クレヨンおばさん さん プロフィール

  •  
クレヨンおばさんさん: 茶の間でおしゃべり
ハンドル名クレヨンおばさん さん
ブログタイトル茶の間でおしゃべり
ブログURLhttps://tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jp/
サイト紹介文お茶の間でカフェオレを飲みながら気楽におしゃべりしている気分の、年金生活者の雑談ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/11/21 22:39

クレヨンおばさん さんのブログ記事

  • なんてスムーズなんだ。午前が倍に使えそう。
  • 今日は、母の検査の日。9時からの予約をしていたので、8時10分ごろタクシーで出発。思いのほか道が空いていて、早めに病院に着きました。あらら、あと25分もあるね。ゆっくりできるねえ。そんな感じで、検査室の前でおしゃべりしていると、時間前に検査を始めてくださった。検査が終わったのが、8時55分。9時予約で8時55分に終わるなんて。この病院に通い始めてずいぶん経つが、こんなにさっさと終わったのは [続きを読む]
  • ポンコツだあ、私
  • 「駅で友達に頼まれたものを渡して、それから、図書館に行って、一万歩散歩に行くから、お土産にお漬物買ってくるね〜〜」と出かけた私。駅で友人に頼まれものを渡す。代金をいただく。財布に入れなくちゃ‥‥ない。財布がない。忘れたんだ。昨日のリュックと違うの背負ってきちゃったから。友人に財布を忘れたことを言う。お釣りの1円を、まけてもらう。ポケットに、友人からいただいた分のお金をもって、次は図書館。図 [続きを読む]
  • 白内障は、治療しないのですか?
  • 先日受けたドッグ。tyanomadeosyaberi.hatenadiary.jpこんな感じで受けた健康診断でしたが、結果が届きました。そこには、「白内障の疑い。医療機関での受診を」という文言が。え〜〜、白内障かあ。とうとう来たか、私の番が。友人たちも白内障の話してたっけ。ほとんどだれもがいずれなるとかいう、白内障。要するに、目の老化。びくびくしながら、眼科に行った。ぴかぴか光るものを見つめさせて、目をのぞき込んで。そ [続きを読む]
  • 読書記録 「砂の家」堂場瞬一 著
  • 「砂の家」堂場 瞬一著角川書店2018年4月27日発行ついつい手に取ってしまう堂場瞬一さんの本。おもしろいんだもん。この小説は、待合室読書には、向きません。こたつに入って読みました。帯には、「殺人者の父を、俺は許せるか。警察小説の旗手が犯罪加害者家族の心の叫びを描く社会派サスペンス」って書いていあります。読み始めは、ちょっと、中に入っていけませんでした。徐々に堂場ペースにはまり読み進みました [続きを読む]
  • 読書記録 「菜の花食堂のささやかな事件簿」「三千円の使いかた」
  • 「菜の花食堂のささやかな事件簿」碧野 圭著だいわ文庫2018年6月15日発行「三千円の使いかた」原田 ひ香 著中央公論新社2018年4月25日発行母の通院付き添い、検査付き添いで、病院待合室にいる時間が多かったこの一週間。当然のごとく、待合室読書が進む。上記の2冊が、この一週間の待合室読書で読んだ本です。菜の花食堂のほうは、このシリーズ3作目のものです。「菜の花食堂のささやかな事件簿」「 [続きを読む]
  • 胃カメラと靴下と穂村さんの本
  • 毎年恒例の健康診断に行ってきました。市の補助があるのがありがたいです。前の晩から、緊張が高まって、4時間しか寝ないで朝を迎えました。この時点で、もう、駄目でしょう。検便を採るのを忘れていて、立派なものが出たときに流してしまったりもしました。いつもいつも、健康診断、ろくなことがないのです。去年は、胃カメラの後に血圧を測るという、病院としてさあそれはどうなの?って事件もありました。おかげで、去年の [続きを読む]
  • チューリップ、とってもいいライブでした。
  • 整骨院の先生と、整形外科の先生のおかげで、チューリップのライブに無事行ってこられました。 ライブに行きたい、腰を治してください。このプチぎっくり腰を、どうにかしてください。 そんな私の無茶でわがままな願いを聞いて、お二人の先生は、笑いながら治療し、無事に行ける腰にしてくださいました。 今は、また、疲れが出て、痛み止めはまだ飲んでいるし、毎日整骨院に行っていますが、とりあえず、先週末のライブには行けた [続きを読む]
  • 「、」これが漢字って、びっくりですっ!!!
