zacmaster さん プロフィール

  •  
zacmasterさん: 人事コンサルタント金森秀晃のオフィシャルブログ
ハンドル名zacmaster さん
ブログタイトル人事コンサルタント金森秀晃のオフィシャルブログ
ブログURLhttp://f-zac.com/hideakikanamori/
サイト紹介文株式会社ZAC代表取締役社長、人事コンサルタント金森秀晃のオフィシャルブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/11/17 21:04

zacmaster さんのブログ記事

  • 患者と医師で育み合う
  • 今日のブログテーマは 先日、とある医療法人の皮膚科医の方と、お話をさせていただいた際に、その方が仰っていた言葉です。医師が患者を診察し、治療や内服の処方をし、 一方患者は医師の指示通りそれらを受け入れる。というように、医師が指示を出し、患者はそれを受け入れるというのが私達がイメージする医師ー患者の関係性ではないでしょうか。ですが、その先生は 「私たち医師は、患者を救っていると思い込んでしまいやすい。 [続きを読む]
  • モンスター社員の辞めさせ方を教えてください・・・(>_
  • 先日、コンサルティングの月次MTGにて、長年お付き合いのある方からご相談を頂きました。「困った社員を辞めさせたいんですが、どうしたらよいでしょうか?」 10年来お付き合いをさせていただいている方ですが、 どんな方にでもよいところを見出し、活かそうとしていらっしゃいました。 そんな方が、この相談を持ちかけるには相当の苦労があったことは想像に難くありません。 事情を伺ってみると・・・・半年経つが、全く仕事がで [続きを読む]
  • 必見!採用応募者が見ている「人間関係の見えてくる」6つのポイント
  • こんにちは! コンサルティング事業部、バリーこと榊原です。 今日も金森社長ブログをジャックします!先日、月額制コンサルティング・ZACExpertの定例訪問で伺った、介護サービスA社のB人事部長とお話しした時のこと。Bさんは 「”実は入社前、ネットで直近の離職データを見て、人間関係が悪いんじゃないかと不安だったけど、見学時は全く逆で、すごく人間関係が良かったから入社を決めた。” ある新入社員がぽろっと漏らしていま [続きを読む]
  • 察しない部下に察してもらうには?
  • 先日、数年来個別コーチングを受講されている管理職の方から、「ここ数年顕著に、部下から“あの子はなかなか状況を”察して“くれなくて困っている、というような相談を受けることが増えたんですよね。」というお話を伺いました。実際に研修プログラムを組むときにも、この手の“察しない”社員への対応を相談いただくことが増えてきたように思います。上司の立場としては、「そのくらい意図を汲んでくれよ・・・」と言いたくなるか [続きを読む]
  • とある研修で語られた、「伝説の先輩」の正体は●●だった!
  • 先日のOJTトレーナー研修にて、非常に印象的な出来事がありました。その研修の中で、今まで自分が受けてきたOJTを振り返るワークがあるのですが、 通常はこのワークをするとき、「OJTの先輩の〜はちょっと困ってしまった」 「放置気味だった」 「誰に何を聞いたらよいかよくわからなかった」などというご意見が多々出てくるのですが、 今回の研修では、「OJTトレーナーの方に本当によくしていただいた。」 「ミスをしても守ってく [続きを読む]
  • 指摘ウェルカム?!
  • 上司から指摘を受けたとき、どのような対応をしていますか? 多くの方はショックを受けて、落ち込んでしまうのではないでしょうか。ショックを受けた後の代表的な対応パターンとして、3つあります。パターン1:指摘を無視する:「そんなことない」と指摘を受け入れない パターン2:指摘に固執する:「また注意されてしまった」と指摘の内容よりも指摘されたことに意識が向いてしまう パターン3:自己弁護をする:「急に依頼された [続きを読む]
  • 「おいおい、空気読めよ」という相手に出会ったら・・・
  • 先輩 「これ調べておいてくれる?」新人 「はい!わかりました!」↓ 報告があがってこない・・・先輩「あれ、まだ?」新人「え?調べましたけど?」先輩「・・・え?(報告はしてくれないの?!やってないと思うじゃん!)」この会話、先日のとある研修で伺った、嘘のような本当の会話なのです。・先輩としては情報が必要だから調べてとお願いしているわけで、終わった段階で当然教えてくれるという前提があるので 終わったら教 [続きを読む]
  • 「あなたにとっての」イチローは誰ですか?
