シジュウカラlove さん プロフィール

  •  
シジュウカラloveさん: 上松町暮らし
ハンドル名シジュウカラlove さん
ブログタイトル上松町暮らし
ブログURLhttp://agematu-kurashi.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文長野県木曽郡上松町の生物や観光、イベントなど町内の情報に限定し、ニッチな情報を発信しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/11/17 11:27

シジュウカラlove さんのブログ記事

  • 駒ケ岳神社例祭 太々神楽 2018
  •  5月3日(水・祝)に駒ケ岳神社例祭の太々神楽が行われました。演目の順番は、昼の休憩時間との兼ね合いで、毎年微妙に変化します。今年も昨年と異なる順番にて演目が披露されました。 朝から雨が降り、午後には上がったものの雲がほとんどかかっているような天気でした。そのため、基本的に暗い中での実施となり、フラッシュの嵐となりました。昨年は、極端に強いフラッシュで白飛びしやすい条件でしたが、今年はたかれるフラッシ [続きを読む]
  • 小川若宮神社例祭 境内での奉納の舞
  •  4月29日(日)、小川若宮神社例祭の最終日にあたる日に、若宮神社境内にて奉納の獅子舞や地歌舞伎が行われました。昨年は、島地区へと向かう途中にてカモシカと遭遇しましたが、なんと今年も昨年遭遇した場所に近いところでカモシカと遭遇しました。 今年は、木曽川沿いの藪の中にいる個体を発見。一瞬だけ全身が見え、そののちは藪の中へ。昨年のようなじっとこちらを見つめてくるような写真は撮れず、すぐに藪の奥深くへと歩い [続きを読む]
  • 赤沢自然休養林 開園・土産物
  •  先日、4月28日(土)に赤沢自然休養林が無事に開園しました。今年は、11月7日(水)までの営業となります。サクラや渓流沿いのアカヤシオが今年は満開の中での開園となりました。ボールドウィンが展示されている付近にもアカヤシオが自生していますが、今年はまだ開花しておりませんでした。昨年は咲いていたため、今年はそのアカヤシオのみ時期が遅くなっていました。 まだまだ新緑の時期とはなりませんが、呑曇渕(どんどんぶち)を [続きを読む]
  • 小川若宮神社例祭 芸ざらい 
  •  4月27日(金)の夜、小川若宮神社例祭の芸ざらいが行われました。19時ごろから始まりますが、20時ごろに着くように出かけ、鑑賞しました。 始めの1時間ほどは、地元の小学生〜高校生までの子供たちによる獅子舞や笛、太鼓の披露の時間となります。子どもの親や兄弟などが見に来るため、その時間帯が芸ざらいで最もにぎわう時間となります。今年は、昨年ほどではないにしても低めの気温となり、多くの方が、子どもたちの活躍の様子 [続きを読む]
  • 明日の夜は、芸ざらい 「小川若宮神社例祭」
  •  明日、4月27日(金)の夜、小川若宮神社例祭の芸ざらいが、島地区の公民館で行われます。開始は19時ごろ、終了は21時30分ごろとなります。 「葛の葉」の奉納は、21時ごろとなります。「葛の葉」目当てであれば、20時30分ごろに島地区の公民館に着くようにいくと、ピンポイントで見られる可能性が高いです。 「葛の葉」の見どころは、口にくわえた筆で、文字を書いていく場面と、高くジャンプする場面です。祭り最終日の神社境内 [続きを読む]
  • 甘味と緑色のアイドル
  •  4月8日(日)、久しぶりにだいぶ冷え込んだと思ったら、朝はうっすらと雪が積もっていました。雪は降りやみ、曇り空。サクラが見ごろとなっているため、野鳥観察がてらサクラを見に寝覚の床へ。 サクラとともに咲いていたコブシの木の下には、落ちた花びらでうっすらと白っぽくなっていました。 ソメイヨシノも満開となっていました。天気があまりよくなく、青空に映えるサクラの写真は撮れず・・・。ただ、雪がちらちらと舞ってき [続きを読む]
  • ウメとサクラとイベントと
  •  4月6日(金)現在、ウメが満開となっています。同時にサクラもだいぶ開花し、日当たりが良い場所のサクラは満開に。 玉林院のシダレザクラもだいぶ開花してきました。 4月4日(水)の玉林院のサクラ。まだつぼみが色づいていたぐらいで、花はあまり見受けられず。 5日には、あたたかいこともあって一気に開花が進みました。たった一日で6分咲きを超えました。早ければ土曜日には見ごろを迎え、日曜日には満開となりそうです。夜に [続きを読む]
  • 最高の一日 〜野鳥観察日和〜
  •  2月25日(日)に久しぶりに寝覚の床へ野鳥観察に。まだまだ冷える日が続いており、2週間ほど前に降った雪が寝覚の床では解けずに結構残っていました。凍っていて滑りやすくなっている個所も結構あり、危険な個所も・・・。 寝覚の床周辺では、木々が生い茂っており、日が入りにくい個所も多いです。そのため、木曽川の対岸には、凍り付いている滝の姿も見ることができます。500mmレンズ(フルサイズ換算で約800mm相当)でノートリミン [続きを読む]
