所長 さん プロフィール

  •  
所長さん: エスパルス研究所
ハンドル名所長 さん
ブログタイトルエスパルス研究所
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/skenblog/
サイト紹介文清水エスパルスの躍進と新スタジアム建設に向けた考察。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 303日(平均7.6回/週) - 参加 2016/11/22 12:28

所長 さんのブログ記事

  • テヘッ 天皇杯のチケット買っちゃった
  •  しかし、サポってバカだねえ。あれだけリーグ戦の川崎戦の試合内容に絶望したのに、天皇杯のチケット買っちゃった。ていうか、今季は仕事でテンパってたから、個人的に、ほとんど現地観戦ができていなかったのだ。最後にスタジアムに出かけたのが、今から5ヵ月前の、アウェー川崎戦だった。ようやく仕事が一段落して、とりあえず近場の試合から現場復帰を図ろうかと思ったら、それが偶然にもまた等々力での試合になったという次 [続きを読む]
  • 川崎戦復習2:求ム、フツーのディフェンダー
  •  当S研は、なるべく前向きな調子で行きたいと思っているし、今年は残留さえしてくれればというのが当方の基本スタンスである。そして、その残留を果たす上では、最悪の位置に付けているわけではないから、今の時点であーだこーだ文句を言うことは、なるべく差し控えたいとは思う。増してや、選手個人を名指しで批判するようなことは、なるべくしたくない。 とはいえ、グチの一つも、言いたくなるというもんだ。スーパーとは言わ [続きを読む]
  • 走行距離選手権:こちらも盛り上がりを欠く
  •  東京駅を振り出しに東海道線上を、一路西を目指して健脚を競い合う2017エスパルス走行距離選手権の、川崎戦終了時点の状況が、下図のとおり。しかし、試合内容がアレだと、走行距離選手権の方も、盛り上がりを欠く。何しろ、清水の選手全員の働きが期待外れだったので、走行距離の数字を見ても、「躍動したなあ」という感覚が全然湧かない。最大の注目は、六平がトップの松原を捉えるかということだったわけだが、足を痛めたとか [続きを読む]
  • 川崎戦復習:歴然たる力の差
  •  残念ながら、J1で最もクオリティがあるチームと、そうでないチームの差が、如実に出た試合となってしまった。先方の過密日程とか、悪天候とか、地の利とか、そういうことをすべて吹き飛ばしてしまうほど、彼我の格差は巨大だった。DAZN解説の興津氏は、清水のコンビネーションがかみ合わないのは急造のメンバーだからというようなことを強調していたが、それは川崎もだいたい同じだったのではないか? 誰が出ても同じような質の [続きを読む]
  • クリアするばかりの清水
  •  いつも使わせてもらっているこちらのサイトを眺めていて、「1試合平均のクリア数」というデータが気になった。クリア数は、相手に押し込まれて、苦し紛れに跳ね返している回数なので、一般論として言えば、少ないほどいいだろう。その指標で、清水は1試合当たり27.2回のクリアを余儀なくされており、リーグワースト2位という成績となっている。一方、「1試合平均のインターセプト数」という指標もあり、これは相手に攻められ [続きを読む]
  • 走行距離選手権:次節で首位交代か?