  • 昨日、知り合いからお借りした本を読んでいて、こんな漢字が出てきました。、(句点)とそっくりだけど、すみっこじゃなくて、マスのど真ん中に「、」が書いてあるのです。ふりがなが、ふってありました。「チュ」と読むそうです。長い間、読書を楽しみ、読んだ本は、4000冊くらいあると思うけど、この漢字を見るのは初めてで、もう、びっくりしました。この漢字が出てきたのは、倉阪鬼一郎 著「品川人情串一本差し 海山 [続きを読む]
  • 読書記録 「浅草あやかし絵解き」瑞山いつき 著
  • 「浅草あやかし絵解き」瑞山いつき 著宝島社病院に行きます。バスに乗って。駅前までは歩いて行きました。駅に行く途中で、気が付きました。わあ、本を忘れた。どうしましょ。検査をしてから診察があるから、待ち時間が、たっぷりあるのに。本を持たずに病院に行くなんて、それだけで、血圧上がっちまうわい。どうする、私?本屋さんは家から駅の間にはないんだよなあ。駅ビルにはあるけど、5階まで行く時間的余裕もない。 [続きを読む]
  • 読書記録 「GEN 『 源氏物語』秘録」井沢元彦 著
  • 「GEN 『 源氏物語』秘録」井沢元彦 著角川文庫古い本です。亡くなった父の小引き出しの中にあった本です。最期のころ、これを読んでいたのかなあ。なんて思いながら、読みました。シミが浮いている文庫本。私の読書好きは父譲りです。母は、本を読みません。父は、よく読んでいたし、よく買ってくれたし。小学生のころは、名作シリーズもそろえてくれましたっけ。小さいころ、大病して、入院に通院、学校にいけない日々。 [続きを読む]
  • 読書記録 「サーカスの夜に」「二度泣いた少女」  
  • 「サーカスの夜に」 小川 糸 著新潮文庫「二度泣いた少女 警視庁犯罪被害者支援課3」堂場 瞬一 著講談社文庫先日ここに書いたように、腰痛。あれからどんどん痛くなり、こうして座っているのも嫌。月曜はやっと内科の医者に行き、そのあとダウン。火曜日、起きられず、布団の中で読書。寝ていればどこも痛くないので、布団の中にいるのも飽きちゃう。昨日今日と、整骨院の先生が、午前午後と、手当てをしてくださって [続きを読む]
  • ばっかじゃないの、とわが身を笑う
  • 腰が痛い。一昨日の午後から痛くて、本日も痛い。しかたなく、昨日は、朝と昼に痛み止めを飲んだ。夕方整形外科にも行った。「つきあっていくしかない痛みですよ」で、おしまいだった。ほんとに、そうなの????今回の腰痛の原因は、わかっている。ほんとに、アホだと思う。原因は、編み物。ずうっと座りっぱなしで、家事も適当で。熱中すると怖い自分の性格を熟知してるくせに、ずっと同じ姿勢を続けていると、腰 [続きを読む]
  • 読書記録 「盤上の向日葵」 柚月 裕子著  
  • 「盤上の向日葵」 柚月 裕子著 中央公論社私は、将棋がまったくわかりません。だから、将棋の場面が出てくると、そこは流し読みになってしまいました。ストーリーは、おもしろかったです。でも、帯に書いてあるような、「慟哭のミステリー」っていう風には、読めなかったのは、将棋のことを知らないからなのかなあ。もう少し、短い文章にしてくれたらよかったのに。将棋のことがわからなくても、おもしろいことに変わりはな [続きを読む]
  • 読書記録 「書店ガール 7」 碧野 圭著  
  • 書店ガール碧野 圭 著PHP文芸文庫今日は、二日間の「一人助さん格さん」をしたせいで、ばっちり疲れが出て、ぐうたらの午前中でした。ぐうたらしながら、昨晩からの本を読了。書店ガールの最終巻です。一巻目からずっと読んでいるので、作中人物のその後が、きれいに回収されていて、すっきりの終わり方でした。きっと、本当に、こんな感じなんだろうなあ、本屋さんの仕事って。書店員さんの多くは、こんな風に、本が大好 [続きを読む]
  • 賢くなったので、靴下を買う。
  • いい年をしたオババでも、おしゃれをしたい。しかし、年金生活者にとっては、出費してよい金額に限りがある。それでなくとも、今月は、マルティナ毛糸を買ってしまったし。昨日、散歩をしていて、街のお店を覗くと、もう秋のお洋服がいっぱい。ほしいなあ。あんなに、メルカリで苦労してシャツを減らしたのに、またまた服が欲しくなる。もう、これは、洋服買いの依存症かも。先日は、ついつい入ってしまったデパートで、秋のシ [続きを読む]
