クレヨンおばさん さん プロフィール

  •  
クレヨンおばさんさん: 茶の間でおしゃべり
ハンドル名クレヨンおばさん さん
ブログタイトル茶の間でおしゃべり
ブログURLhttps://tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp/
サイト紹介文お茶の間でカフェオレを飲みながら気楽におしゃべりしている気分の、年金生活者の雑談ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供461回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2016/11/21 22:39

クレヨンおばさん さんのブログ記事

  • 母一時退院。次の病院は。
  • 母が退院する。おなかの調子が戻ったので、もう点滴不要になったから。母は、それを聞いて、すぐその日に退院する気で喜んだ。でも、そうはいかない。色々な手続きやら書類の準備やら、薬の調整など、なんやかやで、即日退院とはいかない。退院して、家に戻ったら、入院中に見つかった不具合があるので、大きな病院に行かねばならない。また検査かあ。ここでやった検査、同じようなの、またするんだろうなあ。結果によっては手 [続きを読む]
  • スースーシャンプーを使ってみました。
  • 母が入院して、2週間。毎日の病院詣でで、疲れてしまった。疲れたので、だんだん、自分が不機嫌になってきているのがわかる。病院から帰ってきて、夕方美容院に行った。いつものお店。いつもの美容師さん。おしゃべりを楽しみ、きれいにしてもらい、ヘッドスパをしてもらい。気持ちが明るくなった。人の気持ちが変えられる仕事をは素敵だ。シャンプーが気持ちよかったので、よく聞いてみたら、美容院で売っているという。美 [続きを読む]
  • 20代に買った麦わら帽子をかぶった還暦おばさん。水やりは嫌い。
  • 私は、インドア派?なので、庭木や花の水やりは好きではありません。暑い中、なんで蚊に刺されながら水やりしなくちゃいけないのか。植木の水やりなんて、嫌いだあ〜〜〜。かったるいだけじゃん。そりゃ、プランターの中の花は、咲いてればきれいだし、見ていてうれしいし。でもね、わが家は、馬鹿なの。狭い庭に、ぎっしりと植木鉢が並んでいる家が時々あるじゃない、あれなのです。少数精鋭で、きれいな鉢を並べるならよい。し [続きを読む]
  • 只今、復活。
  • 今朝。起きあがろうとしたら、あら〜〜〜〜。またもや、腰痛。しばらく固まっていたが、トイレに行かねば。壁を伝い歩きして、トイレは済ませた。整形の先生から、念のためね、と渡されていた痛み止めを飲む。朝食の準備、あきらめた。冷たい牛乳と、レーズンパンと、バナナ。これを、テーブルに片肘をついて、座った姿勢の補助としながら、食す。カッコ悪い。ゴミ出ししなくちゃ。う、持てない。嫌だ、生ごみを出す日なのに。こ [続きを読む]
  • 病院からの電話が恐ろしい
  • たった今、母が入院している病院から電話があった。チャラ、チャラ、チャラララララと鳴る「君の瞳に恋してる」のメロディー。出るのが怖かった。母がどうかしたんじゃないかって。看護師さんからの電話だった。「午後、先生がお話があるから、3時半に来てください」とのこと。急変したわけじゃなかったけど、お医者さんからの呼び出しって。それはそれで、ドキドキだよ。何を私に伝えたいんだろう。毎日見舞いに行って、2時 [続きを読む]
  • クーラーより、自然の風のほうが心地よいです。当たり前かあ。
  • 家の前は、一日に数本バスが通るような道。住宅地で、緑は少ない。近くには、緑豊かな公園などもない。それぞれの家の庭に、ちょっとずつ植えてある木があるだけ。わが家にも、もみじやツバキなどがちょこっとあるだけ。それでも、掃き出し窓を開けておくと、すだれと網戸を通ってくる風は、心地よい。そよそよと入って来る風。きっとそんなに気温は低くないんだろうけど、風のおかげで、居心地がよい。茶の間はわが家で一番風通 [続きを読む]
