だんだん。 さん プロフィール

  •  
だんだん。さん: ふえおじ練習日誌
ハンドル名だんだん。 さん
ブログタイトルふえおじ練習日誌
ブログURLhttps://huehukiojisan.muragon.com/
サイト紹介文オカマが来たりて笛を吹く。 リコーダー、ハロプロ、中島みゆきさんのことなどつらつらと。
自由文ぽっきり心が折れました。
そんなとき僕を救ってくれたのは、中学時代に使っていて押し入れに眠っていたアルトリコーダーでした。
さあ新たな音楽のはじまりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 339日(平均3.4回/週) - 参加 2016/11/19 06:33

だんだん。 さんのブログ記事

  • 第41回練習(オケリコ 追加曲選考会2)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 望むものは何ひとつない さがす人も 誰ひとりない 望むほどに 消える夢です さがすほどに 逃げる愛です 月は波に揺れて 幾百 幾千 古い熱い夢の数だけ いま 誰もいない夜の海 砂の船がゆく 「砂の船」より 砂の船。今にも崩れそうな不安定さを抱えつつ、それでも前に進む。 夢、愛すべてを手に入れる人間なんて限られていて不安定でも人生の足をとめることなん [続きを読む]
  • 第40回練習(スタリコ 追加曲選考会)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 捨てただろう 捨てただろう 枯れてしまったから ボギーボビーの赤いバラ あれから二度と笑わない。 「ボギーボビーの赤いバラ」より ボギーボビーという聞きなれない単語。 ボギーボビーさんという人が所有しているバラなのか 赤いバラとはボギーボビーさんの恋人なのでしょうか 年を取り枯れてしまって、捨てられて・・ 何で捨てたのだと責めているように聞こえます [続きを読む]
  • 私のお気に入り(生意気系)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき そうよ日々の暮らしは心とは別にゆく 泣きすぎて 血を吐いて 喉でそれでも水を飲む 人形たちのような ヒロインじゃあるまいし 嘆いていないわ うぬぼれないでよ 御機嫌如何ですか 私は相変わらずです 泣いてる日もあります。笑う日だってあります 氷の女発の手紙をしたためます。 あなたも私を もう気づかわないでいいわ 「御機嫌如何」より 歌詞を見る感じだと [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol19(ジャックポット)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 私の中の父の地と 私の中の母の血と どちらか選ばせるように 柵は伸びていく たとえ どんな名前で呼ばれる時も 花は香り続けるだろう たとえ どんな名前の人の庭でも 花は香り続けるだろう。 「ひまわり SUNWARD」より 韓国と北朝鮮 西ドイツと東ドイツ 為政者たちの勝手な線引きで分断された国家。 そこに暮らすもの達は何も知らないまま柵が作られてい [続きを読む]
  • 私のお気に入り(笑顔の貴公子)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 煙がつくり出したスクリーンには幸せ見える 蜃気楼のように あなたとあの娘 いつまで見える だれか私の目を閉じて 何も見ないことにして 「煙草」より ・・・特に解説的な物が思い浮かばなかった。 まぁ自分が手に入れられなかったことへの未練だけは感じ取れます。 さて本題。 私のお気に入りシリーズ。 まずはこの動画を観ていただきたい カントリー・ロート゛( [続きを読む]
  • 路上ライブレポートVol18(2days 2つの初めて)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 難しい言葉は自分を守ったかい 振り回す火の粉と降り注ぐ愛情を けして間違わずに来たとは言えない 二度と誰かを傷つけたくはない されど自分も傷つきたくない 互い違いに心は揺れる あてにならぬ地図を持ちただ立ちすくんでいる。 もう風にならないか ねえ風にならないか 「風にならないか」より 人生における様々な矛盾。 矛盾に苦しむくらいならいっそ風になって [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol17(りこめろ?)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 夢もあります 欲もあります かなうはずなんてないと思います 夢に破れて あてにはずれて 泣いてばかりじゃ いやになります 雨が好きです 雨が好きです あした天気になれ 「あした天気になれ」より 私にも夢はいっぱいあります。 でもかなうはずないと思っていたりして、結局は自堕落になっています。 傷つきたくない、失望したくないといった心の弱さが表れている [続きを読む]
  • ゲイの出会いの変遷
