aspiration さん プロフィール

  •  
aspirationさん: 泥の中のはす。
ハンドル名aspiration さん
ブログタイトル泥の中のはす。
ブログURLhttps://ameblo.jp/aspiration/
サイト紹介文言いたいことがいっぱいある。つれづれなるままに書き綴る。30代一人暮らし女のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 363日(平均3.5回/週) - 参加 2016/11/16 23:29

aspiration さんのブログ記事

  • 人生劇場的には今はいいときにいるらしい。
  • 大運初旬が天中殺なので、3旬、4旬に繰り上がりの大運天中殺なのだが。 あと6年を切ったけれど、陰転やと思うな。 何かすごいこともないし。 自由で気楽だけど、成功はしていないし。 3旬と4旬のところで甲癸の境でもあったし。 5旬からがわたしの本当の人生が始まるんじゃないかと期待(笑)。 そのための調整期間に入ったんじゃないかとも思う。 人間関係を変えないといけないんだろうな。 年齢的なこともあり、人間関係 [続きを読む]
  • ひとりっこの特徴。
  • 今朝目覚めてふと思ったこと。 この悩みの根源は、わたしがひとりっこだからではないか、と。 http://cute-woman.info/karesihosii9-227 見事に全部に当てはまった。。。 ①相手を試すし ②過去のパターンからネガティブに受け取るし ③過去を乗り越えられず自分からはいかないし ④自分の感情を表現するのは恥ずかしいし ⑤相手優先にするし ⑥心の彼氏がいるし(笑) ⑦ある意味もらいなれているので冷静に対応してしま [続きを読む]
  • エレクトラコンプレックス。
  • わたしの心の恋人は、わたしが望んで獲られなかった父親像だと気づいた。若くてかっこよくて、見栄を張らなくて頼りになって、他人に見せて恥ずかしくない。それにわたしが出来ない要素、素直で甘え上手が加わる。それがわたしの心の恋人。ま、ここまで来るとドラマや漫画の世界なんだけどねー。わたしは父親から獲られなかったものを求めているから、いつまで経っても見つけられないのだが、そうじゃないと泣き叫びたい感じなの [続きを読む]
  • 原因は父親。。。
  • わたしの宿命の急所は父親らしい。 父親との問題がわたしの幸福を阻害しているのかもしれないけれど、禄存星中殺なんだけどな。。。 こういう場合、どうしたらいいでしょうね。。。 [続きを読む]
  • ひとりで生きる人生。
  • なのかなと思う30代。 この日常が死ぬまで続くといいなと思うくらい、ひとりで好きなことが出来るのが楽しい。 ひとりで生きていくために戸籍上はひとりっこなのかもしれないし、ひとりでも生きていけるように弟がついているのかもしれないとまた思う。 生まれてくる前に、神様と人生を決めてきてるって言うし、弟はそれを知っているはずだし。 でもまだ人はみな孤独というところを悟りきれていなくてしんどい。 [続きを読む]
  • 悟りきれないとらわれない心の状態。
  • 何かに心とらわれること。それが自分自身を苦しめているのだ。心穏やかに暮らしたい、それを一番に考えるなら。物事を無視するのとは違う、それは事実であるから。心とらわれることで、その事実は変わらない。時は流れ、わたしたちは人生が終わるまで、前に進むしかないから。裁判をしたところで変わらないものってあると思う。お金も時間もかかるし、精神的にも肉体的にもしんどいだろう。その代償以上のお金が確実に戻ってくる [続きを読む]
  • 徒然。
  • 自分だけの視野で物事を見ると、一方的で辛いことだらけになるけれど。わたしを相手として見ると、気持ちは軽くなる。そういう状態のわたしを私が見たらどう思うか。わたしがわたしを見ると、悲しくて、自分が悪いことをしたのかと責めてしまうし、相手に怨みも出てくる。でも私がわたしを見たら、そういうこともあるさ、相手の事情さ、と見られる。わたしが悪いことをしたとは思わないし、悲しまないで、と思う。それが自分の領 [続きを読む]
  • ありのままの〜。
