岡嶋友也 さん プロフィール

  •  
岡嶋友也さん: 岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ
ハンドル名岡嶋友也 さん
ブログタイトル岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ
ブログURLhttp://www.shikaku-square.com/magazine/okajima/
サイト紹介文司法試験&予備試験を目指している人にとって有益な情報を発信していきます!
自由文大学4年時に予備試験に合格、その後ストレートで司法試験に合格しました。現在は資格スクエアの予備試験講座・講師を務めています。自身の勉強法の失敗談・成功談を中心に、ブログを発信していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 332日(平均2.9回/週) - 参加 2016/11/22 16:58

岡嶋友也 さんのブログ記事

  • 受験成功者が語る『絶対に飽きない勉強法』
  • 現在私は、東京から大阪に向かう新幹線の中にいます。所用があり、土日で東京に戻らなければならず、来週からの大阪での渉外修習のために、新大阪に向かっています。 『絶対に飽きない勉強法』を購入しました 新幹線に乗る前に、東京駅の中にある本屋さんに寄ったのですが、そこで、『絶対飽きない勉強法』(著 鬼頭政人)という書籍を発見しました。どこかで見覚えがある、見覚えがありすぎる名前だなと思い早速購入しました。 [続きを読む]
  • 大阪での司法修習
  • 長い長い司法修習の集合修習がついに終わりました! 二回試験までもう直ぐという感じで、日々恐れおののいております。二回試験が本当に怖いです。 大阪での司法修習 とは言いつつも、現在、私は大阪に来ています。選択型修習には、全国プログラムというのがありまして、大阪の方で、渉外実務をみてみたいなと思い、希望したところ、運よく通って、大阪に来たわけです。 本当に大阪、いいところです。 まず、たこ焼きが安い!!! [続きを読む]
  • 口述試験を受ける方へ
  • 今日は、口述試験を受ける上での注意をお伝えしたいと思います。 口述試験のポイント①〜上がらない〜 まず、上がらないことが大切です。 私は、民事では、頭が真っ白になってしまい、結局、最後まで事例がわからないまま終わりました。 緊張してしまうと、事例も問題も何も入ってこない状態となります。 これだと本来の実力が出せないです。 これが原因で落ちてしまう人もいるそうです。 論文式試験に合格できるということは、口 [続きを読む]
  • 口述試験体験記〜2日目〜
  • 今日も前回の続き、口述試験当日について書いていきたいと思います。 口述試験初日を終えて 口述試験初日が終わった後は、友人に連絡を取りました。 とりあえず、駅の近くのガストで食事をとることにしました。 友人の方も、出来が良くなかったようで、励ましあいながら、食事をしました。 スーパーに寄り、レッドブルとノンアルコールビールを数本買ってホテルに帰りました。 ホテルに帰ってからは、総論を中心に勉強をしました。 [続きを読む]
  • 予備試験論文式試験に合格された方へ
  • 本日予備試験論文式試験に合格された方々、おめでとうございます!! 予備試験の一番の山を越えたという感じだと思います。 私は、一番嬉しかったのは、予備試験論文式試験の合格発表の時でした(司法試験のときより嬉しかったです)。 今でもその瞬間は覚えています。 未来が見え始めた気がしました。 本当におめでとうございます!! 2週間後には口述試験があり、油断できない状況だと思いますが、論文式試験に合格する力があれ [続きを読む]
  • 口述試験体験記〜1日目〜
  • 今日も、口述試験体験記の続きを書きたいと思います。 試験までの待ち時間 私は、自分の番を待っている間、ひたすら要件事実の勉強をしていました。 私の列は、進むのが遅かったです。 そのため、「厳しい試験官なのかな?」と思いつつ、3時間待ちました。 前の人がいなくなる度に、緊張感が増してきました。 トイレに何度いったのかもわかりません。 そして、ついに自分の番になり、呼ばれました。 体育館を出て、試験場に向かい [続きを読む]
  • 口述試験のポイントは誘導に乗ること
  • 予備試験口述試験も近づいてきましたが、口述試験がどんな試験なのかわからない人は多いと思います。 そこで、今回は、口述試験についてお話ししたいと思います。 口述試験は誘導に乗りまくれ! まず、口述試験は受からせる試験です。落す試験ではないのです。 試験官の方も、受からせようとしている人が多いらしいです。 だからこそ、誘導に乗って欲しいようです。 誘導しているのに、それを無視したり、誘導と反対の方向に行った [続きを読む]
