岡嶋友也 さん プロフィール

  •  
岡嶋友也さん: 岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ
ハンドル名岡嶋友也 さん
ブログタイトル岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ
ブログURLhttp://www.shikaku-square.com/magazine/okajima/
サイト紹介文司法試験&予備試験を目指している人にとって有益な情報を発信していきます!
自由文大学4年時に予備試験に合格、その後ストレートで司法試験に合格しました。現在は資格スクエアの予備試験講座・講師を務めています。自身の勉強法の失敗談・成功談を中心に、ブログを発信していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/11/22 16:58

岡嶋友也 さんのブログ記事

  • 犯人性の解き方3−直接証拠の検討
  • ワールドカップが始まりましたね、寝不足の日が続いています。ワールドカップになると思いだすのが、2010年の南アフリカワールドカップです。 私は、当時、大学生だったのですが、よく覚えています。特に思い出深いのが、日本対デンマーク戦です。 あの日、立川で飲んでいたのですが、気づいたら、堀之内の方にいたんですね。モノレールに乗った記憶がないのですが、大学の方にいたわけです。しかも、道路で寝ていました。友人 [続きを読む]
  • 犯人性の解き方2−答案の書き方
  • 梅雨に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。じめじめしているのが嫌です。 たまに、不思議がられるのですが、私は、雨が強くない限り、あまり傘を差しません。自宅に帰る途中に雨が降ってきた際には、家に帰るだけだしということで、多少強くても差さないことが多いです。 結構、びしょびしょになって帰ることになりますが、あまり気にしないです。途中でビニール傘を買うのももったいないですし、乾かせばいいだけですしね。 [続きを読む]
  • 刑事実務基礎頻出!犯人性の解き方1
  • さて、前回、前々回と、予備試験の法律実務基礎についてお話しをしてきました。今回も、その続きからお伝えしたいと思います。 犯人性の問題とは まず、刑事実務基礎ですが、ここでは、よく犯人性の問題が出ます。 これは、簡単に言ってしまえば、そいつが犯人と言えるかどうかという問題です。刑事ドラマのような感じです。 ただ、ちょっと違うのが、あらかじめ被疑者が出てきます。そのため、名探偵コナンや、金田一少年の事件簿 [続きを読む]
  • 法律実務基礎の基礎知識
  • 前回、法律実務基礎についてお話しをしました。受験生の答案と、出題者側の求めているものに対して、乖離があるということでした。 ロースクールや大学等で実務家の授業があるものの、予備試験の法律実務基礎とは、少しベクトルが違うということもお伝えしました。また、出題者側が求めているものが勉強できる場所が司法修習であるということもお話ししました。 そこで、多くの方は、どうやって勉強していけばいいのか、どのような [続きを読む]
  • 予備試験の実務科目について
  • 論文式試験まで約1ヶ月 予備試験の論文式試験まで、残り1か月ほどですが、どうでしょうか。予備試験の論文で、一つネックになるのが、おそらく実務科目だと思います。民事実務基礎、刑事実務基礎の対策をどうすればいいのか困っている人もいるでしょう。今回から数回にわたって、民事時実務基礎、刑事実務基礎についてお話ししようと思います。今までにも、何度かこの話題について触れてはいるのですが、今までのよりもブラッシュ [続きを読む]
  • 【6/16・17関東・6/23関西】イベント開催します
  • 2週連続でイベントを開催します。 6月16日(土)、17日(日)、23日(土)と、2週続けて私のイベントを開催いたします。岡嶋一人での、ワンマンイベントです。16日(土)は、池袋(11時開始)、秋葉原(16時開始)で、17日(日)は、新宿(11時開始)、渋谷(16時開始)です。そして、23日(土)は、大阪(11時開始)、名古屋(16時開始)に行きます。初の関西でのイベントです。関西でのイベントは、今後あるかわからないです。 [続きを読む]
  • 直前模試を受けるということ
  • 前回、直前模試の論点的中率ということについてお話ししましたが、今回は、直前模試を受けるということについてお話ししましょう。 直前模試の目的 まず、個人的には、1社ぐらいは直前模試を受けた方がいいと思います。日程等との関係もありますが、できる限り受験者数が多いところの予備校を利用するといいです。そもそも、直前模試は何のために受けるかというと、一番は、試験に慣れるという事にあると思います。出そうな論点を [続きを読む]
  • 予備試験論文突破に向けて4:苦手の改善
  • 前回、予備試験の論文までに過去問をやってほしいとお伝えしましたが、もう一つやって頂きたいことがございます。 それは、苦手分野の改善です。 苦手をできる限りなくす 司法試験、予備試験ともに、総合評価です。 また、1つの問題にいくつもの論点が出ます。 そのため、どの科目も、どの論点もまんべんなくできる人が勝ちます。 苦手なところがあって、そこで全く点数が稼げないという状態がよくないのです。 それよりも、満点で [続きを読む]
  • 予備試験論文突破に向けて3:答案を書く
