nabejizo さん プロフィール

  •  
nabejizoさん: Chonburies
ハンドル名nabejizo さん
ブログタイトルChonburies
ブログURLhttp://nabejizo.com
サイト紹介文タイのチョンブリー県から柔術と猫と魚釣りとビールについていろいろ書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/11/16 16:32

nabejizo さんのブログ記事

  • タイDEダイビング:ラヨーン県 Tharu島周辺 そして浸水!
  • ラヨーン・ダイブセンターについては、前回のブログに書きました。 それではダイビング編です。 2018年10月の後半に行きました。 タイはこの日から「乾季」に入ったというタイミングでした。 ビーチからでも見える島の「タル島」。この周辺がラヨーンでも記念すべき最初のダイビングになりました。 この、削られたてトンネルのようになった穴が特徴的な島です。 記念すべきラヨーンでのダイビング一本目です。 パタヤ […] [続きを読む]
  • タイDEダイビング No.24&25 サメサン沖の沈没船
  • ダイビング報告です。相変わらず順序は滅茶苦茶です。過去の写真か記憶を掘り出してかいております。 バンセンから車で40分。ジョムティエンにあるダイビングショップに申し込んで、チョンブリー県のサメサン沖でダイビングをしてきました。 24:Hardeep Wrek  沈船 Suddhadib号 1945年の6月1日に、爆撃と機雷によって沈没した船です。もともとは貨物・客船でしたが、日本軍に徴用されて運搬 […] [続きを読む]
  • 日本人街シラチャーのタイ人経営のお寿司屋:寿司処しらちゃ
  • 寿司処しらちゃ シラチャでは結構有名なお寿司やさんです。 オーナーも板さんもみんなタイ人の方です。 これが週末の夜になると、ほとんど満席。 平日もつねにお客さんがカウンターにいるような人気店です。 寿司と歌っているだけあって、寿司、刺身を注文する人がおおいです。 鳥の唐揚げなど、普通の居酒屋メニューも豊富です。 店内はこんな雰囲気。 オーナーのターさんがいろいろ気を使ってくれます。 […] [続きを読む]
  • バンコクからタオ島への行き方:ロンプラヤのバス&フェリー
  • タオ島 Koh Tao ダイビングのオープンウォーターを習得して直ぐにタオ島にダイビングにいきました。初回は自分で運転していきましたが、バンコクからかなり簡単に来れます。バンコクータオ島間は、いろいろな交通手段があります。 安くて簡単なのがバスとフェリー。 タイ本土の街、スラータニーやチュンポンからタオ島、サムイ島、パンガン島などの間もフェリーを運行するロンプラヤというフェリー会社がありますが、こ […] [続きを読む]
  • タイDEダイビング:No.38&39 Koh Sak, Pattaya
  • パタヤ沖でダイビングです。 この日は私一人でパタヤ沖のダイビングに参加しました。 ショップはいつものMERMAIDS DIVE CENTER 朝。バリ・ハイ桟橋から出港です。 タイの雨季もそろそろおしまいかな?ってぐらいに青い空でした。 この日のチームメンバー この日のボート。お客さんは3組だけ! 一組はなんとお客さん一人だけです。 僕はガイド:マシューのチームで、メンバーはマシューの奥さんのエリ […] [続きを読む]
  • バンコクで行われた柔術の試合:COPA DE BANGKOK 2018
  • 先日、タイの首都バンコクでブラジリアン柔術の試合が行われました。 COPA DE BANGKOK 2018 バンコクで毎年行われている試合です。 バンコクだけでなく、チェンマイ、プーケット、パタヤ、タオ島とタイ国内各所、そして国外はベトナムや台湾、香港、日本、マレーシア、シンガポール、南アフリカなどいろいろなところから選手が参加していました。 私の出場クラス 僕は青帯、40歳以上、76キロ以下のク […] [続きを読む]
  • 香港でクラフト・ビール:Kowloon Tap room
  • 香港はタイと違って、夜遅くまでバーがあいていました。僕は旅行のときに必ずバーに入ります。 特に理由はなく、単純にバーが好きだから。レストランと違って一人でも入りやすい。 今回、宿のご主人にバーが集まる界隈をおしえてもらいましたが、宿から徒歩3分の距離でした。 場所はこちら! この周辺は何軒かバーが集まってなかなかよい雰囲気を醸し出しております。 今回入ったお店はこちらです。 Kowloon Tap […] [続きを読む]
  • 香港で遭遇した台風「マンクット」