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 緑なす春の夜に二人は凍え切って巡りあった 与えあう何ものも残ってないけど もう二度と傷つかないで 「ふたりは」より 愛を求めていたのに、愛を持たない者たちと体を重ねてきた女 ごろつきと呼ばれ、孤独な男。 そんな二人が出会う。 前にもこの歌の歌詞は紹介したことがありましたが、 今回は「出会い」がテーマのためこちらを採用いたしました。 さて本題。 私が [続きを読む]
  • 第39回練習(スタリコ がっつり)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき あの人が ただ赤い花を 生まれつき好きならば それまでだけど 愛さる花も 愛されぬ花も 咲いて散るひと春に 変わりはないのに 「愛される花 愛されぬ花」より SMAPさんの「世界に一つだけの花」とまったくの逆のことを歌った歌。 がんばって咲いた花だけど、愛される花と愛されない花というものが存在する。 人間もまたそう。 愛される人と愛されない人がいる [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol16(はじめまして)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき ドアに爪で書いていくわ やさしくされてただ嬉しかったと あんた誰と賭けていたの あたしの心はいくらだったの うらみます うらみます あんたのこと死ぬまで 「うらみ・ます」より 直球すぎる失恋ソング 恨み続けることで相手の呪縛から解けなくなります。 失恋から立ち直るのってどういうときなんでしょう。 1番最初に付き合った奴と別れたときは、なんやかんや1 [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol15(半分)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき すさぶ大地の下で 花は眠っている 吹きつける北風の 子守歌聴いている 広い空の上では 手紙がつづられる 透き通る便せんは 六つの花びらの花 「六花」より 「六花(ろっか)」とは雪の異称。 美しい花も、罪も穢れもすべてを覆い隠してくれる雪 雪国 北海道出身のみゆきさんならではの曲だと思いました さて本題。 木曜日。平日休み。 彼氏と休みかぶり。・・・ [続きを読む]
  • 「弩級のゴーサイン」
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 歌え雨よ、笑え雨よ 救いのない人の愚かさを 歌え雨よ、笑え雨よ 限りない人の寂しさよ ただ流されゆく木の葉につづられた名前を 「PAIN」より 「PAIN」とは痛みのこと。 生きていくうえで逃れられない痛みの数々。 それをあざ笑うかのような雨。 苦しみや痛みを完全に理解なんてしてもらえない。 人生の普遍性を壮大に歌い上げておられます。 さて本題。 [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol14
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目に染みる 男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears... 「涙ーMade ? Tears」より 出会えたことはきっと幸せだった 思い出して涙して・・ 過去をなかなか振りきれないでいる。 この曲を知ったのは 「笑っていいとも」で歌の中で「死ね!」という声 [続きを読む]
  • 何故人は祭りに引き寄せられるのか
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 3分後に捨ててもいいよ 通りがかりゆきがかり 知らない話にうなずいて 少しだけ傍にいて  身代わりなんかじゃないけどさ 似てる人を知ってるわ 恋と寂しさの違いなど誰がわかるのかしら 「3分後にすててもいい」より 寂しくて誰でもいいからそばにいてほしいという気持ちはよくわかる わかるが・きっと3分後には捨てられてしまう。まったくもって不毛なのだが そ [続きを読む]
  • 音楽の祭り
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 百年してもあたしは死ねない あたしを埋める場所などないから 百億粒の灰になってもあたし 帰り仕度をし続ける 「異国」より 歌の終わりの方でずっとこのフレーズが繰り返されます。 帰る場所のない者の苦しみなのでしょうか。 さて本題。 9月の福岡は音楽のイベントがたくさん。 有名どころは 中洲ジャズ 福岡の歓楽街中洲を舞台に開催されるジャズのイベント。 [続きを読む]
  • 猫とともに生きる
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 思いもよらぬうちに 傷つけることを どのくらいあの人に 浴びせ続けたのかしら もしも妹になら もっと早い日に あの人もつらくなる前に 何か言えたはず 妹じゃあるまいし ケンカなんかしない でもその代わり 二人には サヨナラだけだった 「妹じゃあるまいし」より 近くにいすぎるとどうしても甘えが出てくる。 そしてちょっとしたことにイライラして ひどい言 [続きを読む]