  • ねじりスヌード完成「その後」
  • おはようございます。昨日のブログにこう書きました。「朝から、うれしくて、首にかけてます。 まだ寒くないので、ちょこっとだけ首にかけて楽しんでから、 首回りが寒く感じる時期までしまっておきましょ。」でも、思いのほか気温が上がらず、結局一日つけていました。そして、それを見た母は、結構いい感じと思ったみたい。はい、母から注文が入りました。手作りサイトならお代をいただけますが、身内に編み賃は請求でき [続きを読む]
  • 祝・ねじりスヌード完成
  • 先日、マルティナさんの毛糸を通販で買いました。NHKのすてきにハンドメイド、9月号の「ねじりスヌード」を編みたかったからです。月曜夜から初めて、昨晩できあがりました。10時間くらいかかったかなあ。太めの糸なので、すいすいすすみました。テキストの写真は、モデルさんもすてきなので、スヌードもすてきに見えます。できたスヌードを私がすると、そんなにすてきに見えないかも。でも、いいの。編んでいて楽しかっ [続きを読む]
  • お財布、チェンジ。秋の財布に。
  • 朝から、詐欺メールで不愉快な思いをしたが、その後は、活動的だった私。片づけられない女を自他ともに認めているので、まあ、部屋はけっこう散らかっている。でも、退職後は、それなりに時間があるから、そんなにひどくは散らからない。と油断していたら、むむっ、なんだか居心地悪くなってきた。という状態だったので、本日、半日、お掃除お片付けの日。茶の間も自分の部屋も、きれいに片付きました。やれやれ。今回、ギョ [続きを読む]
  • ま、いっか
  • 図書館の帰り道。なんだか、頭がふわっとしてきた。おかしい。ぼうっとふくらんでくる感じといえばいいのかな。とにかく、変。踏切で止まった。ふうわりと、いい香りがしてきた。香りの方を振り向くと、白い小さな花がたくさん咲いていた。ま、いっか、頭がぼうっとしていても、いい香りを感じられるんだから。まだ、ポンコツのこのカラダ、使えるね。帰ってきて、1時間ごろりんしてたら、どうにか、ぼうっとした頭の [続きを読む]
  • 読書記録 「コンビニ人間」 村田沙耶香著  
  • 美容院に行った。行く途中で気が付いた。あら、今日は、文庫を持って出るのを忘れてる。文庫がないと、美容室での時間が持ちこたえられない。おしゃべりも楽しいが、2時間半のおしゃべりは、無理。途中に本屋さんがないので、回り道して本屋さんに寄って、本を選ぶ。迷う時間はない。薄い本を新刊の中から探すことにした。そうして買ったのが、「コンビニ人間」です。賞を取った時から気にはなってたけれど、 [続きを読む]
  • 助さん格さん疲れだなぁ
  • おはようございます。昨日は、高校時代の友人とおしゃべりしてきました。気の置けない人たちなので、楽しい時間を過ごせました。二人とも、元気いっぱいの人なので、一万歩近く歩かされ、おととい助さん格さんをした私としては、少々疲れが出ました。二人には、私の体調不良で何度も迷惑をかけたり、ドタキャンしたり。顔向けができないと言いながらも、声をかけて貰えば喜んでランチ会に行ってしまいます。昨日は、初めて入 [続きを読む]
  • たい焼きを食べながら涙ぐむなんてさ。
  • 昨日の母との散歩。なんだかとっても歩けそうな気がする、と言い出した母。行きたいコースは、私の予想を超えた長距離でした。そんなに歩けるのかなあ。母の腰が持つかしら。まあ、ダメになったら、タクシーで帰ってくればいいか。バスもあるし。途中で休み休み行けばいいかあ。いざとなったら、ガードレールに座っちゃうもんね。母との散歩は、母が黄門様で、私は、助さん格さんの二人分働かねばならない。帽子をか [続きを読む]
  • ビリージョエルを聴きながら。気持ちよい午前10時。
  • 昨夜遅くまで勉強していたので、今朝はゆっくり起きました。ゴミ出し、ないし。朝食を終え、簡単掃除も終わり、今、ビリージョエルを聴きながら、これを書いています。カフェオレも、作ってきました。先日から、CDが、ちゃんと聴けるようになって、改めて、毎日音楽を部屋に流せる環境が私の生活をほっとさせてくれている、ということを感じました。ラジオもいいけれど、人のおしゃべりより音楽を流したいときも多いので。 [続きを読む]