家相診断室 さん プロフィール

  •  
家相診断室さん: 家相診断
ハンドル名家相診断室 さん
ブログタイトル家相診断
ブログURLhttp://xn--fctu5uppopfs.com/
サイト紹介文気になる家の間取りを家相診断します
自由文気になる家の間取りを家相診断します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/11/24 11:08

家相診断室 さんのブログ記事

  • 平屋の住宅の間取りを家相診断しました
  • 今回の家相診断は平屋の間取り図です。南道路の想定で玄関は南東にあります。家相的には鬼門の北東を避けてあり、さらに南西の裏鬼門を避けているのでベストな位置だといえます。お風呂や洗面やトイレも鬼門の北東を避けてあり、南西の裏鬼門を避けているので良い家相です。トイレと洗面は鬼門にはありませんが真北というのが冷えそうで気になるようであれば北西方位に洗面とトイレを移動して納戸スペースと入れ替える方法もあるで [続きを読む]
  • 吹き抜けは家相的に欠けになるか?
  • 今回の家相診断は玄関に吹き抜けのある間取りです。吹き抜けのある間取りの家相は欠けになるのか?家相的に良く無いのか?という質問をされた場合、良い面と悪い面があるのでケースバイケースだと言えます。昔の家相ではよく無いといわれていたのはデメリットのためです。良く無いとされてきたのは以下のことからです。1.空調的に倍の容積になるので、冬には暖房が温まりにくく夏には冷房が冷えにくいといったことです。これは倍の [続きを読む]
  • 平屋の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は28坪の平屋の間取りです。長方形の形の整然とした間取りになるので張りも欠けもなく構造的にも安定した形状です。張りも欠けもない平屋は屋根もシンプルに納まり雨漏りのリスクもなくなるのと屋根形状がとても美しくなるのでデザイン性もよくなって資産価値もアップします。玄関は北西にあり北東の鬼門方位を避けているので家相的には問題のない位置です。トイレの位置も北西にあるので鬼門を避けています。お風 [続きを読む]
  • 南玄関で張りのある家の間取り診断
  • 今回の家相診断は南道路、南玄関の38坪4LDKの間取りです。建物はほぼ正方形で張り欠けのない安定した形状に見えます。二階も正方形で屋根形状もシンプルになるので雨漏りの起こりにくい間取りになります。1階の玄関の部分に小さな張りがありますがこれは南方向の小さな張りで家相的には良い張りになります。構造計算的に大きくバランスを阻害するものではありません。また張り出しも小さめなので他の部屋への日あたりの影響も少 [続きを読む]
  • 間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は39坪4LDKの東道路の間取りです。家全体のバランスはほぼ総2階で安定しており1階の南東方位に張り出しがあります。この小さな張り出しは構造的にも影響がなく家は安定した強さを保てます。コスト的にも複雑になることはないでしょう。屋根形状もシンプルに張り出し部分が下屋になるので雨漏りなどのリスクの少ない張り出しになります。トイレの方位は鬼門の北東と裏鬼門の南西を避けているので冬の冷え込みの厳しい [続きを読む]
  • 階段の位置が中央にある間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は部屋数の多い間取りです。部屋数の多い間取りで一見よさそうです。ほぼ家も正方形ですし、総二階ですから構造的にも強そうしいていうなら欠けをなくす程度でしょうか?この欠けもなくしてしまうと、駐車できないようであればなくすることもできません。無理でなければ、1階と2階の欠けをなくして畳の部屋を6畳にするとか二階は洋室の間に収納を増やすなどして使い勝手もよくしてしまいましょう。玄関は鬼門の北 [続きを読む]
  • 38坪4LDK北玄関の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は38坪北玄関の間取りです。玄関は北東の鬼門方位からはずしてあり、北西の方向にあるので問題のない方位になっています。北道路の玄関としてはこちらの方位や東方位が玄関におすすめの方位でしょう。トイレも北東の鬼門方位から外してあり、1階も2階のトイレも問題のない方位になっています。二階の北東には書斎が配置されていますが書斎にはあっている方位で快適に使えます。各部屋が南向きに面してしているので精 [続きを読む]
  • 38坪4LDKの間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は38坪4LDKの南玄関の間取りです。南道路で南東に玄関を配置してあり、南西の裏鬼門を外してあり、家相の良い間取りです。トイレやお風呂などの水回りは冬場に冷え込みの厳しい北東の鬼門にあります。冷えすぎるとリビングからの基音さが激しく、ヒートショックなどの体にはよく無いリスクもあるので、北西の和室と水回りを入れ替えてみましょう。北東の方位に欠けがあり、雨風を巻き込みやすく壁の傷みも激しくなっ [続きを読む]
  • 家相診断、二階の張り欠けは気にしたほうが良いか?
