かな さん プロフィール

  •  
かなさん: “ちょっぴり発達凸凹”のぐるぐる日記
ハンドル名かな さん
ブログタイトル“ちょっぴり発達凸凹”のぐるぐる日記
ブログURLhttp://noborukayo.blog.fc2.com/
サイト紹介文45歳の時、発達障害:自閉症スペクトラムのグレーゾーンと判明。自分の凸凹を知り社会復帰に向け格闘中!
自由文転職を繰り返すうちに二次障害でうつを発症。現在無職の独り暮らし。うつからの復活、自己受容を経て、自分の凸凹を研究し向き合いながら社会復帰を目指し格闘する日々を綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 333日(平均1.7回/週) - 参加 2016/11/23 08:09

かな さんのブログ記事

  • 合格!そして・・・
  • ヨガインストラクターの資格試験、合格しました!アロマセラピストの試験を受けた事業所仲間も、合格通知を受け取ったとのこと。よかった〜!2人そろって合格!!ニッコリ笑顔でねぎらい合った。応援、ありがとうございました!            ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆福祉士さんの大学生時代の知人Tさんがヨガを教えてらっしゃると聞いて、さっそくレッス [続きを読む]
  • 体調不良でも、飛び越えようとする
  • 昨日、事業所が終わってから病院へ行ってきた。前回処方してもらったお薬のおかげで、胃潰瘍は良くなってきている。相変わらず胃が漬物石のように存在感をアピールし、喉がつかえたような感じはするけど、日中はそれほど気にならなくなった。夜はまだ胃が焼けるような不快症状に襲われるけど。今回処方してもらったお薬は、種類が4個から3個に変わっている。一番強いお薬は卒業。胃が怪我をしてるようなものだから、“日にち薬” [続きを読む]
  • “自分スタイル” を貫いた3カ月
  • ヨガインストラクターの実技試験及び座学試験、無事終了。コメントや拍手で応援してくださったみなさま、ありがとうございました!結果はまだわかりませんが、またブログで報告させていただきます(*^▽^*)では、ここからはいつもの文体で・・・〜Aさんと私〜就労移行支援事業所仲間のAさんは、アロマセラピストスクールに通っている。私がお世話になっているヨガスクールの系列で受付は同じ場所なので、私たちが共通でよく知って [続きを読む]
  • ただいま試験真っ最中のため・・・
  • いつの間にか、土曜日に更新するスタイルが定着。で、今日はその土曜日なんだけど・・・ただいまヨガインストラクター資格試験真っ最中!昨日実技試験を終え、明日座学の試験なのだ!!そんなわけで、ここ数日はブログ巡りもお休みしていて、今日は久々の受験生気分を味わいながらお勉強。ちなみに、試験の結果は 「一ヵ月以内に通知」 とのこと。    後悔のないように、今出来ることを精一杯やろう。試験が終わって落ち [続きを読む]
  • 二足の草鞋、履けますか?
  • 私は二足の草鞋を履くことができない。無理やり履こうものなら、心にひずみが生じる。現実に今、就労移行支援事業所とヨガスクールという二足の草鞋状態の真っただ中にいる私は、心身ともに疲れている。仕事をしながら習い事をする人はたくさんいるのだから物理的には問題ないし、他人から見れば大したことではないと思えるだろう。でも、私の心はこの二つを両立できないでいるのだ。私はひとつのことにしか集中できない。ヨガイ [続きを読む]
  • 「人は変われるんですね」
  • 大学生時代、私は卒論を書くワープロ(まだパソコンの時代じゃなかった)を買うためにアルバイトをしたことがある。「家庭教師とか?」と尋ねる福祉士さんに「いえ、ホテルのベッドメーキングです」と私。以前の私は人が怖かったし会話も苦手だったので、できるだけ人と交流しないで済む仕事を選んだ。「ええ!?意外!」「人と関わることを楽しいと思えるようになったのは、多分演劇に出会ったおかげだと思います」もう20年ほど [続きを読む]
  • 辛いって言ってもいいんだ
  • 先日、4カ月ぶりに病院へ行った。ずっと行きたかった場所。でも、行くことができなかった場所。待合室のソファに腰掛けた途端、涙がこぼれそうになった。心がしんどくて泣きたくなったとき、私には弱音を吐く場所がなかった。もちろん事業所の所長や福祉士さんは私のことをいつも気にかけ大切にしてくださっている。それでも、いろんな問題を抱えた利用者さんが増えていく中、サポートスタッフという名前をもらった私まで甘えるわ [続きを読む]
  • “責任感”という十字架
  • 「あなたはとても大きくて重い十字架を背負って歩いているように思えるのですが、違いますか?」と、心理学の先生に言われた。自分の背丈ほどもある大きな大きな十字架。でも、それは押し付けられたものではなく自ら背負ったものだ。「あなたはその十字架の意味をちゃんと知っているから、ペンダントくらいの小さな十字架にしていいんですよ」先生曰く、私の背負う十字架の意味は “責任感” 。事業所での立場、家族の中での立場・ [続きを読む]
