月灯り 探歩 さん プロフィール

  •  
月灯り 探歩さん: サッカー放題
ハンドル名月灯り 探歩 さん
ブログタイトルサッカー放題
ブログURLhttp://yurulu.net/soccer/
サイト紹介文好きなサッカーやスポーツについて言いたい放題の辛口批評です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/11/15 01:48

月灯り 探歩 さんのブログ記事

  • 井原正巳氏が森保ジャパンに入閣かも。 いいニュース。
  •  「J2福岡の指揮官を退任する井原正巳氏(51)が日本サッカー協会のコーチングスタッフに就任することが濃厚になったことが18日、分かった。森保一監督(50)が指揮する日本代表、東京五輪代表のコーチを務める可能性もある(スポーツ報知)。」 井原さんが、J1昇格を逃した責任を取ってアビスパ福岡の監督退任を表明したばかりで、この報道。井原さんならすぐ別のチームの監督の話もでそうなので、日本サッカー協会が [続きを読む]
  • J1残留争いも残り2試合。
  • J1も残り2試合になった。ガンバファンとしては、7連勝で残留争いから完全に抜け出すことが出来たので、もうそれほど興味はないのだが、せっかくだし、書いておこう。順位表当事者クラブの残り2節の対戦カードは以下の通り。横浜FM……鳥栖(A)、C大阪(H)神戸……清水(A)、仙台(H)磐田……札幌(H)、川崎F(A)湘南……浦和(H)名古屋(A)鳥栖……横浜FM(H)、鹿島(A)名古屋……広島(A)、湘南(H)柏……C大阪(A) [続きを読む]
  • ガンバ大阪、激戦を制して、8連勝。 最後は、選手の質。 G大阪1-0湘南。
  •  J1第32節、ガンバ大阪はホームで湘南ベルマーレと対戦した。出場メンバー。やっとこさ、米倉を使ったぞ。宮本監督もやっと目が覚めたかと思ったら、ジェソクは体調不良だった。 前半、湘南の出足の鋭さに圧倒され、攻められまくる。特に、湘南の杉岡の積極的な仕掛けにやられた。 巧さはないけど、乗ってるねえ。ピンチを量産されるが、純粋な決定機はなかったかな。今の東口からゴールを割ろうと思ったら、相当な決定機か、混 [続きを読む]
  • 佳境を迎えたJ1の降格争い。
  •  31節終了時点のJ1の順位。今まで書いてきた表の更新。 新たに勝ち点から偏差値を計算した。偏差値60以上は、正規分布なら上位16%に入る。 すなわち上位3チームに入る。偏差値40以下は、正規分布なら下位16%に入る。 すなわち下位3チームに入る。何とか、勝ち点のばらけ方を視覚化したい。横軸勝ち点、縦軸偏差値でグラフ化してみた。イマイチ効果がないけど、川崎が抜けていて、広島も差を付けているのがわかる。3位争いは [続きを読む]
  • UAE遠征のU-21代表も発表。 久保が選ばれたな。
  •  11日から行うUAE遠征行うU-21代表発表も発表された。先日、AFC U-19選手権でベスト4入りを果たし、来年5月にポーランドで行われるU-20W杯出場権を獲得したU-19日本代表から、FW田川亨介(鳥栖)、MF齊藤未月(湘南)、MF伊藤洋輝(磐田)、MF久保建英(横浜FM)、DF橋岡大樹(浦和)、DF小林友希(神戸U-18)の6人が選ばれた。メンバーを3-4-2-1に当て嵌めると、安部(鹿島)とか前田大然(松本)とか、クラブの都合で選んでいない選手が何人 [続きを読む]
  • U-19日本代表、ダメ監督のせいで完敗す。 日本0-2サウジアラビア。
  •  AFC U-19選手権インドネシア2018の準決勝、U-19日本代表は、サウジアラビアと対戦した。日本の出場メンバー。この先発メンバーを見て、唖然とした。まず、原のシャドーがあり得ない。 原は高さだけの選手、スピードと運動量を要するシャドーなんて無理。まだ、田川のシャドーの方がましだ。 もともと、田川と原の同時起用がありえないし、どうしても同時起用したいなら、ツートップでないと。攻撃で違いの出せる、久保・宮代・ [続きを読む]
  • J1降格争いを統計的に分析する。
  •  ガンバ大阪が降格争いの真っただ中にいたため、J1の降格争いが気になってしょうがない。J1の降格争いが史上稀に見る混戦になっているが、どのくらい混戦になっているか、統計的に分析してみた。といっても、偏差値を出しただけだけど。正規分布。 多くの物事は正規分布になっている。 有名なのは、学生のテスト結果が正規分布になっていて、偏差値が示されている。さて、Jリーグの勝ち点も、正規分布になっているとしよう。平 [続きを読む]
  • U-19日本代表、誰が出ても勝てる。 日本5-0イラク。
