サドルくん さん プロフィール

  •  
サドルくんさん: 今からここから
ハンドル名サドルくん さん
ブログタイトル今からここから
ブログURLhttp://enoeffort.xyz
サイト紹介文日常生活のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/11/15 10:10

サドルくん さんのブログ記事

  • リュウグウ 着陸に向けたリハーサル
  • 小惑星リュウグウの着陸を来年1月以降に延期することになりましたが、今日から着陸に向けての2回目のリハーサルを行いました。 写真で見るリュウグウの表面は、驚くほどの岩だらけ。 (提供:JAXA) これではなかなか着陸しにくいことが一目瞭然です。 慎重にならざるを得ないと納得。 慎重に、慎重を重ねてのリハーサルは必要だと実感しました。   ... Copyright © 2018 今からここから All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 眠り続けている火星探査機 オポチュニティ
  • 現在火星を探査しているのはキュリオシティーだけかと思っていましたが、14年も前から活動しているオポチュニティという探査機がありました。 しかしこの探査機が眠り続けています。 その理由は、大規模な砂嵐のせいで、太陽光発電ができないからだそうです。 すでに60日以上。 そこでNASAはお目覚めの音楽を送り続けています。 そろそろ砂嵐もやむころなので、きっと目覚めてくれることでしょう ... Copyright © 2018 今から [続きを読む]
  • はやぶさ2 リュウグウに最接近
  • 8月7日に最低高度となる851mまでリュウグウに最接近したはやぶさ2。 下の写真は、高度約1250mから望遠の光学航法カメラ(ONC-T)で撮影したリュウグウの表面(写真:JAXA) そして最接近した写真がこれです。(写真:JAXA) 写真で見ると、大きくても10m級の岩で、その他は小さい石っぽく見えます。 まるで静かで舗装されていない道って感じです。 次なるミッションは、リュウグウの表面にある石のサンプルを持ち帰るんだそうです [続きを読む]
  • 台風13号 関東直撃?
  • 強い台風13号が日本に近づいてきています。 このままの予報ならば、9日(木)に関東直撃になりそうです。 それにしてもここ最近、この時期にこんなに台風って多く発生していましたっけ? ところで、日本では台風は発生後とに1号とか2号とか数字が降られていますが、アジアではアメリカと同じ、ちゃんと名前が付いています。 今回の13号の名前はサンサン(Shanshan)。 これは香港が提案した名称で、少女の名前が由来となっています。 [続きを読む]
  • いよいよ宇宙観光が実現!?
  • 誰もが夢見る宇宙観光がいよいよ実現となる可能性が出てきました。 これを実現するのはヴァージン・ギャラクティック(宇宙旅行ビジネスを行う会社)とブルーオリジン(航空宇宙企業)の2社です。 両者とも飛行実験を行っているため、商用ベースでは2019年には可能になるのだとか。 ただ、お値段はそれなりにするのでしょうが。 いずれにしてもいよいよ本格的に宇宙に出る時が来たということでしょうか。 ただ宇宙はある意味怖いと [続きを読む]
  • JAXAが火星衛星探査を計画中
  • JAXAが計画しているのが、火星衛星探査を計画中だと発表しました。 はやぶさやはやぶさ2の経験を活かし、「2024年の打ち上げ、2029年に地球に帰ってくる計画」だそうです。 壮大ですね。いよいよ日本も火星に向けて探査が始まるんですね。 日本でしかできない、いろいろなことを発見して欲しいと思っています。 期待大ですね。   ... Copyright © 2018 今からここから All Rights Reserved. [続きを読む]
  • この暑さはどこから来るの?