  • 実家に帰って久々に読んだ漫画。この漫画の主旨は「ありのままを受け入れる」なのかなと思った。今までは気にしたこともなかったけど。「決めつけ」たり、相手の領域に入るとしんどい。それに改めて気づいたので、自分の思考回路の揉みほぐし。主人公はただただ周りの人を認めて受け入れる。だから心地よい。いらっとするときは、相手の領域に入ってしまっているか、自分の領域に相手が入ってきているか、もしくは自分基準で相手 [続きを読む]
  • 今は何もない。
  • どうやったら貯金が出来るんだろうという謎と、モチベーションもなかった20代。今は貯金のモチベーションはいらんなと思う。貯まる仕組みを構築すれば貯金なんて難しいものではなかった。しか〜し、今以上の金額ってなるとモチベーションはいるけどね。んで今以上は今の収入だと厳しい。でも貯金が出来なかった頃もそうだったからもう少しやれるんだろうけど、もう少し貯金したとこでどうなるんやろってのもある。貯金よりも永続 [続きを読む]
  • 資格。
  • 資格というものをとくに持っていないわたし。福祉住環境コーディネーター2級だけ。しかも使うことないし。今さら学校に通うのもめんどいし、やりたいこともないし(汗)。時期を逃してしまったので、来年も今の感じだったら、ベビーシッターの養成講座を受けようと思う。子供と接するのに、全く知識がないよりはいいし。今さら保育士もなんか違うし。そんな器用貧乏系のわたしの人生。 [続きを読む]
  • 縁のない娘。
  • なるほど。父親の場合、奥さんから生まれる子供の星が2つ。そしてその子供の星が廻る大運のときに結婚していて子供が2人。しかもその子供は第二守護神でもあり、大運も守護神が廻っているとき。その子供を手放してはいけなかったんだなと思う。そのあと再婚して生まれたわたしは、縁のない子供だったのだ。わたしは禄存星中殺だし。本人の天中殺で結婚だし、とにかくあとから作った家庭は間違って作ってるわ。初めの結婚の家庭 [続きを読む]
  • 自分の領域/相手の領域
  • わたしのネガティブスイッチは、「自分が間違えた/正しくないことをしたことで相手に迷惑をかけてしまった/傷つけた」。小2のときの傷だろうか。でも結局そう感じているのは自分。相手のせいでもない。相手は気にも止めていないかもしれない。わたしが反応しただけ。感じないようにするのではなく、そう感じる回路を見つめて、不都合なら回路変更をする。人生その繰り返しなんだろうなと今は思う。 [続きを読む]
  • まっすぐ育ってくれよと他人の赤ちゃんを見て思う。
  • いい感じの年齢になったけど、当時はわたしも被害者くらいの年齢で、でももう小学生やったので覚えている。そのせいか知らんが、知らないおっさんに手招きされたこともあって怖かったわ。精神的にヤバい人か幼児が好きな人かと思っていたけど、ただ単に精神年齢が子供のままの人やったんやな。犯人側から見たからかわいそうな人やなと同情した。大量のビデオもふつうのビデオやし、女性に相手にされないから被害者は代替、精神的 [続きを読む]
  • 時代は変わった。
  • スマホのセキュリティ代を携帯会社に払っていたけど、個別に1年版を購入したほうが年間で1800円くらい節約になると気づいたので、セキュリティを解約。これで携帯は2台持ちで月2000円くらい。1台にしたほうがさらに500円くらい節約になるけど。これに家のネット代が3500円。ガラケーで定額のパケット代を払っていた頃の月の携帯代より、今の携帯代+ネット代のほうが安いなんて驚き。時代は変わったな。 [続きを読む]
  • わたしの人生は。
  • 車幅が普通車の1.8倍もあるのに道幅は半分以下しかなくて(一通の道を両サイド傷つけながら走る感じ?)、そんな道を70キロくらいのスピードで走っているけど燃費がクソみたいに悪い。そんな感じかしらね。車体は強くないから、走り過ぎると壊れる。走ることでガソリンを減らすより、アイドリングで減らしたほうがいい。今は違うけど昔は人混みが好きで、無意識でエネルギーの消耗方法を知っていたのかもな。その疲れる感じがいい [続きを読む]
  • 財の星。
