retro.game さん プロフィール

  •  
retro.gameさん: レトロゲーム冒険記!
ハンドル名retro.game さん
ブログタイトルレトロゲーム冒険記!
ブログURLhttp://retrogame412.blog.fc2.com/
サイト紹介文ファミコン、スーファミ、64、プレステなどのレトロゲーム紹介記事を掲載しております!
自由文ファミコン、スーファミ、64、プレステなどのレトロゲーム紹介記事を掲載しております!レビューもしてます!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 329日(平均5.4回/週) - 参加 2016/11/23 13:25

retro.game さんのブログ記事

  • 『ヨッシーストーリー』
  • 1997年12月21日に任天堂より発売されたNINTENDO64向けコンピューターゲーム『ヨッシーストーリー』『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』の後継作品とされているが、共通している設定はヨッシーが主人公のアクションゲームという点のみでストーリーの繋がりは全くなく、ゲームシステムも大幅に異なる。縦横スクロール型の2Dアクションゲーム。プレイヤーは様々な色のヨッシーを動かし、ヨッシー達の幸せの源である「スーパーしあ [続きを読む]
  • 『ファイナルファンタジーIX』
  • 2000年7月7日にスクウェアから発売されたファイナルファンタジーシリーズのメインシリーズ9作目に当たる。『ファイナルファンタジーIX』数々の賞を受けている。第5回日本ゲーム大賞において優秀賞、グラフィック賞、サウンド賞を、PlayStation Awardsにおいてユーザー大賞、グラフィック賞、サウンド賞、シナリオ賞、キャラクター賞を受賞し2000年「ザ・プレイステーション・オブ・ザ・イヤー」において、第1位に輝いた。本作にお [続きを読む]
  • 『シーマン〜禁断のペット〜』
  • 1999年7月29日に世にも奇妙なゲームが発売された。その名も『シーマン〜禁断のペット〜』音声認識を利用した育成ゲームなのだがその育成する生物がかなり奇妙人の顔と大昔から受け継がれたという知恵を持ち合わせ、かつ人語を解すという、古くからエジプトで伝説となっている生物「シーマン」その画像がこちらだ奇怪な容姿に加えそのふてぶてしい態度、あたかも実在しているかのようなキャンペーン展開と、リアリティ溢れる緻密で [続きを読む]
  • 『新桃太郎伝説』
  • 今回紹介するスーパーファミコン用ゲームソフトはこちら!!!『新桃太郎伝説』ソフトに見覚えのあるキャラクターがいるなと思った方!!そうです、こちら大人気すごろくゲームでお馴染み桃太郎電鉄に登場する桃太郎なのです!!桃太郎、金太郎、浦島太郎というどっかの携帯会社のCMでみたような構成パーティーなどで冒険するRPGである!!ファミコン版『桃太郎伝説』の6年後の世界を描いた正統な続編でありシリーズと比べてギャ [続きを読む]
  • 『牧場物語』
  • 1996年8月6日に発売されたスーパーファミコン用シミュレーションゲーム『牧場物語』現在に至るまで続く牧場物語シリーズの第1作である硬派なシミュレーションゲームは年長の男性に向けてすでに流行していたが、このゲームはいわゆる「箱庭モノ」のゲームの先駆けである。このゲームのコンセプトはほのぼのとしていることであり、そのためゲーム中にはこれといった目的はなく、ただ自由に作物や家畜を育て、女の子と恋愛することが [続きを読む]
  • 『エルファリア』
  • 1993年1月3日にハドソンから発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲーム『エルファリア』当時の一般的なRPGとは変わっており「モンスターを倒してレベルを上げる」「モンスターを倒してお金を稼ぎ、そのお金でアイテムを買う」という概念が存在しない。またプレイヤーキャラが16人も登場するなどかなり奇抜な内容だ魔物によって占領された町や砦へ向かい、魔物のリーダーを倒すことで解放していく。基本的にはこの流 [続きを読む]
  • 大規模エリア追加Mod「Falskaar」