  • 今回の家相診断は38坪5LDKの北玄関の間取りです。玄関は北西に配置され、北東の鬼門を外しているのでOKトイレは鬼門にはなっていませんがキッチンから離します。玄関部分が欠けているので得gん館を拡大して長方形の間取りにしていきます。和室は東窓を取って快適二したいので洗面脱衣室と浴室と入れ替えて東側に移動します。二階の間取りは欠けがあるので書斎を拡大。二階の間取りは家相診断が必要かと聞かれますが現代の家相診断 [続きを読む]
  • 40坪5LDKの間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は40坪5ldkの間取りです。玄関ホールの位置が裏鬼門の南西に位置しているので南東の玄関に移動します。トイレの位置は鬼門の北西を外していますので問題のない間取といえますが、トイレと浴室、洗面脱衣室の出っ張りが張り欠けをつくってくぼみを作っているので張り欠けのない家相に変えていきます。張り欠けがあると屋根形状が複雑化して雨漏りの原因を作り出してしまいます。壁の入り隅も湿気のたまるエリアを [続きを読む]
  • 鬼門にトイレのある間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は36坪4LDKの間取り1階は北東の鬼門の位置にトイレがあるので南東に移動して鬼門を外していきましょう。鬼門のトイレは冬に冷え込むので心臓への負担が大きいため高齢者の家では避けたい方位です。もしもこの方位にトイレがある場合は断熱性能をアップしておくことやトイレ本体の性能アップ暖房機能の設置などで対応します。玄関もやや北東の方位に近いので南東に移動して和室と入れ替えることで鬼門を避けていきま [続きを読む]
  • 二階リビングの間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は2階リビングの間取りです。二階リビングの間取りは日当たりの良い二階に多くの時間を過ごすリビングダイニングを配置するものです。二階なので1階より日当たりが良く景色もよくなります。天井も高くできるのでデザイン性の優れた間取りになります。1階の寝室は裏鬼門の張りになっているので洋室と入れ替えるかウォークインクロゼットをコンパクトにして張りのない間取に変えていきます。玄関は南玄関でよい方位に [続きを読む]
  • 戸建て住宅の家相診断
  • 今回の家相診断は4LDKの戸建て住宅の間取りです。駐車場を確保するために北東に欠けができています。鬼門の欠けは良くないとされているので物入れを拡大して長方形の間取りに修正します。駐車場は横向きに駐車して確保します。玄関の位置は鬼門の北東を避けているのでOK1階のトイレは鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けているので問題ないとしておきましょう。二階のトイレは北西の方位で配置は良好です。二階も北東が欠けているので [続きを読む]
  • 35坪4LDK平屋の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は35坪4LDKの平屋の間取りの家相診断です。玄関とトイレの方向は北東の鬼門を避けているので良いでしょう。玄関がくぼんでいるので欠けの内容に平らに長方形の間取りにすることで構造力学的に安定感を持たせます。屋根の形状もシンプルになり、雨漏りのリスク吹き溜まりがなくなることで壁からの水の浸入も避けられるでしょう。仏間床の間の方向も南向きで問題ないでしょう。家事動線もキッチンと洗面脱衣室、お [続きを読む]
  • 37坪5LDK北玄関の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は37坪5LDKの間取りです。玄関の位置は北東の鬼門を外してあり、北西に間取りされているので問題のない位置になります。ポーチ部分がくぼんで欠けになっているので袖壁をつけるか玄関を拡大しましょう。袖壁をつけると構造的には二階を柱で支えることになりより強い建物になり、視線や雨風からも玄関ドアを守ります。トイレも北東の鬼門を外してあり南西の裏鬼門も外しているので問題はありません。気になる場合 [続きを読む]
  • 家相 間取り 診断
  • 今回の家相診断は35坪5LDKの二階建ての間取りです。玄関は北西の位置にあり、鬼門の北東を避けていて北玄関、北道路の間取りとして良い位置に玄関を配置しています。1階のトイレも北東の鬼門を外しているので良いでしょう。2階のトイレは北東ではないものの下の階と同じ一のほうが配管などの設備の経路は良いでしょう。寝室に接しない方が設備、トイレの音が寝室に響かないのでそれも大事です。1階も2階も北西に欠けがあるので長 [続きを読む]
