小川一樹 さん プロフィール

  •  
小川一樹さん: バンコクで働き、生活する夢を叶え、夢と生きる日常
ハンドル名小川一樹 さん
ブログタイトルバンコクで働き、生活する夢を叶え、夢と生きる日常
ブログURLhttp://tjbridge-jyuku.blogspot.com/
サイト紹介文現地採用から経営者になりました。バンコクで働き、生活する夢を叶え、さらに夢を追って生きています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/11/16 18:28

小川一樹 さんのブログ記事

  • マイナス思考も悪くは無い
  • 自分はマイナス思考だと悩んでいる人もいます。マイナス思考というのは、どうせ失敗するんだとか、自分はダメだとか否定的に考えることを一般的に言いますね。どうせ失敗するという思いは、行動力を鈍らせる半面、良い面もあると思います。それは、危機回避能力が高まるということ。昔にテレビで辰吉丈一郎さんというボクシングの元世界バンダム級チャンピョンをとった方が、試合前はめちゃくちゃ怖いと語っていました。殺されるか [続きを読む]
  • 号泣・・・ライフイズビューティフル
  • かなり昔見た映画で感動したといううっすらした記憶しかなかった映画「ライフイズビューティフル」昨日1時間。今日昼ご飯を食べながら1時間。そして、さっき見終わりました。号泣。というより嗚咽w記憶にある限り、号泣したのは小学生の卒業式依頼かな・・・ナチス全盛期の中、ユダヤ人家族の物語。主人公は父。妻のため、子供のため、ユーモアを忘れずに生きる。見る方もいるかもしれないのでこれ以上は書きたくありません。本 [続きを読む]
  • 今の仕事の給与と同額を他から得ても今の仕事を続けますか?
  • 週末は小4と中1のダブルで授業があるんで過密なスケジュールになります。脳からぷすぷすと煙が出る一歩手前。午前中からばたばたしていると、あっという間にお昼。家の近くのコンビニで寝ころぶワンコを見てしばしの息抜き。なんかのどかですねぇ。一生懸命に働き、時間もあっという間に過ぎていく感じがするほど充実しているのかなとも思います。でも、「間」を取らないと人は成長しないと考えています。「間」があるから、足元 [続きを読む]
  • 他人の夢を批判なんてしている余裕はあるのか?
  • サッカーの本田選手が批判されているとネットニュースで見ました。それにしてもよく批判されますよねw私も見ましたが、プロフェッショナル仕事の流儀での発言が原因らしいです。監督に服従して日本代表に選ばれることは恥ずかしい。自分を貫いたことを誇りに思うというようなことを確かに言っていました。私は別に何も変な発言だと感じませんでしたが、この服従しないことを誇りと思っていることが、監督の指示に従わないことを美 [続きを読む]
  • 努力は奇跡を生む!夢をあきらめない強い気持ちをもつことの大切さ。
  • あきらめるな!あきらめなければ夢はかなう!なんて松岡修造さんのように言葉にするのはとっても簡単だけど、自分の中の弱さと長期戦を繰り広げているうちにはじめの意気込みも弱まってくることもしばしば。まるで山頂が霧で見えない山登り状態。いつ頂上に着くかわからず登り続けることほど辛いことはありません。もしかしたらもう少しで山頂というところでも霧のために先が見えないから諦めてしまう人も多くいることでしょう。夢 [続きを読む]
  • テレビの情報を信じすぎていないか?
  • いろいろな事件がテレビで報じられているけど、その情報は警察から断片的に出てきたもの以外は二次、三次情報。作り手の主観が入りまくっています。それを勝手に鵜呑みして、噂レベルの情報に翻弄されている人がいることに呆れてしまう。被害者や加害者から話を聞いたわけでもなく、断片的な情報だけで盛り上がる。普通の人だったのに・・・って住民の回答だって、その人の何を知っているの?と言いたくなります。普通の人が起こし [続きを読む]
  • 自信に逃げずやりたいことをやるためにできる理由を探す!
  • すぐにできない理由を探そうとする。このような人は成長できない。できるようにするための理由を探す。この様な人は成長する。そのためには自分はできると信じることができようが、信じることができなかろうが、できる理由を支えるものが必要です。自分を信じることができなくてもやりたいのか?やりたいのか?やりたくないのか?やりたい!という強い思い。これができるようになる理由を支えてくれる。自信は過去の経験に強い影響 [続きを読む]
  • 人生は登山。山登りを計画しているとき、登っているときこそ楽しい!