  • 『スカイリム(The Elder Scrolls V: Skyrim)』に大規模な新エリアやクエストを追加するMod「Falskaar」を紹介します。AlexanderJVelicky氏によって制作された本Modは600年前にノルドが住み着いたとされる新大陸「Falskaar」を追加しクエスト武器、防具などを新要素が盛りだくさん。その容量は有料DLCに匹敵します。20時間から30時間以上のゲームプレイが楽しめ、9つの長いメインストーリークエストと17のサイドクエストが用意。 [続きを読む]
  • 『バイオハザード4』
  • 本編シリーズとしては、2002年発売の前作『バイオハザード0』より約3年ぶりとなる作品『バイオハザード4』GC版の初回特典である「シークレットDVD」には、開発途中でボツとなったバージョンの動画が収録されている。人形が突然動き出し襲って来る、「封印されている」という理由で開かない扉、実体の無い敵が絵の中から抜け出てくる等オカルト的な要素を含んでいたり、逆に視点は(肩越しのTPSではなく)従来の仕様のままなど、完 [続きを読む]
  • スカイリムの魅力
  • 最高のオープンワールドスカイリムプレーヤーは、馬または徒歩でスカイリムの地を自由に放浪できる。 オープンワールドゲームスカイリムには5つの大都市と小さな町、広大な自然や山地が広がっている。「スカイリム」では「オブリビオン」のために開発された「Radiant AI」人工システムを改良して引き続き利用しており、NPCは隠れたパラメーターに従い、それぞれがしたい行動をとる。システムの洗練・向上によりNPCと環境の関係は緊 [続きを読む]
  • The Elder Scrolls: ARENA
  • 1994年にMS-DOS用ソフトとして発表されたThe Elder Scrollsシリーズ最初の作品The Elder Scrolls: ARENA2004年には、 The Elder Scrolls シリーズ10周年記念の一環としてゲームのダウンロード可能なバージョンを無料で利用できるようになった。しかし、Arena はDOSベースのプログラムなので、新システムで走らせるには DOSBox のようなエミュレータが必要になることがある。 Arena は Tamrielを舞台としており、荒野、ダンジョン、 [続きを読む]
  • 『龍が如く』
  • 2005年にSEGAから異色なゲームが発売された!!『龍が如く』廉価版・続編・外伝含め全世界累計出荷本数は900万本を突破したSEGAのヒット作である。「実在の繁華街」を舞台にした極道のストーリーでありけして子供向けではなく日本の成人男性のみをターゲットにしていた当時のセガ社内でも高評価はわずか30%で、残りの70%が否定的な評価であり上層部を説得することはかなり困難を極めたそうだ。リアルに再現された箱庭(街並み)の [続きを読む]
  • 『悪魔城ドラキュラ』
  • 1986年9月26日に発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用ソフトのアクションゲーム『悪魔城ドラキュラ』ゴシックホラーを原調にしたリアルタッチなキャラクターや背景などのグラフィックアートと、ハイセンスな音楽、硬派なゲーム性が組み合わさって独特の世界観を生み出した当時一般的であった2D横視点スクロールのステージクリア型ジャンプアクションのシステムをおおむね踏襲している。基本武器は鞭というのが特徴 [続きを読む]
  • 『おいでよ どうぶつの森』
  • 『おいでよ どうぶつの森』日本国内で500万本以上売り上げたモンスターソフトだ!シリーズ初の携帯ゲーム機用タイトルとして発売された今作は日本において初のニンテンドーWi-Fiコネクション対応ソフトとしてリリースされ自身の村でお友達と遊ぶことができる。攻略本も300万冊以上売り上げ、うち3冊はベストセラーとなっている点から売り上げのすごさを物語っている。自分の家はソフト1個で遊ぶことができる4人全員で集団生活する [続きを読む]
  • 「大神」
  • 2006年4月20日にカプコンより発売された、PlayStation 2用ゲームソフト『大神』古代日本的な世界を舞台とするゲームで、水墨画のような筆のタッチを生かした日本画風の3DCGが特徴。タイトルの「大神」には主人公が「天照大神」であることと「狼」であることの二つの意味がこめられている。難易度は低く設定され、難易度設定も存在しない100年前、英雄イザナギによって封印された怪物ヤマタノオロチ。その戦いの際に、イザナギをさ [続きを読む]