  • 予備試験の短答式が終わり、自己採点も終わったころだと思います。 いろいろな感想があると思いますが、予備試験の論文まで、2か月ほどしかありません。 たった2カ月です。 短答がギリギリでも論文でチャンスあり この期間にできることというのは、限られていますが、グーンと成績が伸びる時期でもあります。 私がそうでした。 仮に、短答は合格ラインぎりぎりという人も、十分論文でチャンスはあります。 これが予備試験のいいと [続きを読む]
  • 予備試験論文突破に向けて2:理解する
  • 前回、知識を使うという事についてお話ししましたが、その続きをお伝えしたいと思います。 予備試験の論文を受ける予定の人以外にも、有益なことが書いてあると思うので、受験生は読んでほしいです。 そんなに悪いことは書いていないと思います。 論文式試験のポイントは問題点を発見できるかどうか まず、前回お伝えした1つ目のことは、 予備試験の短答に合格するだけの力がある=論文での必要な知識が備わっている という事です [続きを読む]
  • 予備試験論文式試験突破に向けて
  • 予備試験短答に合格=法的知識はある 私は、予備試験に合格した年、短答式試験の時点では、論文に合格できるだけの力は備わっていなかったです。論文をうまく書く力はなかったです。 ただ、法的知識についてはありました。短答式試験に合格できる人というのは、50点以上を一般教養で稼いで、ぎりぎりで合格しましたというような場合でない限り、法的知識は十分です。 つまり、短答に合格できるということは、論文に合格するだけの [続きを読む]
  • 予備試験短答試験から論文試験へ
  • 予備試験お疲れ様でした。わずか1日だけの試験でしたが、大変だったと思います。 ゆっくり休んでくださいと言いたいところですが、予備試験の場合、そうはいっていられないんですよね。まだ、論文、口述がありますからね。 予備試験短答試験の自己採点 まずやって頂きたいのは自己採点です。いやになると思います。私も、嫌でした。 しかし、やらなければならないです。自分が論文に進めるか否かがおおよそでわかりますからね。 予 [続きを読む]
  • 司法試験お疲れ様でした!
  • 司法試験、お疲れ様でした。 長いような、短いような5日間だったと思います。様々な感想があるでしょうが、とりあえず、ゆっくりして下さい。ここまで、本当によく頑張ったと思います。 4ヶ月間の使い方 発表まで4か月ほどありますが、これまでできなかったこと、やってみたかったことなど、様々なことに挑戦してみてください。法律の勉強を続けてもいいと思います。 もし、今、4か月自由な時間を与えられたとしたら、私だったら [続きを読む]
  • 『成長マインドセットー心のブレーキの外し方』
  • 最近、『成長マインドセットー心のブレーキの外し方』を読みました。 鬼頭さんのフェイスブックか何かで紹介されていたので、読んでみるかと思って、その投稿記事を見た翌日には、購入していました。中身を確認することなくです。 鬼頭さんが紹介していたからとかではなく、非常にオススメします。 いわゆる、自己啓発本は、ドーピングに近いものでもあるので、あまり読まないのですが、読んでよかったと思いました。ドはまりしま [続きを読む]
  • 予備試験の短答式試験に合格するために
  • ここ最近、司法試験を中心にお話ししてきましたが、予備試験についてもお話をしようと思います。 予備試験の場合、5月は短答式試験ですね。 司法試験より多い8科目を解かなければならないです。 これを突破しないことには、論文を受けることはできません。 そのため、是が非でも突破したいところだと思います。 予備試験の特徴は一般教養 そして、予備試験で特異な科目は、何と言っても一般教養です。 配点が60点分もあるため、 [続きを読む]
  • 司法試験を明日に控えて
  • いよいよ司法試験前日です。 前日、何をしていたのか、どう過ごしていたのかはあまり覚えていませんが、緊張していたのは覚えています。また、あれもこれもしていない、と後悔したのも覚えています。もっとやっておけばよかったと後悔もしていました。 おそらく、同じような心持の人は多いと思います。そう思うのが普通かもしれません。しかし、もう取り返すことはできないです。 気にしてもしょうがないので、明日、万全の状態で [続きを読む]
  • 司法試験・予備試験も実務も判例が基本
  • 司法試験も予備試験も、基本的なことさえできていれば合格できる試験です。 みんなが書くであろうことを書いていけばいいのです。そのため、思いつきで書いたり、閃いたりしちゃいけないと言われます。 司法試験・予備試験は実務家登用試験 そもそも、司法試験、予備試験ともに実務家登用試験です。 ただ、実務家登用試験と言っても、弁護士や検察官を育成するためというより、裁判官育成の方が重点が置かれています。(この点につ [続きを読む]
  • 司法試験・予備試験の受験上の注意その2
  • 司法試験、予備試験を受けるにあたって注意したほうがいいことの続きです。 受験上の注意4:試験では予想外のことが起こる 司法試験、予備試験では、予想外のことが起こることがあります。これは、お話ししていいかどうか迷ったのですが、ためになると思うので、お伝えしようと思います。 私が、受けた会場では、残念なことに、体調を崩された方がいました。試験会場の誰もがそれに気が付きました。 その時、どうすればいいのかわ [続きを読む]
  • 司法試験・予備試験の受験上の注意その1
  • 司法試験、予備試験を受けるにあたって、注意しておいた方がいいことをお伝えしたいと思います。 受験上の注意1:遅刻厳禁 まず、遅刻だけはしないようにしましょう。 確か、開始時間に着席していないと受けられなくなるはずです。とにかく、忘れ物はしてもいいので、身体だけが到着している状態にしましょう。 会場までの道のりが不安という方は、事前に下見をしてもいいと思います。 受験上の注意2:問題文の読み間違え 会場ま [続きを読む]