  •  AFC U-19選手権インドネシア2018のグループリーグ第3戦、U-19日本代表は、イラクと対戦した。日本の出場メンバー。久保は休ませると思ったんだが。システムは、4−4−2。 最後、3−4−2−1にした。イラクは、AFC U-16選手権の準決勝で2-4で負けた相手。その時、イラクFWダウードにハットトリックを決められていた。U-16とは思えないフィジカルをしていた。 さらに前線から猛然とハイプレスをかけてきたんだが、後半になっても [続きを読む]
  • U-19日本代表、守備に問題ありも自慢の攻撃力で勝つ。 日本3-1タイ。
  •  AFC U-19選手権インドネシア2018のグループリーグ第2戦、U-19日本代表対タイ戦について、遅まきながら記事を。日本の出場メンバー。日本は初戦から5人メンバーを変えてきた。 日本は前からのプレスでボールを奪い攻めるが、淡白で何となく時間が過ぎていく。左サイドから安部と東が切り崩していく。特に、安部が一瞬のキレが素晴らしくて、ドリブルで切り裂いていく。前半15分、東がゴール前にクロス、ファーサイドの郷家がヘデ [続きを読む]
  • 森保ジャパン、2戦続けて完勝。 日本 3-0 パナマ。
  •  森保ジャパンの第二戦、日本代表は、キリンチャレンジカップでパナマ代表と対戦した。出場メンバー。4-4-2に近い4-2-3-1。 南野がFW的だった。パナマは4-4-2かな。 前半から日本が押していた。 パナマのパスを前目でカットして、チャンスを作っていた。また、青山の鋭い縦パスがチャンスを量産していた。パナマも時々鋭いカウンターを繰り出していた。前半23分、青山が裏へ浮き球のスルーパス、抜け出してフリーになった室屋 [続きを読む]
  • 日本代表の背番号が決定。 東口が「1」に。
  •  キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名の背番号が発表された。背番号は、どうでもいいんだけど、メンバーをブログ記事にしていなかったので、書いておく。発表メンバー。 4-4-2に当て嵌めておいた。ロシアWC組が加わって、新メンバーとの融合を図るようだ。 まあ、納得のメンバーだね。年齢的にカタールがダメそうな選手は選ばれていない。 乾は30⇒34歳になる。 キレが命の選手なので、次回は苦しいだろう [続きを読む]
  • アジアを制したU-16日本代表を総括してみる。
  •  AFC U-16選手権を制したU-16日本代表、6大会ぶり3度目のアジア王者となったチームを振り返ってみたい。雨で順延となり、放送のなかったグループリーグ第3選・マレーシア戦以外の全5試合を見た。これだけ見たのは、前回大会に続いて2度目。 前回の久保世代が凄かったから、また見てみたいと。全6試合の出場メンバー。 23人全員が出場した。全員を使うのは、日本の育成年代の基本方針。 これは素晴らしいこと。理由は、温情では [続きを読む]
  • U-16日本代表、アジアを制す。 日本1-0タジキスタン。
  •  AFC U-16選手権マレーシア2018の決勝、U-16日本代表は、タジキスタンと対戦した。日本の出場メンバー。ベストの試合をした準決勝をベースとした先発メンバー。 GKに山田ではなく、野沢ブランドンを使って来たのには驚いた。調子が良かったらしいが、タジキスタン相手に高さが有効とみたんだろう。タジキスタンは、4-2-3-1。 タジキスタンは、グループリーグの時のようにガチガチに固めて守って来るかと思いきや、結構攻めてき [続きを読む]
  • 帰って来たガンバ、ダービーも制して5連勝。 G大阪1-0C大阪。
  •  J1第29節、ガンバ大阪はアウェーでセレッソ大阪と対戦した。出場メンバー。警告累積のファンウィジョに代わって、アデミウソン。問題ないと思っていた。 千真とのコンビなら。 前半立ち上がり、セレッソに押し込まれる。しかし、ガンバも徐々に盛り返す。あちこちで、球際の熱き戦いが繰り広げられる。そして、カウンター。 熱戦となる。前半23分、アデミウソンが、縦に走り出している倉田にうまくつなげて、スピードに乗った [続きを読む]
  • 最強世代、U-19日本代表のメンバーが発表される。
  •  今月19日に初戦を迎えるAFC U-19選手権に向けたU-19日本代表メンバーが発表された。U17-WC2017で優勝したイングランドに惜しくもPK負けした世代だ。 自分は優勝できるかもと期待していた最強世代だ。もっとも彼らの1個上が最年長となるチームで、そこがどうなるか。 昨年のU-17ワールドカップに出場したメンバーからFW久保建英やGK谷晃生、DF菅原由勢らが選出された。またJリーグでコンスタントに出場機会を得ているDF橋岡大樹 [続きを読む]