  • 集中すると止まらない、止まりたくない
  • 体重が40kgを切った。どうりで、毎日だるいわけだ。先日は頭痛とめまいも加わった。久しぶりだなあ。もう20年近く前、演劇活動に夢中になってた時以来だ。あの頃は寝るのがもったいなくて徹夜で書類を作ったり、時間があれば練習場所だった公共ホールに入り浸っていた。体重が減り、食べ物の匂いを嗅ぐだけで吐き気をもよおすくらい体は弱ってたけど、楽しくて楽しくて心が走り続けていた。今思えば、発達障害の特性 “過集 [続きを読む]
  • 環境の変化に弱い発達障害の仲間たち
  • 先月下旬から、就労移行支援事業所はわさわさと落ち着かない。というのは、見学や利用体験が連日のように続いているからだ。8月になると新しい利用者さんも入所され、日常が少しずつ変化してきている。そしてお盆休み明けの16日は、新規入所者や利用体験者、見学者に加え、午後のみだった利用者さんが終日利用になったりと、一気に人が増えた。1期生(4月〜6月に入所した4名+私)はみんな発達障害なので、程度の差はあれど [続きを読む]
  • 私の中の “私” と生きると決めた
  • 「私の中には、もうひとりの私がいます」という私に、所長と福祉士さんは「え?」という表情を浮かべる。認知行動療法の話をしている時に、ネガティブ思考の自分の中にポジティブ思考の自分を創り、その自分と会話するという話になった。つまり、もうひとりの私。ネガティブ&ポジティブという区分ではないけど、今事業所でみんなと会話を楽しみ笑顔で毎日を過ごしている私の中には、「ひとりが好き!」なもうひとりの私がいる。幼 [続きを読む]
  • 協調運動障害を逆手に取る
  • [問1] これ、読めるかな?正解は「生きぬいた」[問2] 次は読めるよね?正解は「いつまた、きみと」これらは、少し前に事業所のプログラム<メモ学>で私が書いたメモの一部。映画『いつまた、君と』の予告編を観ながら、どれだけ情報を受け取りメモできるか挑戦したときのものだ。私の場合、人が話すスピードに合わせてメモを取るのが難しい。聴きながら字を書くなど同時にふたつのことを行うのが困難な “協調運動障害 [続きを読む]
  • 体も人並みじゃないのを忘れてた
  • 「あんたは体が丈夫じゃないんだから」と、姉に言われた。そこでハタと気がついた。そういえば私、昔からしょっちゅうグッタリしてたよね?運動や休日のお出かけ等、みんなと同じことをやっても、私だけダメージが大きくて後で休息が必要だったよね?今だってそうだ。とりあえずその場では一緒にできちゃうから頑張ってしまうけど、その代償は大きくて、毎日が運動会かマラソン大会か!?と思うような疲労感が慢性化してしまってい [続きを読む]
  • 発達障害仲間が就職\(^o^)/
  • 発達障害を持つ友人から「入社日が決まりました」とメールが来た。彼が内定をもらったのは6月下旬。それから初出勤の日がなかなか決まらず、宙ぶらりん状態だった。よかった。本当によかった。希望の仕事に就くことができた彼は、これから大きな夢に向かって歩き始める。(→ブログ『「苦手でもできます」と彼は言った』をご参照ください)メールには「前日にお茶しませんか?」とお誘いの言葉。それなのに、私は応えることができ [続きを読む]
  • すべてを完璧に・・・って、気負いすぎ
  • 今週は、蕁麻疹&睡眠不足&のどの痛み(おそらく扁桃腺)の三重苦でしんどかった。蕁麻疹は発病からそろそろ1ヵ月になる。最近は少し治まりつつあり、夜は赤く腫れ痒くて睡眠を妨げるけど、日中はかなり控えめになるので、半袖を着ることができるようになった。夜中にかきむしった跡が少々気になるけど、そこは目をつぶろう。体調不良に加え取り組むべき課題が多すぎるせいか、最近心に余裕がない。先日も事業所で、利用者さんた [続きを読む]
  • “発達凸凹” がヨガデビュー!
  • 昨日、私はついにヨガスクールデビューを果たした!これから3か月間、毎週金曜日にレッスンを受ける。就労移行支援事業所でも毎週ヨガの時間があるけど、インストラクターを目指す一般の学校という違った環境でいろんな刺激を受けながら、もっともっと勉強していきたい。そしてそれを事業所に持ち帰り、私が担当させてもらっているヨガの時間に反映させることができればいいなあと大きな夢を描いていたりする(〃▽〃) レッスンは [続きを読む]
  • 人と関わることは諸刃の剣。それでも・・・
  • 7月。2週間前に発症した蕁麻疹は、病院へ行って強力なステロイド剤を処方されたけど、一向に治る様子はない。でも今日は、痒みが控えめのような気がする。土・日はまるごと2日間私だけのモノ。何の予定もなく誰に邪魔されることもないひとりきりの時間と空間・・・ひとりでいることをこよなく愛する “ちょっぴり発達凸凹” の “私” が喜んで、リラックスできているからかもしれない。こんな私と「人間が好き!」な私を両立さ [続きを読む]
  • 事業所が “マイブーム” !?