  • 第38回練習(雨降りオケリコ)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき ほら次の雪風にあおられて 小さな小さな鳥の列がなぎ払われる 小さな小さな鳥の列が組み直される 飛び立て飛び立て 戻る場所はもうない 飛び立て飛び立て 夜の中へ 「India Goose」より India Gooseとは「インド雁」のこと。 詳細はこちらを・・ インド雁に人生を見立てて辛くても生き続ける。それが人生なのでしょう。 さて本題。 平日休み [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol13(リセット)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 怜子 みちがえるようになって あいつにでも 本気で 惚れることがあるんだね 怜子 あいつは誰といても 淋しそうな男だった お前とは合うんだね 「怜子」より ずっと下に見ていた「怜子」がいつの間にやら綺麗になって 「あいつ」と付き合うなんて・・ ネチネチとした感情。 素直に人の幸せを喜べない。それもまた人間のどす黒い感情ですよね。 他人と比べることか [続きを読む]
  • 第37回練習(オケリコ、マイナスからのスタート)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 語り継ぐ人もなく 吹きすさぶ風の中へ 紛れ散らばる星の名は 忘れられても ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない 人は死ねば、いつか忘れ去られていく。 市井の人間たちの小さな幸せもすべてなにもなかったように。 ヘッドライトは未来を探す光 テールライトは過去を振り返る光 わたしはきっとこの世に何 [続きを読む]
  • 9月1日
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 時は流れすぎて 大人になって 涙流しながら泣けなくなった 思い出してみたら悲しくなって 泣きだそうとしても泣き顔がない 思い出してごらん 5才の頃を 手放しで泣いてた 5才の頃を 思い出してごらん 5才の頃を 涙流していた 5才の頃を 「5才の頃」より 大人になっていくにつれ、人前で涙を流して泣くことができなくなっていきます。 辛くても、悲しくても [続きを読む]
  • 花の都 大東京
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 愛より急ぐものが どこにあったのだろう 愛を後回しにして 何を急いだのだろう 甘えてはいけない 時に情けはない 手放してならぬはずの 何かを間違えるな 振り向く景色は あまりに遠い 「慕情」より。 ドラマ「やすらぎの郷」のテーマソング。 今日のみゆきのコーナーで使う歌詞は その後の日記の内容と、リンクするものもあれば、リンクしないものもあります。 [続きを読む]
  • 私のお気に入り(マックスサンダーマン)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 「今夜の乗客は9人 乳飲み子が1人 女性が2人、あとは常連客 訪ねられた名前はありません」 「空港日誌」より 主人公は広島の女性。博多からやってくる男を待ち続けるという歌。 来るはずもないのに未練がましく待ち続ける。 今はメールやLINEなんかもあるから、あ、捨てられたなってのは割と早くわかりやすそうなんですがね・・。 来るはずもない人を待ち続ける [続きを読む]
  • とほっぴの郷
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 恋人がいます 恋人がいます 心の頁につづりたい 恋人がいます 恋人がいます けれどどうしてもつづれない 私みんな気づいてしまった しあわせ芝居の舞台裏 逢いたがるのは私一人 あの人から来ることはない。 「しあわせ芝居」より Twitterなどでリア充アピールしている人を見ると 本当にそうなのかしら?と思うことがあります。 まぁ口には出しませんけれど [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol12(翻弄されるおじさん)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき おだやかな時代 鳴かない獣が好まれる時代 標識に埋もれて 僕は愛にさえたどり着けない 目を凝らしても霧の中レールの先は見えないけど 止まり方しか習わなかった町の溜息を僕は聞いている。 毎日 Broken my heart 声もたてずに 毎日 Broken my heart 傷ついていた 毎日 Broken my heart 声もたてずに 毎日 Br [続きを読む]
  • 路上リコライブレポートVol11(劇的!ビフォーアフター)
  • どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 悲しみをひとひら、かじるごとに子供は 悲しいと言えない 大人に育つ あなた鍵を置いて、私髪を解いて さみしかった さみしかった 夢の続きをはじめましょう 「誘惑」より 悲しいと言えない大人に育った「あなた」と「私」 悲しいと言えない代わりに寂しさが募り そして・・男女の営みへ。 「鍵を置いて」「髪を解いて」との韻をふむところが好きです。 さて本題。 [続きを読む]