  • 一口に財の星と言っても、それがどの器に入っているかによって変わる。 わたしの場合、株式投資が向いているらしい。 5000円の黒字に「わ、わ、わ、わっ」って思っているレベルだけれど、それでも証券口座を活用し始めて2年経った、早い。 儲けようと思ってやる投資はどうも向いていない、その場合興味のない株を買わないといけなくなるから。 いいものあったら買おうくらいのウィンドウショッピング的やり方のほうが向いて [続きを読む]
  • 相反する星。
  • 大抵みんなそうなのかもしれないけれど、自分の中で相反するものがあるから、な〜んか折り合いがつきにくい。単独行動と集団行動。単独行動の星が7割、集団行動の星が3割と言ったところだろうか。しかも孤独になってはいけないと出ている。昔も周りの子たちよりは学校そのものが好きな子で、だけど人間関係は常に悩んでいた、そんな感じ。昔もふまえて、学校とか組織とかにはこれからも属し続けた上で、その中に置いては単独で [続きを読む]
  • 楽で贅沢な暮らし。
  • 楽で贅沢な暮らし。 それがこの今の一人で過ごす時間 仕事が終わって家に帰れば全部自分のための時間。 気ままにドラマや映画を見て、気ままに漫画を読んでネットサーフィンをして。 こんなに楽をしていいんだろうか。 なんて贅沢な人生なんだとふと思った。 申し訳ないわ〜(*''▽'') わたしにとってはそんな時間が幸せと思えた。 [続きを読む]
  • 落ち着いているメンタル。
  • 珍しくとくに書きたいこともなかったここ最近。 メンタルが落ち着いていたのだ。 そのせいか3年以上引いていなかった風邪まで引いて。 最近は自分を責めないようにしている。 自分を責めなければ、他人のせいにすることもないんだなとよくわかったし。 自分がそうしたことには自分なりの理由があって。 それを他人が同意してくれるかは他人の問題であって。 とにかくわたしはその自分が選択をしたことを受け止める。 それが正 [続きを読む]
  • カテゴライズ化。
  • 自身も生月中殺はあるけれど。何があったんやろと理解不明な結果を残すのは宿命二中殺の人だ、という結論を出して納得しようとしているところ。それ以外にも何があったんやろと思う人は生月中殺だった。自分もそう思われてるんかな。 [続きを読む]
  • 当たり前のことだけど気づいたこと。
  • ひとりっこなので、周りはみんなわたしのことが好きな状態で育った。そこにきての幼稚園で世の中を知ってからのカルチャーショック、みんなわたしのことが好きな世界ではなかった。そこで培われてしまった受け身姿勢。集団生活を送るべく、相手に受け入れてもらえるように接してきた。でも好かれるかどうかは相手の問題なので、自分には正直関係ないというかどうしようもないんだよな。だけどそんな考えにならなかったから、悩む [続きを読む]
  • なぜその程度の刑になるのか、ばかばかしい。
  • 綾瀬の事件が最悪だと思っていたけど、郡山の事件のほうが最悪かもしれない。そんな状態にさせられても、生き続けなければならないから。それなのに加害者は懲役刑。そこがいつも納得いかない。わたしは命を奪うより屈辱を与えるほうが罪は重いと思う。一思いに殺してくれたほうがどんなに楽か。そんな状態で生きていかなければならないんだから。同じことをし返すか、死刑でないと被害者は報われないと思う。こういう場合は加害 [続きを読む]
  • Music.
  • 音楽ってすごいなと時折思う。 聴いていた当時に一気に戻る。 懐かしくて、美しくて、そんな曲に出会えて良かったと、泣ける(笑)。 No Life No Musicではないけれど、好きな曲しか聴かないけれど、聴かない日もあるけれど。 仕事でもなく趣味でもないけれど。 いい曲だ、そう思えたとき、とても幸せになれる。 そんな「音楽」が、わたしなりに好きだ。 好きな音楽を見ながら/聴きながら/包まれながら死にたい。 [続きを読む]
  • 妻より家政婦向きかしら。
  • 旦那が病気。 治療を受けてほしい。 なぜなら元気でいてほしいから。 でも治療に関して決めるのは本人。 そこに関して奥さんが治療を受けない旦那をののしるのはどうなのか。 「あなたのためを思って」という魔物が住んでいるよね。 ほんまは自分のため。 ひとりになりたくない。いい妻でいたい。 そんなところだろうか。 他人事だから、ほっといたれよと思う。 [続きを読む]