  • 5月12日に誕生日を迎え、ついに41歳になる。って「ついに」という言葉をなんとなく書いてしまったあと、別に「ついに」でもなく、淡々と41歳になっていました。日々に何ら変わりはありませんね。ただ、少し変わったことがあります。やりたいことが見つかり、今その実現に向けて試行錯誤をしているところ。なかなか手ごわいハードルがいくつもあり、まだゴールが靄にかかっていて、うっすらとしか見えていません。これはまる [続きを読む]
  • 不安が生まれたとき、心を軽くする方法
  • 自分には強烈な失敗体験があります。その体験は心の奥底に濁りとして残っています。人生長く生きていると色々な経験をします。まるで忘れていたようでも消えずに残っているようです。ふとしたときに自分の心に不安が生まれてくる。消えずに残っているんだなと実感する瞬間です。その不安感は過去の失敗からきていて、今のこととは全く関係ありません。でも、ご丁寧にも過去の失敗を強引に根拠にして、未来を不安にしてくれます。な [続きを読む]
  • AmazonPrimeの無料お試しをしてみたら【超お得すぎる】
  • 読書好きな自分としてはちょっと感動的な出来事がありました。たまたまAmazonでほしい商品があって、注文するときに、無料で速達できるAmazonPrimeの1か月お試しに入会してみました。どうせ1か月で解約すればいいやって思ったんで。AmazonPrimeにお試しで入会したんで、ついでにどんなお得なことがあるのかな?といろいろ調べていると、とんでもない発見が。まず、Amazonで無料で見られるビデオが山ほどあること。ただし、海外在 [続きを読む]
  • 遅く起きた眠い朝に喫茶店で読書をする良さについて
  • 休日はのんびりできますが遅く起きると頭がすっきりしない状態が続いてしまいます。そのままダラダラしてしまうとどんどん時間をもっていかれてしまいます。そこで大切にしているのが喫茶店。家でだらだらするくらいならそっこうで迷わず喫茶店に行きます。ちかくの40B(120円)でカフェモカを飲める喫茶店に行き、そこでゆっくり読書をする。外出することで一気に目覚め、頭が回転し始めます。私は喫茶店に行くための出費は [続きを読む]
  • ストレスのかかる社会で心を軽くする方法について
  • 目の前の仕事に追われて心が疲れているなと感じるときがあります。精神的に追いつめられているとでも言えるのかな。精神的に追いつめられていたとき、心を軽くさせてくれるのがちょっと間の抜けたタイの風景。この斬新なカラーリング。思わず二度見をしてしまいました。なぜピンクの水玉・・・そんなにピンクの水玉が好きなのか?人の価値観なんてものは本当にわからないものですね。いつも通っているTOPS前の犬。毎日自動ドアが開 [続きを読む]
  • 【驚き】今まで見た中で1番大きいサメの動画
  • 今までサメが出ているテレビは同じように何回も見たことがあります。が、今回紹介する動画は今まで見たサメの動画の中でも1位の衝撃でした。こんな巨大なサメが生息しているなんて・・・ぜひ見てください!どうでしたか?メガロドンなんて呼ばれている巨大サメの都市伝説の様な話題もありますが、このサメは現実にいるもの。恐怖以外の何物でもありませんよね。。。海で泳ぐのが怖くなるサメの動画でした。 [続きを読む]
  • キリン以外の飲み物を買ってはダメですか?【芸人先生から】
  • 人間っぽさを失ってしまう人って嘘っぽくて嫌だなと感じることがあります。芸人先生という番組がNHKでやっていた。和牛というお笑い芸人が確かキリンという大手飲料品メーカーの営業に授業をしに行く企画。ここに出てきた社員と芸人との会話の中で、会社の中には、キリン以外の飲料は一本もありません!と自信満々に答える社員がいました。突っ込まれても維持になって、絶対にありませんと答えていましたが、すごく違和感がありま [続きを読む]
  • 募金活動するくらいなら自分で働いて寄付しよう。
  • よく行くスーパーで時々行われている募金。子供たちの生活支援という名目です。毎回寄付するわけにもいかないので、時々寄付することもあるが、前々からこの子どもの支援に関して疑問に思うことがあった。ずっと立ち尽くして声をかける若者。もしずっと立っていた時間に彼ら若者が違う仕事をしていたら募金で手に入る以上のお金が手に入ったはずだ。自分で稼いだお金で子どもたちを助けた方が他人から寄付してもらったお金で助ける [続きを読む]
  • 良いルーティーンが成功に近づける