  • 論文試験合格から口述試験までの2週間の使い方
  • 今日は、予備試験の論文試験合格発表から口述試験までの2週間の過ごし方について書いていきたいなと思います。 論文試験合格発表 私は、17時30分頃に、論文式試験の合格発表を見ました。 自分の番号があった瞬間は嬉しかったです。 しかし、今思うと、16時に見るべきでした。 というのも、模試とホテルが取りづらかったからです。これは失敗でした。 それでも、急いで模試を申し込みました。3社受けることができたので、ま [続きを読む]
  • 法科大学院入試対策は過去問から
  • 今日は法科大学院入試についてお話したいと思います。 過去問をとにかくこなす まずは、何と言っても過去問です。 これをやらずに何をやるんだという感じです。 過去問で出たところがまた出るということは多いです。 例えば、中央大学法科大学院の商法では、2016年入試で利益相反取引を聞いて、また2017入試で利益相反を聞いてきています。 これは過去問をやっていれば、解けちゃう問題です。 こういったことは、他の大学でも [続きを読む]
  • 新しいプリンターについて
  • プリンターを購入しました 最近、ようやく新しいプリンターを購入しました。CanonのMAXIFY IB4130を買いました。 レーザープリンターを欲しいなと思っていたのですが、店員さんのオススメで、ビジネスインクジェットというのにしました。 もともと、家庭用のインクジェットのプリンターを持っていたのですが、不便に感じていました。 だいたい200枚ほどするとインクがなくなってしまいますし、蛍光ペンで線を引くとビーってイ [続きを読む]
  • 「メモリーツリー講座」について
  • メモリーツリーとは この度、資格スクエアのジジたんさんから、なんと「メモリーツリー講座」が販売されます。 この講座、非常に面白いものです。 また、いい講座だと思います。 このメモリーツリーというのが素晴らしいです。 メモリーツリーって何?って感じの人もいると思います。 幹の部分にメインとなるキーワードがあって、そこから、知識、理解の枝葉を広げていくという感じのものです。 私がこのメモリーツリーというもの [続きを読む]
  • 規範は最低限のレベルがあれば良い?
  • 規範は間違っていなければいい 規範をどうすればいいのか、どう論証すればいいのかわからない、ということがあると思います。 しかし、規範は、間違っていなければ問題ないです。 間違った規範や、どう考えてもこれは変だろうというのさえ書いていなければ大丈夫です。 94条2項の「第三者」についても、いろいろな書き方があります。 しかし、言い回しの違いがあるだけで、実質的な内容はどれも同じことです。 特に、よく悩みが [続きを読む]
  • 受験勉強の基本は問題演習
  • 受験勉強はとにかく演習! 私は、試験勉強として、論証を覚えるという作業をやったことはほとんどありません。 その理由に勉強するときに理解を重視していたからとお話ししたことがありますが、それだけではありません。 問題演習を数多く行なっていたため、論証を覚えるという作業をしなくても、自然と論証が頭に入っていました。 何度も問題演習をしているうちに、同じ論証を何度もすることになって、自然と覚えてしまっていたと [続きを読む]
  • 論文はとにかく書くこと
  • 9月も終盤となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 個人的には、今年の夏は、さほど暑くなかったなという印象を持っています。 さて、今日は論文の手書きについて話したいと思います。 論文の文字は大きく書く 司法試験、予備試験共に、論文を書かなければなりません。 しかも、全部手書きです。 私は、字が汚いですし、書くのも早くないので、手書きというのが本当に嫌でした。 裁判所に出す書面は手書きじゃないんだから、パ [続きを読む]
  • 「条文を引く」ということ
  • 「条文を引くこと」は法律の勉強の基本 法律の勉強をする上で必ずやらなければいけないことの一つに、条文を引くということがあります。 法学部に入学したばかりの大学生の多くは、六法を引かずに授業を受けたり、基本書・予備校本を読んだりしていると思います。 しかし、これは、直ちにやめたほうがいいです。 今後、法曹を目指そうという方は、特にやめたほうがいいです。 六法とお友達になれと教授が言っていましたが、その通 [続きを読む]
  • 各科目の正しい回し方って・・・?