  • こんにちは! コンサルティング事業部、バリーこと榊原です。 今日も金森社長ブログをジャックします!春、新入職員の季節! …のいっぽうで、それは「新人先輩職員」の季節とも言えるかもしれません。ZACにも沢山の新人・新契約講師の方がいらっしゃいます! 皆さんに伝えることがあったり、気付かされることがあったり、目まぐるしい季節でもあります!?(@_@ )そんな折、金森社長から…「バリー、日経に良いコラムが載っていた [続きを読む]
  • イラッとされずに指摘するには?
  • 「指摘する」こと結構難しいなぁと感じる方、少なくないのではと思います。うまく言語化できず感情的になってしまったり、空気が悪くなることもしばしば。性格も年齢も経験値も違うメンバーが集まる中で、どうすれば思ったことを指摘しつつ気持ちよくコミュニケーションできるのか、今日はそのポイントをまとめてみました!先日OJT研修を行った際に、受講者のお一人が後輩からこんな言葉を言われたそうです。「確認のとき [続きを読む]
  • 自己応募を増やすにはどうしたらいいの?!
  • 未だ買い手市場が続く、医療・介護業界では、 「人材紹介を使って採用したけれどすぐ辞めてしまった」 「求人広告を出しても全く反応がない」 「自己応募でくる人の質がよくない」 というお声を多々頂いております。一方で、同業界でたくさんのクライエントの方々と接していると、 不思議なことに、全く採用に困らない組織というのも一定数いらっしゃるのです。 (ごく少数ですが)・立地がいい? ・条件、待遇がいい? ・建物が新 [続きを読む]
  • 「決断経験値」が人生を変える?!〜これから社会人として活躍する皆さんへ〜
  • 4月!街の至る所で「あ、もしかしたら新社会人かな?」というフレッシュな雰囲気をまとった方が溢れていますね。年齢的には新人とは程遠い僕ですが 笑、気持ちだけはいつも新人のようにまっさらで在り続けたい、と彼ら・彼女たちを見ているとそう思わずにはいられません(^O^)先日、僕が尊敬する経営者の先輩と打ち合わせも兼ねて食事をご一緒させていただく機会があったのですが、その時に、社会で活躍するために求められる人材 [続きを読む]
  • 1週間で14件の研修!! 春の研修祭シーズン到来です!
  • 今年もやってまいりました、春の研修祭!特に先週の4月第1週というのは毎日色々なところに 飛び回っているので、まさに「てんてこ舞い」状態!3月後半はそうした新人の方をどう育て、フォローしていくかという研修が 多々入ってきますので、3月後半〜4月前半というのは スタッフ一同一年で最も忙しい季節です。そんな研修祭の様子の一部を、ご紹介したいと思います(^^)/お医者様の卵、研修医の先生方、新人看護師の方々を初め [続きを読む]
  • ”No”という勇気
  • 上手なコミュニケーション と言うと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか? 「誰とでも仲良くなれる」 「いつでも好感をもたれる」といったイメージを思い浮かべる方が多いかもしれません。 確かに、このような方はステキですよね(^^) しかし最近、一見するとコミュニケーション上手な方から伺うお悩みとして、「ベースとして“いい人“だと思われている気がして、断わるのが苦手」というものがあります。例えば、体調 [続きを読む]
  • ミスは無くせる!?確認の数が思い遣り!
  • こんにちは! コンサルティング事業部、バリーこと榊原です。 今日も金森社長ブログをジャックします!年度が代わって、早いところでは新入職員の配置・実務に入っていらっしゃるところもあるのではないでしょうか。 ベテランの皆さんからすると「ああ、今年も…」と気をもみ始めてしまうところかもしれません。病院や介護福祉施設は少しのミスや間違いが人命に直結してしまいます! 一方で新入職員の皆さんは、学んでいるとは言っ [続きを読む]
  • 患者の治療効果を最大にする先生の“説明”力!