  • 疲れてる・・・みたい。今週は月曜日から左腕に蕁麻疹が現れ、やがてそれは右腕にも広がり徐々に数も増えていった。持病の手湿疹ほど痒くはないけど、やっぱり地味〜に痒い。食生活は変わらないし、変なものを触った記憶もない。なぜ蕁麻疹が??さっそく調べてみると、心因性蕁麻疹というのが一番該当しそうだ。ストレスやらなんやらかんやら書いてあるけど・・・つまり、“疲れている” のだ。おそらく今の私は、就労移行支援事 [続きを読む]
  • 福祉パスをどう使う?
  • 今週は体調を崩している人が多かった。私も例にもれずボロボロで、先週土曜日からあまりのだるさに頭と体を切り離したくなるときもあった。でも、不思議なもので、事業所にいるときはスイッチがONになり笑顔で過ごすことができるんだなあ。ただ、いつもより意識の焦点が定まってないし、会話に多大なエネルギーを消耗したけど。そんな一週間を締めくくる昨日のこと。就労移行支援事業所の仲間たちと外出プログラムで地下鉄に乗る [続きを読む]
  • 相貌失認でも大丈夫!
  • 昨日11時過ぎに、事業所に見学の方が来られた。彼は入所に前向きで、見学のはずがそのまま午後のプログラム(利用者 C さん指導の<ストレッチ&筋トレ>&私の<ナチュラルヨガ>)に参加することに。物怖じすることもなくみんなと一緒にプログラムを楽しんだ彼が帰った後、必然的に彼のことが話題になった。最近メイク術を研究中の利用者さんが彼の顔のパーツに注目し、それぞれが感じたことを話す。そこで「かなさんはどう思 [続きを読む]
  • サプライズの後の変わらない日常
  • 先日、心の調整のためにお休みをもらった日のこと。夕方になって、福祉士さんからメールが来た。「就労移行支援事業所の利用が認められた」という内容だった。あまりの急展開に、一瞬、思考が止まった。数秒遅れて感情が追いついてきて、涙があふれる。――私はもう、正式な利用者なんだ!長い間申請許可が下りず宙ぶらりんだったけど、ついに認められたんだ。私はボロボロ泣きながら、お礼のメールを返信した。そして翌日は、早く [続きを読む]
  • わからないけどわかりたい
  • 「あんたは傲慢だ」と言われたことがある。あれは確か昨年の夏・・・話の内容は覚えていないけど、あのときの衝撃は今でも大きな棘となって心に突き刺さっている。「相手の気持ちを理解したい。知りたいと思う」という私に、その人は「相手の気持ちがわかると思うなんて、あんたは傲慢だ」と言った。私は反論することができなかった。ただショックで、“違う!そういうことじゃない!” と心の中で叫びながらも言葉にならない感 [続きを読む]
  • よくわからないんです
  • ありゃりゃ?まだ心が空回りしてる?今朝事業所に着くと、福祉士さんから開口一番に「かなさん、大丈夫ですか?」 と聞かれた。彼女は土曜日にUPした私のブログを読み、心配してくださってたのだ。それに対して私は「う〜ん、よくわからないんです」 と首をかしげる。自分の心の状態がよくわからない。平気なような気もするけど、なぜか涙がこぼれそうになる。理性ではある程度不調の原因を理解しているけど、心がついてきていない [続きを読む]
  • 不調・・・三歩進んで二歩下がる
  • 就労移行支援事業所へ週5日通い始めて3週間、今週はどうも体と心が不調ぎみだった。特に木曜日は心身ともにだるく、霞がかかったようで。午後になると目がチカチカしてきて眩しくて文字が見えず、本が読めなくなった。これは疲れたりストレスがたまったときのサインのひとつ。目が痛くなり刺激に耐えられなくなって、やがて頭痛に襲われる。こうなると、パソコンやテレビ画面を見続けることができない。どうやら自律神経の乱れが [続きを読む]
  • ピンポイントで粘着質な固執性
  • ブログ「プチ・マイブーム到来?〜肩甲骨の不思議」でも書いたけど、事業所では基礎医学の勉強ができる。 この前は “肩甲骨” がマイブームで、その不思議な動きに魅了されていた。でも、先週の授業で “手根骨(しゅこんこつ)” に出会ってしまった。新たなマイブームの到来!手根骨とは、腕と手の間にある小さな骨で、4個ずつ2列に並んで、手首の運動を可能にしている。手根骨間も関節ではあるけど、ほとんど動かない。それ [続きを読む]