かたつむり さん プロフィール

  •  
かたつむりさん: 人生につまづきながら生き方や働き方を模索していく
ハンドル名かたつむり さん
ブログタイトル人生につまづきながら生き方や働き方を模索していく
ブログURLhttp://search-life-work.hatenablog.com/
サイト紹介文社会に疑問を持ったり、仕事に疲れちゃったり、生き方に疑問をもったりしたことを書くブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/11/14 23:24

かたつむり さんのブログ記事

  • LogicoolのG300sというマウスを買いました
  • そろそろマウスを変えなければならない。そう感じていました。何故ならば。これはマウスのケーブルです。ご覧のように被覆が剥がれて中の細線が見えてしまっています。マウス本体もかなり年季が入ってしまっていてお見せできるような代物ではございません。無線のマウスならケーブル劣化を気にしなくて良いのですが、無線マウスの突然のバッテリー切れは非常に嫌いなので有線マウスをこよなく愛しております。さて、私のささやか [続きを読む]
  • いきなり正論を突かれてやる気を削がれた話
  • お盆休み中友人と食事をした。友人は最近楽しい出来事があったらしく、私は聞き役に徹していた。仕事も趣味も充実しているようだった。彼は話し始めると一方的になるので、私は相槌を入れながら聞いていた。私自身が人に話したいと思うようなネタを持っていないので聞いていること自体は苦ではない。友人の趣味の話がひと段落し、少々間ができたので何か話が広がるか?と、一石投じる意味を込めて発言してみた。「最近趣味とい [続きを読む]
  • 激しく部下を叱責する上司のもとで働くことは不幸だと思う
  • これは前職で見てきたお話。人間だもの。 仕事でミスをした部下を責めたり叱ったり怒鳴ったりしたくなってしまうことはあると思う。でもね。感情をストレートに表現してただただ従業員に対して怒ったり怒鳴ったり嫌味を言ったり。それじゃあ従業員は反省するを通り越して「もう会社に行きたくない」となってしまうと思うんだよ。「ただ仕事さえしてくれていれば、他は別にかまわない」その人のいないところでそう言っていたのを [続きを読む]
  • 隣の席から早い作業の音が聞こえると、焦って気が気ではない。
  • 作業の音。 早い作業の音。 仕事のペースが早い人は、音を聞いていると分かります。音が小さくても早い人もいるので、絶対ではないのですが、気持ちのいい早い音というのはあります。「速さと正確さが命」と、もてはやされる仕事の現場。そういう仕事の中ではそれができる人は重宝されます。そして自分には出せない音でもあります。早い仕事が出来ない人間だということは自分で理解しています。過去記事でも少々触れたことがありま [続きを読む]
  • 「大丈夫だよ」という言葉の力と強さ。それを受け取る心。
  • 「君は大丈夫だよ」それだけで、また次の一歩を進められる。背中を押してもらえた気になる。また思考を始められる。その言葉は強い。精一杯のありがとうを返したい。水を差すようだけれど、私は言葉を受け取るのが下手だ。ここで私の少々めんどくさくてひねくれた性質を書いてみようと思う。両親からの「大丈夫だよ」父親からの「大丈夫だよ」について父親はものすごく軽い口調で「大丈夫」という言葉を使う。スナック菓子レベ [続きを読む]
  • 数年後の自分を楽しみにするということ。
  • 今から約2年前。2016年の5月に書いた記事。私は日々の生活がマンネリ化していることによって、無感動であり、つまらない生活をしているというようなことを書いていた。search-life-work.hatenablog.comあれから2年経った今。人生の根本は変わっていない。やはり無感動であり、無価値観に苛まれている。今が楽しいかと問われると、楽しくはない。しかし、楽しくはないのだけれど、精神的なストレスはそれほど多くは無いと思って [続きを読む]
  • 頭皮から目の奥にかけてがズキズキしちゃったもんだから。
  • 今週の月曜日くらいから「なんだかおかしいぞ?」と思うようなことがあった。それは「頭皮を触るとなんかピリピリと痛みが走るぞ!」ということだった。頭皮と言っても全体が痛いわけではなくて右側に限定されていた。頭皮だけならまだしも目の奥も鈍い痛みがあるし、なんだこれは??となった。2、3日放置して様子をみていたのだけれど、5日間改善される気配はなかった。気になったことはとりあえずネットで調べることが出来 [続きを読む]
  • 買いたいものを買いたい時にパッと買えない貧しさはある。
  • 少し前に私はこのような記事を書きました。年収150万円ほどの私の生活費の内訳を綴ったものです。search-life-work.hatenablog.comまぁ、生活自体はほどほどのところで成り立っているのですけれどね、突然の「あれがほしい」「これがほしい」にはすぐに対応できるような経済力は無いわけです。普段気にしないようにしているのですが、気にしてしまうような思考になってしまうと「貧しいは不幸だ」という思いがふつふつと湧い [続きを読む]
  • トムヤムクンのスープパスタは美味だったなあ
  • いきなりですがトムヤムクンは好きですか?私、トムヤムクン好きなんです。あのなんとも言え無い甘さと辛さと酸っぱさが同居した味は病み付きになります。また食べたいと思ってしまうタイプの味です。しかしながらちゃんとしたトムヤムクンは食べたことが無いというオチがあります。私が食べたことがあるのはトムヤムクンベースの何かです。最初にトムヤムクンがどういった味なのか知ったのは日清カップヌードルのトムヤムクン味で [続きを読む]