  • 今週から再び暑さが戻ってきました。 全国で猛暑日となっていますが、この暑さはどこから来るのでしょうか? 中学校では夏は小笠原気団(高気圧)が張り出し、暑くなると習いましたが、それだけではないようです。 どうも中国大陸から高気圧が張り出し、さらにその上空に10000mからチベット気団が張り出してくるそうで、さらに暑くなるんだそう。 ほんと異常気象ですね。 いつもの夏って感じではありません。 何とかならないですか [続きを読む]
  • 大接近の火星 大きく輝く
  • 昨日は火星が大接近の日でした。 久しぶりに夜空を見上げ、火星を見たとき「大きく輝いてるなぁ」と思わず口から漏れてしましました。 普段ならちょっと赤っぽく輝いているだけですが、かなり大きいことが肉眼でもわかりました。 望遠鏡を出してみれば、きっと模様まで見れたのでしょうが、屋根裏の奥の方にしまってあるため、億劫でやめてしまいました。 次回はちゃんと用意したいと思います。 スマホですが一応撮っておきました [続きを読む]
  • 朝から大きな声で
  • 朝起きると、大きな声で鳴いています。 夏のこの時期に鳴くのは、そうセミです。 「ミイ〜ン、ミン、ミン」とすごく元気に。 この季節は自分のものだ〜、なんて感じで。 でも、「シャー、シャー、シャー」と切れのある鳴き声のセミがまだです。 この2つの声が聞こえると本格的な夏って感じがします。 そんな自然を感じる自分がいました。   ... Copyright © 2018 今からここから All Rights Reserved. [続きを読む]
  • バッタの脱皮
  • 今日、草に水やりに庭に出たとき、大きなショウリョウバッタが草につかまっていました。 ちょっと観察しようとバッタを見ていると、その横の草に目をやると、何か白いものが引っかかっています。 よく見てみるとそれはそのショウリョウバッタが脱ぎ捨てた殻、脱皮の後だったのです。 トンボ(ヤゴ)やセミ(幼虫)の抜け殻は見たことがありますがが、バッタの脱皮後は初めてです。 こんなところでしっかり成長しているんだなと感心 [続きを読む]
  • リュウグウの表面はゴツゴツの岩だらけ
  • 今までリュウグウから高度40kmのところを維持していましたが、その後20kmまで高度を下げ、さらに25日には高度6キロメートルまで接近し、撮影に成功しました。 JAXAが公開した写真から見ると、リュウグウの表面がたくさんの岩でゴツゴツしていることがわかります。 いろいろな岩の破片がぶつかってくっついたって感じです。 (JAXA) 再びはやぶさ2は、高度を20kmまで戻して探索を続けているそうです ... Copyright © 2018 今 [続きを読む]
  • 火星に水の存在を確認
  • 今までの調査では湖底の跡やら水が流れていたと見られる痕跡があったそうですが、極冠の下に幅20kmの湖があると、火星探査機「マーズ・エクスプレス」が、その証拠を見つけたようです。 これによって地球外生命がいるかもしれないと、誰もが思うでしょうが、現段階では存在する可能性が高まっただけだといいます。 これからは湖の特徴を確定し、さらに掘削探査プロジェクト(現在その技術がないそうです)へと進んでけるといいです [続きを読む]
  • 7月28日の天体ショーはかなり貴重
  • 平成最後の月食は皆既月食で、かなり稀で貴重な天体ショーになりそうです。 それは、この皆既月食は朝方3時半ころ、西の空のかなり傾いた状態の月に起きますが、皆既月食が始まってすぐに月が沈んでしまうからです。 またこのときの月はブラッドムーン(赤銅食:赤黒い色)、さらに大接近中の火星とランデブーします。 とんでもない天体ショーというわけです。 月食の細かな情報は、皆既食のはじまりが午前4時30分。 東京の月の入 [続きを読む]
  • 日本以外でも異常気象
  • 日本では異常気象時代と書きましたが、世界に目を向けると日本だけではありませんでした。 アメリカでは7月、カリフォルニア州デスバレーで52度、ロサンゼルス近郊チノで48.9度。そしてアルジェリアのサハラ砂漠では51.3度を記録したそうです。 また、北極圏でも30℃を超える暑さなんだそう。 まるで灼熱地獄のような暑さではありませんか? いつまで続く?いつ終わる?が気になります ... Copyright © 2018 今からここから [続きを読む]
  • 各地で猛暑があたりまえになっている
  • 以前にもブログで書きましたが、ほんと異常気象時代ですね。 埼玉・熊谷で41.1度、東京・青梅で40.8度など。 各地で猛暑があたりまえになっています。 どう見てもおかしいでしょう。 気象庁の竹川元章予報官の記者会見では、「経験したことのない暑さになっている所がある。命の危険がある温度。一つの災害であるという認識はある」とおっしゃっていました。 熱中症には充分気をつけて生活しましょうね ... Copyright © 2018 [続きを読む]
  • 太陽観測に期待の探査機