  •  図が縦長になりすぎて、だんだん馬鹿みたいになってきたなあ。ともあれ、走行距離選手権の、甲府戦を終えた時点での最新状況が、下図のとおりである。フル出場を続ける松原が首位をキープしているが、弁天島の手前まで迫ったところで、異変が発生。周知のとおり、累積警告で次節は出場停止となり、これで清水は今季もフィールドプレーヤーのフル出場がゼロになることが確定してしまった。次節、六平が11km走れば、松原を抜き、今 [続きを読む]
  • 清水LNG火力発電所建設計画、事業者が計画見直しの方針
  •  当S研で以前から注目してきた駅前の火力発電計画で、新たな動きがあったので、取り上げる。上の動画に見るとおり、事業者が計画を見直す方針で、近く発表するということである。 所長は、この発電所に賛成している人も、反対している人も、また事業者も、清水の地域にかかわるすべての皆さんは大切な仲間だと思っている。なので、建設の是非ということ以前に、なし崩し的に物事が決まったり、本件をめぐって地域社会が分断さ [続きを読む]
  • 甲府戦復習3:甲府側から見たあの試合
  •  清水と甲府の試合、DAZNの中継を見ていて、非常に印象に残ったのが、試合後の吉田監督のインタビューだった。単に負けたから悔しいということではなかったはずだ。やっているサッカーは我々の方が絶対に正しい。にもかかわらず、一瞬生じたエアポケットが原因で、敗れてしまった。そのような思いがあったからこそ、語気を強めて、我々はアグレッシブに戦ったと強調していたのだろう。 そんな、甲府側から見た、あの試合の戦評が [続きを読む]
  • 「止めないで蹴る」チーム
  •  久し振りの勝利の余韻に浸りたい方、デューク〜北川の奇跡のホットラインの喜びをもっと噛み締めていたい方も多いと思われる中で、少々ネガティブなことを書いて恐縮である。でも、奇跡は何度も起きないから奇跡なのであって、チームの現状を直視することも必要だと思うのである。 今の清水の、何が問題か? それに関する所長の仮説を申し上げる。サッカーの基本技術のことを、よく「止めて蹴る」と表現する。しかし、清水の選 [続きを読む]
  • 甲府戦復習2:残留への希望と未来への不安
  •  今回の甲府戦のように、勝った試合で、「内容が・・・」というようなことをコメントすると、必ずツッコむ人が出てくるものである。いわく、「今は、内容なんて関係ない。結果がすべてだ。試合内容なんて、贅沢なこと言ってられない」といった具合に。まあ、ごもっともではあるのだが。 誤解していただきたくないのだが、所長は今の清水に、華麗なるパスサッカーを披露してほしいとか、圧倒して勝ってくれとか、そんなことはこれ [続きを読む]
  • 甲府戦復習:しんどい
  •  よく勝ったもんだとは思う。それがすべてであることは事実である。しかし、ホームで甲府に勝った時も思ったが、この内容で胸が張れるのか、このサッカーに未来があるのかということを考えると、あまりポジティブな気持ちにはなれない。サッカーの根本的な質の部分で、甲府に完全に上回られて、ロクにプレーをさせてもらえなかった。まあ、「こういう試合展開の方が、案外勝利に近付くのではないか」という予感はあり、実際そうい [続きを読む]
  • 走行距離選手権:松原が故郷に錦を飾る
  •  この間、当方のブログのお休みや、リーグ戦の中断があったから、久し振りの走行距離選手権。浦和戦終了時点の状況が、下図のとおりとなっている。トップの松原が浜松を突破し、故郷に錦を飾る形となった。このほか、白崎が再始動したこと、航平が加わったことが、ここ2試合のトピック。よかったら お願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2014年と同じ勝ち点ペースになっちゃった
  •  前にも何度か書いたけど、今季の清水のポジティブな点は、大きな連敗がないことだった。しかし、浦和戦の敗戦で、今季初の3連敗。上図に見るとおり、折線グラフにすると、「恐怖の平原状態」がついに出現してしまった。で、現時点では、命からがら残留した2014年と、同じ勝ち点ペースになってしまっている。よかったら お願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 浦和戦復習:気持ちは見えたが
  •  何度もご報告申し上げていたとおり、所長は8月に仕事が鬼のように忙しく、時間的・精神的余裕がなかったので、鹿島戦、浦和戦はライブ視聴せず、情報を遮断した上で、仕事を乗り切ってからじっくりと腰を据えて見逃し配信観戦することにした。その際に、この2試合の勝ち点について所長が思っていたことは、次のような感じだった。勝ち点4以上:嬉しくて泣いちゃう勝ち点3:上々だろ勝ち点2:及第点勝ち点1:何とかそれだけ [続きを読む]
  • ほとんど興味の湧かない代表戦