  • 気疲れした日★「いとこ」が、わからない〜〜
  • 母の代理で、叔父のお通夜に行った。棺の中の叔父に会った。叔父の顔は、きれいで、優しげで、眠っているようだった。叔母とご飯を食べて、少ししたら、ふうっと去ってしまったという。苦しむことなく、向こうの世界に散歩に行っちゃったよ、って叔母は言っていた。普段の親戚付き合いは、叔父叔母の葬儀には参列するも、その他は母任せ。数年おきにあった叔父叔母の葬儀も、母のお供だったので、ぼんやりしていて大丈夫だった。 [続きを読む]
  • 本日の一人ご飯
  • 本日のお昼ごはん。にんにくたっぷりの、ミニトマトとツナと玉ねぎのパスタ。かぼちゃのスープ。サラダ。キャベツ中心、サラダチキン、ミニトマト。ミニトマトとチーズの入ったオムレツ。そうです、ミニトマトシリーズ。庭に母が育てているミニトマト。毎日、このくらい採れるんです。ありがたいことです。こんなに量が多いのは、ホントは、ダメです。食べ過ぎ。ついつい作りすぎてしまいました。今晩、体重計に乗るの [続きを読む]
  • 老けたなあ〜〜〜って認識した日
  • おはようございます。今日は危険物を集めてくれる日。先月、蛍光灯を出すのを忘れてしまったので、カレンダーに、けいこうとう、ってかいておいたから、大丈夫だった。2か月も出すのを忘れちゃったら、なんか、落ち込みそうだもん。先日、口紅を買ったのでした。お店の方が、付けてみますか、なんて言ってくれたから、付けてもらいました。明るい店内で、磨かれた鏡に映った自分の顔を見た。びっくり。そこには、老けたおばあさ [続きを読む]
  • 衝動的に捨てた口紅たち
  • 先日ある記事に、化粧品の使用期限のことが書いてあった。そんなことをあまり気にしたことがないので、ちゃんと読んでみた。ふうん。鵜呑みにしちゃいけないから、ネットでもいくつか似たような記事を見つけて読んだ。 どうやら、あんまり古いといけないらしい。考えてみれば当たり前のことなんだけど。 化粧品の引き出しを開けて、中を点検した。 ちょっと前に、試供品やらまったく使っていないものを処分したので、それなりに、 [続きを読む]
  • 母が入院しました。けんか相手がいないと、寂しいです。
  • 今晩のブログは、毒舌です。今月の頭から、おなかの調子が悪かった母。下痢がひどくなった11日に、かかりつけのお医者さんに行き、点滴を打ってもらった。その後も、ほぼ三日に二日の割合で、点滴を打ってもらっていたけれど、いっこうによくはならない。心配で心配で仕方がない。がりがりに痩せそうで。医者は言う。点滴は水分補給だけが目的です。じゃあ、栄養は、どうやって摂るのさ。食べられないから栄養採れないじ [続きを読む]
  • 同じ境遇だと、気楽に話ができてありがたいです。
  • 昔の職場で知り合った友人とランチをした。1時から5時までしゃべっていた。4人とも、年齢も家庭環境も家族構成も、ほぼ似ている。付き合いも、30年以上。互いの踏み込まれたくない境界線が、阿吽の呼吸で伝わっているし、それぞれが、強引に踏み込むタイプでもなく、でも、なんとなく互いのことを気にしていて、たまあに会ってこうしておしゃべりをする。そんな仲間。おしゃべりは楽しく、気分も軽くなる。鬱鬱としている [続きを読む]
  • お、ヤモリだ、家守だ、久しぶり
  • 嫌いな人もいるから、小さい画像にしましたけれど、家守君、よく見ると、動きが可愛いです。久しぶりに見ました。お風呂上り、洗濯機が停まるのを待つあいだ、ぼんやりと掃き出し窓を見ていたら、家守がはりついているのが見えました。こういう生き物は、得意じゃないけれど、なぜか、動きが可愛くて、写真を撮ってしまいました。すごい。ガラスに張り付いて、上下左右に歩いて行けるなんて。よく見ると、顎のあたりをぷく [続きを読む]
  • 体重が減ってしまって、ものすごく心配なのです。