  • 太陽はなかなか接近して観測ができない天体のひとつ。 なにせ太陽本体の温度より、まわりのコロナという場所は100万度という超高温だからです。 しかしNASAはこれに挑みます。 8月6日にこのコロナに接触して内部調べる無人探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を打ち上げると発表しました。 日本も太陽観測衛星「ひので」で、フレア(太陽表面の爆発)やコロナ内部爆発等の解明を行っています。 でもコロナに近づくなんてとんで [続きを読む]
  • 火星が15年ぶりに大接近で見頃
  • 最近夜空に輝く赤く光る星が目立ちます。 そう、火星です。 この火星が、2018年7月31日、15年ぶりに大接近し、見頃です。 その距離、地球から何と5,579万キロメートル。 え?遠すぎ? ですよね。 でも天文的にはかなり近い距離なんです。 前回の大接近は、2003年で5,576万キロメートル。 このときも大きな話題となりました。 さて、火星の大接近にいろいろなイベントがあります。 例えば、東京・六本木ヒルズの「東京シティビュー [続きを読む]
  • リュウグウの生い立ち
  • 今日JAXAは小惑星リュウグウの生い立ちを発表した。 それは「壊れた天体の破片が集まってできた可能性がある」ということでした。 リュウグウには岩がかなりたくさんあるということで、より大きな天体が破壊して、その破片が集まってできた証拠ではないかといいます。 へ〜、としか言えませんが、なるほどと納得しました。 これからドンドンいろいろなことがわかってきそうで楽しみです ... Copyright © 2018 今からここから [続きを読む]
  • 小惑星探査機 はやぶさ2の現状
  • 6月27日に小惑星のリュウグウに到着してはや3週間経ちました。 小惑星探査機 はやぶさ2の現状報告が今日行われました。 現在リュウグウから約20kmのところをキープして、来年の7月までに小型ローバーによる調査、タッチダウンによるサンプル採取などが行われるそうです。 詳しくは下記YouTubeでどうぞ ... Copyright © 2018 今からここから All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 異常気象時代と言われる今
  • このところ異常気象が続いています。 あるニュース番組で今は「異常気象時代」です。と言っていました。 確かに今回の豪雨など異常気象時代と言っても過言ではない気がします。 特に「特別警報」は数十年に一度の大雨と設定されていますが、長崎県から岐阜県まで十一府県に出されるなんて尋常ではありません。 この異常気象にいかに防御していくか、私たちは真剣に考える必要がありそうです ... Copyright © 2018 今からここ [続きを読む]
  • 15年ぶりの大接近の火星を見よう
  • 火星の軌道からすると、約2年2ヶ月ごとに地球に接近する火星。 今年は15年ぶりの大接近。 その火星を見ようというイベントが、東京・六本木ヒルズ展望台の東京シティビューで行われるそうです。 期間は7月27日(金)〜8月3日(金)。 天文の専門家の解説や高性能望遠鏡での観望があります。 その他にも8月1日(水)・2日(木)に、千葉市の豊砂公園でも火星観望会が開催されるそうです。 「火星接近 観望会」でググると、いろいろ [続きを読む]
  • 植物の生命力のすごさ
  • 自分はあまり生き物を育てられないらしい。 特に植物はすぐに枯らしてします。その理由は水をあげ忘れてしまうからです。 先日家にある小さな植物に何日か水をやり忘れていました。 するとその植物、葉っぱを垂れ下げいかにも哀し気です。 かわいそうと思い、キット水が欲しいんだなと思い、たくさんあげました。 するとどうでしょう。10分もしないうちにみるみる元気に。 それにしても植物の生命力ってほんとすごいんですね ... C [続きを読む]
  • 関東甲信越地方 もう梅雨明け?
  • 6月上旬に関東甲信越地方が梅雨入りになりました。 今年も7月入ってからの梅雨明けと思っていましたが、一昨日6月29日に気象庁は梅雨明け宣言。 もう梅雨明け?って感じです。 6月中に梅雨入り・梅雨明けとなったのは観測史上初めてなのだそう。 あれ?異常気象? それはともかく、暑い日がいつまで続くのでしょうか。 みなさん、熱中症に気をつけましょう。 こんな商品見つけました。 【15周年記念セール】ネック冷却クーラー&温 [続きを読む]
  • はやぶさ2 小惑星リュウグウに到着
  • 6月27日に「はやぶさ2」が小惑星のリュウグウに到着したことがわかりました。 地球からおよそ3億km離れたこの惑星に約3年半かかったそうです。 これからどんな宝石を持ち帰ることができるのか楽しみですね。 写真:JAX ... Copyright © 2018 今からここから All Rights Reserved. [続きを読む]