  •  親愛なる清水サポの皆さん、いかがお過ごしですか? 当方は8月の業務地獄はひとまず切り抜け、平常の生活に復帰しつつはありますが、まだ極悪DAZNの見逃し配信で浦和戦を観戦するには至っておりません。 ただ、今朝は録画で、日本VSサウジ戦を観た。居住まい正して観る清水の試合と違って、日本代表の試合とかは朝食をとりながらとか、何の緊張感もなく観られるので、つい清水の試合は先送りしてしまう次第。 個人的に、ほと [続きを読む]
  • 鹿島戦復習:こりゃアカン
  •  仕事は一段落し、意を決してようやく鹿島戦を観た。最近、また酷くなったDAZNくるくる地獄の中、遅れ馳せながら観戦した鹿島戦の結果は、完敗。まあ、決定的ピンチみたいのが、それほど多かったわけではないが、それは鹿島が試合をしっかりコントロールしたからであって、うちに勝ち目があったかというと、非常に厳しかったと言わざるをえない。 メンバーが、怪我人が、システムがとか、そういうところに目が行きがちだけど、個 [続きを読む]
  • 1週間ほどブログ休みます
  •  親愛なる清水サポの皆様、いかがお過ごしですか。しばらく前から愚痴をこぼしていたとおり、当方はこの8月が人生で最も仕事が忙しく、ついには鹿島戦からは清水の試合を観る時間的・精神的余裕もなくなってしまいました。明日の浦和戦も無理でしょう。まあ、この状態もあと1週間くらいのはずで、この間はあえて、エスパルスに関する情報は一切入れず、仕事を乗り切ることに専念することにしました。今取り組んでいる仕事は、今 [続きを読む]
  • 代表ウィークにでも観るか
  •  当方の状況は相変わらず。この分じゃ、浦和戦までに、鹿島戦の見逃し配信を観ることは無理だな。まあ、そろそろ代表ウィークに突入し、リーグ戦は小休止で、その頃には仕事も片付いているはずなので、9月に入ってからゆっくり観るか。よかったら お願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • エスパ断ち生活
  •  仕事が立て込んでいてそれに集中したいのと、苦戦必至な試合で気が重いのが重なって、まだ鹿島戦を観ていない状態が続いている。そして、情報も遮断している。 所長は、関東在住で、周りには清水ファンなんて1人もいない(というか、Jリーグファンがそもそもいないよな)。静岡に住んでたら、周りで試合結果が話題になったりすると思うのだけれど、幸か不幸か、こちらではそんなことはまったくない。日本代表の試合なんかは、 [続きを読む]
  • 心が整わない
  •  いやー、だめだ。人生で最も仕事が忙しい状態なので、精神的余裕がなく、ライブで見逃した鹿島戦を、見逃し配信で観戦するモードに、全然ならない。長谷部風に言えば、心が整わない状態だ。なので、ブログに書くこともないのだけれど、一応、一日一更新を心掛けているので、そういう状態であるということだけ報告しておきます。まあ、こういう状態も8月一杯だと思うので、それが終わったら、また通常モードに戻りたい。よかった [続きを読む]
  • とりあえず他の試合のダイジェストだけ観た
  •  鹿島戦は時間的にも精神的にもまだ観る余裕がないのだけれど、昨晩は清水以外の試合のハイライトをハシゴしてみた。 まあ、どことは言わないが、だいぶ「末期的」なクラブもあり、清水が残留を果たす上では好都合なわけだけど、2015年の我々のことを思い出して、辛くもある。ああいう風に、ディフェンダーの足に当たってコースが変わって入ったりするのは、悪い予兆だ。清水も、陥落した時には、妙にオウンゴールを喫することが [続きを読む]
  • 試合結果とともに気になること
  •  仕事の忙しさにかまけて、まだ鹿島戦を観ていないのです。それにしても試合結果とともに気になるのは、「霧は出なかったのか」ということ。先日の鹿島の試合(甲府戦だっけ?)、濃霧でほとんど見えなかったからねえ。しかも、霧のために、トラッキングデータもとれなかったということで、そんなことになったら、当ブログの「走行距離選手権」にも支障が生じちゃうじゃありませんか。トラッキングデータって、どうやってとってる [続きを読む]
  • まだ鹿島戦を観ておりませぬ
  •  昨日は仕事が忙しくて、鹿島戦をDAZNのライブで視聴することができなかった。それで、本日見逃し配信で観ようと思っていたのだけれど、大苦戦すると分かっている試合の録画を観るというのは、なかなか気が重いもので、今日もまだ観ていないのだ。ライブで観るタイミングを逃すと、後はいつでも同じと思ってしまうので、今回の鹿島戦のように苦戦することが分かり切っていると、「さあ、観よう」という心境になかなかなれない。か [続きを読む]
  • やはり清水の練習は「みるい」のか
  •  こちらの記事によれば、新加入した増田誓志は、 鹿島で教わったことは「技術より戦う気持ち。練習ではけがもするし、けんかもあった。そうすることで試合の方が楽に感じた」と振り返る。 ということらしい。なるほどね。 清水サポさんの間には、「清水は、練習で激しくやりすぎて、だからうちのチームには怪我人が多いのではないか」と勘違いなさっている方もいるようだけど、むしろ逆らしいんだよね。 確か、ガンバに移籍し [続きを読む]