  • 私の体重が減るのなら、万々歳です。私の場合、あと7キロ減ったら、OKなの。(18歳のときの体重がその人のベスト体重だっていう説によると、ですが)7キロって、一リットルの牛乳を7本分でしょ。それだけ余分なお肉がついているってことですよね。これを、おなか周りにくっつけて歩いているのかと思うと、我ながら、不気味です。今日の、体重減少は、母の事。母が体調崩して、もう今日で2週間。薬が効かない体質なのか、 [続きを読む]
  • 手作りサイトでストレス解消。
  • 小学生の頃から、編み物や縫物が好きだった。自由宿題では、三角定規入れをフェルトで作ったり、小さいレース編みで作ったコースターなどを提出しては、先生を苦笑いさせていた。先生は、国語とか算数の自由学習を求めていて、家庭科だと言い張る私に、ちょっと呆れていたらしい。でも、テストが得意だったので、成績はよかったから、見逃してくれていた。いい加減な先生だったのか、よい加減の先生だったのか。中学でも、高校で [続きを読む]
  • 読書記録 「仏果を得ず」 三浦しをん著  双葉社 &雑談
  • 今日も暑い。外に出たくない。整形にリハビリに行かなくちゃいけないけど、往復でばてそうで、それじゃプラマイゼロだなと、今日も整形に行くのをさぼろうと思っている。湿布を4枚貼り付けて、腰の痛みを騙しながらの生活。いつまで痛いのかなあ、ぎっくり腰の後って。母が体調を崩して10日くらいたつ。下痢がひどい時には、点滴を受けに病院に続けて行った。あるとき、主治医がいたくて、診察なしの点滴だけのときがあった。 [続きを読む]
  • 読書記録 「火花散る」 あさのあつこ 著  PHP
  • おいち不思議がたり 火花散る あさのあつこ 著  PHP研究所2018年6月発行おいち不思議がたりの4冊目です。私は、この作者の文章が好きです。読むリズムが合うのかなあ。ときどききれいだなあ、この表現、というところもあるのが好き。このシリーズは、不思議な力を持つ、おいち(医者の卵)が主人公の人情味あふれるお話です。ユーモアもあって、人の心の奥に気付かされる記述もあって、ストーリーも面白くて。好 [続きを読む]
  • 私の言うことは聞かなくても、医者に言われると素直なのね。
  • 母が、おなかがゆるいと言い出した。よくよく聞けば、ここ数日、緩かったそうで。今日は、かなりピンチのようで、私に言ったのだった。まったく、ぎりぎりまで我慢するから、あとで面倒になるんだよなあ。まあ、母は母なりに、ちょっとしたら治るかもと思っていたらしいのだが。年寄りの下痢は、危険だ。脱水症状になるかもしれないじゃないの。私は、慌てて、いつものかかりつけの医者に連れて行った。今日は、主治医の先生 [続きを読む]
  • ぎっくり腰のおかげで、読書三昧の日々でした。
  • こんにちは、ご無沙汰しております。皆様はお元気でしょうか。私は、腰は痛いものの、こうして、パソコンの前に座って作業ができるようになりました。どんな一週間だったのかな〜〜〜?土曜日夜。なにやら腰が重だるいなあと感じながら就寝。たくさん歩いた後の脚の疲れがとれないのかな。整骨院のマッサージがきつかったのかな。そんなことをうっすら思いながら寝たのだった。日曜日。初日。朝。さて、起きようかなあ〜 [続きを読む]
  • ぎっくり腰!!!
  • 今朝起き上がろうとしたら腰がぎくっとなった。あーやっちゃったぎっくり腰だ、これトイレに行くのが一苦労お尻をふくのがこんなに大変だなんてほとんど動けない1日だった老母が買ってきてくれたパンとおにぎりが本日の食事。明日医者にどうやって行こう?プログに愚痴ることができて良かったスマホって便利だね♪お立ち寄りいただき、ありがとうございます。 お帰りに、応援の をしていただけると、更 [続きを読む]
  • 近親憎悪だったか
  • 先日読んだ本に出てきた言葉です。その本は、どうにか最後まで読んだけれど、好きになれない本でした。出てくる人の、どの人にも、嫌あな感じ、って思ってしまう一面があって。こんなに、好きになれない人だらけの本も珍しいなと思ったけど、最後の最後に、やっぱりいいとこあったじゃん、ってなるかと思って最後まで読んで、結果、惨憺たる読後感。読まなきゃよかったと思ったのでした。それでも、この「近親憎悪」ってところ [続きを読む]