  • 9月の香港。 台風マンクットが香港の近くを通過しました。 柔術の試合の当時は、素晴らしい晴天! でしたが、翌日からは最高の警戒レベルにあがり、公共の交通機関はすべてストップ。 シグナル10 最高の警戒レベルです。 しかし、前日からのアナウンスもあったので、ホテルから出れないと判断して、籠城の準備はしておりました。 こちらです。 セブンイレブンで普通に日本のビールやおつまみが売っているのはありがたい […] [続きを読む]
  • 香港の柔術大会:Copa De Hong Kong
  • Copa De Hong Kong 2018 先月、香港でおこなわれたブラジリアン柔術の大会です。 僕も参加してきました! まずは香港! 台風が近づいていましたが、試合当日は晴天! 二階建てバスは近未来的でかっこいい! そして、近代的なビルに竹の足場!上の方からジャッキー・チェンが落ちてきそう! 試合結果! 結果です。結果は結果。 4人中3番!詳しいことは聞かないように・・・ 2018年の5月まで […] [続きを読む]
  • NAMON NOODLE:バンセンのシンボル的存在になりつつある ハゲおやぢの麺屋
  • ブラパ大学周辺は大学生が多く住んでいるため、とても活気がある。 大学周辺というのはその界隈だけで流行ってたものが、何かのきっかけで急に有名になったりもします。 このお店もそんなお店です。 今やバンセンの名物とも言える、ハゲおやぢがキャラクターのお店です。 ナモン・ヌードル NAMON NOODLE 看板のハゲおやぢがシンボルです。 バンセン、この大学周りのエリアでは珍しく、広めの駐車場があります。 […] [続きを読む]
  • タイ飯:カオカームー(?????????)工場裏の屋台 by マドンナ
  • 久しぶりにタイ料理。 ブログにあげるのは久しぶりですが、ほぼ毎日食べています。 工場裏のマドンナの食堂のメニューです。 カオカームー(?????????) 豚足煮込み、と和訳されています。豚足を中華のハーブで煮こんだ料理。 豚足の脂肪と皮は良く煮込まれて、トロトロのゼラチンになり、飴色に輝き、食欲をそそります。 タイ中どこでも簡単に見つけることができると思います。 これを売りにしてい […] [続きを読む]
  • タイDEダイビング:No.36&37 パタヤ沖 Koh ManwichaiとHad Nvan.
  • 時系列をいきなりぶっ飛ばして、 一番最近のダイビングです! 間にあったダイビングネタは暇なときにでもアップして行きます。 7月に海洋実習で海に入ってから、36、37本目のダイブです。 前回がタオ島でしたので、今週はチョンブリー県のパタヤ沖。ここで、目と心持ちをリセットしておきます。 お天気は最高!微風です。 バリハイ埠頭を出発して、1時間30分ぐらいで午前中のポイントに到着。 Koh Manwic […] [続きを読む]
  • 2018年9月香港:今回の宿 Inn Sprit
  • 香港に行ってきました。ブラジリアン柔術の試合に参加してきました。 まずはドンムアン空港からエアアジアで香港までひと飛び! 空港から尖沙咀へ! 実は21年ぶりの香港です。返還前に一度仕事で滞在してから、かなりの月日が経ちました。 空港から、町までのアクセスが凄く良い! エアポートエクスプレスと地下鉄乗り継いて、香港の繁華、尖沙咀に到着。 今回の試合会場は尖沙咀にあるため、徒歩圏内のホテルを予約しまし […] [続きを読む]
  • タイDEダイビング:No.7 Nam Tien Bay
  • 午前中に二本セイルロックで潜り、船上でランチとなりました。 海で食べるお食事は美味しいです。 Nam Tien Bay 水深が最大でも16m程度と浅くて、サンゴがあります。あかるく、小さな魚やエビが多くて楽しめました。 ヤスジチョウチョウウオ Eightband butterflyfish ヒメアイゴ Barhead Spinfoot 他にも […] [続きを読む]
  • タイDEダイビング: No.5&6 タオ島沖セイルロック
  • 2018年7月に親子でオープン・ウォーターのライセンスを習得できました。 7月の終わりにタイの連休があったので、早速ダイビングに行って来ました。 行った場所は タオ島! パトゥムタニー県の我が家を出発して、チュンポンまで520キロのドライブ。そこからはフェリーで2時間弱で到着です。 フェリーのチケット、ホテルやダイビングショップなどは事前にネットで予約して行きました。ダイビングはショップにお任せし […] [続きを読む]
  • 台北の食事:名無し食堂の関東煮と欣葉のしじみ
  • 関東煮 ホテルの目の前の交差点にひっきりなしにお客さんが来るレストランがありました。 和食っぽいんですが、雰囲気が和食じゃない。台北で独自進化した和食なのかな? 暖簾には、刺身などの名前がみえますが、お客さんのほぼ全員が、「おでん」を食べていました。 愛想悪そうな店員さんかな?とおもったけど、ささっとテーブルを引き上げて、こちらにどうぞ!とかぶりつきの一等席に案内してくれました。 メ […] [続きを読む]