  • 奥さんが看護師で夫が主夫をやっている家庭
  • ネットなどでよく見る言葉。「奥さんが看護師だと勝ち組」という結婚に対する価値観。そういう言葉には奥さんの「心」の部分は全く反映されておらず、職業からくる収入の面だけの話なので下世話な感じさえするのだけれども、「夫がパイロットだと勝ち組」とかそういうのもあるので、男も女もお互い様かもね、と思う部分もある。なんでそういう言葉が出てくるかってやっぱりお金が稼げる家庭が羨ましいからだろう。職業によって得 [続きを読む]
  • ふと思い出して行きたくなった
  • 先週だったろうか、先々週だっただろうか。仕事中に懐かしい思い出がふと蘇ってきた。小学生の頃、母の実家に遊びに行った時。そこの街のスーパーに買い物について行って食料品のついでにおまけ付きのお菓子を買ってもらうことが楽しみだった。そのような懐かしさに浸ってしまうと、あの場所へ行きたいと思ってしまいたくなるものだ。そしてなぜか都合のいいことに、昨日。母が実家に用事があるから行きたいという。願ってもい [続きを読む]
  • 低FODMAP食に関しての本を読んでみたら難しかった。
  • この本の存在を知ったのは数ヶ月前のことでした。母親が「この本を読んでみたらどう??」と新聞の広告欄に掲載されていた本のタイトルを切り抜いて持ってきました。その本のタイトルは「パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません」というものでした。どうもこれらの食品がお腹の不調を抱えている人にとってはよろしくないという内容の本です。その時は「ふ〜ん」という感じでそこまで興味を示すことはなかったのですが [続きを読む]
  • まさかこんなに早く予感が現実になるとは。
  • 今年、2018年のゴールデンウィークは長野県へ遊びに行きました。松本市の松本城を訪れたり、諏訪湖周辺をぶらり巡る旅を友人としてきました。なかなかのんびりとした旅で今年もゴールデンウィークを楽しんだなぁなんて思いました。帰路の車中で、「なんだかもう一回来ることになりそうだなぁ」なんてぼんやりと予感的なものがよぎりました。そしたらご縁があってもう一回長野県入りすることになりました。近々向かいます。こうい [続きを読む]
  • 自分は臆病な人間であるということを改めて認識した。
  • 最近こんな本を買った。もうちょっと「雑」に生きてみないか (WIDE SHINSHO)作者: 和田秀樹出版社/メーカー: 新講社発売日: 2017/07/22メディア: 新書気楽に生きたい難しく考えて生きるのは大変だななどと思いながら、生きづらさを抱えながら生きてきた人間にとってはこういうタイトルの本に弱い。正直なところ、だいたいどのような本も同じような内容にぶち当たる。言い回しの表現が違っているだけで、言いたいことはまぁいつ [続きを読む]
  • 過敏性腸症候群だと大好きなコーヒーも安心して飲めない
  • 前回の記事search-life-work.hatenablog.com私はコーヒーが大好きだ。飲む方専門だけど。かといって味に詳しいとか好きなブランドがあるんだよ、とかそういう類の大好きだ、ではなくて。例えば何か仕事している最中だとか、何か飲み物欲しいなと思った時に気軽に手が出せるというライトな意味合いで大好きなのだ。過敏性腸症候群で尚且つコーヒーが好きだということ。この組み合わせはとても危険だ。コーヒーはお腹がゴロゴロす [続きを読む]
  • 過敏性腸症候群をそろそろ本気で治したい。
  • 前回の記事search-life-work.hatenablog.comこの言葉を発するのは何度めだろうか。過敏性腸症候群を治したい。そろそろ本気で治したい。毎回そう思って挑戦するのだけれども毎回失敗に終わる。いわばダイエットするする詐欺をしている女性と同じだ。なかなか続かない。途中で心が折れたりして。めんどくさくなったりして。過敏性腸症候群についてネットで検索したりとか何回かしているので、ある程度知識は溜まっているよう [続きを読む]
  • 知り合いだと勘違いされて挨拶された話
  • 今日、お昼頃外出していました。私が歩いていると、一台の車が通りかかりました。知り合いが乗っている車に似ていたため、もしかしたらそうなのかなと思ってずっとその車を見ていました。運転手が視認できる距離になり、見てみました。すると全然どこの誰ともわからない奥様が乗っておられました。あ、違ったか。と思って私が目をそらそうとした瞬間。「やぁ!」という感じでにこやかに手をあげて挨拶されました。私はとっさに手を [続きを読む]
  • 過敏性腸症候群を治そうとトライしてきた軌跡。
  • 前回の続き。search-life-work.hatenablog.com過敏性腸症候群になるとつらいよー、大変だよー、というような内容の記事を書き進めてきております。毎回の記事でつらいよー、大変だよー、ばかりしか言ってないじゃんか!対策とかしてこなかったの??という疑問をお持ちの方もみえることでしょう。今回は私がこれまでさりげなく試してきた方法を書き連ねてみたいと思います。 ヨーグルトを試してみました ヤクルトを試して [続きを読む]
  • 過敏性腸症候群になると生涯所得が下がる。
  • 前回の記事。search-life-work.hatenablog.com過敏性腸症候群、特に下痢型の場合は朝の出勤前の時間が特に辛いというようなことをこれまで書いてきました。また、誰かに会う前とか、食事に出かける前などにも、緊張や不安からお腹が痛くなって下痢をしてしまう、というようなことも書きました。これがつまりどういうことかというと・・・大事な時に使い物にならねぇ!ということなんですね。 朝早く仕事に行くことは非常に [続きを読む]