n-hayataro さん プロフィール

  •  
n-hayataroさん: 釣・食・感
ハンドル名n-hayataro さん
ブログタイトル釣・食・感
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/n-hayataro
サイト紹介文釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/11/23 06:18

n-hayataro さんのブログ記事

  • 【釣】ショウサイフグ 6/9(野毛屋) 「ギャルとお局に癒される」
  • 前回釣行の午後船でショウサイフグ初のボウズを食らい、捲土重来、1日船でのリベンジに燃えて、いざ出陣。野毛屋さんが定休の前日木曜日の吉野屋さんがトップ50匹だったのを見て、釣れる気満々、6Lのビニール袋をいつもより余分にタックルバックに忍ばせてますよ。1ヶ月振りの釣行で同じくヤル気満々のT1さんにピックアップいただいて、5:00ちょい前に野毛屋さんに到着。駐車カードは8番目で、釣り座は左舷舳2、3番の並びをチョイ [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 6/9(野毛屋)
  • 0・3・0・1・0さて、何の数字でしょう?そう。ここ5回の湾フグ釣行の本命釣果ですよ。まあ、トラフグは仕方がないにしても、ショウサイを狙ってもこの貧果とは、トホホですな。(1はこいつ。)年始に立てた今年の目標は「ショウサイフグ釣果100匹超え」のところ、2017年も折り返そうとしている現在の累計釣果は6匹。何てこったい。(;´д`)(3のひとつはこいつ。)そろそろ巻き返さなければなりませんな。と、満を持して白子シーズン [続きを読む]
  • 【感】家族旅行・伊勢志摩 3日目 「やっと最終回」
  • 既に旅行から2ヶ月が経過してるのに、引っ張りに引っ張ったこのネタもやっとの最終回。釣りに行けない時の在庫として重宝しましたがね。さて。真珠島を後にして、鳥羽駅前の施設でお土産を購入、駅前の広場には足湯があったり、地の物を売る鳥羽マルシェなる施設もあった。(噴水の奥に見えるのが足湯。)どんな海産物があるかな。と、ちょいと覗いてみることにした。(鳥羽マルシェ。)売場には大きな水槽があり、カワハギ、ウマヅラ [続きを読む]
  • 【感】家族旅行・伊勢志摩 3日目 「真珠島で勘違いを正される」
  • 伊勢志摩旅行の最終日は鳥羽で遊覧船観光の予定を強風で諦め、ミキモトの真珠島観光に切り替えた。チケットを購入したら、パールブリッジと言う橋を渡って入島する。大人一人1,500円なり。それなりの出費ですな。(岸から見た真珠島。)島は防風林のためか外周に松が植えられていて、その背後に見える鳥羽湾の海の青さとのコントラストが美しい。でも、風が強くて白波が立ってるよ。(ミキモト創業者の御木本幸吉の像。)島奥は広場に [続きを読む]
  • 【食】アジのなめろう・刺身
  • 5/19の野毛屋さんでのリレーは、過去最低釣果を更新した記念すべき釣行だった。(8匹ですと。)とは言え、数少ないアジたちは表皮に金色がさしていて、上々の脂の乗りが伺える。小振りが多いけどね。サク・フワの揚げたてアジフライが食べたかったけど、この量では諦めざるを得ない。残念。(デビルじゃない、アジウイ〜ングッ。)定番化したアジウイングで心の隙間を埋めますよ。家族で1人2ウイングづつ。ちょっと寂しい、でもサクサ [続きを読む]
  • 【釣】午前アジ・午後フグ 5/19(野毛屋) 「そして記念になる」
  • 最近の貧果を癒して貰いたいと、平日に休暇を取り、野毛屋さんでリレー。(毎度。)午前のアジ船は左舷胴の間をチョイスしたけど左舷は3名のみ、右舷も3人で計6人。俊船長に、人が少ないね。と言うと、平日はこんなもんだよ。とのこと。コマセ釣りはそれなりに人がいた方が良いのにな。健船長のショウサイフグの1日船は22名だそうで、定休日前の27匹という釣果が効いてなのか大盛況だ。(がらがらの第三忠丸。)午前アジも定休日前は56 [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 5/19(野毛屋)