  • 熱い相撲とろうそくの明かり
  •  2月10日(土)に予定通り上松町氷雪の灯祭りが行われました。1週間ほど前からずっと15時ごろから雨の予報が出ておりましたが、前日の予報と当日の予報でほぼ雪の予報に。実施できそうということで、予定通り前日に引き続いて午前中から灯祭りの準備が進められました。 10日の午前中の準備は、主にスノーキャンドル作りと雪像づくり。スノーキャンドルは、バケツと植木鉢を用いて雪を固めて作ります。朝が非常に冷え切っていたため [続きを読む]
  • 「ねざめの竹灯籠」、「Tuta luna eklipso」 
  •  昨日、1月31日の夜は全国的に皆既月食が見られるということで非常に話題となっていましたが、曇りがちな天気で見られなかった地域も多かったそう・・・。 せっかくの皆既月食ということで、ねざめホテルの中庭にて10名ほどで観察を実施しました。今現在、ねざめホテルの入り具と付近では、竹灯籠によるイルミネーションを行っており、うっすらと残る雪と竹に空いた穴から漏れる光との共演が見られます。 玄関正面には、ねざめホテ [続きを読む]
  • 氷雪の灯祭りまであと2週間足らず
  •  いよいよ、木曽郡内における氷雪の灯祭りが始まりました。上松町は、2月10日(土)に開催予定となります。雪が降らずに中止となる可能性が危ぶまれておりましたが、10日間予報で1日、5日、6日に木曽郡に雪の予報が出ており、開催できそうな雰囲気となりつつあります。まだ、雪が実際に降るかどうかわかりかねますが・・・。 ちなみに、上松町以外の町村や地域の氷雪の灯祭りの日程は下の画像の通りとなります。 上松町の氷雪の灯祭 [続きを読む]
  • 雪の寝覚の床
  •  1月14日(日)、雪が少し積もりました。寝覚の床へ散歩へ行くと、雪景色。昼には気温が上がり、道路の雪がだいぶ解けてしまったため、午前中のみの景色でした。 寝覚の床にある、森林鉄道も雪の中。 美術公園の池は、氷が張り雪がうっすらと積もった景色となっていました。コイが泳いでいる池ですが、姿は特に見えず・・・。 日陰の雪をOLYMPUS Tough TG-5+LG-1で顕微鏡モードの被写界深度合成で撮影してみると、若干の雪の結晶の [続きを読む]
  • Feliĉa nova jaro. 1月・2月のイベント・・・
  •  今年もよろしくお願いします。2018年となってから1週間以上経っての新年最初の投稿となってしまいました・・・。今日は、朝から迷惑な近隣住民が元気に騒いでいました。 冬になると見かける機会の多くなる近隣住民は、サル。朝から喧嘩をしたり、道路を堂々と横切ったり騒いでおりました。2018年は戌年ですが、サルからスタート・・・。 跳躍力を見せつける一場面も・・・。今年一年も様々な野生生物との出会いがあればと思います。<20 [続きを読む]
  • 雪はないが氷はある
  •  12月24日(日)に久しぶりに野鳥観察をしに寝覚の床へ。観察場所へ入るや否や、小鳥たちが飛び回っていました。ジュクジュクというシジュウカラの地鳴きもあちらこちらから聞こえていました。 撮影しやすい位置にちょっとの間、出てきてくれましたが、望遠端300mmのレンズで撮影するには遠い位置・・・。今日はいい写真が撮れるかもと期待し、すぐにレンズを交換。望遠端500mmのレンズへと付け替え、野鳥撮影。 レンズを付け替えて [続きを読む]
  • 冬の始まりの寝覚の床、小さな出会い
  •  11月25日(土)に「ねざめ亭」にて、ひのきの里上松フォトコンテストの表彰式が行われました。午後に行われましたが、取材ついでに午前中は寝覚の床へ野鳥観察に・・・。 寝覚の床は、広葉樹がすっかり落葉し、冬の様相となっておりました。寝覚の床美術公園の池には、カエデの落ち葉がたまり、独特な雰囲気を醸し出していました。たまに池の中の落ち葉の側をコイが通るさまも、絵になっていました。 夜は非常に冷え込み、雪がちら [続きを読む]
  • 雪の季節が到来
  •  11月も後半となり、気温が低い日が増えてきました。昨晩大分冷えていた印象がありましたが、本日11月20日(月)、朝起きると・・・、うっすらと雪が積もっておりました。移住してから雪が少なく、標高が高い地域へ移住したとは思えないレベルの雪景色に昨年まで・・・。今年は、今の時期に雪が積もったためようやく山の雪景色を堪能できそうな年になりそうです。白飛びしないように写真を撮れればと思います。 長野県の中で雪が少ない木 [続きを読む]
  • ひのきの里の秋まつり 御木曳