  • 『キングスフィールド』
  • フロム・ソフトウェアが1994年に発売したPlayStation用ロールプレイングゲームをご存知だろうか??その名も『キングスフィールド』いまでこそFPSなどの普及により一人称視点ゲームは物珍しいものではないが当時の日本製としては非常に数少ない一人称視点によるリアルタイムRPGだ主観視点を採るっておりプレイヤーが体験するのは自信が操作しているキャラクターが実際に目にしている物、世界を映しだされ戦っていく。何より特徴的なの [続きを読む]
  • 『ジャンプスーパースターズ』
  • 『ジャンプスーパースターズ』 (JUMP SUPER STARS) は、任天堂が発売した対戦アクションゲーム。略称「JSS」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中、あるいは連載していた漫画のキャラクター達が様々なステージで戦う上画面はバトルステージ(対戦画面)、下はマンガデッキとなっていて、対戦中にマンガデッキのコマに触れると操作キャラクターがそのキャラクターに交代する。マンガデッキは以下の3種類のコマを組み合わせて作 [続きを読む]
  • 『モンスターファーム2』
  • 1999年2月25日にテクモからPlayStation用のゲームソフト『モンスターファーム2』が発売された!!音楽CD(またはPlayStationやセガサターンのゲームディスク、パソコン用のCD-ROMなど)からモンスターを誕生させることができ入手したモンスターをファームで育成し、大会に出場させて闘うゲームである。PS(PS2も含む)シリーズ中最多の全408種類のモンスターが登場する(ただしそのうち17種は敵モンスターとしてのみ登場し、プレイ [続きを読む]
  • 『メタルギアソリッド3 スネークイーター』
  • 2004年に発売されたPlayStation 2用ソフト『メタルギアソリッド3 スネークイーター』1987年に発売されたMSX2用『メタルギア』以前の世界を描いたものであり、ネイキッド・スネークが新たな主人公として据えられている。太平洋戦争での原爆投下や東西冷戦、ケネディ大統領暗殺事件後のアメリカの迷走と、米ソ間の核兵器保有競争、それによる諜報活動の活発化が本作の本流だとしている「カムフラージュ」という新たな概念が追加され [続きを読む]
  • 『Saints Row』(セインツ・ロウ)
  • THQから2006年8月に発売されたアクションゲーム『Saints Row』(セインツ・ロウ)主人公はストリートギャングの一員となって敵のギャング団と戦い、街の支配権を争う。対応機種はXbox 360『グランド・セフト・オートシリーズ』などに代表される、オープンワールド系クライムアクションゲームで、道を歩く人々を殴ったり、車を奪ったりできる。舞台はアメリカの架空の都市スティルウォーター(Stillwater)。街角を歩いていた主人公は [続きを読む]
  • バットマン アーカム・アサイラム
  • DCコミックスが刊行している人気コミック『バットマン』のゲーム作品『バットマン アーカム・アサイラム』PS3版とXbox 360版後Microsoft Windows版が発売されているバットマンシリーズに登場する、凶悪犯罪者達を収監する「アーカム・アサイラム(アーカム精神病院)」を舞台にしたアクションゲーム。原作では、登場するヴィラン(敵役)の大半はここに収監されるため、当ゲームでも多数の代表的なヴィランが登場する。「今までで [続きを読む]
  • 『DARK SOULS II』(ダークソウルII)
  • 2014年3月13日にフロム・ソフトウェアから発売されたPlayStation 3、Xbox 360、PC用アクションRPG『DARK SOULS II』(ダークソウルII)前作に比べ攻略の自由度を高めるとともに、グラフィックエンジンと剣戟モーションの刷新が行われたDARK SOULSのコアとなるポイントとして「困難を克服したときの『達成感』と『プレイヤー同士の緩い繋がり』」を挙げたうえで、本作を作るにあたりその2つを「絶対外せないもの」として残したと語 [続きを読む]