  • 3月以降ここ5回の釣行で本命の釣果は、それぞれ釣りものが違うものの0、1、0、1、3匹という貧果。海の中は陸の1ヶ月遅れで季節が巡るから、1年で一番厳しい時期で仕方がない。という見立てもあるものの、フラストレーションは溜まりますよ。(第三忠丸。)ここに来て水温が上がり、ようやく春めいて釣果も揚がってきた海に癒して貰おうと、野毛屋さんでアジ・フグのリレーに平日釣行。陽気も良いし、修業から解放されたのんびりした [続きを読む]
  • 【感】家族旅行・伊勢志摩 2日目 「牡蠣とサメに満たされる」
  • 伊賀を後にして高速で伊勢に戻る途中から雨に降られる。予報どおり伊勢志摩は1日雨のようだ。昨日のうちに外宮と内宮を回って正解だったな。伊勢に着いてコンビニでビニール傘を買い、猿田彦神社の駐車場に停めて見学。雨の神社も趣があって良いな。(猿田彦神社。内宮からも近い。)手水で清めてからお参り。雨で人が少なくてほぼ貸切状態だから、4人並んで参拝。ガラス越しに本殿の中が伺え、舞台などが見える。ここで神前結婚式を [続きを読む]
  • 【食】トラフグの刺身・ショウサイフグの唐揚げ
  • 4月28日の釣行で揚げた天然トラフグは、毎日毎日キッチンペーパーを丁寧に巻き替えて丸1週間熟成させた。頃は良しと、いよいよその封を解きましたよ。(熟成明けのトラの各パーツ。中央の身欠き2つはショウサイ。)そこに前日の釣行で渋いながらも揚げたショウサイフグを併せ、東京湾天然フグの共演でいただいちゃう。ここにアカメが加われば完璧なんだけど。まずは刺身で共演。トラの身欠きは全て刺身に下ろしたけど、この盛りだけ [続きを読む]
  • 【食】ショウサイフグの刺身・白子ポン酢
  • 5月5日の野毛屋さんへのショウサイフグ釣行の結果は渋々の3匹だったけど、白子を2腹ゲット。今季初白子ですよ。(ヤバイのは右端の身欠き。)釣行当日は健船長に「ヤバイ、激旨」と言わしめた1匹を刺身に仕立てて、検証してみることにした。ふっくらと身付きが良くて、下ろしてみると綺麗に透き通ってる。過去にも滅多に見かけない身質だ。確かに、こりゃ只者じゃないぞ。(透き通ってるよ。)刺身に下ろしても、しっかりプリプリして [続きを読む]
  • 【釣】釣行前期 5/5(野毛屋)
  • 4月28日の釣行で揚げたトラフグは鋭意熟成中で、5月5日で丁度一週間になる。されば、5日に釣行して、その釣果をトラと共演させてみようと思い立った。ゴールデンウイークには特に予定もないしね。このところの貧果をアジに癒してもらいたくて、第一候補は野毛屋さんでアジ・ショウサイフグのリレーだったのだけど、5月8日(月)からとのこと。(やっぱり野毛屋さんに行っちゃう。)鴨下丸さんでアジ・マゴチのリレーと迷ったけど、トラ [続きを読む]
  • 【食】トラフグ皮の湯引き
  • 4月28日(金)の野毛屋さんへの釣行は、1年越しでようやく初のトラフグをゲットした。ちょい小さめなんですが。身欠きとヒレはもちろん、皮も頭が付いたまま貰ったんで、動画で勉強してその先を下ろしてみる。(各パーツはこちら。)トラフグは内臓以外は無毒だから、折角なんで各部位を味わい尽くさせてもらいますよ。小出刃を手に口を落として、頭部から皮を剥がし、顎を外してから頭を割る。なかなか上手くできるじゃないの。と自分 [続きを読む]
  • 【釣】トラフグ 4/28(野毛屋) 「達成するも満足せず」
  • 野毛屋さんでの今季2度目のトラフグ釣行。前回のハリス切れから、ワイヤーで対策した特製カットウを作成、リールのPEラインも新調し、万全を期して挑みますよ。野毛屋さんに5:00着で駐車カードは7番目のラッキーセブン。予約人数が少ないから出船は健船のみとのこと。釣り座は狙いの両艫が取られてたから、左舷舳1番をチョイス。幸先が良い感じがするぞ。(健船長の船は2ヶ月振りだ。)出船準備をしていると、総員16名だから8名ずつ [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 4/28(野毛屋)