  • 37坪5ldk長方形の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は37坪5ldkの間取りです。間取りは長方形の総二階で屋根の形状も複雑になりにくく構造的にも無理のないぐらいの間口です。家相的に張りや欠けもなく家の形としては問題がないです。玄関の方位が鬼門の北東に近い方角なので出来れば南玄関か南東の方位に移動して和室を東か北東に移動したいところです。南玄関にすると和室がリビングに接するオープンなプランニングが損なわれてしまうのですが北東に和室を移動する [続きを読む]
  • 35坪4LDK北玄関の家相診断
  • 今回の家相診断は35坪4LDKの北玄関の間取りです。玄関の位置は鬼門の北東を外して北西に配置されています。玄関の方位としてはベストな位置です。欲を言えば北西に欠けができているので玄関付近の土間や玄関を少し大きくして、欠けのない間取りに修正します。トイレ玄関が北に移動できれば、北西に移動できるのでダイニングキッチンから遠ざけることが可能になります。二階のプランの北側の欠けた部分もウォークインクロゼットを [続きを読む]
  • 家相診断、アイランドキッチンの間取り
  • 今回の家相診断は37坪4LDKのアイランドキッチンの間取りです。敷地は南道路で玄関は南東に配置されています。裏鬼門の南西を避けた配置の間取りになるので玄関の位置としては良好袖壁もあって欠けにはなっていないのですが気になるようだったら玄関土間を拡大してもよいでしょう。トイレは北東の鬼門には入っていませんがダイニングキッチンと水回りの位置を東西入れ替えてトイレを北西に配置替えしてもよいでしょう。玄関方向にト [続きを読む]
  • 家相 間取り 欠け
  • 今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての間取り北道路の北西玄関の間取りです。北西玄関ということで、北東の鬼門を避けた位置に玄関が配置されているので方位的にはこの場所がベストで変える必要はないでしょう。玄関部分がすこしへこんでいて欠けになっているので袖壁を作るか玄関土間を増やすかして正方形の間取りになるように修正します。もう一つ気になるトイレの方角ですが最悪の位置とは言えませんが玄関わきのほうがベスト和 [続きを読む]
  • 35坪4LDKローコスト住宅の家相診断
  • 今回の家相診断は35坪4LDK南道路の間取りです。南道路の場合良い方位というのは南東になるので南か南東のの玄関でよい間取りです。1階のトイレは鬼門の北東にかかっています。解決策としては南東か北西に移動してあげることでメンタルの面で問題が解決できるでしょう。2階のトイレも鬼門の北東にあるので他のところに引越し指定と思いました。北西まで移動できないときは北西に移動してみるのもありです。玄関付近がでっぱりが [続きを読む]
  • 37坪5LDKの間取りの無料家相診断
  • 今回の家相診断は37坪5LDKの二階建ての間取りです。北道路の想定で北西に玄関があります。北東の鬼門に対して玄関は外れているものの欠けている部分があるので正方形に間取りを修正1階のトイレは北東の鬼門にはないですが北西に移動してできるだけ真北ではない場所にしましょう。洗面脱衣室と浴室は北東の鬼門にありますがこれを南にもっていったり他の位置に移動しても間取りが良くはならないので今回は玄関とトイレだけは鬼門や [続きを読む]
  • 35坪リビング階段の間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は35坪4LDKの間取りです。南道路で南玄関の間取りです。玄関は南東で南西の裏鬼門を外しているのと欠けではなく張りになっているので問題なし。トイレの位置は北西の位置に配置北東の鬼門を外しているので良いでしょう。洗面脱衣室やお風呂キッチンは北東の鬼門にあります。今回はトイレと玄関がクリアすればよいと判断基準を決めてみました。その場合は問題ないと考えることができるでしょう。自分で家相診断する [続きを読む]
  • 34坪4LDK中庭のある間取りの家相診断
  • 今回の家相診断は34坪4LDKの中庭のある間取りです。玄関は裏鬼門の南西を外した南東へ配置1階のトイレは鬼門の北東を外して北西に配置ユニットバスも鬼門の北東を外して北西に配置2階のトイレは鬼門の北東ではないものの良い方角にはないのです。リビングに光を入れるための中庭これは欠けになります。日当たりを重視した間取りなのでプラン的に、設計のレベルも高く間取りも魅力的なものになっています。それでも家相を気にし [続きを読む]
  • 家相 正中線
  • 風水や家相を気にして間取りをする場合でもあらゆる書籍に整合した間取りを作るのはほぼ不可能どこまで間取りを家相に準じるかというのは最終的には建て主の判断になります。参考の間取りでは玄関が北西で鬼門の北東を外した位置にあります。トイレは鬼門を外しているものの真北にあり家相の本によっては正中に当たるので避けたいと書かれているものもあります。正中線というのは東西南北にまっすぐにひかれた十字の線です。それを [続きを読む]