  • 年齢を重ねると日々の中にルーティーンが増えていく。ほぼ毎日行くTOPSの喫茶店。ここに行くこともルーティーンの1つ。座り心地はあまり良からず。パン屋の中なので落ち着ける環境でもない。が、値段は安くカフェモカ1杯40B。 ほぼ毎日通うこの店。全くおしゃれでは無いきばらない雰囲気が落ち着きます。 無意識なルーティーンになりがちな日々に30分程度の読書の時間を必ずとれる喫茶店。 この場所での読書はルーティー [続きを読む]
  • 失敗を恐れて「自部が本当にやりたいこと」ができない人へ
  • 人生に失敗とか成功とかあるのかもよくわかりませんが、どうも失敗を恐れるからか、形にハマったような大量生産的な生き方の道を選んでしまう人がいます。気持ちは確かにわかります。失敗したくないだろうし、成功したいだろうから。でも、自分の成功の定義について自分で一回深く考えたのか?ということはしっかり確認しておきたいところです。その成功って、他人が決めた成功じゃないかってこと。子供の頃、とっても大きな夢を語 [続きを読む]
  • 流れるままではなく、自らの意思で覚悟をもって生きる。
  • 自分の行動が覚悟が伴うほど腑に落ちているか。この覚悟が腑に落ちるということを意識して生活しています。自分が今やっている行動を「何のためにやっているのか」と理解していることがスタートにあります。「何のために」がわかっていると、行動に腰が据わってきます。ぶれなくなってきます。覚悟をもって生きるという言葉と反対にあるのが、「適当に流れるように生きていく」ということです。そんな生き方を選ぶ人もいます。適当 [続きを読む]
  • 日本の生活パターンを抜け出して生活する良さ
  • タイで生活するなら現地に飛び込む方が良い!ここはタイの美容院の前の写真です。店の前に屋台がおかれているのがタイスタイル。私がここ数年髪は自分で切っていて、美容院などは行っていません。なので数年前に通っていた美容院の写真ですが、日系の美容院ではありません。タイの地元の女性たちが通っている美容院です。カット80B。日本人が通っているところに比べると相当安いはずです。ここは別に汚い美容院ではなくいたって [続きを読む]
  • 自分らしく生きたいということ
  • 自分らしく生きたいなんて言葉を若いころは使っていた気がします。でも、年を重ねるごとに自分らしく生きたいという言葉は使わなくなってきました。というのも、自分らしさっていうものがどうも曖昧でわからないからです。自分らしさという言葉を使えば、自分にあった自由な行動ができそうなものですが、自分らしさがわかっていなければ、本当に自由な行動か?と言われたら疑問を覚えます。自分らしさなんて曖昧でわからないものだ [続きを読む]
  • 人間なんて死ぬまで未熟な生き物
  • 人間なんて未熟な生き物人間なんて一生未熟な存在です。自分だって未熟だって自覚があります。でもなんだかテレビを見ていると、自分が未熟だってことを、人間なんて未熟な生き物だってことを忘れてしまったかのような人が目につきます。別に間違いを犯してしまった人を批判することが悪いことだとは思わない。そうやって違うものは違うと意見することは大切なことでもある。でも、自分だって、間違いを犯した人だって未熟な存在だ [続きを読む]
  • バンコクの改善することの無いデフォルトの冠水。
  • バンコクは2日連続で大雨。オフィスの前はお決まりの冠水です。こうも毎回冠水するのになぜ改善しないか。それがタイだといえば誰もが納得する解答なのかもと考えると、自分の無力さにむなしくなります。変わらないものは変わらない。何年も何年も同じ状況なのになんて誰も改善しようとしないんだろう。ここに住んでいる人たちは街の役所などに改善を求めないのだろうか・・・私はオフィスを借りているだけだし、外国人だからそん [続きを読む]
  • 週末の忙しさを解決する方法
  • 週末に慌てると心の余裕がなくなります。心に余裕がなくなると他人への思いやりに割ける心のスペースがせまくなる。そんな感じがする週末でした。とにかく仕事に追われました。追われて追われて追われまくりました。下の子が小学校が休みだったときもかまってあげる余裕もない。話しかけられての返事も心ここにあらずといった感じになってしまう自分に気づいていながらも、どうにもならない。これは週末に仕事がたまる傾向にあるこ [続きを読む]
  • 想像力、感性がない人は本当に迷惑だ!
  • 想像力、感性がない人は本当に迷惑だ!という話です。いつも行く喫茶店も顔なじみになってきて、何も言わなくてもホットモカを作ってくれるようになりました。この阿吽の呼吸が心地よいですが、どうも縛りが発生してしまい違うメニューを注文しづらい窮屈さも。でも違うメニューは注文しないのでとっても心地よいものです。感性・想像力が欠ける人わたしと同じようにこの喫茶店には常連さんがいるんですが、2名ばかり迷惑な人がい [続きを読む]