  •  11月3日には、毎年恒例のイベントとなっている、「ひのきの里の秋まつり」が開催されました。今年は、斧入式の際に伐り出された御用材を皆で引っ張る、御木曳が行われました。出店の準備よりも早く、御木曳の準備が始まり、御木曳の準備がひと段落してきたころに出店の準備が始まりました。  秋まつりでは例年通りのイベントも行われました。商店街では射的や輪投げなど、景品がもらえるゲームの出店が今年も出ていたり、 特 [続きを読む]
  • 斧入式 〜式年遷宮に向けた安全祈願祭〜
  •  10月28日(土)に上松町内の国有林にて斧入式が執り行われました。斧入式は、伊勢神宮の式年遷宮に向けた、御用材の伐り出し初めで、式年遷宮にかかわる方々の安全を祈願するための式典となります。今回は、先着60名の町民と来賓の方々に公開されて実施されました。 時折、大粒の雨が降りしきるような悪天候の中の実施となりました。気温も低めで冷たい雨の降る中で、傘を差したりカッパを着たりしながらの見学となりました。 上 [続きを読む]
  • 諏訪神社例祭 2017 最終日
  •  9月9日(土)は、諏訪神社例祭の最終日、本祭りでした。8日・9日の午後まで仕事で、今年の宵祭りや地区で舞う悪魔祓いの獅子舞は撮影できず・・・。本祭りの夜の部のみの撮影に。深夜26時頃までの祭りとなりましたが、雨に降られることなく無事に終わりました。 夜は、神楽と神輿が、若宮八幡宮から諏訪神社へと練り歩きます。   神輿は、神楽の後をついていくようにゆっくりと進んでいきます。 神楽は、行きつ戻りつしながら、 [続きを読む]
  • 諏訪神社例祭芸ざらい 2017
  •  9月7日(木)の夜に諏訪神社例祭の前夜祭として、芸ざらいが行われました。19時過ぎに神楽が若宮八幡宮に納められ、19時30頃から芸ざらいがスタートしました。時折、激しい雨が降る中、ビニールシートによる屋根により、濡れる心配をせずにじっくりと撮影。 最初は、獅子舞と八百屋お七。ゆったりとした動きで舞われる場面もあれば、ちょっとスピーディーな動きも・・・。なかなか獅子舞は、スピード感のある写真を撮れるタイミング [続きを読む]
  • 9月・10月の上松町のイベント
  •  9月7日〜9日に諏訪神社例祭が終わりましたが、10月にかけてまだまだ上松町内で様々なイベントが開催されます。9月〜10月に行われる主なイベントは下記の通りとなります。<9月のイベント>23日・24日:お散歩撮影会 講師:武居台三氏上松町出身の世界で風景などの撮影をされている、武居台三氏を講師としてお招きし、撮影会と講座が行われます。23日は、午前中に上松町内の吉野地区にて武居氏と歩きながら、撮影をしつつ、撮影 [続きを読む]
  • 明後日、7日から諏訪神社例祭
  •  明後日、7日から諏訪神社例祭が始まります。本祭りは、8日・9日で、7日は前夜祭として夜に芸ざらいが行われます。おおよそのスケジュールは下記の通りとなります。7日:芸ざらい19時ごろから。実際に芸ざらいが行われ始めるのは、おおよそ19時30分ごろからとなります。場所は、玉林院そばの八幡宮にて。終了は23時ごろ。付近に駐車場はないため、駅前の「ひのきの里総合文化センター」裏手の町営駐車場をご利用ください。※9月5 [続きを読む]
  • ひのきの里の夏まつり② 〜木馬引きから花火大会〜
  •  7月29日(土)の夏まつりの13時半からは、メインイベントとなる、木馬引きが行われました。大人の部と子供の部で、ひのきの丸太を引くスピードが競われました。パフォーマンスにて点数を競うパフォーマンス部門での参加したチームも2チームありました。 スタート時点では全チーム結構なスピードで走り出すも、約300kgの丸太のため、中盤で失速するチームが多くなります。優勝したチームは、最初のスピードからほとんどペースを落 [続きを読む]
  • ひのきの里の夏まつり① 〜木馬引き前まで〜
  •  7月29日(土)は、ひのきの里の夏まつりでした。今年は、子どもお木曳から始まりました。実際の御神木を引く際の奉曳車(ほうえいしゃ)の2/3サイズで作られた奉曳車を子どもたちと保護者、上若連の方々で駅周辺を1周巡りました。 秋には、伊勢神宮の式年遷宮に向け、ひのきの伐り出しを行う、斧入れ式が行われます。秋まつりでは、斧入れ式で出されたひのきを大勢で引く予定となっております。式年遷宮の際には、伊勢神宮の御神体 [続きを読む]
  • 明後日、29日(土)は夏まつり。
  •  7月29日(土)は、ひのきの里の夏まつりが行われます。スケジュール等は下記の通りとなります。 見どころは、13:30〜の木馬引きと、20時ごろからの花火です。 昨年は、時折土砂降りとなってしまいましたが、今年は晴れるのか・・・。 花火は、駅から近いところで上がるため、大迫力。音が近隣の山々にこだまするため、反響音でものすごい迫力となります。チラシでは、音を観ると表現していますが、本当に反響する花火の音が見どこ [続きを読む]