  • 先日、弊社のスタッフが、とある医療機関に掛かったときのこと。その先生の外来におけるスマート過ぎる診療に感銘を受けたと興奮気味に報告してくれました。彼女の今までのクリニックのイメージでは・・・ こんな流れを想定していたのだそうです。問診 ↓ 診察 ↓ 軽く説明 ↓ とりあえずこの薬飲んで様子見てください ↓ 終了たしかに、可も無く不可も無くということであれば、きっとこんなイメージですよね。今回、彼女が驚いた [続きを読む]
  • デキる管理職はやっている?!マネジメントのコツ
  • 部下を持ったことのある人なら、人の心がいかに思い通りに行かないものか・・・ と思い悩んだことがある方は少なくないのではないでしょうか。自分ひとりで思うがままに仕事をコントロールするのと、人に動いてもらって結果を出してもらうことは「まったく別物」ですよね(^^ゞ 今日は、様々な法人の管理職の方からコンサルティング中に伺った、経験から生まれた知恵が詰まったマネジメントのコツをまとめてみました! コツ1:部下に [続きを読む]
  • 成果の出やすい診療と成果の出にくい診療
  • 先日ご逝去された山下弘子さん(2012年19歳のときに肝臓がんが発覚し「余命半年」を宣言されるも、 2018年3月まで力強く戦い抜かれました )は、とある取材で、こんなことをおっしゃっていました。「私は患者として先生に真心を持って接しようと思っています。薬をちゃんと飲んで記録するのも当たり前。 副作用の程度もきちんと次回に伝えるのは当たり前。隠すこともなく、つらかったらちゃんと伝えて向き合う。 自分の気持ちをち [続きを読む]
  • デキる部下に育てるための、メモ活用術
  • 「伝えたつもりだけど伝わっていない」というのは、仕事・プライベート問わず、少なくないのではないでしょうか。口頭で伝えても相手が聞き漏らしていたり、メールやLINEを送っても見落とされていたり。特に自分がマネジメントする側になると、部下に「もっとこうしてくれたら確認しやすいのにな」という場面が数多く出てくるのではないでしょうか。ある経営者の方が仰っていたのが、 メールでのやりとりが中心になっている今だ [続きを読む]
  • 後輩が「心開いてくれる」ひと手間
  • こんにちは! コンサルティング事業部、榊原ことバリーです。 今日も金森社長ブログをジャックします!皆さんも新入職員の皆さんを迎え入れる準備に、お忙しくしていらっしゃいますでしょうか? この時期からZACも忙しくなってまいります。 何故なら…いつにも増して、管理者研修やOJTトレーナー、メンター研修のお問い合わせ、打ち合わせが増えてくるためです。面談や入職前オリエンテーションを経て、 このくらいの時期になると新 [続きを読む]
  • 仕事が驚くほどスムーズにいく思考法
  • 仕事がなかなか進まない要因のひとつに 「考え過ぎてしまう」というのがあります。もし上手くいかなかったら、●●部長にどうやって話を通そうか など細かな点がすべて気になってしまい、初動が遅れてしまうのだそうです(+_+) もともとの真面目さゆえに、「失敗しないようにしなくては」という思いが強くなってしまうのかもしれませんね。解決策は、とってもシンプル!! 「反省しすぎないこと」です(^^♪人は「失敗したこと」をず [続きを読む]
  • 躓く石を除け続ける!
  • こんにちは! コンサルティング事業部、榊原ことバリーです。 今日も金森社長ブログをジャックします!まもなく4月、桜の季節! 弊社クライアントでも入社・入職式が沢山行われています。 この記事をお読みの方の中にもこれから新社会人、という方がいらっしゃるかもしれませんね(^^)ノ今日はそんな皆さんに僕の、ちょっと恥ずかしい経験を紹介してみようと思います。効果を考えていますか?僕は新卒当時諦め癖が付いていて、 「言 [続きを読む]
  • チーム内の”やる気格差”を感じている人へ
  • 仕事は一人でやるものではなく、チームで遂行するというのが一般的だと思います。特に、医療・介護業界で働いている方はチームワークは生命線ともいえるかもしれませんね。とはいえ、仕事をするにあたっては様々な背景をお持ちの方が集まってくるもの・・・あの人は、言われたことしかやらない、自分の思うようにいかないと愚痴っぽくなるというように、チーム内で”やる気格差”を感じることも少なくないかもしれません。このよ [続きを読む]