  • まずは早く回して各科目の法律を知る! イベントなどで、 「各科目、どのように回していましたか?民法を勉強するとなったら、総則を1回聞いたら、もう一周したほうがいいのか、それとも物権、債権と進んだらいいのかどうすればいいですか?」 といった質問をよく受けます。 このような疑問を持っている人は多いと思います。 基礎講座を1回聞いただけだと、全然理解できていなくて、次の単元に行っていいのか不安だと思います。 [続きを読む]
  • 行政法基本書のオススメまとめ
  • オススメの基本書をご紹介していますが、今回は、行政法です。 行政法基本書のオススメ3選 『基本行政法』が一番いいのではないかなと思っています。 「基本」シリーズは本当に素晴らしいです。 受験生向けに書かれた基本書であり、教授が書いた予備校本というのが相応しいと思います。 行政法の方も、判例をもとにしたケースメソッドを採用しています。 また、わかりやすく書かれています。 そして、受験生に嬉しいのが、何と言 [続きを読む]
  • 行政法基本書のオススメまとめ
  • オススメの基本書をご紹介していますが、今回は、行政法です。 行政法基本書のオススメ3選 『基本行政法』が一番いいのではないかなと思っています。 「基本」シリーズは本当に素晴らしいです。 受験生向けに書かれた基本書であり、教授が書いた予備校本というのが相応しいと思います。 行政法の方も、判例をもとにしたケースメソッドを採用しています。 また、わかりやすく書かれています。 そして、受験生に嬉しいのが、何と言 [続きを読む]
  • 商法基本書のオススメまとめ
  • オススメの基本書を連載していますが、今回は、商法いきたいと思います。 商法基本書の定番 何と言っても『会社法(LEGAL QUEST)』がオススメです。 初学者が読むのにもいいですし、司法試験まで使える1冊だと思います。 このLEGAL QUESTは色がなく、教科書といった感じです。 まずは本文だけを読んでもらいたいです。 コラムは発展的な内容が多いので、そこについては、疑問を持った時に参考にするといった感じでいいと思います [続きを読む]
  • 商法基本書のオススメまとめ
  • オススメの基本書を連載していますが、今回は、商法いきたいと思います。 商法基本書の定番 何と言っても『会社法(LEGAL QUEST)』がオススメです。 初学者が読むのにもいいですし、司法試験まで使える1冊だと思います。 このLEGAL QUESTは色がなく、教科書といった感じです。 まずは本文だけを読んでもらいたいです。 コラムは発展的な内容が多いので、そこについては、疑問を持った時に参考にするといった感じでいいと思います [続きを読む]
  • 刑事訴訟法基本書のオススメまとめ
  • オススメの基本書ですが、今回は刑事訴訟法についてお話ししたいと思います。 刑事訴訟法は判例百選を基本書代わりに! 刑事訴訟法は、判例百選を基本書代わりに使うというのもありだと思っています。 それほど、質がいいです。 また、「これだ!」と言った基本書がないのが現状だと思われます。 判例百選の解説部分を基本書として使い、論点についての理解を深めると言った方法がいいかなと思っています。 ただ、これだと手続 [続きを読む]
  • 刑事訴訟法基本書のオススメまとめ
  • オススメの基本書ですが、今回は刑事訴訟法についてお話ししたいと思います。 刑事訴訟法は判例百選を基本書代わりに! 刑事訴訟法は、判例百選を基本書代わりに使うというのもありだと思っています。 それほど、質がいいです。 また、「これだ!」と言った基本書がないのが現状だと思われます。 判例百選の解説部分を基本書として使い、論点についての理解を深めると言った方法がいいかなと思っています。 ただ、これだと手続 [続きを読む]
  • 民法基本書のオススメまとめ
  • 今回は、民法のオススメ基本書について書きたいと思います。 民法基本書〜初めに読むべきもの〜 通読用には、『民法(全)』がオススメです。 あれだけ条文がある民法をここまでコンパクトにまとめた本はないです。 そして、内容も必要十分な量が書かれています。 判例実務に沿って書かれているのも、いいところです。 もっとも、初学者の方がいきなり読んでわかるタイプの本ではないと思います。 1000条以上ある民法を1冊にまと [続きを読む]
  • 民法基本書のオススメまとめ
  • 今回は、民法のオススメ基本書について書きたいと思います。 民法基本書〜初めに読むべきもの〜 通読用には、『民法(全)』がオススメです。 あれだけ条文がある民法をここまでコンパクトにまとめた本はないです。 そして、内容も必要十分な量が書かれています。 判例実務に沿って書かれているのも、いいところです。 もっとも、初学者の方がいきなり読んでわかるタイプの本ではないと思います。 1000条以上ある民法を1冊にまと [続きを読む]
  • 刑法基本書のオススメまとめ
  • 今回は、刑法のオススメの基本書についてお話ししたいと思います。 刑法基本書の超おすすめはこれ! 『基本刑法Ⅰー総論』『基本刑法Ⅱー各論』は超オススメです。 いくつかの基本書を読みましたが、この2冊が一番わかりやすいです。 これ以上にわかりやすい刑法の基本書はないと思います。 学説についてではなく、判例実務について徹底的に解説してくれています。 結果無価値や行為無価値という受験にはさほど関係ない議論 [続きを読む]