が沢山あります そう日本人とは切っても切れない関係の中国東方地方なんです上海からハルピンまで飛行機で行けば簡単に行けますが広大な中国大陸は鉄道で移動する事に醍醐味があります。かなりキツイんですが [続きを読む]
  • ジャッキーフィルムスタジオ上海
  • 上海にはジャッキーチェンの記念館なるものがある僕らのジャッキーの歴史を紹介してくれるあまりにも映画が多すぎて かなら粗削りな紹介ではあるが香港時代から最新作まで紹介されている ジャッキー好きなら一度は訪れたい場所ではある 中国語が分からなくてもジャッキーの映画だけは面白く見れるのが さずがジャッキー裏切らない!と思ってしまう僕らのジャッキーでも中国女性から ただのスケベなカンフー男ね と呼ばれてた・ [続きを読む]
  • 1937年四行倉庫の戦い
  • 1937年第二次上海事変 最後の決戦の舞台となった四行倉庫日本軍と中華民国革命軍との激しい戦いの跡が今も尚保存されている。ここで戦った第88師は英雄として刻まれている 立てこもる中国軍に侵略する日本との激しい砲撃が今でも壁に生生しく残り当時の激しさを感じる事ができる。 この場所が舞台となったには政治的思惑があり租界エリアにも近く国際社会に日本軍の侵略を宣伝する狙いもあり国際社会からの支援を得ようとする思 [続きを読む]
  • 大型ショッピングモール続々
  • 近年 上海一大きいとか中国一大きい とかアジア一大きいとかいう アピールでショッピングモールが続々と誕生している。自分の住む近くにショッピングモールが出来れば一気に生活のスタイルも変化する そんな中で色んな特徴を出そうと各ショッピングモールも戦っている一時期は どこも似た感じだったけど最近のモールは地域で色んな特徴が出てきている。 紹介するのは 子供に特化した巨大なショッピングモールだ生まれる前から [続きを読む]
  • 現金禁止のスーパー
  • 最近話題の ネットスーパーのリアル店舗決済は現金ではなく電子決済のみ基本NETで注文して配送してもらうがリアル店としても機能していて新鮮な食材も売りの一つ 電子決済専用という点が特徴だが 今の中国電子決済しない人民はいない というほど普及しているとうとう こんな時代に突入したかと思わされるこのビジネスを仕掛けているのは企業間取引専用サイトのアリババ創業者で有名な馬雲(ジャック、マー)中国で知らない [続きを読む]
  • シェア自転車
  • 急速に中国全土で拡大しているシェア自転車ビジネス拡大しすぎて政府もようやく規制に乗り出してきた。それでも この便利さ 1度乗るとやめられない! とにかく ①どこにでもあるので まず見つからない事がない。②乗り捨てが ほぼ自由で気にしなくて放置できる。 政府の規制はあるが最低限のマナーを守り放置してて問題ないしかも安い!会社により違いがあるが30分1元以下くらいそして何より 借りる操作が簡単で魅了アプリ [続きを読む]
  • 上海にある宋慶齢の墓
  • 上海市内の住宅街に大きな宋慶齢陵園として公開されている地下鉄10号線駅名まで「宋園路」として変更されているここでも記念館があり 故居同様に歴史が紹介されている三姉妹が生きた時代 歴史背景 運命 色んな思いを感じることができる宋三姉妹の波乱万丈人生だ 人民熊猫健健(中国生活写真記) [続きを読む]