  • 前回4月15日(土)のトラフグ釣行では、開始早々に掛けたものの、無念のハリス切れでバラし、釣果はサバフグ1匹というオデコを喰らった。段々とトラに迫ってる感触は得れてるから、このまま引き下がれはしない。すなわち、今季2度目、通算4度目のトラ退治に出撃しますよ。(特製ワイヤーカットウ。)前回釣行の多重オマツリで高切れを余儀なくされた愛機Stephano XGの1号PEラインを、200m新品に巻き直した。課題のハリス切れには、ワイ [続きを読む]
  • 【食】サバフグの塩焼き
  • 4/15(土)の野毛屋さんでのトラフグ釣行は、痛恨のハリスの切れでバラし、1年越しのリベンジ叶わず、オデコを喰らった。唯一の釣果は25cm程のサバフグ。いつもならリリースするところ、あまりの寂しさに持ち帰りましたよ。(こいつです。)サバフグは身が柔らかく水っぽいから刺身は不向き。火を通す料理が良かろうと、シンプルに塩焼きにしてみた。(火を入れたら大分縮んじゃった。)しっかり火を通すと水分が抜けて、ほっくりと焼き [続きを読む]
  • 【釣】トラフグ 4/15(野毛屋) 「あの引きを忘れない」
  • 昨年2戦挑んだトラフグ釣行では、エサをガッツリやられたアタリとチップがそれぞれ1回だった。頻繁に活性を感じる釣りものではないので、アタリがなくとも1日中誘い続ける粘り強さと、いつ訪れるか知れないチャンスをモノにする集中力が必要だ。トラフグとの前に、折れない心を保つ自分との戦いになるだろう。覚悟はしてますよ。(毎度です。)今年の野毛屋さんのトラフグ乗り合いは、2船出しで完全予約制だから溢れる心配はなし。で [続きを読む]
  • 【釣】釣行前記 4/15(野毛屋)
  • 遡ることちょうど一年前の2016年4月某日。東京湾久里浜沖でジギング中の遊漁船で、良型のトラフグが何十匹もポンポンと揚がったという。(当時の写真。)その衝撃的な事実は証拠の写真とともに瞬く間に釣り関係者に伝播し、各遊漁船が当該ポイントにひしめく、前代未聞のトラフグ祭りに発展した。しかし、当初は大型、良型が数多く揚がっていたのだが、日を追うごとに尻すぼみに釣果は減っていき、一発当たるか。という博打の様相を [続きを読む]
  • 【感】家族旅行・伊勢志摩 1日目 「伊勢神宮・内宮」
  • おはらい町で昼食を済ませたら、その足で伊勢神宮の内宮へ。奇遇な事に、旅行の前に伊勢神宮の紹介番組を幾つか立て続けに見た。SHIMANO の釣り番組「おとな釣り倶楽部」でも直前の放送が伊勢志摩と鳥羽だったしな。今、伊勢がホットなんでしょうか?(宇治橋から。)(お参り前になるほど。)まずは宇治橋前の鳥居をバックに家族で記念撮影。一礼してから右側通行で渡る。宇治橋は参拝客が歩くことで磨り減り、固い節の部分だけが残っ [続きを読む]
  • 【感】桜並木でちゃっとお花見
  • 今年は気温の上下が激しくて、ここに来てようやく春の暖かさが安定してきた。すると、待ってましたと桜が一気に開花したけど、この週末は雨模様で、花を愛でる隙がないでないの。どんよりとした曇りでたまに小雨がポツと来るけど、ここを逃したら散っちゃうだろうから、本日午後にかみさんと連れ立って、地元の桜並木に出向いた。(桜のトンネル。晴れてればなー。)去年も曇りの花見で暗い写真だったな。と、話しながら撮ったものの [続きを読む]
  • 【感】家族旅行・伊勢志摩 1日目 「伊勢神宮・外宮」
  • 自宅から伊勢神宮外宮までを検索すると、車で5時間17分。途中の休憩を加味して6時間というところか。(ロング・ランニン。)渋滞を避けて少しでも活動時間を多く確保するために出発は朝5:00。釣りに行くより遅いから、4:00出でもいいぞ。と提案したけど、かみさんから、無理。と却下された。女性はお化粧とか準備に時間が掛かるからね。(移動中新東名で富士山を南から。)(静岡サービスエリアでうなぎコーラを発見。買わなかったけど [続きを読む]